Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

of

セキュリティとAI
 -最後にヘヴィメタルとAI- Slide 1 セキュリティとAI
 -最後にヘヴィメタルとAI- Slide 2 セキュリティとAI
 -最後にヘヴィメタルとAI- Slide 3 セキュリティとAI
 -最後にヘヴィメタルとAI- Slide 4 セキュリティとAI
 -最後にヘヴィメタルとAI- Slide 5 セキュリティとAI
 -最後にヘヴィメタルとAI- Slide 6 セキュリティとAI
 -最後にヘヴィメタルとAI- Slide 7 セキュリティとAI
 -最後にヘヴィメタルとAI- Slide 8 セキュリティとAI
 -最後にヘヴィメタルとAI- Slide 9 セキュリティとAI
 -最後にヘヴィメタルとAI- Slide 10 セキュリティとAI
 -最後にヘヴィメタルとAI- Slide 11 セキュリティとAI
 -最後にヘヴィメタルとAI- Slide 12 セキュリティとAI
 -最後にヘヴィメタルとAI- Slide 13 セキュリティとAI
 -最後にヘヴィメタルとAI- Slide 14 セキュリティとAI
 -最後にヘヴィメタルとAI- Slide 15 セキュリティとAI
 -最後にヘヴィメタルとAI- Slide 16 セキュリティとAI
 -最後にヘヴィメタルとAI- Slide 17 セキュリティとAI
 -最後にヘヴィメタルとAI- Slide 18 セキュリティとAI
 -最後にヘヴィメタルとAI- Slide 19 セキュリティとAI
 -最後にヘヴィメタルとAI- Slide 20 セキュリティとAI
 -最後にヘヴィメタルとAI- Slide 21 セキュリティとAI
 -最後にヘヴィメタルとAI- Slide 22 セキュリティとAI
 -最後にヘヴィメタルとAI- Slide 23
Upcoming SlideShare
20161112 第17回 全脳アーキテクチャ若手の会 勉強会 カジュアルトーク 「AI技術をサービスで活用するには?」 アディッシュ池谷
Next
Download to read offline and view in fullscreen.

5 Likes

Share

Download to read offline

セキュリティとAI
 -最後にヘヴィメタルとAI-

Download to read offline

2016/11/12 第17回 全脳アーキテクチャ若手の会 勉強会 カジュアルトーク

Related Books

Free with a 30 day trial from Scribd

See all

Related Audiobooks

Free with a 30 day trial from Scribd

See all

セキュリティとAI
 -最後にヘヴィメタルとAI-

  1. 1. セキュリティとAI -最後にヘヴィメタルとAI- 2016/11/12 第17回 全脳アーキテクチャ若手の会 勉強会 カジュアルトーク @Typhon666_death
  2. 2. 自己紹介  ただのヘッドバンガーです。  仕事:セキュリティエンジニア/コンサルタント  趣味: ヘドバン出来る音楽きいて、暴れる! 勉強(セキュリティ、数学、AI、言語)  活動コミュニティ:  OWASP Promotion Team メンバー  Security-JAWS 運営メンバー  AISECjp 運営メンバー  好きなアプリ:ゴ魔乙  好きな女性:トリバゴのCMの女の人
  3. 3. 何を話すか • セキュリティとAI ・セキュリティとの関わり、AIとの関わり - WBA若手の会との関わりもね ・最近のセキュリティ事情とAIとの関わり ・今後想像されうるセキュリティ✕AIの姿 • ヘヴィメタルとAI ・Secret..
  4. 4. セキュリティとAI • 大学で履修したものの中にはAIの基礎理論となるものが多く含まれ ていた • ORの研究室にいたけど、セキュリティの道を選んだのは • 「いたちごっこの世界」 • 「当時のITの世界よりも確実に世界が広がる」 • 「セキュリティの重要度は間違いなく増す」 • とはいえ、学んだものを全部投げ出すのはもったいないので、専 門書は仕事しても、読めるようにしておきたかった。
  5. 5. セキュリティとAI • 2015/01:WBA若手の会新年会@新宿に参加 • 2015/02:WBA若手の会のなんかの打上げでH君(セキュリ ティクラスタ)の研究室にK君がいて、その勢いで某ssmjp という勉強会でAIのLTしない?とふっかける • 2015/04:K君「10分で見る人工知能」で発表。しかし、 一身上の都合により参加できず。 あとで資料みて、自分も発表したくなった。 • 2015/08:発表したいと運営側に伝えて発表
  6. 6. セキュリティとAI • 2015/08:ssmjp(通称ささみの会)で発表 • http://www.slideshare.net/Typhon666_death/ss-52054977
  7. 7. セキュリティとAI • なぜ発表しようとおもったか? • セキュリティ人材確保に躍起なニュース記事多々 • 実際に人手が足りないと思ってる会社も多い • そんな話が出るより前から、AIの可能性(第三次AIブーム) については話題に上がっていたものの、セキュリティクラス タの中でAIを知らない人が多かった • (ほぼ)大学で学んできたことをスライドにまとめてLT発表と しての練習をする場にはちょうどいい
  8. 8. セキュリティとAI • 実情、広義な意味合いにおけるAIを利用したセキュリティシステムや発表は増えてきた • 製品紹介例: • FFRI社のYarai(振る舞い検知型アンチウイルスソフト、家庭向けの製品名はMr.F) 企業URL: http://www.ffri.jp/ • Proofpoint社のEnterpriseProtection(ベイズと形態素解析を使ってスパムフィルター) 企業URL: https://www.proofpoint.com/jp • BitForest社のScutum(SaaS型WAF。ベイジアンネットワークを利用している) 企業URL: https://www.scutum.jp/ セキュリティ業界も人工知能を考えるようになるトレンドにある(いずれも2015年8月の記事)
  9. 9. セキュリティとAI • 今年はCylance社といった製品もでてきた。 • AIをつかったエンドポイントセキュリティ • 謳い文句: 攻撃を検知するだけでは不十分です。影響を及ぼす前にリアルタイムで脅威を阻止できる、唯一の エンタープライズエンドポイントソリューション、Cylance • 企業URL: https://www.cylance.com/jp • 個人的に検証してみたかった製品は下記: • Zenedge社のクラウドベース自己学習型WAF • 企業URL: https://www.zenedge.com/ai-waf
  10. 10. セキュリティとAI • IaaS/PaaSなベンダーから多くのAIサービスの提供やオープンソースが公開されてきた。 • AWS - Amazon Machine Learning • Microsoft - Azure Machine Learning • Bluemix(IBM)Watson • Google(GCP) - Google Cloud Machine Learning • Google - TensorFlow • Amazon - DSSTNE • 各種ベンダーのAI関連API(GCPのCloud Vision APIなど) • クラウドの潤沢なリソースとAIサービスを個人でも簡単に利用できる時代
  11. 11. セキュリティとAI • 研究発表でセキュリティ✕AIな発表も増えてきた。(特にMLやDLとセキュリティ) • 参考URL: http://www.slideshare.net/babaroa/code-blue-2016-web https://speakerdeck.com/ntddk/captchatobotutofalsegong-jin-hua
  12. 12. セキュリティとAI • 研究発表でセキュリティ✕AIな発表も増えてきた。(特にMLやDLとセキュリティ) • 参考URL: http://www.slideshare.net/palloc/ss-68285327 https://www.blackhat.com/docs/eu-16/materials/eu-16-Wang-AI-Based-Antivirus-Can-Alphaav- Win-The-Battle-In-Which-Man-Has-Failed.pdf
  13. 13. セキュリティとAI • 大手クラウドプロバイダーのリソースや、PaaS、IaaS、SaaSベンダーから提供される機能と Techブログにある事例から、MLやDLを利用したサービス開発は行いやすい(?)。 • だが、開発されているものは、その開発者にとって嬉しいものやそのサービスを利用した企業 のみ 。これを部分最適化とすると、あるべき全体最適化とは? • さて、日本のセキュリティ界隈における今後の課題といえば、「深刻な人員不足」がある。 • 参考URL: セキュリティ人材、2020年に約19.3万人不足 - 給与水準改善が鍵か http://www.security-next.com/070864 情報セキュリティ人材の育成・確保について(経済産業省) http://www.nisc.go.jp/conference/cs/jinzai/dai03/pdf/03shiryou05.pdf
  14. 14. セキュリティとAI • 人員不足を解決するためのキーワードのうちのいくつかについて: 「AI for Cyber Security」「NoOps」 • 人手を介在させることなく、様々なサイバーセキュリティへの対応が可能となる世の中を目指すのが目標 • AI for Collective Intelligence • AI for Intrusion Detection and Prevention • AI for Incident Response • AI for Forensic • AI for Pentest • AI for DDoS • AI for Malicious AI • AI for … • これらのAIが相互連携して、動作するために絶対不可欠となるAIの基礎技術といえば、、、、
  15. 15. セキュリティとAI _人人人人人人人人人人人人人人人_ > マルチエージェントシステム <  ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y
  16. 16. セキュリティとAI _人人人人人人人_ > ゲーム理論 <  ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄
  17. 17. セキュリティとAI • いきつくところで、どんなセキュリティAIができるか? • いわゆる攻性防壁 by 攻殻機動隊のようなもの • ネットワークから電脳への不正なアクセスを阻止する、 ファイアウォールのようなもの。ゴーストハックや 電脳ウィルスなどを防ぐために存在する防壁に さらに不正アクセス者への反撃能力をもたせたもの。 • 参考URL: https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%94%BB%E6%80%A7%E9%98%B2%E5%A3%81 • 先行研究?ではないけど、それっぽい研究のイメージはこれ。 Multi-agent Peer-to-Peer Intrusion Detection https://www.researchgate.net/profile/Vladimir_Samoylov/publication/226261606_Multi-agent_Peer-to- Peer_Intrusion_Detection/links/0912f50863d0cbfa5e000000.pdf • 今後(いつ?)は(クラウドのような)潤沢なリソースを活用し、企業が互いに競争と共創を行い、社会における全体最適化 が実現なされることを願いたい。(一個人としての希望)
  18. 18. セキュリティとAI • これから、就職活動考えてるAIクラスタな学生へ • もしくは転職考えてる方へ • AI企業もいいけど、セキュリティ企業も面白いよ • どこいっても大変やけど • ぜひその知識と技術をもって、セキュリティ界隈 にAI革命を起こしてください。
  19. 19. 最後のテーマ。。。 • ヘヴィメタルとAIとか関連性もなさそうな話す るとかやめてくれというそこの貴方 • 調べたら、なんだかんだ見つかりました。 • とりあえず、マサカリ禁止で、納得しといてく ださい。
  20. 20. ヘヴィメタルとAI • Avenged Sevenfold(A7X)が3年ぶりにリリースしたアルバム『The Stage』←Capitol Recordsから10/28に発売しました • 文中の一文: The Rolling Stonesで、このアルバムは人工知能をテーマにした作品だとシャドウズは語っている。彼はWait but Whyに掲載さ れたティム・アーバン(Tim Urban)の記事をきっかけに、人工知能にハマり、サム・ハリス(Sam Harris)の著書からマーク ・ザッカーバーグやイーロン・マスク、スティーブン・ホーキングらの意見まで読み漁り、"勉強"したそうだ。 • 参考URL:Avenged Sevenfold『The Stage』:人工知能に魅せられたヘヴィメタルバンドの現代への問いかけ https://www.fuze.dj/2016/11/avenged-sevenfold-vr.html
  21. 21. ヘヴィメタルとAI • DARPA is teaching artificial intelligence software to play jazz • DeepLearningを使ってJAZZを学習させるアルゴリズムの開発とロボットに学習させることに成功 • ジャズとメタルの親和性が高いのはジャズニストもメタラーも知っている話。近々起こりうるかも? • 参考URL:DARPA is teaching artificial intelligence software to play jazz https://www.extremetech.com/extreme/211942-darpa-is-teaching-artificial-intelligence-software-to-play-jazz
  22. 22. ヘヴィメタルとAI • RAPTOR COMMAND • USのパワーメタルバンド • 1st Single “Elon: Champion for Humanity”. • Released April 20th, 2016. • Raptor Commandの使命はヘヴィメタルやサブカルチャーを通して、 イーロン・マスクの未来のアイデアやヴィジョンを伝えていくことだといっています。 • オフィシャルページ: http://raptorcommandmusic.com/about/ • PR文: http://raptorcommandmusic.com/wp-content/uploads/2016/03/Raptor-Command-PR.pdf • “Elon: Champion For Humanity” https://youtu.be/EFPHzd6yvsQ
  • YiClear

    Mar. 9, 2018
  • forestsource

    Dec. 21, 2016
  • ssuser266bca

    Nov. 13, 2016
  • saicologic

    Nov. 12, 2016
  • kwp_george

    Nov. 12, 2016

2016/11/12 第17回 全脳アーキテクチャ若手の会 勉強会 カジュアルトーク

Views

Total views

2,127

On Slideshare

0

From embeds

0

Number of embeds

447

Actions

Downloads

11

Shares

0

Comments

0

Likes

5

×