LTspiceを活用したノイズシミュレーション2セミナー開催のご案内

383 views

Published on

LTspiceを活用したノイズシミュレーション2セミナー開催のご案内

Published in: Education
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
383
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
63
Actions
Shares
0
Downloads
1
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

LTspiceを活用したノイズシミュレーション2セミナー開催のご案内

  1. 1. LTspiceを活用したノイズシミュレーションセミナー2 2014年6月6日(金)13:00-16:30 All Rights Reserved Copyright (C) Bee Technologies 2014 体験学習を通じて、LTspiceを活用方法したノイズシミュレーションの方法を解説します。サージの影響をどの ように シミュレーションしたら良いのか?また、ノイズを検証するにはSPICEでどのようにすれば観察出来るのか?を中 心 に習得していきます。ノイズシミュレーションセミナー1(2014年3月13日開催)では、スイッチングノイズ、伝導ノ イズ 中心でしたが、さらに発展させ、ノイズ現象(サージノイズ及びEMIノイズ)をシミュレーションで再現していきま す。 また、PSpiceでも同様な事ができます。PSpiceユーザーの方も是非、ご参加下さい。皆様のご参加、お待ちし ております。 【対象者】 ・これからSPICEを活用して回路設計をしたい方 ・LTspiceを習得したい方 ・LTspiceをもっと活用したい方 ・サージノイズのシミュレーションをしたい方 ・EMIノイズのシミュレーションをしたい方 【開催日時】2014年月6月6日(金曜日)13:00-16:30 【開催場所】マルツエレック株式会社本社(東京都:秋葉原) 【定員】7名 【参加費用】10,000円(税別) お申し込みはこちらからお願い致します。 【セミナー内容】 1. サージシミュレーションについて 1.1 簡易的にサージを発生させる方法 1.2 EN61000-4-5の規格でサージのシミュレーションを行う方法 2.雑音端子電圧試験(LISN)シミュレーション 2.1 LISNの等価回路モデルについて 2.2 電源回路の雑音端子電圧試験(LISN)シミュレーション 2.2.1 パラメータのダイオードモデルを使用した場合 2.2.2 逆回復特性と考慮した等価回路のダイオードモデルを使用した場合

×