Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Amazon ECS AWS Fargate あるとき~ ないとき~ (トレノケ雲の会 mod2)

925 views

Published on

トレノケ雲の会 mod2 「雲の通ひ路」より
コンテナを使うメリットと、Amazon ECS、AWS Fargateを試してみた使用感とまとめ

Published in: Technology
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

Amazon ECS AWS Fargate あるとき~ ないとき~ (トレノケ雲の会 mod2)

  1. 1. Amazon ECS AWS Fargate あるとき~ ないとき~ #kumonokai トレノケ雲の会 mod.2 2018/8/29 #kumonokai 山下 光洋
  2. 2. 自己紹介 山下光洋 @yamamanx Blog : www.yamamanx.com ・ソフトウェア開発会社でIBMさんのBP ・ナイトレジャー会社,エネルギー会社で情シス ・AAI(AWS認定インストラクター)、 IT Terchnical Training Engineer@Trainocate ヤマムギ(勉強会) , JAWS-UG, JAWS-UG IoT関西支部, kintone Cafe大阪, JP_Stripes, MasterCloud The八番街ベース 緑のLv16 LvLv37
  3. 3. 今日お話すること Amazon ECSのAWS Fargate (全スライド撮影OKです) (1)Amazon ECSについて (2)AWS Fargateについて (3)あるとき~ ないとき~ (4)やってみた #kumonokai
  4. 4. なぜコンテナを使うのか コンテナを使うメリット 1. Portability & Flexibility 2. Fast & Rapid 3. Efficient #kumonokai
  5. 5. なぜコンテナを使うのか 1. Portability & Flexibility 携帯 & 柔軟 (ポータビリティ & フレキシビリティ) 2. Fast & Rapid 早い & 迅速 (ファスト & ラピッド) 3. Efficient 効率的 (イフィシェント) #kumonokai
  6. 6. なぜコンテナを使うのか コンテナを使うメリット Portability & Flexibility 軽便 & 柔軟 (ポータビリティ & フレキシビリティ) ・環境に依存しない どこの環境でいつ実行しても同じ ・あいのりも可能 #kumonokai
  7. 7. なぜコンテナを使うのか コンテナを使うメリット Fast & Rapid 早い & 迅速 (ファスト & ラピッド) ・起動が速い ・継続性(CI/CDパイプライン)が高い ・繰り返しデプロイ、ロールバックも簡単 #kumonokai
  8. 8. なぜコンテナを使うのか コンテナを使うメリット Efficient 効率的 (イフィシェント) ・再利用性が高く無駄を排除できる #kumonokai
  9. 9. なぜコンテナを使うのか コンテナを使うメリット 1. Portability & Flexibility どこの環境でも同じように、 2. Fast & Rapid 素早く簡単に、 3. Efficient 無駄なく使うことができる。 #kumonokai
  10. 10. Amazon ECSとは 検索してみると、、、、 EC2 Container Service ????? Elasticじゃないのか????? #kumonokai
  11. 11. Amazon ECSとは #kumonokai あ、よかった。 Elastic Container Serviceだった。
  12. 12. Amazon ECSとは #kumonokai ECS コントロールプレーン コンテナの管理をする EC2 データプレーン コントロールプレーンから の指示に従って起動 ECR リポジトリイメージを管理
  13. 13. Amazon ECSとは #kumonokai
  14. 14. なぜコンテナを使うのか コンテナを使うメリット 1. Portability & Flexibility どこの環境でも同じように、 1. Fast & Rapid 素早く簡単に、 1. Efficient 無駄なく使うことができる。 #kumonokai
  15. 15. ECSを使う理由 #kumonokai
  16. 16. #kumonokaiECSを使う理由
  17. 17. Amazon ECSとは #kumonokai ECSを使うことで、 コンテナ1台ごとの管理は 不要になり、 エンジニアはアプリケーシ ョンの開発に集中すること が出来るようになる。
  18. 18. Amazon ECSとは #kumonokai
  19. 19. Amazon Fargateとは #kumonokai
  20. 20. AWS Fargateとは #kumonokai ・コンテナのためのEC2管理が不要 ・インスタンスタイプの選択が不要 ・Auto Scalingのタイミング設定が不要 →よりマネージドなサービスにより、 エンジニアは開発により注力できる
  21. 21. Fargateあるとき〜 #kumonokai
  22. 22. Fargateないとき〜 #kumonokai
  23. 23. Fargateがあるとき〜 #kumonokai ・EC2の管理が不要 ・CPUとメモリを設定 ・リソースの状態に応じて自然にAuto Scaling
  24. 24. Fargateがないとき〜 #kumonokai ・EC2の管理をしなければならない ・ECSエージェントのアップデート ・インスタンスタイプの設定 ・Auto Scalingをうまく調整する ・Spot Freetやリザーブドインスタンスを 使って費用削減 ・Windows Containers, GPU Support
  25. 25. EC2 vs Fargate #kumonokai EC2タイプ Fargateタイプ 性能 インスタンスタイプ CPU要件、メモリ要件 メンテナンス EC2同様にOS管理が必要 不要 エージェント アップデートが必要 不要 Auto Scaling 調整/設定が必要 自動 料金 EC2の料金オプション(RI,Spot可) 秒単位
  26. 26. ECSやってみた手順 #kumonokai 1. ローカルにDockerの環境準備 2. https://hub.docker.com よりイメージを 取得 3. イメージをECRにアップロード 4. ECSの設定、起動(EC2 Type, Fargate) 5. ブラウザからアクセス
  27. 27. ECSやってみた手順 #kumonokai 2.https://hub.docker.com よりイメージを取得 $ docker run --name yama-wp -p 8080:80 -v /Users/yama/Documents/dev/docker:/var/www/html -d wordpress 326ec6a7d645d60b9b02f31d63ae55fcd59b2f3249d74d746e309ef8fbaf6c04 $ docker images REPOSITORY TAG IMAGE ID CREATED SIZE wordpress latest 51d61ae2bb49 4 days ago 408MB $ docker ps -a CONTAINER ID IMAGE COMMAND CREATED STATUS PORTS NAMES 326ec6a7d645 wordpress "docker-entrypoint.s…" 12 seconds ago Up 11 seconds 0.0.0.0:8080->80/tcp yama-wp
  28. 28. ECSやってみた手順 #kumonokai 3.イメージをECRにアップロード
  29. 29. ECSやってみた手順 #kumonokai
  30. 30. ECSやってみた手順 #kumonokai $ aws ecr get-login --no-include-email --region ap-northeast-1 $ docker login -u AWS -p (超長いパスワード) https://***********.dkr.ecr.ap-northeast-1.amazonaws.com $ docker tag wordpress:latest ************.dkr.ecr.ap-northeast- 1.amazonaws.com/wordpress:latest $ docker push ************.dkr.ecr.ap-northeast- 1.amazonaws.com/wordpress:latest
  31. 31. ECSやってみた手順 #kumonokai
  32. 32. ECSやってみた手順 #kumonokai 4.ECSの設定 - タスク定義
  33. 33. ECSやってみた手順 #kumonokai 4.ECSの設定 - タスク定義(EC2)
  34. 34. ECSやってみた手順 #kumonokai 4.ECSの設定 - タスク定義(EC2)
  35. 35. ECSやってみた手順 #kumonokai 4.ECSの設定 - タスク定義(Fargate)
  36. 36. ECSやってみた手順 #kumonokai 4.ECSの設定 - クラスタ
  37. 37. ECSやってみた手順 #kumonokai 4.ECSの設定 - サービス(EC2)
  38. 38. ECSやってみた手順 #kumonokai 4.ECSの設定 - サービス(Fargate)
  39. 39. ECSやってみた手順 #kumonokai 4.ECSの設定
  40. 40. ECSやってみた手順 #kumonokai 5.ブラウザからアクセス
  41. 41. まとめ #kumonokai ・コンテナ→環境を気にせず開発、デプロイが出来る。 ・ECS→コンテナ1台ごとの管理は不要になる。 ・Fargate→EC2インスタンスの管理が不要になる。 そして、 エンジニアはアプリケーションの開発に、 より集中することが出来る。
  42. 42. ご清聴ありがとうございました。 Special Thanx to…..

×