About SPICE Model of SBD

936 views

Published on

About SPICE Model of SBD (Power Point Data)

Published in: Technology
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

About SPICE Model of SBD

  1. 1. ショットキ・バリア・ダイオードのスパイスモデル<br />株式会社ビー・テクノロジーhttp://www.bee-tech.com/<br />1<br />Copyright (C) Bee Technologies Inc. 2011<br />2011年4月20日(水曜日)<br />
  2. 2. ショットキ・バリア・ダイオードモデルの推移<br />順方向特性(共通)<br />接合容量特性(共通)<br />逆方向特性(それぞれのモデルで特徴がある)<br />青色はSiデバイス<br />橙色はSiCデバイス<br />赤で囲まれた等価回路は共通<br />2<br />Copyright (C) Bee Technologies Inc. 2011<br />
  3. 3. ショットキ・バリア・ダイオードモデル<br />SiからSiC(シリコン・カーバイド)への期待<br />SiC(シリコン・カーバイド)は3つの大きな特徴があります。(1)リカバリー時間が非常に小さいSiCデバイスは多数キャリア・デバイスの為、蓄積された少数キャリアがありません。よって、逆回復電流がありません。これは-di/dt法で逆回復特性を測定した場合のtrrが非常に小さい値である事を意味します。(2)ブレークダウン電圧がシリコンの約10倍Siデバイスと比較して約10倍高いSiCデバイスは、オン抵抗を低くする事が出来、これが大きな特徴になります。(3)バンドギャップがSiデバイスの約3倍スパイスのモデルパラメータではEGに相当します。Siデバイスの場合、EG=1.11ですが、SiC(6H)の場合、EG=2.86、SiC(4H)の場合、EG=3.02となります。<br />3<br />Copyright (C) Bee Technologies Inc. 2011<br />
  4. 4. ショットキ・バリア・ダイオードモデル(等価回路モデル)<br />SiCショットキ・バリア・ダイオードの等価回路図 (Bee Technologies Model)<br />4<br />Copyright (C) Bee Technologies Inc. 2011<br />
  5. 5. ショットキ・バリア・ダイオードモデル(等価回路モデル)<br />5<br />Copyright (C) Bee Technologies Inc. 2011<br />
  6. 6. ショットキ・バリア・ダイオードモデル(等価回路モデル)<br />*$<br />* PART NUMBER:CSD01060A<br />* MANUFACTURER: Cree, Inc.<br />* VRM=600,Io=1A<br />* All Rights Reserved Copyright (C) Bee Technologies Inc. <br />.SUBCKT CSD01060A PIN1 PIN2 CASE<br />X_U1 PIN2 CASE CSD01060_pro<br />R_Rs PIN1 CASE 10u<br />.ENDS<br />*$<br />.SUBCKT CSD01060_pro A K <br />V_V_I A N00040 0Vdc<br />V_V_Ifwd IN2 K 0Vdc<br />E_E1 VREV 0 VALUE { IF(V(A,K)>0, 0,V(A,K)) }<br />E_E3 I_REV0 0 VALUE { 1.4857e-08*exp(0.0089931*(-V(Vrev))) }<br />E_E4 I_REV 0 VALUE { V(I_rev0)*V(Vr_small)-(-I(V_V_Irev)) }<br />E_E6 IN K VALUE { IF(V(A,K)>0, V(A,K),0) }<br />V_V_Irev VREV1 VREV 0Vdc<br />G_ABMI1 N00040 K VALUE { I(V_V_Ifwd)-V(I_rev) } <br />E_E2 VR_SMALL 0 TABLE { V(Vrev) } <br />+ ( (-0.1,1) (0,0) )<br />D_D3 IN IN2 DCSD01060 <br />R_R1 0 VR_SMALL 10MEG <br />D_D4 VREV1 0 DCSD01060 <br />R_R2 0 I_REV0 10MEG <br />R_R3 0 I_REV 10MEG<br />.MODEL DCSD01060 D<br />+ IS=10.000E-21 N=.84507 RS=.37671 IKF=12.100<br />+ CJO=111.88E-12 M=.39264 VJ=.54581<br />+ BV=1000 IBV=20.000E-6<br />+ ISR=0 NR=1 EG=3.0 TT=0<br />.ENDS<br />*$<br />スパイス・パークで無償提供中 http://www.spicepark.com<br />6<br />Copyright (C) Bee Technologies Inc. 2011<br />
  7. 7. ショットキ・バリア・ダイオードモデル(等価回路モデル)<br />Reverse Characteristic <br />7<br />Copyright (C) Bee Technologies Inc. 2011<br />プロフェッショナルモデル(等価回路モデル)の場合、逆方向特性に再現性があります。スタンダードモデル(パラメータモデル)の場合、降伏点のみの表現であり、逆方向特性について再現性はありません。降伏点は、モデルパラメータ、BVとIBVで表現しています。<br />
  8. 8. Bee Technologies Group<br />デバイスモデリング<br />スパイス・パーク(スパイスモデル・ライブラリー) <br />デザインキット<br />コンセプトキット(準備中)<br />デバイスモデリング教材<br />【本社】<br />株式会社ビー・テクノロジー<br />〒105-0012 東京都港区芝大門二丁目2番7号 7セントラルビル4階<br />代表電話: 03-5401-3851<br />設立日:2002年9月10日<br />資本金:8,830万円<br />【子会社】<br />Bee Technologies Corporation (アメリカ)<br />Siam Bee Technologies Co.,Ltd. (タイランド) <br />本ドキュメントは予告なき変更をする場合がございます。<br />ご了承下さい。また、本文中に登場する製品及びサービスの名称は全て関係各社または個人の各国における商標または登録商標です。本原稿に関するお問い合わせは、当社にご連絡下さい。<br />お問合わせ先)<br />info@bee-tech.com<br />8<br />Copyright (C) Bee Technologies Inc. 2011<br />

×