Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

【土曜会#4】5人の批評家から考える 戦後日本美術史

808 views

Published on

戦後の5人の批評家についてまとめました。

Published in: Art & Photos
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

【土曜会#4】5人の批評家から考える 戦後日本美術史

  1. 1. 5人の批評家から考える 戦後日本美術史 2016.07.30 土曜会#4 じょいとも
  2. 2. 問い • 美術の歴史は主に作家論によって語られる。 • 語るのは批評家であり、作家と批評家、制作と批評 は両輪である。 • インターネットの登場により「ネットうるさ方」的 論壇が出現。玉石混交の美術評論に対して冷静な判 断が必要となった。 • よって過去の偉大な批評家や批評史を知ることによ り、作家として強度を保つことができるのではない か?
  3. 3. 戦前までの批評 • 技術・技法論が中心
  4. 4. 戦後日本を代表する5人の批評家 • 瀧口修造 • 針生一郎 • 中原佑介 • 東野芳明 • 宮川淳
  5. 5. 瀧口修造 1903-1979
  6. 6. 功績 • 日本にシュルレアリスムを輸入し、その権威として 日本のシュルレアリスム運動の理論的支柱となった。 
 メディアアートの先駆である「実験工房」を主催。 • タケミヤ画廊で数々の展示を企画。
 既存の画壇展や単なる貸画廊とは異なる、批評家主 導の企画展スタイルを確立。
  7. 7. 1903 1979 ブルトン「超現実主義と絵画」 を邦訳し、日本のシュルレア リスム運動の指導者となる。 治安維持法容疑で逮捕。 日本のシュルレアリスム運動 も終息に。 ’30 実験工房の結成。 メディアアートの先駆であり、 万博まで続く前衛の礎を築く。 タケミヤ画廊での企画展を開 始。日本におけるキュレーショ ン展の先駆。 ’51’41
  8. 8. 針生一郎 1925-2010
  9. 9. 功績 • 反権威的な美術批評で知られる。政治や労働など社 会的な視点で芸術を多く論じた。 • 日本芸術院や大阪万博に反対。 • 多くの国際展でコミッショナー/キュレーターとし て活躍。 • 中原佑介、東野芳明とともに“美術評論の御三家” と呼ばれた。
  10. 10. 1925 2010 岡本太郎、安部公房らの「夜 の会」に参加。 「美術批評」誌が登場。 針生、東野、中原らがデビュー。 ヴィネチアビエンナーレのコ ミッショナーを務める。 「戦後日本美術盛衰史」を出版。 戦後から70年代までの日本美術 を総括した傑作。 ’67’48 ’79’52
  11. 11. 東野芳明 1930-2005
  12. 12. 功績 • 欧米の最新事情を紹介し、日本美術に近代化をもた らす。抽象表現主義やネオ・ダダなど。 • 1960年代に既成の表現を離れた当時の美術動向を 「反芸術」と命名。
  13. 13. 1930 2005 「パウル・クレー論」で デビュー。 読売アンデパンダン展にて、 工藤哲巳の作品を「反芸術」 と評する。 美術手帖誌上にて宮川淳と反 芸術論争を展開。 「現代美術-ポロック以後」を 出版。 ’60’64’65’54
  14. 14. 中原佑介 1931-2011
  15. 15. 功績 • 戦後の前衛芸術を論じ振興 • 批評に科学的な論理を持ち込む。 • ロシア・アヴァンギャルドを日本に紹介 • ハイ・レッド・センターの顧問を務める
  16. 16. 1931 2011 「現代彫刻」を出版。 80年代まで同分野で影響力を 持った名著。 ヴィネチア・ビエンナーレの コミッショナーを務める。 「不在の部屋」展 高松次郎、赤瀬川原平、清水 晃ら10名が参加。
 ポスト反芸術の先駆的成果。 「人間と物質」展 40名参加の国際展。
 もの派を西洋の「貧しい芸術」 運動などと連結した。 ’63 ’70 ’76&’78’65
  17. 17. 宮川淳 1933-1977
  18. 18. 功績 • 現代思想に繋がる先鋭的な批評を展開。 • 1963年に評論「アンフォルメル以後」を発表。
 表現行為そのものの自立と、表現概念の価値転換を 指摘。 • 反芸術論にて東野芳明と議論を巻き起こす。
  19. 19. 1933 1977 評論「アンフォルメル以後」 を発表。 評論「日常性への下降」を発表。反芸術が 芸術に反するものではなく、紛れもない現 代の表現であることを評価。 東野との論争に発展した。 「引用の織物」を出版。 美術における引用論を提議した。 シミレーショニズムの先駆として 名高い傑作。 ’63 ’64 ’75
  20. 20. まとめ
  21. 21. 戦後日本を代表する5人の批評家 • 瀧口修造 • 針生一郎 • 中原佑介 • 東野芳明 • 宮川淳
  22. 22. 1933 1977 1903 1979 瀧口 宮川 1925 2010 針生 1931 2011 中原 1930 2005 東野 反芸術 超現実主義 もの派 表現そのものの自立 海外の最新動向を輸入 メディアアー ト キュレーション展 社会的な視点からの批評 シミレーショニズム 科学的な論理批評
  23. 23. 戦後日本美術批評の流 れ • 戦前の技術・技法論と一線を画す批評を展開。 • 瀧口という先駆者を得つつ、針生・中原・東野を中 心に現代的な美術批評が確立される。 • 宮川淳らユニークな逸材も登場。 • その後、藤枝晃雄、椹木野衣らを経て現代に繋がっ ていく。
  24. 24. 問い • 美術の歴史は主に作家論によって語られる。 • 語るのは批評家であり、作家と批評家、制作と批評 は両輪である。 • インターネットの登場により「ネットうるさ方」的 論壇が出現。玉石混交の美術評論に対して冷静な判 断が必要となった。 • よって過去の偉大な批評家や批評史を知ることによ り、作家として強度を保つことができるのではない か?
  25. 25. 結論 • よって過去の偉大な批評家や批評史を知ることによ り、作家として強度を保つことができるのではない か?
 →わからん
  26. 26. じょいとも 1988年生まれ。散発的に作品制作する傍ら、音楽イ ベントでのVJ/メディアアート演出、展示企画、イン タビュー誌「Creators at Work」の制作、漫画、お よび自撮りグッズの制作を行う。クリエイティブグ ループU-moa所属。新芸術校2期標準に在学。 <主な展示歴> 2015「個展大蟹伝説」中野ZERO/東京 2015「しゃがみ弱パンチ美術館 52Hz」コザクロ/沖 縄 <主なキュレーション歴> 2016「CreativeAdventure」ARTnSHELTER/東京 2014「いつも以上にHappyLife」中野ZERO/東京 2011「つかさラウンジ」DFG原宿/東京

×