Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
1次遅れの積分要素の過渡応答性(2)
25APR2015
Tsuyoshi Horigome
http://tsuyoshi-horigome.jimdo.com/
 
0.2
0.2 1
s
G s
s


1
1.Simulinkの...
2
1.Simulinkのブロック活用に場合
 
0.2
0.2 1
s
G s
s


 
0.5
0.5 1
s
G s
s


3
2.Simulinkのブロックの「inport」と「outport」を活用した場合
 
0.2
0.2 1
s
G s
s


4
2.1 ボード線図
>> [num,den]=linmod('s04');
>> bode(num,den);grid
MATLABでのコマンドは下記の2行
5
2.1 ボード線図
 
0.2
0.2 1
s
G s
s


6
2.2 ベクトル軌跡
>> nyquist(num,den);grid
MATLABでのコマンドは下記の1行
7
2.2 ベクトル軌跡
 
0.2
0.2 1
s
G s
s


8
2.Simulinkのブロックの「inport」と「outport」を活用した場合
 
0.5
0.5 1
s
G s
s


9
2.1 ボード線図
>> [num,den]=linmod('s05');
>> bode(num,den);grid
MATLABでのコマンドは下記の2行
10
2.1 ボード線図
 
0.5
0.5 1
s
G s
s


11
2.2 ベクトル軌跡
>> nyquist(num,den);grid
MATLABでのコマンドは下記の1行
12
2.2 ベクトル軌跡  
0.5
0.5 1
s
G s
s


Upcoming SlideShare
Loading in …5
×
Upcoming SlideShare
A Quick Introduction to the Chow Liu Algorithm
Next
Download to read offline and view in fullscreen.

0

Share

Download to read offline

1次遅れの積分要素の過渡応答性2(MATLAB)

Download to read offline

1次遅れの積分要素の過渡応答性2(MATLAB)

Related Books

Free with a 30 day trial from Scribd

See all

Related Audiobooks

Free with a 30 day trial from Scribd

See all
  • Be the first to like this

1次遅れの積分要素の過渡応答性2(MATLAB)

  1. 1. 1次遅れの積分要素の過渡応答性(2) 25APR2015 Tsuyoshi Horigome http://tsuyoshi-horigome.jimdo.com/   0.2 0.2 1 s G s s   1 1.Simulinkのブロック活用に場合 2.Simulinkのブロックの「inport」と「outport」を活用した場合 2.1 ボード線図 2.2 ベクトル軌跡   0.5 0.5 1 s G s s  
  2. 2. 2 1.Simulinkのブロック活用に場合   0.2 0.2 1 s G s s     0.5 0.5 1 s G s s  
  3. 3. 3 2.Simulinkのブロックの「inport」と「outport」を活用した場合   0.2 0.2 1 s G s s  
  4. 4. 4 2.1 ボード線図 >> [num,den]=linmod('s04'); >> bode(num,den);grid MATLABでのコマンドは下記の2行
  5. 5. 5 2.1 ボード線図   0.2 0.2 1 s G s s  
  6. 6. 6 2.2 ベクトル軌跡 >> nyquist(num,den);grid MATLABでのコマンドは下記の1行
  7. 7. 7 2.2 ベクトル軌跡   0.2 0.2 1 s G s s  
  8. 8. 8 2.Simulinkのブロックの「inport」と「outport」を活用した場合   0.5 0.5 1 s G s s  
  9. 9. 9 2.1 ボード線図 >> [num,den]=linmod('s05'); >> bode(num,den);grid MATLABでのコマンドは下記の2行
  10. 10. 10 2.1 ボード線図   0.5 0.5 1 s G s s  
  11. 11. 11 2.2 ベクトル軌跡 >> nyquist(num,den);grid MATLABでのコマンドは下記の1行
  12. 12. 12 2.2 ベクトル軌跡   0.5 0.5 1 s G s s  

1次遅れの積分要素の過渡応答性2(MATLAB)

Views

Total views

764

On Slideshare

0

From embeds

0

Number of embeds

77

Actions

Downloads

6

Shares

0

Comments

0

Likes

0

×