Sanmonkai20120606

510 views

Published on

Published in: Education
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

Sanmonkai20120606

  1. 1. 三文会 朝食会資料
 
「東北復興が日本を変える」
 
 
 NECt CHANGE co., ltd.
 CEO / Future Designer 山村 友幸
 
 平成24年6月6日 ©  NEXt  CHANGE  co.,  ltd.    All  rights  reserved  
  2. 2. 自己紹介 ・1977年(昭和52年) 11月11日生まれ 34歳  ・大阪府吹田市出身  ・学歴   − 私立灘高等学校卒 → 東京大学法学部卒業  ・職歴   − 経営コンサルティング会社     (アクセンチュア、ボストンコンサルティング)   − 企業再生     (カーチスホールディングス)   − 経営者の相談業     (コーチング)   − 社会活動     (気仙広域環境未来都市、産婦人科支援)  ・現住所   大船渡市大船渡町(2012年6月1日から)   ©  NEXt  CHANGE  co.,  ltd.    All  rights  reserved   1
  3. 3. 〜環境未来都市〜
全国で11選定された国のモデル都市 気仙広域環境未来都市   検討資料から
  4. 4. 日本の課題(私案 一部) ・エネルギー問題   − 原発とエネルギー輸入をどうするのか    ・少子高齢化   − 子どもを産み育てる若者を応援できないシステム   − 高齢者の増加への対応は見えない     (むしろ家族構成は悪化)    ・産業の空洞化   − 特に若い人の雇用先の流出    ・財政、教育、食料自給、安全保障 etc   ©  NEXt  CHANGE  co.,  ltd.    All  rights  reserved   3
  5. 5. この20年で家庭の電力消費は70%以上増えている 1990〜2010年の国内電力消費 家庭用とその他の推移 (単位:TWh) 700  600  500   1990年 2010年 変化 家庭(電灯)         177TWh 304TWh 71%増 400   家庭以外 482TWh 602TWh 25%増 300   全体 659TWh 906TWh 37%増 200  100   家庭(電灯供給) 家庭以外 0   1990   1995   2000   2005   2010   ©  NEXt  CHANGE  co.,  ltd.    All  rights  reserved   4 出所:日本貿易会
  6. 6. エネルギー源は迷走 1990〜2008年の国内一次エネルギー源の推移 (単位:ペタジュール) 13,000   12,000   11,000   10,000   9,000   8,000   石油関連 7,000   石炭関連 6,000   天然ガス 5,000   原子力 4,000   水力 3,000   2,000   1,000   0   ©  NEXt  CHANGE  co.,  ltd.    All  rights  reserved   5 出所:経済産業省HP
  7. 7. 輸入金額の30%近くが化石燃料 2011年の商品別輸入金額(単位:兆円) 14.5     化石燃料 17.4   食料品 電気機器 一般機械 4.7   化学品 5.2   原料品 5.4   その他 5.4   8.1   総額:60.6兆円 ©  NEXt  CHANGE  co.,  ltd.    All  rights  reserved   6 出所:日本貿易会
  8. 8. 日本の子育てへの公的援助は多いとは言えない OECD諸国における出産/子育て支援の規模と合計特殊出生率 2.40   アメリカ、チリ メキシコ 2.20   スロベニア、ラトビア、 エストニア、ギリシャ、 ルーマニア、スイス、 合
 2.00   ポーランド、韓国、 フランス,フィンランド, スウェーデン,ベルギー, 計
 スペイン、リトアニア、 イタリア、ポルトガル、 デンマーク,オランダ, 特
 ニュージーランド, 殊
 1.80   日本 カナダ、ブルガリア ノルウェイ,アイスランド, 出
 イギリス,アイルランド, オーストラリア 生
 1.60   率 (2009年) 1.40   ドイツ、オーストリア、 チェコ、ルクセンブルグ、 1.20   スロヴァキア、ハンガリー 1.00   0.50   1.00   1.50   2.00   2.50   3.00   3.50   4.00   出産/子育て関連での公的援助の合計(※)がGDPに占める%(2007年) 子ども手当(毎年約1.1兆円)を全額支給してもGDPの約0.2%。その財源もない状態でどうするか 出所:OECD統計 ©  NEXt  CHANGE  co.,  ltd.    All  rights  reserved   7 ※:税制援助、施設補助、現金支給の合計額
  9. 9. 婚姻率の低下/出生率の低下/高齢出産の増加 未婚率が上昇している 30才以上の出生率のみ上昇 年齢階層別未婚率の推移 年齢階層別出生率の推移 47%   44%   43%   37%   33%   32%   33%   27%   33%   23%   30%   19%   26%   22%   20%   18%   14%   14%   男性 30〜34歳 10%   男性 35〜39歳 8%   女性 30〜34歳 女性 35〜39歳 1990年 1995年 2000年 2005年 2010年 出所:厚生労働省統計 ©  NEXt  CHANGE  co.,  ltd.    All  rights  reserved   8
  10. 10. 若い人の年収は上がらなくなってきている ©  NEXt  CHANGE  co.,  ltd.    All  rights  reserved   9
  11. 11. 高齢者と死亡者はどんどん増える 65-79才人口は 2019年がピーク 65才以上の人口と死亡数の予測 85才以上人口は 2038年がピーク :2423万人 :1044万人 40000  35000  30000   90-­‐  25000   85-­‐89  20000   80-­‐84   75-­‐79  15000   70-­‐74  10000   65-­‐69   5000   0   2011   2016   2021   2026   2031   2036   2041   2046   2051   0   500   1000   1500   65才以上死亡数は 2000   2040年がピーク :156万人 出所:国立社会保障・人口問題研究所資料から分析 ©  NEXt  CHANGE  co.,  ltd.    All  rights  reserved   10
  12. 12. 高齢者になるほど入院医療費が嵩む 年齢階層別 一人当たり年間医療費(2009年 単位:千円) 出所:厚生労働省医療費統計 ©  NEXt  CHANGE  co.,  ltd.    All  rights  reserved   11
  13. 13. 病床数は増えていない 死ぬところが不足する? 病床数の推移 ©  NEXt  CHANGE  co.,  ltd.    All  rights  reserved   12 出所:厚生労働省統計
  14. 14. 高齢者の貧困という切ない問題 年齢別の相対的貧困者の比率(%)  18-25  26-40  41-50 51-65 66-75 76以上 平均 日本    16.6  12.4  11.7 14.4 19.5 23.8  15.3 OECD平均 11.5 8.7  7.5 8.9 11.4 16.5  10.4   ※75歳以上の単身者では相対的貧困率は43.0% ©  NEXt  CHANGE  co.,  ltd.    All  rights  reserved   13 出所:OECD統計
  15. 15. 人は1人では生きられない(特に男性) 40歳時における配偶者の状況と平均寿命 男 性 女 性 45   43   41   39   37   35   30   29   未婚 配偶者有 配偶者死別 配偶者離別 未婚 配偶者有 配偶者死別 配偶者離別 ※:平成17年国立社会保障・人口問題研究所   ©  NEXt  CHANGE  co.,  ltd.    All  rights  reserved   14
  16. 16. 財政 かなり詰み ©  NEXt  CHANGE  co.,  ltd.    All  rights  reserved   15 出所:財務省HP
  17. 17. ここまでのまとめ ・日本は“詰み”になっている課題がたくさんある     ・だからイノベーションが必要     ・東北の復興はイノベーションの場になりうる   −ヒト・モノ・カネの集積   −地域の土地と人の力   ©  NEXt  CHANGE  co.,  ltd.    All  rights  reserved   16
  18. 18. 復興の難しさ(福島は除く) ・津波がきたところにはものが建てられない   − 明日にもまた津波が来るかもしれない    ・被災した人と被災していない人が隣り合わせ   − 少し高台に住んでいた人は無事    ・課題先進地域   − ここまで上げた課題が日本全体より進んでいる    ・物理的な復興にかかる時間と心のケア   ©  NEXt  CHANGE  co.,  ltd.    All  rights  reserved   17
  19. 19. 陸前高田市 被災の状況 ©  NEXt  CHANGE  co.,  ltd.    All  rights  reserved   18
  20. 20. 陸前高田市 中心市街地 2月 ©  NEXt  CHANGE  co.,  ltd.    All  rights  reserved   19
  21. 21. 大船渡市 工業地域 5月 ©  NEXt  CHANGE  co.,  ltd.    All  rights  reserved   20
  22. 22. 大船渡市 中心市街地 5月 ©  NEXt  CHANGE  co.,  ltd.    All  rights  reserved   21
  23. 23. 大船渡市吉浜町 津波被害がほとんどなかった集落 嗚呼惨哉海嘯 の碑   明治23年の津波を記す 「昭和8年の津波以来、国道の下には建物を造らないと いう不文律ができて、田んぼしか作らなかった。過去 の津波では800人以上の被害者が出たが、今回の 津波では1人ですんだ。」     津波の記憶 の碑  「規制なんか作らなくても、今回水が来たところに家を 昭和8年の津波を記す 建てる人はいない」   ©  NEXt  CHANGE  co.,  ltd.    All  rights  reserved   22
  24. 24. 若者とお年寄りの就業場所が不足 年齢階層別 就業率の地域比較   日本全国 岩手県 気仙地域 大船渡 陸前高田 住田 総数(男女別) 54.1% 54.6% 51.8% 52.1% 51.7% 49.9%   15〜19歳 13.1% 9.9% 8.4% 9.1% 7.8% 5.7%   20〜24歳 59.3% 65.1% 63.6% 58.0% 80.6% 60.1%   25〜29歳 72.9% 77.3% 80.7% 79.4% 82.3% 83.3%   30〜34歳 72.0% 78.7% 81.1% 79.1% 83.2% 88.8%   35〜39歳 72.8% 79.3% 82.8% 81.5% 84.6% 85.7%   40〜44歳 75.2% 80.9% 83.3% 81.4% 86.2% 86.0%   45〜49歳 77.8% 81.8% 84.1% 84.0% 84.1% 84.6%   50〜54歳 77.3% 80.5% 81.9% 82.1% 81.3% 82.9%   55〜59歳 71.7% 74.7% 75.3% 75.7% 74.7% 75.1%   60〜64歳 56.3% 58.4% 58.1% 58.2% 58.0% 57.8%   65〜69歳 36.4% 37.6% 34.1% 32.7% 34.8% 40.5%   70〜74歳 22.7% 26.7% 24.5% 23.8% 24.1% 29.9%   75〜79歳 14.2% 17.8% 16.4% 15.7% 17.4% 16.7%   80〜84歳 9.0% 10.5% 9.7% 8.4% 10.9% 12.1%   85歳以上 3.9% 3.7% 3.2% 3.1% 3.0% 3.9%  (再掲)65歳以上 20.4% 21.3% 19.3% 18.8% 19.5% 20.8%   (再掲)75歳以上 9.8% 11.8% 10.7% 10.0% 11.3% 11.5% ※:平成22年国勢調査、東日本未来都市研究会  就業の定義:賃金,給料,諸手当,営業収益,手数料,内職収入など収入(現物収入を含む。)を伴う仕事を少しでもした人。家族の人が自家営業(個人経営の農業や工場・店の仕事など)の手伝いをした場合は、無給であっても、就業者に含む ©  NEXt  CHANGE  co.,  ltd.    All  rights  reserved   23
  25. 25. 65才以上のみの世帯が増えている 気仙地域の人口と世帯数の推移 出所:平成12年、平成17年、平成22年国勢調査   ©  NEXt  CHANGE  co.,  ltd.    All  rights  reserved   24
  26. 26. 0   5,000   10,000   15,000   20,000   25,000   30,000   35,000   40,000   45,000   50,000   55,000   60,000   65,000   70,000   2012   2013   2014   2015   2016   2017   2018   2019   2020   2021   2022   2023   2024   2025   0-­‐19   2026   2027   2028   2029   20-­‐64   2030   2031   2032   2033   65-­‐74   2034   2035   75-­‐   2036  ©  NEXt  CHANGE  co.,  ltd.    All  rights  reserved   2037   2038   年齢階層別 2市1町人口予測 2039   2040   人口は減少傾向にある 2041   2042   2043   2044   2045   2046   2047   2048   2049   2050   25
  27. 27. PTSDハイリスク層は20%以上いる可能性 中越地震後のPTSDリスク調査結果 出所:「新潟県中越地震後の地域メンタルヘルス活動」   ©  NEXt  CHANGE  co.,  ltd.    All  rights  reserved   26      直井 2009    
  28. 28. PTSDの症状 ・再体験   − いわゆるフラッシュバック    ・回避/麻痺   − 思い出すものに近付かない、感情の麻痺    ・過覚醒   − 神経過敏、不眠など    → 地域全体の生産性が落ちてしまう可能性も   ©  NEXt  CHANGE  co.,  ltd.    All  rights  reserved   27
  29. 29. 復興を仕事にする面白さ ・おいしいご飯   − 地元で朝とれたものだけを食べられる    ・あたたかいつながり   − 近所の人とのふれあい、助け合い    ・豊かな歴史と文化   − 楽しい年長者とのお話    ・日本中から集まってくる魅力的な人たち   ©  NEXt  CHANGE  co.,  ltd.    All  rights  reserved   28
  30. 30. 大船渡市 復興屋台村 まぐろの中落ち ©  NEXt  CHANGE  co.,  ltd.    All  rights  reserved   29
  31. 31. 住田町 山菜と松茸ご飯の朝食 ©  NEXt  CHANGE  co.,  ltd.    All  rights  reserved   30
  32. 32. 陸前高田市 仮設住宅での焼肉 ©  NEXt  CHANGE  co.,  ltd.    All  rights  reserved   31
  33. 33. 大船渡市 朝市の風景 ©  NEXt  CHANGE  co.,  ltd.    All  rights  reserved   32
  34. 34. この地域で実現したいと思うこと(個人的意見) ・エネルギーの地産地消    − ガソリン代のかからないまち     ・世代がつながるまち    − 子どもも若者も大人も年長者も     ・土地に根ざした文化が紡がれるまち    − 集落や住環境の維持     ・日本の地域都市のモデルになるまち   ©  NEXt  CHANGE  co.,  ltd.    All  rights  reserved   33
  35. 35. 地域のエネルギーを生み出すメガソーラー 蓄電池 気仙広域環境未来都市   検討資料から
  36. 36. 地域の木材を使った住宅と新交通システム 気仙広域環境未来都市   検討資料から
  37. 37. ・エネルギー拠点  エネルギーとまちづくりの連携  — 無料EV充電器    — 地域の蓄電拠点     ・防災拠点    — ガソリンへの代替      EV救急車、EVバス   ハイブリッドエネルギーシステム  — 医療介護施設への給電     ・まちの拠点と    無料充電器に集まる人達   EVインフラ 蓄電池 気仙広域環境未来都市   検討資料から
  38. 38. 世代が循環する公共施設 地域交流   デイケア   エリア   エリア   食堂   エリア 託児/保育   小学校   エリア   エリア   公園/農場/食品加工/ペット 等 気仙広域環境未来都市   検討資料から
  39. 39. 終わりに ・日本社会には難しい課題がてんこ盛り。    ・東北の復興は、日本というシステムに   イノベーションを起こすキーになる。    ・復興は10年かかる。   今後は仕事としてどう取組むかがポイント。    ・観光でも仕事でもいいから東北にきてほしい。   ©  NEXt  CHANGE  co.,  ltd.    All  rights  reserved   38
  40. 40. NEXt  CHANGE  co.,  ltd.    CEO  /  Future  Designer   Tomoyuki  Yamamura     facebook  :  yamamucho   TwiXer  :  TomYamamura   E-­‐mail  :    tomoyuki@nextchange.jp   ©  NEXt  CHANGE  co.,  ltd.    All  rights  reserved   39

×