Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

誰にでもできるプレゼン入門 〜解脱プレゼンの極意〜

176,003 views

Published on

プレゼンは難しい。そんな固定観念を覆す、それが解脱プレゼンです。
プレゼンに苦手意識を持つあなたも、今日から解脱してプレゼンを楽しみましょう。

  • Hey guys! Who wants to chat with me? More photos with me here 👉 http://www.bit.ly/katekoxx
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here

誰にでもできるプレゼン入門 〜解脱プレゼンの極意〜

  1. 1. 誰にでもできるプレゼン入門 〜解脱プレゼンの極意 〜 宮原 徹 株式会社びぎねっと 代表取締役社長
  2. 2. 自己紹介 • 名前:宮原 徹 • 経歴: – 1994年4月 日本オラクル入社 – PCサーバー製品のマーケティングに従事 – 各種イベント、セミナーなどでプレゼンを担当 – プレゼンの楽しさに目覚める – これまでのプレゼン歴多数 2
  3. 3. 今日のアジェンダ • なぜプレゼンを難しいと思うのか • 解脱プレゼンのすすめ • 今すぐ使えるプレゼンテクニック 3
  4. 4. なぜプレゼンを難しいと思うのか 実際、プレゼンは難しいんですけどね 4
  5. 5. プレゼンを難しく考える理由 • そもそもプレゼンをしたことがない • かっこいいプレゼン資料が作れない • 分かりやすく説明ができない • 気の利いたことが言えない • 人前で話すのは緊張する 5
  6. 6. プレゼンの大事なポイント プレゼンは楽しい 6
  7. 7. 解脱プレゼンのすすめ すべてのプレゼンセオリーを超越する 7
  8. 8. 解脱とは • 仏教においては、煩悩による繋縛から解き放 たれて、全ての執着を離れることで、迷いの 苦悩の世界から悟りの涅槃の世界へと脱出 することを指す。(Wikipediaより) • 上手なプレゼンという煩悩からの解脱 8
  9. 9. 解脱プレゼンの極意 • かっこいいプレゼン資料は不要 • 難しいことは説明しない • 気の利いたことはあえて言わない • 人前で緊張するのは当たり前 • ↓ • いっぱいプレゼンする • ↓ • プレゼンは楽しいと感じる 9
  10. 10. つまり解脱プレゼンとは • かっこ悪いプレゼン資料でも気にしない • 簡単な説明しかしない • 気の利いたことは言わない • 緊張しながらプレゼンする • でも、何回も何回も繰り返しプレゼンする • 楽しくなるまでプレゼンする 10
  11. 11. 解脱プレゼンのアイデアを練る • テーマは1つに絞る – 複数テーマは混ぜないで分ける • 発表時間とのバランスでプレゼン枚数を検討 – 1枚あたり1分、3分といった目安を持つ – 発表時間全部を使わないでもいい • 伝えたいスライドを一番最初に – 最初の3分で終わらせるつもりで • 伝えたいスライドを再び最後に 11
  12. 12. 解脱プレゼン資料の作り方 • 標準テンプレートをそのまま使う • 標準マスターをそのまま使う • 標準の色合いをそのまま使う • 箇条書き • 行折り返ししたら負け←重要 • 余計なスライドはざっくりと削除 12
  13. 13. 解脱プレゼンの仕方 • プレゼン資料は印刷しない • プレゼン資料を聴講者に読ませる • プレゼン資料に書いてあることを読む • 以下、オプション – 恥ずかしかったらスクリーンを見ながら話す – あまりうろうろしない 13
  14. 14. 今すぐ使えるプレゼンテクニック ネタっぽい話だけだと申し訳ないので 14
  15. 15. このプレゼンで使ったパワポテク • 表紙マスターのサブタイトルの文字色を黒に • スライドマスターのページフッターを真ん中に – ページフッターオブジェクトを横に引き延ばす – ページフッターをセンタリング – ページフッターの文字色を黒に変更 – スライド番号を有効化 • タイトルスライドに表示しないように設定 15
  16. 16. 解脱プレゼン的プレゼン資料 • 箇条書きが基本 • 文字は大きめ(この文字は32pt) • 句読点は不要 • 「です」「ます」「する」などの文末は不要 • 行折り返ししたら負け(2回目) • 聴講者に読んで欲しい部分を青に • 特に強調したい部分を赤に 16
  17. 17. プレゼンツールの活用 • 発表者ツールを活用 – 次のスライドが見える – 時間が見える • レーザーポインターは極力使用しない – やむなく使う場合はやたらと動かさない 17

×