Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

[簡易提案書]Azure overview 2017_sep_v0.9

589 views

Published on

Microsoft Azure の概要を28ページでまとめた 2017年9月版です。おもに仮想マシンの種類をアップデートしました。

Published in: Technology
  • Be the first to comment

[簡易提案書]Azure overview 2017_sep_v0.9

  1. 1. はじめての マイクロソフト アジュール はじめての Microsoft Azure the Microsoft Cloud Platform 2017 年 9月版
  2. 2. Microsoft Azure データセンター 早わかり Microsoft Azure の 3 つの特徴 Microsoft Azure の全体ブロック図 OSS への取り組み クラウド活用のパターン Azure はすぐに始められます データセンターの拡張 Azure IaaS でデータセンターをデザイン 地上とクラウドのつなぎ方 Azure IaaS 仮想マシン 目的に合わせて選べる、主な仮想マシン スペック一 覧 データベースは IaaS も PaaS 選べます 既存データセンターの強化 運用管理とハイブリッド オペレーション StorSimple でエンタープライズ ストレージの悩みを 解決 オンプレミスもクラウドもまとめて管理 OMS クラウド時代の ID の悩みに Azure Active Directory Hyper スケールを活かした新規ビジネスへの活用 オンライン ビジネス、IoT、AI Web サイト、動画配信 クラウドでビッグデータの保存、クラウドで分析予 測 Cognitive Services と Bot Framework で AI が身近に Developer Tools & サーバーレス コンピューティン グ 構成と価格 Azure IaaS でファイルサーバーを構築 Azure IaaS で 3階層業務アプリケーション環境を構 築 ログ分析、セキュリティ、自動化、バックアップ、 災害対策 IoT と分析基盤 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 CONTENTS Microsoft のプレジデント 兼最高法務責任者、ブラッド ス ミス Microsoft のプレジデント兼最高法務責 任者、ブラッド スミスからのオープン レター 日本マイクロソフト 業務執行役員 政策渉外・法務本部 副本部長 弁護士 舟山 聡 氏 「信頼できるクラウドへ」 - 法律の専門家が陰で支える Microsoft Azure 日本マイクロソフトはこの 2014年 2 月に Microsoft Azure の国内のデータセンターを 開設し、顧客の幅広いニーズに応えられる ようにし、契約の準拠法も日本法を指定し ている。万が一、係争になった場合にも、 東京地裁で判断してもらうことを契約に明 記している。 舟山氏は、「法律の解釈にはその国の文化 が絡む。直接、技術やサービスで顧客に貢 献することはできなくても、お客様に信頼 できるクラウドをお届けするため、法令・ コンプライアンス対応においても、それを 反映させた契約においても、少しでも安心 してもらえるように努めたい」と話す。 https://enterprise.microsoft.com/ja-jp/articles/roles/it-leader/trustworthy_cloud/ 最新のインタビュー記事はこちら https://www.microsoft.com/ja-jp/mscorp/legal/interview-funayama.aspx 企業のお客様がクラウドの利点を実感するためには、ご自身の持つ最も価値のある資産のひ とつをクラウド プロバイダーに安心して託せるようになることが不可欠だとマイクロソフト は理解しています。その資産とはお客様のデータです。クラウド サービスに投資するなら、 顧客データが安全であること、データのプライバシーが保護されること、データの所有権と 管理がお客様の手にあること、データが期待したとおりの方法でのみ使用されることについ て信頼できなければなりません。 信頼されたクラウド どのクラウド プロバイダーよりも包括的なコンプライアンス対応 https://azure.microsoft.com/ja-jp/support/trust-center/ オープンレターの詳細はこちらをご覧ください https://www.microsoft.com/ja-jp/trustcenter/about/open-letter テクノロジの中心にいつも信頼を "安全でコンプライアンスを満たしているとの最高度の信頼 のもとに Microsoft のクラウド サービスを展開していただ けるよう、ツールと情報を提供する責任があることを理解 しています。“
  3. 3. Microsoft Azure データセンター Microsoft Azure はグローバルでサービスする巨大なクラウド サービス Microsoft Azure は日本のお客様のために、日本国内のデータセンターを 西日本リージョン 東日本リージョン Microsoft Azure Office 365 Dynamics 365 マイクロソフト クラウドの国内データセンターのメリット 遅延を限りなく最小に 国外へデータを持ち出せないお客様も活用可能 裁判所の管轄は東京地方裁判所 国内2拠点、東日本と西日本で災害対策、冗長構成が可能 専用線 (Express Route) は、東京と大阪の 2 か所の接続ポイント LGWAN、SINET へも接続済み 03 東京、埼玉大阪 Azure は最大規模のデータセンターと強力な WAN バックボーン マイクロソフトが直接 WAN を所有し投資しています。 実際ここ3 年間で、WANキャパシティーを 700% も増やしました。 Microsoft Azure データセンターの特徴 https://azure.microsoft.com/en-us/blog/how-microsoft-builds-its-fast-and-reliable-global-network/ 世界 38 か所のリージョンでサービスを提供 (2017年8月現 在) クラウドのイノベーションを守るために MicrosoftAzure IP Advantage プログラム https://blogs.technet.microsoft.com/microsoft_japan_corporate_blog/2017/02/09/protecting-innovation-in-the-cloud/ ¥ データセンターを接続しているマイクロソ フト所有の巨大な光ファイバー バックボー ン 世界的な業界標準への準拠に関する、サード パーティによる検証 マイクロソフトは、2016 年 2 月 10 日に、日本セキュリティ監査協 会 JASA-クラウドセキュリティ推進協議会が制定した「クラウド情 報セキュリティ監査制度」において、日本初となる「クラウドセ キュリティ (CS) ゴールドマーク」を取得しました。 Azure は日本の金融機関様にご利用いただくために FISC にも対応 しています。 個人に関するデータの収集と使用を統制する国、地域、および業界 特有の要件に組織が準拠することを支援するために、Microsoft はク ラウド サービス プロバイダーとして取得しうる様々な認定と認証を 取り揃えています。 お客様の必要な認定や認証があるか以下の Web でご確認ください。 https://www.microsoft.com/ja-jp/TrustCenter/Compliance/ 中国 北部 中国 東部 東アジア 香港 東南アジ ア シンガ ポール 東日本 西日本 韓国中部 韓国南部 Azure はアジア地域 で充実のデータセン ター
  4. 4. 早わかり Microsoft Azure の 3 つの特徴 ビジネスに効く、Microsoft Azure。IaaS も PaaS も Windows も Linux も Azure で、使い方は無限大。 04 データセンターの拡張 既存データセンターを 拡張! Enterprise Grade データセンターの機能強化 無限大の可能性 既存データセンターの 強化! Hybrid Datacenter 新規ビジネスと AI/IoT の活用! Hyper Scale 拡張 専用線 または VPN 既存データセンター Azure データセンター 仮想マシン ストレージ 仮想ネットワーク 既存データセンター Azure データセンター クラウドバックアップ ID連携/SSO オンプレミス Active Directory 災害対策 さまざまな SaaS Azure データセンター Web サイト 動画配信 モバイル アプリ配信リアルタイム分析 認証データベースCDN B2B B2C ビジネス基 盤 強化 ビジネス IoT 仮想マシン VMware Hyper-V 物理 機械学習 ハイブリッドクラウドス トレージ iSCSI ストレージ StorSimple AI 運用管理 ビッグ データ
  5. 5. Hybrid Operations Security & Management Platform as a Services (PaaS) Infrastructure as a Services (IaaS) Compute Storage Azure Datacenter Infrastructure (日本では東日本リージョン、西日本リージョン の 2か所で利用可能) Web and Mobile Media & CDN Analytics & IoT & IntelligenceIntegration Networking Data Virtual Network Virtual Machines Compute Developer Services 05Microsoft Azure の全体ブロック図 IaaS、PaaS、そのほかのサービスをバランスよく実装、IaaS と PaaS が連携したシステムも Azure データセンター内で完結 Container Service Blob Storage Premium Storage (SSD) VPN Gateway DNS Express Route Load Balancer Traffic Manager Portal Azure Active Directory Automation Multi-Factor Authentication Key Vault Marketplace Backup StorSimple Cognitive Services DevTest Labs IoT Hub Stream Analytics Machine Learning HDInsight (Hadoop) Cosmos DB SQL Database Security Center Import/Export Advisor Data Lake Store Search Media Services CDN Site Recovery Log Analytics Batch Mobile Apps VM Scale Set Cloud Services Application Insights Web Apps Service Fabric Storage Queue BizTalk Services Service Bus Hybrid Connection Logic Apps API Apps API Management Notification Hubs Visual Studio Team Services Developer Tools Application Gateway SQL Data Warehouse Security Center Bot Service Table Storage
  6. 6. MapR Distribution Solution Template Cloudera Enterprise Solution Template Hortonworks Data Platform Virtual Machine DataSax Enterprise Solution Template ArangoDB Virtual Machine cloudant App Service Couchbase Server Virtual Machine MongoDB Virtual Machine Riak Virtual Machine DevOps Management Applications App Frameworks & Tools Databases & Middleware Infrastructure 06OSS への取り組み CentOS、Red Hat なのどのオープンソースは、これまでも、これからも Azure で稼働する仮想マシンのうち 1/4 がすでに Linux 2016年11月16日マイクロソフトが Linux Foundation のプラチナ メン バーに https://www.linuxfoundation.jp/announcements/microsoft-fortifies- commitment-to-open-source-becomes-linux-foundation-platinum Azure Marketplace では多くの OSS をサポート!DevOps から OS まで Azure Marketplace で提供されている、豊富な Hadoop/NoSQL の選択肢
  7. 7. いざという時にクラウドを使う 07クラウド活用のパターン クラウド活用のターゲットをどこに定めるか? 既存データセンター Azure データセンター Azure データセンター 既存データセンター Azure データセンター 既存データセンター Azure データセンター 既存データセンター Azure データセンター 既存データセンター 災害対策、バックアップ型 検討対象の主なサービス StorSimple Azure Backup Azure Site Recovery 需要変動に対してクラウド活用 ハイブリッドクラウドで全体最適 クラウド全面移行 新規事業や新規用途にクラ ウド オフィス VPN ExpressRoute ExpressRoute HTTPS 拡張型 IaaS 検討対象の主なサービス 仮想マシン 仮想ネットワーク サイト間VPN ハイブリッド型 IaaS 検討対象の主なサービス 仮想マシン 仮想ネットワーク Express Route Azure Stack 基幹ワークロード対応 IaaS 検討対象の主なサービス 仮想マシン G シリーズ 仮想ネットワーク Express Route 事業推進型 PaaS/IaaS 検討対象の主なサービス IoT Hub Machine Learning Cognitive Services HPC 仮想マシン N シリーズ クラウド活用を検討しにくいが始めて みる 普段は使わないバックアップのコスト 削減 開発、検証の一時的なリソース 需要がピークする時に活用 サブ データセンターとしてのクラウド オンプレミスに多くの資産を持ってい る オンプレミスにも継続投資 どちらも主データセンターとしてのハ イブリッド IT 担当者がおらずできるだけ外だしし たい ビジネスの変化が激しく IT を変化させ たい メインデータセンターとしてのクラウ ド IoT、AI、ビッグデータなどを使いたい 新規の用途ですぐにIT を使いたい Azure Stack
  8. 8. 08Azure はすぐに始められます 使ってみよう! Azure https://portal.azure.com/ 管理メニュー 各種サービスの操作はここ から開始できます。 Azure のスタート ボタンで す。 https://blogs.msdn.microsoft.com/dsazurejp/2016/03/09/newportal-operation-guide/ サービスの正常性 タイル データセンターごとにサービス が正常に動作しているか一目で 確認できます。 サポート チケットの発行 契約しているサポートへの問い合わせ ができます。お悩みのことがございま したら、お気兼ねなくお問い合わせく ださい。 課金に関するサポートは無料です。 Azure ポータルではじめよう Azure の管理は、Azure ポータルで。さまざまなサービスを使ってみてください http://azure.microsoft.com/blog/ Azure の情報を知る、学習する Azure 公式ブログ 定期的にチェックを!RSS を登録しておくと便利です。 https://azure.microsoft.com/ja-jp/documentation/learning-paths/ 日本語ドキュメント 日本マイクロソフト株式会社のドキュメントがあります。カタログ、技術解説、構成ガイド、自習書などが http://www.microsoft.com/ja-jp/server-cloud/local/documents/ ラーニング パス Azure は膨大なドキュメントがあります。ラーニング パスは各ドキュメントを学習する順に読むことができま http://azure.microsoft.com/ja-jp/community/events/ Azure のイベント (最新セミナー、ハンズオン) セミナー、ハンズオントレーニングは、こちらから https://technet.microsoft.com/ja-jp/mt622143 Azure オンデマンド版 過去のWebinar (Web セミナー) やセミナーの録画はこちらから mstep マイクロソフト パートナー様向けトレーニング パートナー様であれば、mstep のクラスルームまたはオンラインをご受講ください。(MPN 登録が必要です) https://partner.microsoft.com/ja-jp/training/mstep-classroom
  9. 9. データセンターの拡張 Azure IaaS でデータセンターをデザイン 09 ブロックで家を作るように Azure で IaaS を組み立ててください Azure IaaS のパーツを組み合わせる 仮想ネットワーク 仮想マシン サイト間VPN Express Route VPN デバイス Azure データセンター 東日本リージョン オンプレミス VPN Gateway Azure データセンターのお好きなリージョンを選んでください 仮想ネットワークを作ってください ストレージ 仮想ネットワークの端に、VPN Gateway を作ってください サイト間 VPN か Express Route でオンプレミスと接続してくだ Azure に対応したルーター (VPN デバイス) をご用意ください 仮想ネットワークにお好きな仮想マシンを配置してください 仮想マシンは、VHD として Azure のディスクに保存さ れます お客様の環境に合わせて組み合わせます
  10. 10. 価格レベル VPN スルー プット VPN トン ネル数 推奨環境 SLA VpnGw1 500 Mbps 30 本番環境 99.95% VpnGw2 1 Gbps 30 本番環境 99.95% VpnGw3 1.25 Gbps 30 本番環境 99.95% Basic 100 Mbps 10 開発テスト向 け 99.9% Azure データセンターの拡張 地上とクラウドのつなぎ方、お客様だけのデータセンターを作れます 10 VPN Gateway の種類 VPN Gateway Azure 対応 VPN デバイス サイト間VPN VNET ピアリング 仮想ネットワーク VNET オンプレミス Azure 接続の基本 Azure 西日本 Azure 東日本 大阪 東京 既設のWAN Express Route (専用線) VNET間接続 WAN に Express Route (専用線) を追加して、閉域網で Azure に接続 ゲートウェイ の性能 仮想ネットワーク (VNET) とは? 仮想マシンを配置する、Azure上のネットワーク です。IP アドレスはユーザーが自由に設定でき ます。VNET 内にサブネットを複数配置できます。 VNET 内のサブネット間は自動的にルーティング されます。 10.2.3.0/24 10.2.4.0/24 10.2.0.0/16 サブネット 1 サブネット 2 仮想ネットワーク VNET 同一リージョンに存在する2つのVNETを直接接 続することができます。見かけ上2 つの VNET は1 つのネットワークになります。VPNゲートウェ イは必要ありません。 VNET 間接続 VNET をルートベースの VPN Gateway を介して接続で きます。2つのVNET は同一リージョンでも、異 なるリージョンに存在しても、接続できます。 172.16.1.0/16 172.16.2.0/16 Azure のネットワークで使用する VPNGateway には、ルートベース(動的 ルーティング)とポリシーベース (静的ルーティング) があります。 マルチサイト接続、ポイント対サイト接続やVNET 間接続を行うに はルートベースの VPN Gateway が必要です。 Azure 対応ルーター (VPN デバイス) VPN デバイスの一覧は以下を参照ください。 https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/vpn-gateway/vpn-gateway-about-vpn- devices/ 東京 接続ポイント サイト間 VPN は、VPN を 2 本張って、冗長化構成が可 能です ルートベース (動的ルー ティング) 対応ルーターが おすすめ Express Route に VPN を追 加して冗長化構成が可能です Express Route サービス提供事業者はこちらの Web を参照ください https://www.microsoft.com/ja-jp/cloud-platform/Solutions-Hybrid-Cloud-Partners.aspx
  11. 11. データセンターの拡張 Azure IaaS 仮想マシン 11 豊富なギャラリーからすぐに仮想マシンを作成できます、しかも VHD 対応 ネットワーク カード N シリーズ GPU メモリ CPU 最大 128 コア 最大 2 TB 仮想マシンあたりの最 大 ボリューム サイズは 256 TB ディスク1 本あたり 4TB 64 本* まで接続できます 3D CAD 向け NVIDIA Tesla M60、P100 GPU Computing 向け NVIDIA Tesla K80、P40 P40 と P100 は Pascal 世代の最新 GPU Private Preview 中 Dv3 Av2 F Ev3 G M H L N 仮想マシンの作成は わずか 5 ス テップ Standard Disk (HDD) Premium Disk (SSD) 選べる 仮想マシンのシ リーズ D、E、F、G、L、M の 仮想マシン に、SSDが接続可 能 Azure ポータルから用 意されているイメー ジを選択します 基本設定を行 います 仮想マシン名、 パスワード、 サブスクリプ ションなど 基本設定の構成 イメージの選択 仮想マシンのサイズの 選択 スペックの概要と価格の 概算を確認し最適なサイ ズを選択します オプションの構成 ストレージ アカウント、 仮想ネットワーク、拡張 機能、可用性セットなど 概要を確認し展開 概要 ディスク Windows Server 2016 Datacenter Windows Server 2008 R2 SP1 Ubuntu Server 16.04 LTS Ubuntu Server 12.0.5 LTS Citrix XenDesktop Essentials FreeBSD 11.0 FreeBSD 10.3 SQL Server 2016 SQL Server 2008 R2 Red Hat Enterprise Linux 7.3 Red Hat Enterprise Linux 6.7 複数のNIC が使えます 仮想ネットワーク アプライアンスなどで利 用できます 一部の仮想マシンはより高速な RDMANIC を サポートしています オンプレミスのVHD イメージをアップ ロードして使用できます VMware のイメージは、VMDK→ VHD に変換 してアップロードいただけます カスタム イ メージ対応 最大 64 本 256 TB 4TB 4TB * 最大ディスク本数は仮想マシンサイズによって 異なります
  12. 12. データセンターの拡張 目的に合わせて選べる、主な仮想マシン スペック一覧 12 サイズ CPU コア RAM GB 最大デー タディス ク本数 D2 v3 2 8 2 D4 v3 4 16 4 D8 v3 8 32 8 D16 v3 16 64 16 サイズ CPU コア RAM GB 最大デー タディス ク本数 A1 v2 1 2 2 A2 v2 2 4 4 A4 v2 4 8 8 A8 v2 8 16 16 A2m v2 2 16 4 A4m v2 4 32 8 A8m v2 8 64 16 Av2 シリーズ 汎用的目的のAv2 Standard は 開発ワークロード、低 トラフィックのWeb サイトと小規模データベース などに適しています。 Dv3 シリーズ Dv3 は最新世代の汎用目的インスタンスです。Dv3 は 2.3 GHz Intel XEON® E5-2673 v4 (Broadwell)プロセッサを採 用しています。 汎用 メモリ最適化 サイズ CPU コア RAM GB 最大デー タディス ク本数 E2 v3 2 16 2 E4 v3 4 32 4 E8 v3 8 64 8 E16 v3 16 128 16 E32 v3 32 256 32 E64 v3 64 432 32 Ev3 シリーズ Ev3 は最新世代のメモリ最適化インスタンスです。 Ev3 は 2.3 GHz Intel XEON® E5-2673 v4 (Broadwell) プロセッサ を採用しています。 サイズ CPU コア RAM GB 最大デー タディス ク本数 G1 2 28 4 G2 4 56 8 G3 8 112 16 G4 16 224 32 G5 32 448 64 G シリーズ Intel® Xeon® E5 v3 を搭載し、特に SAP、HANA、SQL Server、 Hadoop、DataZenなど大規模なデータベース ワーク ロードをサポートします。 M シリーズ Intel Xeon® E7-8890 v3 (Haswel)を搭載し、最大128 コア、2 TB のメモリを利用できます。大規模なインメモ リワークロードをサポートします。 コンピュート最適化 F シリーズ Intel Xeon® E5-2673 v3 (Haswell) を搭載し、メモリよりも CPU 処理速度が必要な バッチ処理、Web サーバー、 分析、ゲームなどに適しています。 サイズ CPU コア RAM GB 最大デー タディス ク本数 F1 1 2 2 F2 2 4 4 F4 4 8 8 F8 8 16 16 F16 16 32 32 ストレージ最適化 サイズ CPU コア RAM GB 最大デー タディス ク本数 L4s 4 32 8 L8s 8 64 16 L16s 16 128 32 L32s 32 256 64 L シリーズ NoSQL データベースなどに適しています。短い待 機時間、高いスループット、大きなローカル ディスクストレージを必要とするアプリケー ションに適しています。 GPU N シリーズ コンピューティング処理やグラフィック処理の 負荷が高いワークロードに最適です。GPU が必要 な、 CAD、CAE、深層学習、予測分析などに適して います。 サイズ CPU コア RAM GB 最大データ ディスク本 数 Graphics NV6 6 56 8 1xM60 NV12 12 112 16 2xM60 NV24 24 224 32 4xM60 NC6 6 56 8 1xK80 NC12 12 112 16 2xK80 NC24 24 224 32 4xK80 NC24r 24 224 32 4xK80 ハイパフォーマンス H シリーズ 並列コンピューティング、財務リスク モデリン グ、地震シュミレーションなどのハイ パフォー マンスコンピューティングに適しています。 サイズ CPU コア RAM GB 最大デー タディス ク本数 H8 8 56 16 H16 16 112 32 H8m 8 112 16 H16m 16 224 32 H16r 16 112 32 16mr 16 224 32 旧世代も含めた仮想マシンのの一覧はこちら https://azure.microsoft.com/ja-jp/pricing/details/virtual-machines/ 仮想マシン の全一覧は Web で!
  13. 13. データセンターの拡張 データベースは IaaS も PaaS も選べます 13 そのデータベース IaaS? PaaS? 従量課金 ライセンス持ち込み 選べる IaaS の SQL Server のライセンス 既存データベースの場合は、IaaS を検 討 保有しているSQL Server のライセンスがソフト ウェアアシュアランス (SA) 付きであれば、Azure に持ち込んでいただけ ます 保有しているSQL Server の ライセンスがSAなしの場 合は、時間課金の SQL Server をご利用いただく、 またはSA 付きのライセン ス購入しAzure に持ち込ん でいただけます。 SQL DB クラウド生まれのクラウドのためのSQL Database SLA 99.99% 高可用性、耐障害性 簡単にスケール GEO レプリケー ション ビルトイン インメモリ技術 SQL Server 互換 安心 透過的データ暗号化 マルチテナント対応 Elastic Database Basic Standard S0,S1,S2,S3 Premium P1,P2,P4,P6,P11,P15 SLA 99.99% 最大サイズ 2GB 250GB 500GB, 4TB (P11, 15) リストア 7日以内 35日以内 35日以内 In-Memory 最大サイズ NA NA 1GB – 32GB DTU* 5 10-100 125-4,000 SQL Database 階層 DTU* = Database Transaction Units DTU は SQL Database の相対的な能力を表す単位、オンライントラン ザクション処理(OLTP)で一般的な一連の操作を実行し 1秒間に完 了可能なトランザクション数を測定し算出 マルチテナント用データ ベース エラスティック デー タベース Basic Pool Standard Pool Premiu m Pool SLA 99.99% 最大DB数 400 400 50 eDTUの範 囲/database 0,5 0,10,20,50,100 0,125,25 0,500,10 00 最大サイズ /database 2GB 250GB 500GB リストア 7日以内 35日以内 35日以 内 お客様1 お客様2 お客様3 お客様4 割り当てられたプールの範囲内で各DB が負荷に応じて自動で伸縮 今まで通り。 IaaS で同じ使い心地の SQL Server オンプレミスから Azureへスムーズに持ち込んでい ただけます 今までのアプリを作り替える必要はありません スケーラビリティはご利用のAzure 仮想マシンに依 存します データベースサイズは、Azure仮想マシンの最大ボ リュームサイズ 64TBです IaaS で SQL Server をご利用いただくライセンスの 選択肢 SQL Database を使ったアプリの推奨事項 SQL Database は、SQLDatabase、OS への更新プログラム適用時や物理サーバーで異常を 検知した場合、PaaS側で再配置(リコンフィグレーション)が発生する場合があり ます。SQLDatabase を使うプログラム側で、再配置に伴う既存セッションの切断など に対する新規接続の一時的な遅延を考慮した実装が必要です。 再配置に対するアプリの実装例 =1. リトライロジックを実装する、2.接続タイムア ウト値を30秒以上にする、3.リトライ処理の感覚は10秒以上に設定する Elastic Pool クラウド ネイティブ のデータベース は PaaS SQL Database マルチテナントの場合は エラスティック データベース
  14. 14. Azure データセンター 既存データセンターの強化 運用管理とハイブリッド オペレーション ハイブリッドクラウド スト レージStorSimple Azure Active Directory クラウド時代の ID のデファクトスタ ンダード Azure Active Directory ストレージの悩 み ストレージの追加は? バックアップは? 災害対策は? 運用管理の悩み ID 管理の悩み ログの管理は? セキュリティ は? バックアップ は? 災害対策は? ID を取りまとめ たい AD と連携したい オンプレ ミス StorSimple は 最大 500TB の 3階層ストレージ SSD/HDD/クラウド クラウド データの増加、災害対策、バックアップを効率的に 管理 iSCSI StorSimple 8600 StorSimple 8100 仮想アプライアンス 型や 購入しやすいサブス クリプション型もご 用意 マルチクラウドの運用管理 OMS Operations Management Suite マルチクラウド時代の運用管理ツールの決定版 クラウド オンプレ ミス Active Directory Federation Services Windows Server Active Directory Azure SaaSOffice 365 AD と連携し、クラウド サービスの ID を 1 つに SSD HDD 14 インサイト & 分析 自動化 & コント ロール セキュリティ & コンプライアンス 保護 & 可用性
  15. 15. 既存データセンターの強化 StorSimple でエンタープライズ ストレージの悩みを解決 15 オンプレミ ス iSCSI StorSimple 8100/8600 Azure データセンター オンプレミ ス Hyper-V VMware StorSimple Virtual Array StorSimple マネージャー (管理コンソール) StorSimple クラウド アプライ アンス StorSimple でデータ増大に対応、コスト削減、災害対策、バックアップを一気 に解決! Block Blob Storage iSCSI/SMB 物理 StorSimple 8100/8600 仮想 StorSimple Virtual Array インストール要件 ストレージアプライアンス 仮想サーバ環境の用意が必要 ラックスペース要件 ラックの空きスペースに取り付け なし、オンプレミスの既存仮想環境 可用性 高可用性 冗長性のあるハードウェア 可用性なし クラウドスナップショットからのリストア ローカル容量 15TB (8100) 38TB (8600) 8TB ボリューム最大サイズ 200TB (8100) 500TB (8600) 64TB プロトコル iSCSI SMB, iSCSI iSCSI だけでなく SMB のサポートによ り Windows ファイル サーバーとしても利用 可能 3階層 Hybrid Cloud Storage SSD/HDD/クラウド 最大 500TB ハードウェア アプライアンス 自動階層化 Hybrid Cloud Storage 仮想ハードディスク/クラウド 最大 64TB 仮想アプライアンス iSCSI StorSimple の自動階層化 SSD リニアデータ 重複除去 SAS 重複除去済 & 圧縮済データ Block Blob Storage 重複除去済& 圧縮済データ& 暗号化済みデータ 85%程度で自動で次の 階層へ移動 アクセス頻度が少ない データが自動で移動 災害時にクラウド アプライ アンスで StorSimple 8100/8600 の データ継続利用 MAX 500 TB データ増大 OK 災害対策 OK バックアップ不要データへ高速アクセス
  16. 16. 既存データセンターの強化 オンプレミスもクラウドもまとめて管理してしまう OMS、サイバー攻撃対策も OMS 16 インサイト & 分析 Log Analytics Log Analytics データの分析データの収集 データの視覚化Azure/AWS Windows PC/Linux PC (直接接続、エージェン ト) Windows PC/Linux PC (System Center 経由) Web ブラウザー モバイル アプリ セキュリティ & コンプライアンス Security Center 所有するAzure IaaS 全環境を自動監査可能 保護 & 可用性 Azure Site Recovery  レプリケーションとフェールオーバーによる事業継続/災害対策(BCP)  オンプレミスから Azure への環境の移行をサポート  Azure 仮想マシンで障害時に異なるリージョンへフェイルーバー/バッ クが可能 Hyper-V VMware 物理 サー バー Azure Azure 仮想マシ ン Azure オンプレミスか ら オンプレミス 保護 & 可用性 Backup シンプルで信頼性の高いクラウド ベースのバックアップ Azure 仮想マシンの保護 ファイル 保護 ワークロードデータの保 護 Azure 仮想マシンの直接保護 ファイルの直接保護 対応ワークロードの個別状態 を オンラインで取得/回復 複数の管理サービスをまとめた Operations Management Suite (OMS) OMS は運用管理に必要な 4 つの機能を提供しま す  インサイト & 分析  自動化 & コントロール  セキュリティ & コンプライアンス  保護 & 可用性 ハイブリッドクラウド環境の管理タスクの自動化を実現 自動化 & コントロール Automation オンプレミスに対しては System Center を提供 します。 System Center OMS のスイートライセンスE1 と E2 には、すべての System Center の利用権利が含まれています。 各種ログ 各種パフォーマンス 構成変更履歴 設定情報等の分析結果・推奨事項 などを表示、全データを横断検索が 可能 Azure Azure 仮想マシ ン Azure 仮想マシ ン
  17. 17. Azure Active Directory Premium P1 MFA、条件付きアクセ ス、安全な SSO Microsoft Intune デバイスの種類を問わ ずデバイスとアプリを 管理 Microsoft Advanced Threat Analytics ドメインコントロー ラーを標的型攻撃から 防御 Azure Information Protection Premium P1 ファイルを暗号化しク ラウドベースでトラッ キング Windows Server CAL 最新の Windows Server へのアクセス権 17既存データセンターの強化 働き方改革に Azure Active Directory Premium !? 2000年代 企業内、ファイアーウォール内だけで仕事 2017年 ~ 働く環境の劇的な変化 働く場所は固定されず、さまざまなクラウド を利用 自宅 空港 電車 カフェ さまざまなクラウド サービス Azure Active Directory 社内も社外も使える Active Directory の登場 さまざまなクラウド サービス Active Directory Federation Services Windows Server Active Directory Azure Active Directory Premium Azure Active Directory の SSO 環境を作る方法 Azure ADFS* x2 * Active Directory Federation Services ** Web Application Proxy ドメイン コントローラー x2 Azure AD Connect x1 VPN Gateway Standard WAP** x2 ドメイン コントローラー サイト間 VPN Azure Active Directory Premium 従来のActive Directory と連携させて社内も社外も SSO、1つのID で 社内システムもク ラウドも1 つのID で 楽々 Azure Active Directory Premium Azure Active Directory は無償版と有償版があります。 企業で必要な追加機能がある有償版はお得なスイートライセンス EMS でご購 入ください。 EMS (Enterprise Mobility + Security) とは? モバイルとクラウド時代の新しいワークスタイルの導入と運用を包括 的にサポートするセキュリティ ソリューションのライセンス パッケー ジです EMS E3 に含まれる製品 EMS E3 の参考価格 950円/User/月* *Enterprise Agreement Level A の参考価格 働き方改革
  18. 18. Hyper スケールを活かした新規ビジネスへの活用 オンライン ビジネス、IoT、AI 18 Digital Transformation Web IoT AI Azure でデジタル変革を始めら れます 鳥は、彼らが教えて、環境の素晴らしい指標 音声認識 Media Indexer 自動翻訳 Microsoft Translator 動画配信 EC サイト/モバイル アプリ オンライン ビジネス IoT/ビッグデータ AI/Bot ロボット x デジタル サイ ネージ ソーシャルで顧客とつながる ロボットと AI が商品の説明 予防保全/遠隔監視 カメラ + 画像認識 Bot と AI を活用した顧客体験の高度化 顧客の感情を認識し店舗 のおもてなしをデータ化 エレベーターや橋梁などインフ ラに取り付けたセンサー情報で 保守を効率化 機械学習による予測 医薬品開発において超安価な機 械学習で臨床時の有害事象の データを分析予測 スマート農業の実現 温室内環境遠隔モニタリングシス テムにより温度、湿度、日射量、 土壌水分量、CO2濃度をモニタリン グ、分析 データから適切な農作業の時期を 予測 app
  19. 19. デジタルビジネスへの活用 Web サイト、動画配信 19 Web Apps と SQL Database で実現する PaaS ネイティブな Web システム Web Apps SQL Database Azure Load Balancer Web サブネット Azure Load Balancer DB サブネット インターネット IaaS 仮想マシンのWeb システム イントラネットなどの既存システムの移行が容易 B2C や新規システムに適した PaaS ベースの Web システム 可用性 セット 可用性 セット Web Apps の開発や コンテンツ管理システ ムは、いつもの使い慣れた言語やツール をお使いいただけます クラウド ネイティブなシステムは Azure PaaS を組み合わせて作成ください Web Apps Mobile Apps API Apps Logic Apps Web Jobs Functions さまざまな開発言語に対応 した Web アプリの基盤 あらゆるモバイル向けの共 通のサービス基盤 Web サービス/WebAPI の基盤 ビジネスプロセスの自動化 Web Apps 環境で動作するバッ クグラウンドタスク サーバーレスで小規模な コードを実行 Media Services と CDN 動画データ メディア サービス エンコード パッ ケージ ストリーミング エンドポイント CDN 動画データ さまざまなデバイス 商用動画配信だけでない Media Services の応用例 録画 (オンデマンド)に加 えてライブ配信すること で受講者の理解を飛躍的 に向上 E-トレーニング/ラーニング 社長訓示 経営層の従業員へ継続的な コミュニケーション
  20. 20. オンプレミ スや クラウド上 の データ IoT/ビッグデータを Azure PaaS で クラウドでビッグデータの保存、クラウドで分析予測 20 Power BI Excel 取りたいデータを何でも 利用 取りやすい形で利用 データを直ぐに利用 IoT Hub Stream Analytics Machine Learning 機械学習と予測 IoT データの収 集 リアルタイム データ処理 Data Lake ビッグデータの 蓄積 Data Factory データの加工 SQL Data Warehouse データ保管 SQL Database データ整形 データの活用Hot Path(リアルタイム・ストリーミングプロセス) Cold Path(バッチ・プロセス) Power BI Excel 機械学習のモデル作成と 評価 パーツをドラッグ&ド ロップするだけでモ デルを構築いただけ ます Web への公開/データ活用 Web 公開 マイクロソフトが開発した回帰、 分類、クラスタリング、異常検知 など 25種類のアルゴリズムが使え ます。R や Python で作成したア ルゴリズムも組み込めます。 Azure Machine Learning IoT/ビッグデータの Azure PaaS 構築例 Power BI でもっとデータ活用を Power BI Power BI は Azure 上で提供される SaaS 型 BI サービス です。Web ブラウザのほかに PC 版やモバイル版 も提供しています。 ブラウザで PowerBI のデータセット、レポート、 ダッシュボードのカスタマイズができます。 データソースがリアルタイムの場合、グラフが リアルタイムで更新されます。 レポートはわかりやすく豊富な視覚効果から選 べます。 Microsoft Account Purchases $1.00 Halo Spartan Assault $1.00 Halo Spartan Assault データの発生場所 Azure ML でできる予測やグループ分け API 発行 モデル 評価 モデル構 築 と学習 データ 事前加工 データ 収集 Azure ML を活用し スピードアップ データ収集と加工が より重要に 目標 設定
  21. 21. AI と Bot Cognitive Services と Bot Framework で AI が身近に 21 Cognitive Services の Web デモ をぜひご覧くださいhttps://www.microsoft.com/cognitive-services/en-us/ Computer Vision Knowledge Language Custom Speech Service Bing Custom Service 見る + 認知機能 聞く/話す + 認知機能 言語 + 認知機能 情報 + 認知機能 検索 + 認知機能 Cognitive Services の認知機能 Cognitive Services 画像/ビデオの認識、顔の識別、感情判別 話し手の識別、文章の聞き取りと理解 文章読解、文意と文脈の理解 Web、学術情報、ビッグデータを集約 Bing Search エンジンによる検索 BOT Developer SDKs の詳細はこちら https://dev.botframework.com Web API 経由で利用できる23 の人工知能パーツ群 Bot Framework とは? https://qnamaker.ai/ Bot Framework をすぐに試したい方は、「QAMaker」 をお試しくださ い 質問&回答リストやFAQ ページからBotを数分で自動作成 Bot 事例 日本マイクロソフト女子高生 AI 「りんな」 https://japan.cnet.com/article/35094188/ 監視カメラ + Cognitive Services 事例 株式会社東京サマーランド様 低コストで時間毎の来場者数の特定、顧客層 (年齢/性別) の把握と分析 言語認知機能 (LUIS) の事例 ナビタイム、LINEチャットボットで終電時間を 教えてくれる新機能 https://www.microsoft.com/ja-jp/casestudies/summerland.aspx Bot Developer SDKs Bot Connector Bot Directory 会話形式のコ ミュニケーショ ンを実装 C#, Node.js BOT アプリをSkype や Slack のようなメッ セージング サービス に接続 Bing, Cortana などから利 用できるディレクト リに登録
  22. 22. Azure は開発者の皆様を強力にサポート Developer Tools & サーバーレス コンピューティング 22 https://msdn.microsoft.com/ja-jp/dn818144.aspx MSDN 会員向け Azure 無料特典枠 Visual Studio Professional with MSDN 5,500/月 Visual Studio Premium with MSND 10,500/月 Visual Studio Ultimate with MSDN 15,500/月 利用額がAzure 無料特典の上限に達した場合、自 動的に従量課金版等にアップグレードされるこ とはありませんので安心してお使いいただけま す。 上限に達するとご利用いただいているリソース が停止します。次の月まで待つか従量課金など 超過分を有償課金することで、引き続きご利用 いただけます。 Visual Studio があればスムーズな開発が可能 ソースコード 自動的に Azure と接続されます Visual Studio Team Services で開発 VSTS はチームがコードを共有し、作業を追跡し、ソフトウェアを出荷するため のサービスです。1つのパッケージで、あらゆる言語に対応しています。IDEの 補完に最適です。 Test Manager Web ブラウザ Visual Studio Eclipse プロジェクト 管理 開発者 ユーザー側は任意のツールを利用 可能 Visual Studio Team Services Code Work Build Test Release Insights Azure で DevOps コーディング/デ バッグ リポジ トリ ビルド テスト デプロ イ Web Apps Database Azure Application Insights Hockey App Visual Studio と Azure を接続して開発してください。開発効率とスピードが上がります。 サーバーレス コンピューティング Azure Functions イベント駆動 スケジューリング アプリの外部 ビジネス ロ ジックに集中 サーバーレス/従来との違い/メリット Webhook を呼び出 す Web ページをロー ユーザープロ ファイルから広 告作成 カスタマイ ズされた ページ サーバーレス Web アプリ アーキテ クチャ例 Azure Functions サーバーレスなコードでイベントを処理 Visual Studio Team Services
  23. 23. 構成と価格 1 Azure IaaS でファイル サーバーを構築 23 VPN Gateway Standard 仮想 ネットワー ク ドメイン コントロー ラー D1v2 ファイルサー バー 8 TB D3v2 VPN デバイス サイト間VPN 東日本 Azure データセン ター オンプレミ ス 構成図 概算見積もり 概算見積金額 (月額) : 160,355 説明 必要なサービスとして、仮想マシン、ストレージ、VPNゲートウェイが必要となります。加えて、Azure データセンターからの送信(ダウンロード)データ量が課金対象となります。 仮想マシンと料金 ファイルサーバーは、最大8TB を想定し、仮想マシンにディスクを8本 (1TB x 8) 接続する必要があること から、D3v2でお見積りをしています。WindowsServer のバージョンは WindowsServer 2008 R2 から WindowsServer 2016 まで任意のバージョンとエディションをご利用いただけます。AzureIaaS 上の WindowsServer にアクセスする 際の WindowsServer CAL は、Azureの仮想マシンの単価に含まれています。 ストレージ ギャラリーで提供されているWindows OS ディスク容量についてはデフォルトで 127GBのディスクが作成 されます。ストレージに対しての課金はクイックフォーマットした場合、実際に使用しているデータ 量のみ課金されます。 VPN Gateway Standard 仮想ネットワークはVPN ルーターを用意してサイト間接続を構成いただく必要があります。課金は ゲートウェイが有効となっている時間に対して課金されます。 データセンター(リージョン) 「東日本」に設置した場合のお見積りをさせていただいております。 帯域幅 (データ送信料) Azure データセンターから出ていくデータ通信にのみ課金されます。利用形態により大きく左右されま データ送信料 800GB お見積り詳細 データセンター 東日本 No 利用サービス名 個数 単価 料金 備考 1 仮想マシン D1v2 1 16.32/時間 12,143 1Core、メモリ 3.5GB 2 仮想マシン Windows 標準 D3v2 サイズ 1 65.484/時間 48,721 4Core、メモリ 14GB 3 ストレージ Page Blob and Disk LRS 8,254GB 最初の 1TB 5.11/GB 1 – 50TB 5.11/GB 43,281 OS ディスク127GB x 2 台 データディスク 8,192GB 4 VPN Gateway Standard 1 19.38 14,419 5 帯域幅 800GB 5GB 無料 5G – 10TB : 14.08/GB 11,191 *5GBまで無料 6 Azure サポート Standard 1 30,600/月 30,600 Page Blob and Disk (LRS) 8,446GB 記載の価格は、2017 年6 月現在の参考価格です。(EnterpriseAgreement レベル Aで算出しております) お客様の実際のお支払額は、お客様のご注文先である LSP 様、販売会社様との間で決定されます。 月額料金は、1か月 744時間換算でお見積りをしています。小数点以下は切り上げとなります。最新の 価格は以下のサイトをご参照ください。 https://azure.microsoft.com/ja-jp/pricing/
  24. 24. 構成と価格 2 Azure IaaS で 3階層業務アプリケーション環境を構築 24 仮想 ネットワーク VPN デバイス サイト間VPN オンプレミ ス データ送信料 想定 5GB 概算見積もり 概算見積金額 (月額) : 168,854 お見積り詳細 データセンター 東日本 No 利用サービス名 個数 単価 料金 備考 1 仮想マシン Windows D1v2 サイズ 1 16.32/時間 12,143 1Core、メモリ 3.5GB 2 仮想マシン Windows D2v2 サイズ 1 43.25/時間 24,361 2Core、メモリ 7GB 3 仮想マシン SQL Server Standard D12v2 1 112.71/時間 83,857 4Core、メモリ 28GB SQL Server 従量課金込 み価格 4 ストレージ Page Blob LRS 681 GB 最初の 1TB 5.11/GB 3,474 OS ディスク127GB x 3 台 + データディスク 100GB x 3 5 VPN Gateway Standard 1 19.38 14,419 6 データ送信料 5GB 5GB 無料 0 *5GBまで無料 7 Azure サポート Standard 1 30,600/月 30,600 Web サーバー D1v2 アプリケーショ ン サーバー D2v2 データベース サー バー D12v2 SQL Server Standard 説明 必要なサービスとして、仮想マシン、ストレージ、VPNゲートウェイ、SQLServer (従量課金)が必要となり ます。加えて、Azureデータセンターからの送信(ダウンロード) データ量が課金対象となります。SQL Server は、BYOLライセンス持ち込みではなく、従量課金で使用すると想定します。 仮想マシンと料金 Windows Server のバージョンはWindows Server 2008 R2 から Windows Server 2016 まで任意のバージョンとエディション をご利用いただけます。SQL Server は SQL Server 2008 から 2016 まで任意のバージョンをご利用いただけます。 Azure IaaS 上の WindowsServer にアクセスする際のWindows Server CAL は、Azureの仮想マシンの単価に含まれてい ます。 ストレージ ギャラリーで提供されているWindows OS ディスク容量についてはデフォルトで 127GBのディスクが作成 されます。ストレージに対しての課金はクイックフォーマットした場合、実際に使用しているデータ 量のみ課金されます。 VPN Gateway 仮想ネットワークはVPN ルーターを用意してサイト間接続を構成いただく必要があります。課金は ゲートウェイが有効となっている時間に対して課金されます。 データセンター(リージョン) 「東日本」に設置した場合のお見積りをさせていただいております。 データ送信料 Azure データセンターから出ていくデータ通信にのみ課金されます。利用形態により大きく左右されま す。今回は想定として5GB でのお見積りとさせていただきます。 構成図 VPN Gateway Standard Page Blob and Disk (LRS) 681GB 記載の価格は、2017 年6 月現在の参考価格です。(EnterpriseAgreement レベル Aで算出しております) お客様の実際のお支払額は、お客様のご注文先である LSP 様、販売会社様との間で決定されます。 月額料金は、1か月 744時間換算でお見積りをしています。小数点以下は切り上げとなります。最新の 価格は以下のサイトをご参照ください。 https://azure.microsoft.com/ja-jp/pricing/ 東日本 Azure データセン ター
  25. 25. 構成と価格 3 ログ分析、セキュリティ、自動化、バックアップ、災害対策 25 仮想 ネットワー ク オンプレミ ス 構成図 概算見積もり 概算見積金額 (月額) : 9,690 お見積り詳細 データセンター 西日本 No 利用サービス名 個数 単価 料金 備考 1 OMS E2 2 3,570/ノード 7,140 「インサイト&分 析」 「自動化&コント ロール」 「セキュリティ&コ ンプライアンス」 「保護&可用性」 すべてのSystem Center ML を含む 2 ストレージ Page Blob and Disk LRS 500GB 最初の 1TB 5.11/GB 2,550 Azure Site Recovery のレ プリケーション用ス トレージ バックアップ総 容量 500GB 説明 本お見積りは、Operations Management Suite (OMS) のお見積りです。AzureIaaS の見積もりは対象外です。AzureIaaS の価格感は別のページを参照ください。 OMS E2 ログ分析、セキュリティ、自動化、バックアップ、災害対策がセットになった、統合運用管理スイー ト ライセンスです。 記載の価格は、2017 年6 月現在の参考価格です。(EnterpriseAgreement レベル Aで算出しております) お客様の実際のお支払額は、お客様のご注文先である LSP 様、販売会社様との間で決定されます。 月額料金は、1か月 744時間換算でお見積りをしています。小数点以下は切り上げとなります。最新の 価格は以下のサイトをご参照ください。 https://azure.microsoft.com/ja-jp/pricing/ バックアップ 対象の容量 500GB 西日本 Azure データセン ター Site Recovery レプリケー ション VHD 500GB ストレージ Page blob and Disk 500GB OMS E2 ログ分 析 セキュリ ティ 自動化 保護 災害対策 System Center Management License 「セキュリティ & コンプライアンス」 脅威インテリジェンス 脅威インテリジェンスは、 マイクロソフトが持つサ イバー犯罪に関する情報 を活用して、ボットネッ ト/ダークネットとの通信 を検知できます。 OMS E2 は管理対象ノードに対し System Center 2016 各コンポーネントをご利用いただけます。 1. 仮想化基盤管理Virtual Machine Manager 2. 稼働監視Operations Manager 3. バックアップData Protection Manager 4. 自動化Orchestrator 5. サービス管理Service Manager 6. 構成管理Configuration Manager 上記各コンポーネントの管理サーバー ライセンスは無料です。
  26. 26. 構成と価格 4 IoT と分析基盤 26 構成図 概算見積もり 概算見積金額 (月額) : 65,964 お見積り詳細 データセンター 東日本 No 利用サービス 名 個数 単価 料金 備考 1 IoT Hub 1ユ ニット 5,100/ユニット 5,100 無制限のデバイス、 400,000メッセージ/ 日 2 Stream Analytics 1ユ ニット 14.076/時間 10,473 S1 は 20 DTU、最大 データベースサイ ズ 250GB 3 ストレージ Block Blob LRS 2GB 最初の 50TB 2.04/GB 4 LRS -HOT 4 Machine Learning シー ト数 1 1,019/シート 1,019 5 Machine Learning Studio 使用量 184時 間 102/時間 18,768 平日昼間8時間 x 23 日稼働 6 Azure サポート Standard 1 30,600/月 30,600 説明 IoT 基盤を作成例です。センサーや目的によって AzurePaaS をどのように選択し、構成するかは複数の選 択肢があります。 IoT Hub は、Microsoft IoT Hub を利用すると、モノのインターネット (IoT) 資産を簡単かつ安全に接続できます。 今回は、センサーからデータを受信します。 Stream Analytics は、デバイス、センサー、インフラストラクチャ、アプリケーションからリアルタイムの 洞察を得られるようにする低コストの分析ソリューションを迅速に開発、デプロイすることができま す。今回は、IoTHub からリアルタイムにデータを受信し、Blobへデータを csv で出力します。 Storage Block Blob は、3重化 (LRS)、リージョンを2つ利用しての6重化のどちらかで、保存しデータを確実の 保持します。今回はStream Analytics からの csv ファイルを保存します。 Machine Learning は、データから予測やクラスタリングによる分類を行います。今回は csvファイルを読み 込み、予測を行います。 データセンター(リージョン) 「東日本」に設置した場合のお見積りをさせていただいております。 記載の価格は、2017 年6 月現在の参考価格です。(EnterpriseAgreement レベル Aで算出しております) お客様の実際のお支払額は、お客様のご注文先である LSP 様、販売会社様との間で決定されます。 月額料金は、1か月 744時間換算でお見積りをしています。小数点以下は切り上げとなります。最新の 価格は以下のサイトをご参照ください。 https://azure.microsoft.com/ja-jp/pricing/ Power BIIoT Hub Stream Analytics Machine Learning Storage Block Blob 製造ラインの センサー 2MB/時間 10,000メッセージ/時 間
  27. 27. ライセンスと購入方法、サポート、計算ツールなど 27 azure 料金計算 https://azure.microsoft.com/ja-jp/pricing/calculator/ で検索 Azure の価格は、料金計算ツールで確認できます! お見積もりは、電話でも、今すぐ! ライセンスの種類と購入方法 Microsoft Online Subscription Program (MOSP) マイクロソフトとの直接契約タイプです。 お支払方法は、クレジットカード、請求書払いのどちらも選択いただけます。 以下のWeb よりお申し込みいただけます。請求書払いをご選択されたい場合は、事前の承認が必要で す。 https://azure.microsoft.com/ja-jp/offers/ または セールスチーム0120-952-593 にて、お問い合わせをお待ちしております。 Azure Open Volume License 1 ライセンス、10,200円分のプリペイド方式 (Azure利用分) です。実際の販売価格は、販売店により決めら れます。AzureOpen の実際の価格は、Azure Open 販売店へお問い合わせください。同時に何ライセンスでも 購入可能です。 オープンライセンスは、普段のオープンライセンス販売パートナー様より購入いただけます。 Enterprise Agreement (EA) Azure は、Server and Cloud Enrollment(SCE) でも購入いただけます。Azureに対して事前に利用契約を行うことに よって、柔軟な課金オプションや割引価格などのさまざまな特典を受けられます。 詳細は、LSP(License Solution Provider) へお問い合わせください。 各サポートプランの違いや詳細は次の Web をご参照ください。http://azure.microsoft.com/ja-jp/support/plans/ サポート プラン developer Standard Professional Direct Premier 月額料金 2,958 月額料金 30,600 個別見積もり Premier サポートは、 マイクロソフトのビジ ネス製品を対象に、お 客様のシステムと製品 ライフサイクルに沿っ た中長期的な IT 運用 支援サービスを提供し ます。 月額料金 102,000 Cloud Solution Provider (CSP) CSP の価格は、マイクロソフトパートナー様が決定します。請求はパートナー様から行われます。お 付き合いのあるパートナー様が AzureCSP を販売できるかは、パートナー様にお問い合わせください。 または以下のWeb よりゴールドコンピテンシーパートナーリストから優れた実績をお持ちのパート ナー様へお問い合わせください。 https://www.microsoft.com/ja-jp/partner/list/ Azure に対応するコンピテンシーは「Gold Cloud Platform」 です。GoldCloud Platform の列を参照ください。 おすす め! https://www.microsoft.com/ja-jp/Server-Cloud/local/support/cloud-direct/ 技術的なサポートは、Azureの技術サポート窓口までお願いいたします。 技術サポート窓口では、エンジニアがお問い合わせを承ります。 いろいろ質問したい方 向け アドバイザリ サービス 付き 試験環境および 非運用環境 運用ワークロード 環境 ビジネス上 重要な用途での利 用 複数の製品で多用
  28. 28. © 2017 Microsoft Corporation. All rights reserved. ●本書は情報提供のみを目的としており、本書の内容について、Microsoft は、明示的あるいは非明示的ないかなる保証もいたしません。●本書に記載した情報は、将来予告なしに変更されることがあ ります。●本書を使用する場合のリスクまたは本書の使用による結果について、Microsoft はいかなる責務も負うものではありません。●本書に記載されている会社、組織、製品、人物、イベントの 例は架空のものです。実在の会社、組織、製品、人物、またはイベントとの関連を示唆するものではありません。●適用する著作権法のすべてにお客様は準拠いただく必要があります。●著作権上の 権利に限定されることなく、本書の一部または全部を無断で使用、複製することはできません。 ●その他記載されている、会社名、製品名、ロゴ等は、各社の登録商標または商標です。●本書の内容は、2017 年 9 月現在のものです。 最新の Microsoft Azure の情報は Web サイトで、 https://azure.microsoft.com/ または担当営業までお問い合わせください。

×