Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

IBM bluemix api connect によるAPIエコノミーの実現 20170426

1,883 views

Published on

https://jwacom.connpass.com/event/54055/ Japan Web API Community #03 での「IBM bluemix API Connect によるAPIエコノミーの実現 」での資料です。

Published in: Technology
  • Be the first to comment

IBM bluemix api connect によるAPIエコノミーの実現 20170426

  1. 1. 2017年 4月 26日 IBM クラウド事業本部 コンサルティング・アーキテクト 平山 毅 Bluemix API Connect による APIエコノミーの実現
  2. 2. 自己紹介 名前︓平⼭ 毅(ひらやま つよし) 2016年2月 IBM入社 クラウド事業本部コンサルティングアーキテクト 前職︓Amazon Web Services Tokyo Stock Exchange Nomura Research Institute 東京理科⼤学卒で計算機科学、電⼦商取引の研究 早稲⽥⼤学⼤学院で⾦融⼯学、ブロックチェーンの研究 Twitter : t3hirayama Facebook : tsuyoshi.hirayama 【直近記事】 WIRED︓Innovation Insights ZDnet : Bluemixの歩き方 【執筆著書】
  3. 3. © 2017 IBM Corporation クラウド = API API サーバ追加 ディスク追加 ルータ追加 仮想化 Cloud Service 仮想 サーバ 仮想 ディスク 物理サーバ 物理ディスク 物理ネットワーク 物理 サーバ 物理 ディスク 物理 ルータ 仮想 ルータ 物理リソース に余りがあれば 瞬時に調達可能 一般的な クラウドサービス IBM Cloudは 物理もAPI制御可能︕ ↓細かくはコチラ
  4. 4. © 2017 IBM Corporation Amazon は内部プロセスもAPI Amazonは一つのことだけに携わる小さなチームの集まりで出来ており、そのために急速なイノベーションが可能になって いる」とベゾス氏は述べている。 これらのチームは、以下にある「公開されたAPI」に(強制的に)沿って互いにコミュニケーションを取っている。 全てのチームはサービスインターフェイスを通じてその機能やデータを公開しなければならない。 -チームのコミュニケーションはインターフェイスを通じて⾏われる。 -インターフェイスを通じたもの以外のあらゆるプロセス間通信は許可されない。 直接的にリンクすること、他のチームのデータを直接⾒ること、共有メモリモデルによるコミュニケーション、 バックドアやその他の手段すべてに対してこれは適用される。 唯一許可されるコミュニケーションは、ネットワーク越しにインターフェイスを叩くことのみである。 -どのようなテクノロジーを使っていたとしてもこのルールは変わらない。 -どのようなサービスインターフェイスも例外なく公開されることを前提に、 根底からデザインされなければならない。つまり、チームはインターフェイスを 開発者に公開できるようにプラン設計を⾏わなければならない。例外は認められない。 そして、これらを選択肢の1つだと考えているAmazonの従業員たちに対し、ベゾス氏はこう締めくくっている。 「これを守れない社員はクビにする。では、今日もいい日を」 http://readwrite.jp/startup/29950/ から引用
  5. 5. © 2017 IBM Corporation クラウドネイティブ = マイクロサービス = API IBM Developer worksマイクロサービスの実際: 第 2 回 コンテナーとマイクロサービス ― 理想的なペア より抜粋 https://www.ibm.com/developerworks/jp/cloud/library/cl-bluemix-microservices-in-action-part-2-trs/index.html
  6. 6. Bluemix への統合 PaaS IaaS Private Cloud Swift S3 Cloud Platform File Data Store
  7. 7. Bluemix の ラインナップとバリュー インフラストラクチャー デベロッパー ツール コンテナー Cloud Foundry サーバーレス ランタイム セキュリティ&コンプライアンス メッセージング ロード バランサー アプリケーション・ セキュリティ API & インテグレーション DevOps データベース データ データ マネジメント アナリティクス ビジュアリ ゼーション Discovery Conver- sation Natural Language Speech & Vision Retrieve & Rank Tradeoff Analytics コンピューティング ストレージ ネットワーク Public Dedicated マルチテナント シングルテナント Local IBM Cloud シングルテナント お客様環境 VMwareバーチャル サーバー ベア メタル ファイルブロック オブジェクト VPN パブ リック プライ ベート CDN コグニティブ データ& アナリティクス インダストリー IoT ブロック チェーン ヘルス フィナンシャル サービス メディアWeather ビデオ Cost & Speed Innovation
  8. 8. 2Speed IT と PaaSの関係性 安定した エンタープライズIT 安定した エンタープライズIT 変化の激しい デジタルIT 変化の激しい デジタルIT 常に最高のUXが 欲しいユーザー︕ モノリシックな アプリケーション マイクロサービスな疎結合な クラウドネイティブアプリケーション オンプレミス IaaS PaaS Hybrid Cloud
  9. 9. © 2017 IBM Corporation Bluemixのカテゴリー
  10. 10. Bluemix のコンセプト”コンポーザブル” パートナー お客様のアイデアを、即、製品化するために、サービス、インフラ基盤、データを トータルに提供でき、“コンポーザブル(組み合わせ)”に最も先進のクラウド・プラットフォーム IBM お客様所有オープンソース Internet of Things モバイル アプリ 実⾏環境 コグニティブ コンピューティング アナリティクス セキュリティー データベース コンポーザブル
  11. 11. ランタイムとサービスをマッピングする“バインド” ランタイムコンテナ環境 イベント実⾏環境 コンテナ インテグレーション (API) IoT データベース アナリティクス Watson DevOps モバイル クラウドネイティブ アプリケーション REST REST REST REST DB Conn ection Deployment Pipeline ランタイム サービス バインド
  12. 12. クラウドネイティブ時代のアーキテクチャー IBM DCオンプレミス API CloudFoundry (Open Source PaaS) OpenStack (Open Source IaaS) IoT Cognitive DevOps Analytics (Spark) ➀オープン テクノロジー ②ハイブリッドクラウド ③デジタル テクノロジー SoEインターフェース SoIアナリティクス VMware SDDC OpenWhisk (Open Source EventDriven) 出⼒ 入⼒ SoR アーキテクチャー
  13. 13. API公開数の推移 2000 2002 2003 API公開数 105 2005 2006 352 2007 601 2008 1,116 2009 1,628 2010 2,647 2011 4,678 2013年︓10,000超 2016年︓30,000超の⾒込み
  14. 14. OpenAPI Initiative 【目的】 人間とコンピュータの双方が、ソースコード、ドキュメント、ネットワークトラフィックインスペクションにアクセス することなく、サービスの機能を検出して理解できるように、REST APIに対する標準、言語に依存しな いインターフェイスを定義します。OpenAPIを使って適切に定義することで、API利用者は最小限の実 装ロジックで、リモートサービスを理解してやりとりすることができます。 2015年11月、REST APIの標準化を定めるため、 IBM、Microsoft、Googleを中心に発足
  15. 15. © 2017 IBM Corporation OpenAPI Initiative 会員
  16. 16. OpenAPI 3.0 (個人的な意⾒) OpenAPI 3.0 on HTTP/2 OpenAPI 2.0 on HTTP/1.1 が良い︖
  17. 17. © 2017 IBM Corporation APIはかつてのホームページのようになる ホームページ スマートアプライ アンス パートナー ホームページ ネット連動テ レビ スマホ タブレット ゲーム機 ⾞ 1993 – 2000 (数百万単位) 2013 + 億単 位 API s クラウドも全てAPIで動いている。
  18. 18. © 2017 IBM Corporation 銀⾏で例えるAPIエコノミー – APIで銀⾏の機能(サービス)やデータを提供することに より、新しいビジネスを生み出すのがAPIエコノミー API エコノミー 決済 残高 照会 為替レー ト参照 振込 銀⾏ B2Bパートナ ー ウェブサイト スマートフォン タブレット スマートテレ ビ ゲーム機 スマートカー コネクテッド 家電 などなど・ ・ ¥ サービスやデータ 例︓ 通販サイトに 決済機能を APIで提供し 、決済ごとに 手数料をいた だく 例︓ 残高データを 家計簿アプリ に提供し、利 便性やUXを 向上 例︓ 経費管理アプ リに為替レート をAPIで提供 し、月料⾦を いただく 例︓ ⾞が最寄り ATMにガイド ができるように ATM位置情 報をAPIで提 供
  19. 19. 今起きているAPIエコノミーの特徴今起きているAPIエコノミーの特徴 アプリ開発者コミュニティアプリユーザー モバイルアプリ も自前で開発 API公開 独自プロトコル パートナー間で取り決め オープンなプロトコル モバイルからアクセスし易い︕ デジタル・ビジネスではない 伝統的な企業
  20. 20. 企業データの 管理強化 モバイル・アプリ からのアクセスを コントロール 企業ブランド イメージの向上 革新的なパート ナーとの連係 新たな ビジネスの実現 データやアルゴリ ズムを収益化 アプリ開発 スピードの向上 APIの利⽤で コードを減らす APIを公開する、APIを利用する価値APIを公開する、APIを利用する価値
  21. 21. IBM API ConnectであらゆるAPIを統合 IBM Integration Bus IBM WebSphere Connect IBM DB2 Connect IBM DataWorks IBM z/OS Connect 外部アプリ Developer IBM クラウド お客様データ API API API API IBM API ConnectでAPIライフサイクル(作成 ・公開・管理・保護)を統合し て管理する。
  22. 22. 楽な開発 既存のデータストアやサービスから 容易にAPI開発を⾏えるツール ビルド、テスト、デプロイ APIの実⾏環境の管理 監視、スケーリング 公開APIの容易なポリシー定義 利⽤状況の分析、課⾦ 開発者ポータルへの自動連携 堅牢なゲートウエイでの保護 API利⽤者の認証とアクセス制御 アクセス数のレート制限 API公開に必要な支援を備えたIBM API ConnectAPI公開に必要な支援を備えたIBM API Connect 高性能の実行環境 セキュリティ 利用管理 作成 実行 管理保護
  23. 23. 23Page© 2016 IBM Corporation 3. API Connectご採用のメリット 2.Open API Initiative他 API 領域におけるIBMの取り組み例 The OAI is focused on creating, evolving and promoting a vendor neutral API Description Format based on the Swagger Specification. Briefing APIとAPI Economyへの理解を 深める Workshop ビジネスとITの両面 からAPIの進め方を 検討 Delivery サービスをAPI化し、 クイックスタートす る API クイックスタート プログラム ⾦融機関向けIBM FinTech Program enable open innovate launch accelerate • IBM BluemixやIBM developerWorksを中心とした巨⼤な開発コミュニティーによるバックアップ • Open API Initiativeを始め、API標準への積極的な関与 IBMのAPIへのアプローチIBMのAPIへのアプローチ
  24. 24. © 2017 IBM Corporation https://www.ibm.com/blogs/systems/ibm-named-a-leader-in-gartner-magic-quadrant-for-full-life-cycle-api-management-solutions/ より抜粋 リーダーの地位でソフトウェアでもBluemixでも提供
  25. 25. 25Page© 2016 IBM Corporation 開発環境 SaaS(Bluemix)環境 パブリック・クラウド環境 (IaaS) オンプレミス環境 API開発者 - LoopBack - マイクロGateway - CLI Developer Toolkit API デザイナー- APIの設計 - 開発・テスト - ビルド・デプロイ 稼働環境公開(デプロイ) API Connectは、オンプレミス、SaaS、パ ブリッククラウド(IaaS)の複数の提供形 態から選択、併⽤可能 開発ツールは、すべての環境で共⽤でき、公 開先を変更可能(開発ツールへの課⾦はなし ) 複数の稼動環境を利⽤して、使い分け可能( ハッカソン⽤、テスト⽤、本番⽤など) すべての環境でAPIコール数に応じた月額ベ ースのサブスクリプション・ライセンスを利 ⽤可能 ハイブリッドに提供可能なIBM API Connectハイブリッドに提供可能なIBM API Connect
  26. 26. APIの組み合わせで素早く機能強化 既存のIT資産も API化でさらに価値が高まる エンタープライズの IT資産 基幹システム上のデータ アプリケーション ビジネス・ロジック ロジック データ アプリケーション API API API API API API API API API モバイル通知 Sendmail ⼀⻫配信 Twitterデータ 電話︓Twilio ビデオ配信 健康データ 電子マネー決済 販売・注文 気象データ IBM WebSphere Connect WebSphereアプリケー ションとデータ IBM z/OS Connect IBM z Systems上のア プリケーションやデー タ IBM DB2 Connect IBM DB2 メイン フレームと IBM System i
  27. 27. APIエコノミーの事例︓デジタルポスト様
  28. 28. 28Page© 2016 IBM Corporation 3PI Connectご採用のメリット 3.API Connect活用事例2016年3月25日発表 残⾼照会、⼊出⾦明細照会、⼝座情 報照会などの銀⾏機能を提供するサ ービスを開始 ニュースリリース : リンク(http://www-03.ibm.com/press/jp/ja/pressrelease/49405.wss ) API開放におけるセキュリティの確保 提携先企業にログインID・パスワードを 預ける必要がない 認証基盤(Oauth2.0準拠)による認証 API Connectを活⽤し、セキュアかつ容易にAPIを作成、公開、運⽤、分析 するとともに、開放したAPIの適切な管理を実現 Fintech事例︓住信SBIネット銀⾏様
  29. 29. © 2017 IBM Corporation IBM が提供する Fintech 共通API IBM の Global Business Services が業界ナレッジを蓄積した「Fintech共通API」を提供。 また、解放したAPI利用者を増やすため、スタートアップ向け支援も活動。
  30. 30. © 2017 IBM Corporation Fintech&OpenAPIの事例︓しんきん情報システム様 http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/17/041001085/ より抜粋
  31. 31. 3つのアクターに対して 重圧な画面/機能 API開発者 API管理者 アプリ開発者 (外部 取引先 社内) API 提供側 API 利⽤側 API開発 API仕様 ポリシー 定義 APIの 製品化 と公開 APIキー 発⾏と 利⽤登録 API利⽤分析 1 2 3 4 0 API利⽤ APIデザイナー APIマネージャー 開発者ポータル API ConnectによるAPI公開に向けたステップと価値API ConnectによるAPI公開に向けたステップと価値 APIを ⾒つける︕ API開発者ポータル
  32. 32. 32Page© 2016 IBM Corporation APIGateway APIAPI APIAPI REST/JSON ESB API 開発者 ポータル APIAPI 外部 アプリ開発者 クライアント・アプリ 社内取引先 IoT モバイル Web Web Service IBM z APIサービス B2B SaaS Reverse Proxy /WAF API マネージャー WebSphere Liberty 仮想アプライアンス 仮想アプライアンス ソフトウェア 仮想アプライアンス (物理アプライアンス) ソフトウェア API公開に必要な支援を備えたAPI ConnectAPI公開に必要な支援を備えたAPI Connect
  33. 33. © 2017 IBM Corporation IBMは3つのOSS言語のAPI対応に多く貢献
  34. 34. IBM API Connect の機能 コンポーネント 外部 アプリ開発者 クライアント アプリ ESB Web Service IBM z 社内 取引先 IoT モバイル Web DataPower Gateway • API ポリシーの執⾏ • ⾼度な認証・暗号処理 • ⾼性能・ハイセキュリティー Micro Gateway • APIの設計・開発・テスト • APIのデータ・ソース接続 • ビルド・デプロイ Developer Toolkit Micro App Compute • API ポリシーの執⾏ • 基本的な認証・暗号処理 • Node.jsのゲートウェイ • Node.js/Java ランタイム • クラスター構成 • データ・ソース・コネクター データソースを効率的に API化する開発環境 ポリシーに基づきAPIを 高度に保護・制御する 開発者ポータル APIマネージャー • API定義のインポート • API ポリシー管理 • ライフサイクル管理 • API 一覧/詳細 ページ • コード・サンプル • クライアントID管理 APIのポリシーを管理する APIオーナー⽤UI APIを利⽤するための情報が 集約された開発者⽤ポータル ポリシーに基づきAPIを シンプルに保護・制御する デジタルITをサポートする 軽量・高信頼APIランタイム IBM API Connect の強みIBM API Connect の強み ハイブリッドに提供 (基本)REST, MySQL, PostgreSQL, MongoDB, Redis, Couchbase, Cloudant, Neo4j, Kafka, Memory, Mail、等 (拡張)SOAP, DB2, Oracle, MS SQL, SAP HANA 、等 コネクターの種類
  35. 35. IBMだからできるハイブリッドエンタープライズアプリケーション API Connect データベースの公開 ロジック部品の公開 IaaS PaaS Cloud Enable アプリケーション 今までのアプリケーション Monolithic app Firewall REST SaaS連携 “Cloud First” 外部APIの活用 “API Economy” 開発者が セルフ・サービスで利⽤ API として 公開 革新的な アイデアをアプリ化 新たなサービス、 より良いサービス を生み出す Software- as-a- Service オンプレミス セキュリティ ゲートウエイ IBM開発、提供 公開API(150種以上) クラウド コグニティブ 連携 APIとして公開
  36. 36. 36Page© 2016 IBM Corporation API Connect Docker サポートAPI Connect Docker サポート https://hub.docker.com/r/ibmcom/apiconnect/ DockerサポートによりIBM Container サービスで稼働させることも可能に︕
  37. 37. © 2017 IBM Corporation Bluemix APIリファレンス もAPI Connect ベース Bluemix サービスのAPIリファレンス ↓(要チェック) https://console.ng.bluemix.net/apidocs/
  38. 38. 38Page© 2016 IBM Corporation https://loopback.io/doc/en/lb2/LoopBack-core-concepts.html Loopback Framework ModelLoopback Framework Model LoopBack Frameworkとは、 バックエンドのデータソースをREST API化 するフレームワーク。 コネクタも用意され、プロトコル変換が可能。 API Connect を使うとバックエンドを REST API + LoopBack Framework で指定可能。
  39. 39. © 2017 IBM Corporation API Connect を使うとエレガントになる︖ LoopBack Framework (DB参照)を使ったAPI定義例(MySQLの例) API Connectの開発者ポータル機能 で自動生成されるAPI Reference例 OpenAPI Swagger 取り込みによるAPI定義例 OpenAPI SwaggerによるAPI Reference 例 API Connectを使うと・・
  40. 40. © 2017 IBM Corporation Loopback Framework の変換 https://loopback.io/doc/en/lb2/LoopBack-core-concepts.html CRUDHTTP method NodeAPI
  41. 41. © 2017 IBM Corporation Blue-Greenなステージング
  42. 42. API の開発 • Swaggerのインターフェース定義からAPIを開発したり 、モデルをスクラッチから組み上げることも可能 APIの作成
  43. 43. 開発したAPI の確 認、テスト APIのテスト
  44. 44. 44Page© 2016 IBM Corporation – APIデザイナーまたはAPIマネージャーからGUIでス クラッチから定義 – Swagger 2.0仕様に準拠したAPI記述を自動生成 – インポートによる定義 – 外部で作成したSwagger 2.0準拠のAPI記述をイ ンポートすることも可能 – WSDLのインポートや サービス・レジストリーから ディスカバリー可能 – セキュリティー設定が可能 – 基本認証(認証URL、LDAP) – Oauth – APIキー 自動生成 Swagger2.0記 述 WSDL import import サービス・ レジストリー discovery 設計 ソース(YAML) APIの仕様定義
  45. 45. 45Page© 2016 IBM Corporation アセンブル– Gatewayで実施する処理をビルトイン・ポリシーを使ってアセンブリー・フローに定義 – Micro GatewayとDataPower Gatewayで利用できるビルトイン・ポリシーが異なる – 独自の処理をユーザー定義ポリシーとして作成・利用することも可能 – サンプルのユーザー定義ポリシーはGitHubからダウンロードして再利⽤可能 パレット(ビルトイン・ポリシー) キャンバス アセンブリー・フロー プロパティー・シート ドラッグ&ドロップで配置 アセンブル 各ポリシーをクリックして 詳細を指定 アセンブリ
  46. 46. © 2017 IBM Corporation IBM API Connect 入門ご紹介 https://www.ibm.com/support/knowledgecenter/ja/SSFS6T/mapfiles/getting_started_bluemix.html
  47. 47. API Connect の Loopback の流れAPI Connect の Loopback の流れ https://www.ibm.com/support/knowledgecenter/ja/SSFS6T/mapfiles/getting_started_bluemix.htmlより引用
  48. 48. © 2017 IBM Corporation API Connectによるテスト例
  49. 49. © 2017 IBM Corporation REST APIの作成例 項目定義
  50. 50. 企業が API公開 公開API 発⾒ 新アプリ開発 アプリ人気Up ユーザー送客 新たなビジネス IBM API ConnectでAPIエコシステムを︕IBM API ConnectでAPIエコシステムを︕ 開発者
  51. 51. © 2017 IBM Corporation Watson Summit 2017 いよいよ開催が明日です︕
  52. 52. © 2017 IBM Corporation Thank you ご清聴ありがとうございました。
  53. 53. この資料に含まれる情報は可能な限り正確を期しておりますが、日本アイ・ビー・エム株式会社の正式なレビューを受けておらず、当資料に記載 された内容に関して日本アイ・ビー・エムは何ら保証するものではありません。 ワー クショップ、セッション、および資料は、IBMまたはセッション発表者によって準備され、それぞれ独自の見解を反映したものです。それらは情 報提供の目的 のみで提供されており、いかなる参加者に対しても法律的またはその他の指導や助言を意図したものではなく、またそのような結 果を生むものでもありません。 本講演資料に含まれている情報については、完全性と正確性を期するよう努力しましたが、「現状のまま」提供さ れ、明示または暗示にかかわらずいかなる保証 も伴わないものとします。本講演資料またはその他の資料の使用によって、あるいはその他の 関連によって、いかなる損害が生じた場合も、IBMは責任を負わ ないものとします。 本講演資料に含まれている内容は、IBMまたはそのサプライ ヤーやライセンス交付者からいかなる保証または表明を引きだすことを意図したものでも、IBM ソフトウェアの使用を規定する適用ライセンス契 約の条項を変更することを意図したものでもなく、またそのような結果を生むものでもありません。 本 講演資料でIBM製品、プログラム、またはサービスに言及していても、IBMが営業活動を行っているすべての国でそれらが使用可能であること を暗示するも のではありません。本講演資料で言及している製品リリース日付や製品機能は、市場機会またはその他の要因に基づいてIBM独 自の決定権をもっていつでも変 更できるものとし、いかなる方法においても将来の製品または機能が使用可能になると確約することを意図したも のではありません。本講演資料に含まれている 内容は、参加者が開始する活動によって特定の販売、売上高の向上、またはその他の結果が生 じると述べる、または暗示することを意図したものでも、またその ような結果を生むものでもありません。 パフォーマンスは、管理された環境にお いて標準的なIBMベンチマークを使用した測定と予測に基づいています。ユーザーが経験する実際のスループットやパ フォーマンスは、ユーザ ーのジョブ・ストリームにおけるマルチプログラミングの量、入出力構成、ストレージ構成、および処理されるワークロードなどの考慮 事項を含む、 数多くの要因に応じて変化します。したがって、個々のユーザーがここで述べられているものと同様の結果を得られると確約するものではありま せ ん。 記述されているすべてのお客様事例は、それらのお客様がどのようにIBM製品を使用したか、またそれらのお客様が達成した結果の実例として 示されたものです。実際の環境コストおよびパフォーマンス特性は、お客様ごとに異なる場合があります。 IBM, IBM ロゴ、ibm.com, は、世界の多くの国で登録されたInternational Business Machines Corporationの商標です。 他の製品名およびサービス名等は、それぞれIBMまたは各社の商標である場合があります。 現時点での IBM の商標リストについては、www.ibm.com/legal/copytrade.shtmlをご覧ください。

×