Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

半導体部品及び電子部品販売向け広告サービス

1,828 views

Published on

スパイスモデルの付加価値サービスを中心とした半導体部品及び電子部品販売向け広告サービス(株式会社ビー・テクノロジー)

Published in: Business
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

半導体部品及び電子部品販売向け広告サービス

  1. 1. 半導体メーカー及び電子部品メーカー様半導体販社及び電子部品販売商社様 電子部品販売向け広告サービス新しい付加価値サービスを提供し、受注の確保を行いませんか? スパイス・パークのスポンサーになりませんか? 月々2,500円の広告宣伝費で販売機会を増やせます 広告宣伝の契約は1年契約(年30,000円)になります 2012年3月6日(火曜日) 株式会社ビー・テクノロジー http://www.beetech.info/ info@bee-tech.com Copyright (C) Bee Technologies Inc. 2012 1
  2. 2. スパイス・パークのスポンサーになりませんか?電子部品のスパイスモデルとシミュレーションで技術サービスを充実し、販売の機会を増やせます。コスト:月々:2,500円(最低契約年数は1年契約:30,000円)型名につき、スポンサーは1社限定です。サービス内容:(1)スポンサーになる型名のスパイス・モデルを無償で配布できます。→自社でのスパイスモデルのモデリングが不要になります。そして、何よりも、 競合企業との差別化になります。(2)スパイスモデル及びシミュレーションに関する技術的サポートはビー・テクノロジー が行います。→スパイスモデル及びシミュレーションに関する技術サポートはビー・テクノロジーが 行いますので、お客様は、販売に専念することができます。(3)お客様がその型名の製品を購入したくなったら、全て、スポンサーに連絡がいきます。→スポンサーは1社限定ですので、購入の連絡を独占できます。 上記の金額は消費税抜きになります。 Copyright (C) Bee Technologies Inc. 2012 2
  3. 3. スパイス・パーク 現在公開中のスパイスモデルの配信サイト http://www.spicepark.comお客様の声(1)スパイスモデルをもっと色々なメーカーの品種に展開して欲しい(2)スパイスモデルだけではなく、実際の電子部品も購入したい。ワンストップで楽に 購入したい。 Copyright (C) Bee Technologies Inc. 2012 3
  4. 4. スパイス・パーク(現在開発中のサイト:順次公開中)スパイスモデル配信だけではなく、技術情報を充実させ、電子部品も購入できるようにサイトを開発中です。 http://www.spicepark.info/ Copyright (C) Bee Technologies Inc. 2012 4
  5. 5. スパイス・パーク(ダイオードの事例)ダイオードを選択すると、取り扱いのメーカが表示されます。 Copyright (C) Bee Technologies Inc. 2012 5
  6. 6. スパイス・パーク(ダイオードの事例)東芝を選択すると、ダイオードの型名が表示されます。 Copyright (C) Bee Technologies Inc. 2012 6
  7. 7. スパイス・パーク(ダイオードの事例)ダイオードの型名が表示されます。型名のサイトです。 スポンサーがいる間は、 型名サイトのスパイスモデルは 有償提供から無償提供になります。 また、スパイス・モデルがない場合、 スパイスモデルを当社負担で準備 します。 スポンサー企業の 購入リンク先を作ります。 リンク先: ホームページ メールアドレス等 スポンサーは1社のため、 お問い合わせはスポンサー 1社のみにいきます。 Copyright (C) Bee Technologies Inc. 2012 7
  8. 8. [ご参考]回路解析シミュレーションが貢献できる分野【回路設計・開発分野】試作前に回路動作を検証し、試作回数を削減したい。省エネ設計(エコ設計)をしたいので、損失計算をしたい。【トラブル対応及び原因不明クレーム対応】誤動作や異常波形の原因を解明し、再発防止に役立てたい。【代替品対応】代替品によって今までの性能がでるかどうか早く判断したい。代替品選定の時間を最小限にしたい。【パワーエレクトロニクス分野】大電流・大電圧を扱うため、回路実験を可能な限りなくしたい。【研究開発分野】アイディア段階の回路動作、デバイス動作を検証したい。【半導体及び電子部品販売分野】自社の半導体及び電子部品のスパイスモデルを整備し。お客様にご提供し、販促の機会を増やしたい。自社の半導体及び電子部品のアプリケーション回路のシミュレーションデータをお客様にご提供し、自社半導体の活用方法も含めて回路提案をしたい。 Copyright (C) Bee Technologies Inc. 2012 8
  9. 9. Bee Technologies Group 【本社】 本ドキュメントは予告なき変更をする場合がございます。 ご了承下さい。また、本文中に登場する製品及びサービス 株式会社ビー・テクノロジー の名称は全て関係各社または個人の各国における商標 〒105-0012 東京都港区芝大門二丁目2番7号 7セントラルビル4階 または登録商標です。本原稿に関するお問い合わせは、 代表電話: 03-5401-3851 当社にご連絡下さい。 設立日:2002年9月10日 資本金:8,830万円 【子会社】 お問合わせ先) Siam Bee Technologies Co.,Ltd. (タイランド) info@bee-tech.com Copyright (C) Bee Technologies Inc. 2012 9

×