20090131グローバル・ガバナンスにおける分断と不平等:ウィキペディアの言語と政治

605 views

Published on

0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
605
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
2
Actions
Shares
0
Downloads
2
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

20090131グローバル・ガバナンスにおける分断と不平等:ウィキペディアの言語と政治

  1. 1. グローバル・ガバナンスにおけ る 分断と不平等: ウィキペディアの言語と政治 渡辺智暁 国際大学 GLOCOM 研究員 情報社会学会シンポジウム 「『多様な情報社会』をどう捉えるか」発表資 料
  2. 2. 主題と目的・市民社会の多様性を扱う・言語と政治に注目して考察する・ウィキペディアを事例とする→ ウィキペディアにおけるガバナンス(合 意形成や自治)に言語が占めている位置 を整理する→ それが他の類似のプロジェクトに与える 示唆を考える
  3. 3. ウィキペディアの自治ウィキペディアは自治が大きな重みを持つ・個々の項目における投稿・編集・投稿・編集のルールやガイドライン制 定・改廃・問題のある投稿やユーザーの処遇・その他これらは基本的には参加者の間の合議や投 票に委ねられている。
  4. 4. ウィキメディア財団の役割ウィキペディアやその姉妹プロジェクトの 公式な運営母体・募金キャンペーン・サーバー、通信費などの支払い・他の組織などとの交渉・契約一般・理事はユーザーの投票などによって選ば れる・理事候補は多くユーザーの中から→ 財団も自治の延長線上に存立している
  5. 5. 自治と言語・自治の単位は「言語」に定義される・ウィキペディア日本語版、ウィキペディ ア英語版、・・・等が存在する (日本版、 アメリカ版、など国によって定義されて いない)・言語版毎に方針が異なる(影響関係はあ るが、意思決定権はそれぞれの言語版の 参加者に)→ 言語をまたぐ意思疎通は困難。その困難 を制度がなぞることで、再生産・強化す る。
  6. 6. 英語の中心性;言語間不平等性・諸言語版をまたぐような事項についての 議論・決定は英語が多い(ウィキペディ アロゴの選定、財団の活動方針)・財団理事選挙など、重要事項に関しては 、多言語で候補者情報が提供される。翻 訳チームも存在する。が、作業言語は主 に英語。・トップページ (www.wikipedia.org) はどの 言語で記載するか、諸言語版へのリンク を配するとして、何をどういう順序で掲 示するか
  7. 7. ウィキペディアに固有でない事 情・グローバルにビットをやりとりすること は簡単に、高速になった・グローバルな意思決定は、それに比べる と言語が障壁となって簡単ではなく、低 速・従って、グローバルなプロジェクトを言 語毎の集団に分割することには一定の合 理性あり→ だが、平等性を考えると、必ずしもハッ ピーなものにはならない。
  8. 8. 抽象化言語を意思決定(自治)集団の単位とする 制度が制定される→ 言語がより利益集団を作りやすくなる (言語間交流はより困難に)→ 利益の分配や、意思決定における影響力 が言語集団を単位として比較されやすく なる→ 英語の中心性が目立つグローバルなプロジェクトにありがちな構 図か
  9. 9. 解決策:即効薬は不在か・高性能な自動翻訳の誕生 言語間の意思疎通が、ビットの転送と同 様に簡便、高速化する・複数言語使用の徹底;共通語の採用 簡便さと速度を犠牲にする代わりに、参 加機会を拡大・翻訳者の雇用 資金投入で簡便さと速度の犠牲を抑える
  10. 10. ウィキペディアの理念・多言語主義(発足間もなく多言語展開、 現在は 250 以上の言語で展開)・百科事典を提供する対象は人類全体・少数言語の話者に対しても、充実した百 科事典を提供することは重要→ 言語の壁を超えたい;より広範なコラボ レーションを通じてより質の高く、包括 的な百科事典を作成できるならしたい→ が、できない
  11. 11. 「多様な情報社会」論への示唆・市民社会が単一であろうとしても、言語 はそれを阻む・言語の境界は、集団の分割線となりやす く、利害衝突の対立軸にもなる・言語毎に集団が形成されると集団間の平 等性は確保しづらい→ 必ずしも歓迎・祝福すべき「多様性」 (の源泉)とばかりも言えない
  12. 12. この資料のライセンスこの発表資料を 2 種類のライセンスで提供し、利用者が選べるように するために、利用許諾に関する注意書きを以下に記します。・ この発表資料は、 CC-BY 2.1 JP (http://creativecommons.org/licenses/by/2.1/jp/ ) でライセンスされて います。・ この発表資料は、 CC-BY-SA 2.1 JP (http://creativecommons.org/licenses/by/2.1/jp/ ) でライセンスされて います。参考までに、本作品のタイトルは「グローバル・ガバナンスにおける 分断と不平等:ウィキペディアの言語と政治」で、原著作者は渡辺 智暁です。本作品に係る著作権表示はなく、許諾者が本作品に添付 するよう指定した URI もありません。

×