Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Aws視点から見たsoft layer + bluemixによるマルチクラウド 20160416

5,327 views

Published on

SoftLayer Bluemix Community Festa 2016 (http://softlayer.connpass.com/event/28141/)
での発表資料です。

Published in: Technology
  • Dating direct: ❤❤❤ http://bit.ly/39pMlLF ❤❤❤
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here
  • Follow the link, new dating source: ❶❶❶ http://bit.ly/39pMlLF ❶❶❶
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here

Aws視点から見たsoft layer + bluemixによるマルチクラウド 20160416

  1. 1. AWS視点から見た SoftLayer + Bluemix によるマルチクラウド 2016年 4月 16日 IBM アーキテクト 平山 毅 Bluemix + SoftLayer AWS
  2. 2. © 2016 IBM Corporation© 2016 IBM Corporation 自己紹介 名前︓平⼭ 毅(ひらやま つよし) Twitter : t3hirayama Faceook : tsuyoshi.hiaryama 2016年2月 IBM入社。アーキテクト。 IBMが従来のハードウェアとソフトウェアのモデルから コグニティブとクラウドにシフトとブロックチェーン技術のリードを宣言するタイミングでジョイン。 【前職】 ・Amazon Web Services (AWS) Professional Services Consultant , Enterprise Solutions Architect ・Tokyo Stock Exchange (TSE) IT Service Manager , Enterprise Architect , Derivative Master ・Nomura Research Institute (NRI) Financial Systems Engineer 【執筆著書】
  3. 3. © 2016 IBM Corporation text 本日お伝えしたいこと AWSとの機能比較をするつもりはありません。 ・私と同様なAWS脳な観点で、SoftLayer+Bluemixの 特徴を知ってもらう。 ・AWS利⽤者にマルチクラウドの時代で特徴の違うクラウドである SoftLayer+Bluemixをどう組み合わせて利⽤するか イメージを掴んでもらう。 ・休日の午後の眠くなる時間のためディスカッションを多めに︕
  4. 4. © 2016 IBM Corporation text ITシェアの歴史を振り返る ① ・データベース ・アプリケーションサーバー OSS化 OSS化
  5. 5. © 2016 IBM Corporation text ITシェアの歴史を振り返る ② ・OS ・仮想化 OSS化 OSS化
  6. 6. © 2016 IBM Corporation text 今までの傾向からクラウドで起こること(予想) (ディープラーニングの経験則によると・・) ・業界リーダーに加え、数社の競合が居て追いついていく。 ・コモディティ化し、OSS化していく。 OSS化 ポイントは ここの互換性
  7. 7. © 2016 IBM Corporation text IBM Cloud の 特徴 ・SaaS、PaaS、IaaSのすべてのレイヤーを提供 ・OSSのPaaSであるCloudFoundry、OSSのIaaSであるOpenStackをベースとした「オープンクラウドアーキテクチャー」 PaaS : Bluemix (CloudFoundryベース) IaaS : SoftLayer (OpenStackベース) ・Linux、Eclipse、Apacheと同様にオープンソースにコミット
  8. 8. © 2016 IBM Corporation text SoftLayerの特徴 ① グローバルネットワーク • クラウドに1200億円を追加投資し、SoftLayerのクラウド・リソースを倍増 • 今年中に、日本を含む15拠点の新しいデータセンターを追加 • 15カ国で40拠点でのデータセンター展開で、各国のデータ保護規制に対応 India China Hong Kong Singapore Melbourne Sydney Japan Seattle San Jose Los Angeles Mexico City Houston Denver Dallas Miami Atlanta Washington D.C. Montreal Toronto Chicago London Frankfurt Paris Amsterdam Brazil New York City グローバル 高速 ネットワーク・バックボーン 全世界のSoftLayer環境のN/Wは、全て標準サービスとして提供されます。 パブリック、プライベート、10Gbps帯域で接続 複数のTier1キャリアを冗⻑化接続し、⾼可⽤性接続を実現 プライベート接続は無料利⽤。(パブリック・アウトバウンド:標準5TB/月まで無料) 日本DC(2014) IaaSはDC数とDC間ネットワークが差別化要因
  9. 9. © 2016 IBM Corporation text DC間ネットワークレイテンシー が画面で確認可能
  10. 10. © 2016 IBM Corporation text 多様な専⽤ネットワーク接続方法 お客様 R PoP SoftLayer POP拠点 SoftLayer PoD データセンタ サーバ Vyatta Internet DCi or ONI SoftLayer手配 お客様 R お客様 SSL/PPTP IPSec 専用線 お客様購入 NAT 1 2 3 Inter net 専用線 NAT Equinix CEX お客様 4b 4a Public VLAN Private VLAN お客様 R SSL IPSec IPSec NAT コロケーション R R R R R R R 4c お客様 R 専用線 PoDとは別ルーム お客様手配 ①POP直接続 ②コローケーション直接続 SoftLayerの特徴的な接続サービス
  11. 11. © 2016 IBM Corporation text SoftLayerの特徴 ② ベアメタルサーバ その 仮想サーバーに加え、物理サーバー(ベア・メタル)が選択できます。 CPU、メモリを自在に選択できる。月額課⾦のメニュー。 OpenPower等、様々なラインナップを利⽤可能 仮想サーバー (プライベート)仮想サーバー (パブリック)物理サーバー (ベア・メタル) 物理サーバー上に仮想化ソフトウェアやクラウ ドソフトウェアを載せて、仮想化機能を自在に 使ったり、集約率を上げることも可能。 Cloudfoundryをセットアップし、プライベート ネットワーク内で利⽤も可能。
  12. 12. © 2016 IBM Corporation Bluemixは互いに接続可能な形態 2 | Dedicated パブリッククラウドの迅速性を 保ちながら、あなただけの 専有環境を提供 Seamless Experience どの形態を選んでも、 単一でシームレスな環境を提供 3 | Local お客様環境における ファイヤーウォールの内側で 重要なワークロードを実⾏ 1 | Public パブリッククラウドの経済性 と迅速性を最大限に活⽤ PaaSをクラウドの 占有環境で利用できる
  13. 13. © 2016 IBM Corporation IBM Bluemix Dedicated – SoftLayer上の専用環境で提供される、シングル・テナントのBluemix環境 Dedicated(専⽤) パブリック オンプレミス 2014年12月 提供開始 2014年12月 提供開始 希望するSoftLayerの データセンターを利⽤ した専⽤環境の確保 オンプレミスとの より安全な接続の実現 基盤やサービスの 運⽤管理はIBMが実施 (基盤は公開しない) Dedicatedの主な特徴 運⽤管理 IBM 運⽤担当者
  14. 14. © 2016 IBM Corporation IBM Bluemix Dedicatedのアーキテクチャー Bluemix(Cloud Foundry)基盤 ランタイム アプリケーション サービス XXXアプリ Bluemix Dedicate d CF⽤L7ルーター(*1) SoftLayerの任意のデータセンター上に専有ハードウェア上に環境構築 専⽤線 or VPN既存システム LDAP (オプション) アプリのプッシュ アプリ 開発者 既存システムとは専⽤線 / VPNで通信 サービス ・・・ Bluemix Public Publicのサービス を利⽤可能 企業内LDAPで アカウント管理可能 エンド・ユーザーの端末 オンプレミス(企業資産環 境) (*1) L7負荷分散機能を有するリバース・プロキシー HTTP(S)
  15. 15. © 2016 IBM Corporation Bluemix Dedicated 利⽤イメージ VPN、あるいはSoftLayerの DirectLinkサービスによる、 企業内ネットワークと同等レベルの セキュアなアクセス、加えて、 企業のLDAPを利⽤した認証 Bluemix Dedicatedの カタログ上に無いサービスは、 パブリック版Bluemixのもの をバインドして利⽤ アプリを使う エンドユーザーは パブリックな インターネット経由 でアクセス
  16. 16. © 2016 IBM Corporation Bluemix Dedicated は SoftLayer DC India Shanghai Hong Kong Singapore Sydney Tokyo Seattle San Jose Los Angeles Mexico City Houston Denver Dallas Miami Atlanta Washington D.C. Montreal Toronto Chicago London Frankfurt Paris Amsterdam Sao Paulo New York Dubai Melbourne データセンター Network PoP 開設予定データセンター 開設予定 Network PoP 東京DC シンガポールDC パリDC 下記構成例のように、お客様の拠点や、エンドユーザーに近い場所でのご利⽤が可能です。
  17. 17. © 2016 IBM Corporation マルチクラウドにおけるBluemix活⽤ • Bluemix上で稼動するアプリケーションから、既存システム、クラウドを有効活⽤ • 「データ」と「アプリケーション機能」へのセキュアな接続と有効活⽤ • アプリケーションのフロントエンド改革としてのBluemixアプリケーション ERPやCRMなど 既存システム Integration Mobile Analytics Database SocialIoT Watson DevOps Service Collaboration, Auto Deploy, Management User 現⾏ アプリケーション ApplicationApplicationAPIAPI モバイル接続を含む セキュア接続をサポート バックエンド システムとの連携 お客様 データセンター SoftLayer SalesForce SAP クラウドサービス
  18. 18. © 2016 IBM Corporation マルチクラウドを実現するサービス① Cloud Integration 既存システムの「データ」と「アプリケーション機能」へのセキュアな接続と有効活⽤ Bluemix上のアプリ を活⽤したAPI オンプレミスのアプリ を活⽤したAPI CastIron Live コネクター Bluemix セキュア・コネクター オンプレミスのデータ を活⽤したAPI オンプレミスのデータ とのデータ同期 お客様データセンター環境 お客様専⽤のアイコンとして追加し、 容易に活⽤することが可能
  19. 19. © 2016 IBM Corporation 既存システムとの連携 “Cloud Integration” – Bluemixから既存システムへのアクセス手段を提供 • 実績豊富なクラウド統合製品WebSphere Cast Ironの技術を利⽤ • 提供する機能 – 既存システムに対するREST APIの生成とアクセス手段の提供 – 生成したREST APIのプライベート・カタログ化 – 既存システムのDB2とBluemixのSQL Databaseとのデータ同期 Bluemix環境 他クラウド アプリケーション・サーバー データベース・サーバーセキュア・コネクターCloud Integration
  20. 20. © 2016 IBM Corporation マルチクラウドを実現するサービス② DataWorks • クラウドの区別なく、 ETL(Extract-Transform-Load)処理を⾏うサービス • アプリケーションに必要なデータのみをクラウドに。 DataWorks 主要API: •Data Load •Data Profile •Data Masking •Data Classification 保存およびアクティ ビティーとしての稼動ロード アナリシス ジョイン クレンジング DataWorks
  21. 21. © 2016 IBM Corporation マルチクラウドを実現するサービス③ Secure Gateway • Bluemixアプリケーションとクラウド間をセキュアに接続 • トンネリングを確⽴し、Bluemixアプリケーションからのみ接続可能に Secure Gateway Runtime Service Bluemix 他クラウド App DB クライアントのオプション • トラフィックと使⽤状況の管理 • 複数のGW、ネットワークの分離、負荷 分散とフォールトトレランスをサポート コマンド >docker run –it bluemix/secure-gateway-clinet xxx
  22. 22. © 2016 IBM Corporation text Amazon Web Service の管理 多くのサービスが密集している。 大変便利︕ だけども管理が大変。。 DevOps スーパーエンジニア 最⾼ の環境 この⼈がいなくなったらどうするの︖ AWSの管理画⾯
  23. 23. © 2016 IBM Corporation text IBM Cloud の管理 アプリケーション エンジニア 専念 インフラ エンジニア 専念 Bluemixの管理画⾯ SoftLayerの管理画⾯ 従来のスキルセットに沿ったシンプルな管理ができる
  24. 24. © 2016 IBM Corporation text クラウドネイティブ、サーバレスアーキテクチャの⾒解 ・基本的には、クラウドネイティブの方向に向かう。 しかしながら、全てがクラウドネイティブになるわけではなく、明確に分離されているのが現実。 トラディショナルな システム構成 SoR(System of Record) クラウドネイティブ なシステム構成 SoE(System of Engagement) 異なるシステム体系 を一元管理する必要がある
  25. 25. © 2016 IBM Corporation text 差別化しているサービス IaaSとPaaSが完全に権限分離されており、AWSにはない唯一無二な特徴的な機能もある。(現時点) <Bluemix> Watson IOT Foundation Blockchain IBM Application Git + 開発環境 DevOps UI <SoftLayer> 物理サーバ+VMware 物理ネットワーク 共有ディスク グローバルネットワーク POP、コロケーション SSL-VPN HPC等の性能とセキュリティが要求 される利⽤に有利。 抱負かつIBM固有の機能をマネージド (運⽤不要)で安価に利⽤できる。
  26. 26. © 2016 IBM Corporation text マルチクラウドで実現すべきこと① AWS 固有のリソース IBM Bluemix SoftLayer 固有のリソース 共通のリソース AWS IBM Cloud ネットワーク網 データ転送 AWS API Endpoint SoftLayer API Endpoint AWS API IBM Bluemix SoftLayer API – シームレスに利⽤できるように双方のクラウドの特性を抑え、APIを使いこなす。 Bluemix API Endpoint ここの要素 が多い
  27. 27. © 2016 IBM Corporation text マルチクラウドで実現すべきこと② Bluemix on SoftLayer Amazon Web Services 相互接続拠点 (例︓Equinix) 同じリージョン (地域) Equinix Cloud Exchange オン プレミス API管理 VPC VPC VPC Peering アカウント アカウント – 双方のクラウドのネットワーク接続を考慮する。 ※ネットワーク接続性に優れたSoftLayerをフロントネットワークにすることを推奨。 (SoftLayerのサーバーの利⽤が前提) Bluemix on SoftLayer Amazon Web Services 相互接続 拠点 (例︓ Equinix) Equinix Cloud Exchange API管理 VPC VPC VPC Peering アカウント アカウント 海外リージョン (地域)
  28. 28. © 2016 IBM Corporation text Amazon VPC Amazon EC2 AWS Elastic Beanstalk AWS Lambda Elastic Load Balancing Amazon RDS Amazon WorkSpaces AWS Direct Connect Amazon S3 AWS API エンドポイント Amazon SQS プライベート ネットワーク Amazon Dynamo DB パブリック ネットワーク SoftLayer API エンドポイント BluemixAPI エンドポイント IaaS PaaS <優位性> Watson Blockchain IBM Application Git + 開発環境 DevOps UI <優位性> 物理サーバ+VMware 物理ネットワーク 共有ディスク グローバルネットワーク POP、コロケーション SSL-VPN Virtual Private Gateway Internet Gateway プライベート ネットワーク VPC内にサーバーが 起動してみえる。 Internetに接 続している 内部のサーバは SoftLayerから⾒え ない純粋なPaaS Internet 海外DC 海外DC 海外接続は Internet経 由通信になる DevOps エンジニア アプリ 開発者 インフラ 管理者 お客様のオンプレミス環境 コロケーション環境 POP (接続ポイント) プライベート ネットワーク で接続可能 DevOpsエンジニ アが全体を統制す る必要性がある 1.Equinix 2. コロケーション 3.POP の3つの専⽤接続が 可能 疎 結 合 密 結 合 海外接続も 専⽤線接続 になる Internetに接 続している
  29. 29. © 2016 IBM Corporation text この資料に含まれる情報は可能な限り正確を期しておりますが、日本アイ・ビー・エム株式会社の正式なレビューを受けておらず、当 資料に記載された内容に関して日本アイ・ビー・エムは何ら保証するものではありません。 ワー クショップ、セッション、および資料は、IBMまたはセッション発表者によって準備され、それぞれ独自の見解を反映したもので す。それらは情報提供の目的 のみで提供されており、いかなる参加者に対しても法律的またはその他の指導や助言を意図したもので はなく、またそのような結果を生むものでもありません。 本講演資料に含まれている情報については、完全性と正確性を期するよう 努力しましたが、「現状のまま」提供され、明示または暗示にかかわらずいかなる保証 も伴わないものとします。本講演資料または その他の資料の使用によって、あるいはその他の関連によって、いかなる損害が生じた場合も、IBMは責任を負わ ないものとします。 本講演資料に含まれている内容は、IBMまたはそのサプライヤーやライセンス交付者からいかなる保証または表明を引きだすことを意 図したものでも、IBM ソフトウェアの使用を規定する適用ライセンス契約の条項を変更することを意図したものでもなく、またそのよ うな結果を生むものでもありません。 本 講演資料でIBM製品、プログラム、またはサービスに言及していても、IBMが営業活動を行っているすべての国でそれらが使用可能 であることを暗示するも のではありません。本講演資料で言及している製品リリース日付や製品機能は、市場機会またはその他の要 因に基づいてIBM独自の決定権をもっていつでも変 更できるものとし、いかなる方法においても将来の製品または機能が使用可能にな ると確約することを意図したものではありません。本講演資料に含まれている 内容は、参加者が開始する活動によって特定の販売、 売上高の向上、またはその他の結果が生じると述べる、または暗示することを意図したものでも、またその ような結果を生むもので もありません。 パフォーマンスは、管理された環境において標準的なIBMベンチマークを使用した測定と予測に基づいています。ユー ザーが経験する実際のスループットやパ フォーマンスは、ユーザーのジョブ・ストリームにおけるマルチプログラミングの量、入出 力構成、ストレージ構成、および処理されるワークロードなどの考慮 事項を含む、数多くの要因に応じて変化します。したがって、 個々のユーザーがここで述べられているものと同様の結果を得られると確約するものではありませ ん。 記述されているすべてのお客様事例は、それらのお客様がどのようにIBM製品を使用したか、またそれらのお客様が達成した結果の実 例として示されたものです。実際の環境コストおよびパフォーマンス特性は、お客様ごとに異なる場合があります。 IBM, IBM ロゴ、ibm.com, は、世界の多くの国で登録されたInternational Business Machines Corporationの商標です。 他の製品名およびサービス名等は、それぞれIBMまたは各社の商標である場合があります。 現時点での IBM の商標リストについては、www.ibm.com/legal/copytrade.shtmlをご覧ください。

×