Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

はじめようRaspberry Piでハイレゾオーディオ再生

2,548 views

Published on

Raspberry Piを使ってハイレゾオーディオ再生を行いたい人のための入門資料です。

Published in: Software
  • Be the first to comment

はじめようRaspberry Piでハイレゾオーディオ再生

  1. 1. はじめよう Raspberry Pi 3 で ハイレゾオーディオ再生 株式会社びぎねっと 代表取締役社長兼 CEO 宮原 徹( @tmiyahar )
  2. 2. Raspberry Pi 3 の主な特長 • Linux や Windows などが動作 – 4 コア 1GHz ARM プロセッサ搭載 • 名刺大のコンパクトサイズ – USB 4 ポート/有線 LAN ポート/ HDMI 出力 • 低消費電力 – USB 給電・最大 2.5A • ネットワーク対応 – 有線 LAN ( 100M )/無線 LAN ( 802.11b/g/n ・ 2.4 GHz )/ Bluetooth ( 4.1 / BLE ) 2
  3. 3. Raspberry Pi でハイレゾオーディ オ • USB DAC の認識率が高い – USB Audio Device Class 対応なら問題なく • I2S 対応で更に高品質なオーディオ再生 • オーディオ再生専用ディストリビュー ション – ディストリビューション: OS +各種ソフ トウェアを一体にパッケージ化したもの – RuneAudio や Volumio など – Roon にも対応( Roon Bridge ) 3
  4. 4. ディストリビューション比較 • RuneAudio – ArchLinux ベース – FLAC ファイル内のカバーアートを読み込 み可 – 事前初期設定で設定ファイル編集が必要 • Volumio 2 – Raspbian ベース – 無線 LAN AP モードが使いやすい – Web UI で大体の設定が可能 – FLAC ファイル内のカバーアートを読まな い 4
  5. 5. USB ハイレゾ再生環境(外部アンプ構 成) USB 接続 Raspberry Pi 2/3 SONY MDR-1A バランス接続対応ヘッドホン アンプ( DigiFi No.22 付録) ライン接続 D/D+D/A ( DigiFi No.15+No.16 付録) バランス接続 ( 3.5mm×2 ) 5
  6. 6. Raspberry Pi で I2S 接続 6
  7. 7. I2S でいい音を出したい • Raspberry Pi 3 は I2S(Inter-IC Sound) 対 応 – ボード上の GPIO ( 40 ピン)から直接 DAC に対して音声信号を出力できる • HAT ( Hardware Attached on Top )型の DAC を Raspberry Pi に直付け – コンパクトで高音質なハイレゾオーディオ 再生 7
  8. 8. Pi-DAC+ • IQaudIO 製 I2S サポート DAC HAT • 24bit/192kHz までの再生に対応 • 各種ディストリビューションで サポート • 音質が良いと評判 • ケース・送料込み ¥8,572 • バランス出力対応の Pi-DAC PRO もリリース ※ 流通在庫が少ないので、製造元のオンライン直販で購入がベスト8
  9. 9. I2S ハイレゾ再生環境(基本構 成) I2S(Inter-IC Sound) 接続 IQaudIO Pi-DAC+ Raspberry Pi 2/3 通常のヘッドホン アンバランス接続 ( 3.5mm×1 ) 9
  10. 10. I2S ハイレゾ再生環境(外部アンプ構成 ) I2S(Inter-IC Sound) 接続 IQaudIO Pi-DAC+ Raspberry Pi 2/3 バランス接続 ( 3.5mm×2 ) SONY MDR-1A バランス接続対応ヘッドホンアンプ ( DigiFi No.22 付録) ライン接続 10
  11. 11. タッチ式ハイレゾ再生環境 7” タッチディスプレイ Raspberry Pi 3 DSI 接続 (15pin) I2S 接続 IQaudIO Pi-DAC+ バランス接続対応ヘッドホン アンプ( DigiFi No.22 付録) バランス接続 ( 3.5mm×2 ) SONY MDR-1A ライン接続 Pi-DAC+ を USB DAC に置き換え可能
  12. 12. Volumio を始めるポイント 12
  13. 13. Volumio 導入の流れ • 機器の準備 • イメージのダウンロード • イメージの microSD カードへの書き込 み • Volumio の起動 • スマートフォンから Volumio への接続 • USB DAC の設定 13
  14. 14. 必要な機器 • Raspberry Pi 本体・ケース • microSD カード( 8GB あれば十分) • USB ケーブル・ USB AC 電源( 2.4A ) • USB DAC ・ USB ケーブル • USB メモリ・ HDD / NAS – 楽曲データ保管用 • PC – Volumio のインストール/操作用 • スマートフォン/タブレット – Volumio の操作用 14
  15. 15. イメージの microSD カードへの書き 込み 15 イメージファイルの中身 microSD カードに この構造のまま 書き込み
  16. 16. イメージを microSD カードに書き込 む • Mac の場合 1. /dev/diskN を確認 • $ diskutil list 1. アンマウント • $ diskutil umount /dev/diskNsX • GUI のディスクユーティリティだと簡単 1. dd コマンドで書き込み • $ sudo dd if=/PATH/TO/20xx-xx-xx-raspbian-jessie.img of=/dev/rdiskN bs=1m • Windows の場合 – Win32 Disk Imager を使用 – http://sourceforge.net/projects/win32diskimager 16
  17. 17. Raspberry Pi オーディオの さらなる活用 17
  18. 18. Raspberry Pi で DSD 再生 • DoP で再生可能 – RuneAudio 、 Volumio では DoP 設定が必要 • リアルタイム PCM 変換再生もできなく はないが、音が途切れる – CPU 性能不足? 18
  19. 19. MPD 対応クライアント • RuneAudio や Volumio 2 の中は MPD ( Music Player Daemon )が動作 • ネットワーク経由で MPD を制御するク ライアントソフトが各種用意されてい る • 例) iPhone 用「 MPoD 」 19
  20. 20. まとめ • Raspberry Pi でネットワークオーディオ プレイヤーを自分で作ることができる • 各種 DAC を接続して楽しめる • オーディオ用ディストリビューション はまだまだ発展途上 • より活用したい時はネットワーク接続 – ただし、それなりの知識が必要 20

×