Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

マイクロサービスの基盤として注目の「NGINX」最新情報 | 20180127 OSC2018 OSAKA

567 views

Published on

20180127 OSC2018 OSAKA サイオステクノロジー講演

Published in: Business
  • Be the first to comment

マイクロサービスの基盤として注目の「NGINX」最新情報 | 20180127 OSC2018 OSAKA

  1. 1. マイクロサービスの基盤として注目の 「NGINX」最新情報 SIOS Technology, Inc. Innovative Solution Business Planning Dept. 村田 龍洋
  2. 2. 会社概要 2 社名 サイオステクノロジー株式会社 本社 東京都港区南麻布2-12-3 サイオスビル 営業所 関西、中部、九州 設立 1997年5月23日 資本金 1,481百万円 代表 代表取締役社長 喜多 伸夫 持株会社 サイオス株式会社 グループ 会社 SIOS Technology, Corp. (米国) 株式会社グルージェント 赛欧思(北京)科技有限公司(中国) 株式会社関心空間 Glabio, Inc.(米国) 株式会社キーポート・ソリューションズ Profit Cube Inc.
  3. 3. 自己紹介 サイオステクノロジー株式会社 イノベーティブソリューション事業企画部 村田 龍洋  2002年よりサイオステクノロジー(当時のテンアートニ)に入社、 ハードウェア部門、Linux/OSSサポート部門を経て現在のOSS事業企 画部門に従事  現在はOSSのサポートサービスである「サイオス OSSよろず相談室」 の企画とNGINXをメインにマーケティング、プリセールス等を担当 また、OSSの裾野を広げる活動の一環として、情報ポータルサイトの oss.sios.com を立ち上げ  趣味:サッカー、ラーメン、カレー、日本酒 3
  4. 4. アジェンダ Webを取り巻く市場環境 NGINXとは Apacheとの違い NGINX Plus NGINXの利用方法 NGINX Plus導入事例 NGINX.conf 2017での最新情報 ©SIOS Technology, Inc. 4
  5. 5. マイクロサービス知ってますか? マイクロサービスアーキテクチャモノリスなアーキテクチャ 5
  6. 6. Webを取り巻く市場環境 ©SIOS Technology, Inc. 6
  7. 7. Webサーバーシェア Apacheのシェアを超えたNGINX ©SIOS Technology, Inc. 7 出典:https://w3techs.com/technologies/comparison/ws-apache,ws-microsoftiis,ws-nginx Top 1,000,000 site Apache 40.2% NGINX 42.9%
  8. 8. Webサーバーシェア 最新のデータでは ©SIOS Technology, Inc. 8 Top 1,000,000 site Apache 39.2% NGINX 44.0% 出典:https://w3techs.com/technologies/comparison/ws-apache,ws-microsoftiis,ws-nginx
  9. 9. Webサーバー マーケットポジション ©SIOS Technology, Inc. 9 出典:https://w3techs.com/technologies/comparison/ws-apache,ws-microsoftiis,ws-nginx NGINXは Used by many sites、 Used by high traffic sitesの カテゴリに分類 Apacheは Used by many sites、 Used by low traffic sitesの カテゴリに分類
  10. 10. 革新的なWebアプリの台頭 Netflix、eBay、Uber などIT業界で有 名な企業では、これまでのアプリケー ション開発の概念を破壊し、新しい開発 手法やテクノロジーを積極的に取り入れ ています。 NGINXはこの新たなアプリケーションの 基盤として多く利用され、シェアの拡大 の要因にもなっています。 ©SIOS Technology, Inc. 10
  11. 11. 破壊的ソリューション:Venmoにみる例 SIOS Technology, Inc. 11  米国のP2Pの金融サービス、いわゆる個人間送 金の仕組みで業界全体に混乱を起こした。
  12. 12. デジタル戦略への変更による成長例 ©SIOS Technology, Inc. 12 出典:nginx.conf 2017: Keynote with Gus Robertson: https://www.nginx.com/blog/nginx-conf-2017-keynote-with-gus-robertson/  全店舗の16%を閉鎖し、eコマースとデジタル戦略にリ ダイレクトすることで成長。
  13. 13. 独自サービスの作成による成功例 ©SIOS Technology, Inc. 13 出典:nginx.conf 2017: Keynote with Gus Robertson: https://www.nginx.com/blog/nginx-conf-2017-keynote-with-gus-robertson/  MLBがインターネットを使用して野球の試合の配信を消 費者に提供したいため、自らサービスを作成
  14. 14. Mode2型への変革 破壊的な変化が起こる今、Webアプリケー ションの重要性は拡大しています。 いかに早く新しいサービスを提供できるか がビジネスの成功の鍵を握ると言われる中 で、Webサーバー、Webアプリケーション に求められる要件も変わりつつあります。 このようなアプリケーションをGartnerでは Mode2型と定義をしています。 ©SIOS Technology, Inc. 14
  15. 15. 【参考】Mode1、Mode2による分類 2015年にGartnerが顧客の趣向、傾向を Mode1,Mode2 に定義付けを行い、その動向の レポートを公開。システムのModeを把握すること で、どのようなソリューションが最適なのかの判 断材料になる。 15 出典: http://www.gartner.com/it-glossary/bimodal/ Mode1 コスト削減と安全、セキュリティを重視した 従来型のモデル Mode2 開発者の生産性と事業の敏捷性を重視した、 新しいモデル
  16. 16. 【参考】Mode別の傾向 ©SIOS Technology, Inc. 16 Mode1 属性 Mode2 SoR(System of Record) 目的、特性 SoE(System of Engagement) 信頼性、費用 重要視される ポイント 敏捷性、柔軟性 堅牢性、コスト、パフォーマンス 要件 ブランドの収益、ユーザー体験 計画主導型、承認ベース ガバナンス 実証的、継続的、プロセスベース エンタープライズサプライヤ 供給者 小規模、革新的なベンダ、 一部先進のエンタープライズサプライヤ 従来型のプロセスとプロジェクトを 計画的に実行する人材、 既存の仕組みをよく理解している人材 求められる タレント 過去に実績がない最新型、チャレンジング なプロジェクトを推進出来る人材、 最新の技術に明るく吸収力の高い人材 仕様やシステムありき、 大部分をメーカーやSIerに請負契約で依頼 文化 顧客主導型でビジネスやブランドの収益を 追求 数ヶ月~数年 期間 日/週単位 ベアメタル、 仮想化基盤(VMware、KVM) 基盤 Public/Private Cloud、コンテナ型 OpenStack、Docker…等
  17. 17. NGINXとは ©SIOS Technology, Inc. 17
  18. 18. NGINXの始まり ロシアの大手ポータルサイトを管理して いた、Igor Sysoev氏 Apacheの拡張モジュールを開発して凌い でいたが、限界を感じて自らWeb Serverの開発に着手 2004年 NGINXプロジェクト開始 ©SIOS Technology, Inc. 18
  19. 19. NGINXの特徴 A A A 1 Process = 1 Client 1 Process = 10000+ Clients Apache NGINX 高速 軽量 高機能 NGINXは高速処理を実現するイベントループ方式を採用 ©SIOS Technology, Inc. 19
  20. 20. NGINX Overview ©SIOS Technology, Inc. 20 NGINXは、Webサーバーの機能以外にも下記の機能を提供 します。 • リバースプロキシ • キャッシュサーバー • アプリケーションゲートウェイ • ロードバランシング • SSLおよびSPDYターミネーション
  21. 21. 2つのソースコードブランチ ©SIOS Technology, Inc. 21 偶数バージョン(1.12):安定版ブランチ このブランチは、重大な問題やセキュリティの脆弱性を修正する必要があ るときにのみ更新されます。Red Hat提供パッケージはこちらを採用 奇数バージョン(1.13):メインラインのブランチ このブランチは積極的に開発されます。新しいマイナーリリースは (1.13.1、1.13.2等)を定期的に新しい機能や拡張機能を導入し、約4~ 6週ごとに作られています。 安定版ブランチは重大な問題で ないと修正されないため、開発 者はMaillineの利用を推奨し ています。 NGINX Plusはmainlineより forkして作成されます。
  22. 22. 上位Webサービスで多数の実績 22 採用実績「https://www.nginx.com/」より NGINXの採用実績は多数 日本でもNTTぷらら、クックパッド、サイボウズ、mixiなど 大手企業で利用されている。 ©SIOS Technology, Inc.
  23. 23. Apacheとの違い ©SIOS Technology, Inc. 23
  24. 24. ApacheとNGINXとの違い Apache NGINX 90年代に開発開始 00年代に開発開始 サーバーごとの数百のユーザーを対応 サーバーごとの1万以上のユーザーに対応 プロセスおよびスレッドベース イベントベース、シングルスレッド スケールアップおよびスケールアウトが困 難で高価 スケールアップおよびスケールアウトが容 易でコスト効率高 レガシーアーキテクチャー 新しくて軽量な分散アーキテクチャー ©SIOS Technology, Inc. 24
  25. 25. プロセスベースとイベントベース  1プロセス = 1クライアント  各プロセスは10-100 MBのメモリ領域を消費  Memory/CPUへの要求が多い  同期処理、排他制御 A A A  1プロセス = 10000クライアント以上  要求に応じたメモリ割り当て  効率よいMemory/CPUの利用  非同期処理/排他制御なし 1 2 3 4 標準ではプロセスIDは32767までのため、 クライアントが1万台を超えるとプロセス数 の限界やコンテキストスイッチのオーバー ヘッドが大きくなり、本来の処理ができな い状態が発生する 1つのプロセスにて、イベント毎に処理を行い、 終了したら次のイベントを実行する。
  26. 26. モダンなWebアーキテクチャへの改変へ Load Balancer Web tier Application tier Database Legacy approach • 異なる機能を連結する ソリューション • スケールアウトが困難 • 複数のボトルネック • 障害耐性の低さ • 高いレイテンシー • 運用が複雑 Modern approach • 柔軟な構成 • 高いスケーラビリティ • ローレイテンシー • 簡単な運用 ©SIOS Technology, Inc. 26 マイクロサービスアーキテク チャとして注目を集める
  27. 27. マイクロサービスアーキテクチャ マイクロサービスアーキテクチャモノリスなアーキテクチャ 27
  28. 28. NGINX Plus ©SIOS Technology, Inc. 28
  29. 29. NGINXとNGINX Plus アクセス上位1,000,000サイトで 最も利用されているWeb Server エンタープライズ向け機能拡張 + 企業向けサポート 日本向けの製品サポートは サイオスが提供 また、Security Updateは NGINX Inc. より専用 パッケージが提供されます。 ©SIOS Technology, Inc. 29
  30. 30. NGINX Plusで拡張される主な機能 HTTPおよびTCPロードバランシング Liveステータスレポーティング 詳細なヘルスチェック 無停止の設定反映 ストリーミングメディアデリバリ機能 ©SIOS Technology, Inc. 30
  31. 31. Live status information from NGINX Plus 31
  32. 32. 【参考】製品マトリックス CORE FEATURES NGINX PLUS NGINX OPEN SOURCE HTTP origin server ○ ○ Massively-scalable event-driven architecture ○ ○ Reverse proxy for HTTP, TCP, and mail (IMAP, POP3, SMTP) ○ ○ Application acceleration with HTTP keepalive offload, caching, and compression ○ ○ HTTP/2, SPDY and SSL termination ○ ○ Authentication and bandwidth management ○ ○ LOAD BALANCING AND APPLICATION DELIVERY Content switching and request routing ○ ○ Advanced HTTP and TCP load balancing ○ Session persistence ○ Advanced cache control ○ Application health checks ○ MEDIA DELIVERY High-performance streaming for MP4/FLV media ○ ○ HTTP live streaming (HLS/VOD) ○ HTTP dynamic streaming (HDS/VOD) ○ Bandwidth management for MP4 media ○ RTMP media streaming ○ ©SIOS Technology, Inc. 32
  33. 33. 【参考】製品マトリックス ADMINISTRATION NGINX PLUS NGINX OPEN SOURCE Graceful re-configuration and live binary updates ○ ○ Remote logging with syslog ○ ○ Live activity monitoring ○ On-the-fly load-balancing configuration ○ SUPPORT AND SERVICES Community support ○ ○ NGINX support ○ Access to NGINX engineering for advice and guidance ○ Email and web support ○ Unlimited support incidents ○ Support hours 平日9:00 - 17:00 Pricing per instance Software availability Private repository at nginx.com Supported Platforms Linux (RHEL/CentOS, Debian, SLES, Ubuntu), FreeBSD 10 Support (standard) from NGINX, Inc. 400,000円/年 ©SIOS Technology, Inc. 33
  34. 34. 【参考】 BIG-IPとの比較 ©SIOS Technology, Inc. 34
  35. 35. NGINXの利用方法 CentOSの場合 ©SIOS Technology, Inc. 35
  36. 36. NGINXのインストール /etc/yum.repos.d/nginx.repo を作成し、下記 のレポジトリ情報を入力 ©SIOS Technology, Inc. 36 [nginx] name=nginx repo baseurl=http://nginx.org/packages/mainline/OS/OSRELEASE/$basearch/ gpgcheck=0 enabled=1 Baseurlの下記値は環境に応じて設定を行ってください。 OS – ご利用のOS環境、centos または rhel を入力 OSRELEASE – OSのバージョン 6 もしくは 7 を入力
  37. 37. NGINXのインストール Yum コマンドよりインストールを実施、 インストール完了後、下記コマンドを実施します。 ©SIOS Technology, Inc. 37 # yum install nginx # systemctl enable nginx # systemctl start nginx # firewall-cmd --zone=public --add-port=80/tcp –permanent # firewall-cmd –reload 下記コマンドにて動作確認が行なえます。 $ nginx -v nginx version: nginx/1.13.3 $ ps -ef | grep nginx root 1088 1 0 19:59 ? 00:00:00 nginx: master process … nginx 1092 1088 0 19:59 ? 00:00:00 nginx: worker process
  38. 38. Dockerでの展開 ©SIOS Technology, Inc. 38 Official build公開中 https://hub.docker.com/_/nginx/
  39. 39. Dockerの特徴をおさらい ©SIOS Technology, Inc. 39 項目 概要 リソース リソース使用量、オーバーヘッドが非常に少ない 用途 大量にサーバーを並べる必要があるシステムでの利用が 中心 使い捨ての概念でアップデート時にはコンテナごと入れ 替える手法を取る 可搬性 同じDocker Engineが動いている環境であれば、環境は 選ばない、Linux環境をWindows環境に持ち込むことは 基本不可
  40. 40. サービスメッシュ Google、IBMらがオープンソースの 「Istio」公開。マイクロサービスのため のネットワーク機能「サービスメッ シュ」を提供。Kubernetes対応 http://www.publickey1.jp/blog/17/googleibmistiokubernetes.html SIOS Technology, Inc. 40 Google、IBM、Lyftが開始した新しいオープンソースのプロジェク ト「Istio」では、マイクロサービスアーキテクチャにて使用される ネットワークサービス群を「Service Mesh」(サービスメッシュ) と呼び、Istioはこのサービスメッシュを提供するソフトウェアとし て開発が進められています。
  41. 41. キーファイル&ディレクトリ /etc/nginx すべてのNGINX設定用の親ディレクトリ /etc/nginx/nginx.conf 頻繁に変更されないトップレベルの NGINX設定 /etc/nginx/conf.d/default.conf "welcome to nginx"ページの設定 /etc/nginx/conf.d/*.conf 仮想サーバとアップストリームの設定 たとえば、www.example.com.conf ©SIOS Technology, Inc. 41
  42. 42. NGINXの設定:Webサーバー  NGINXがlistenするIPアドレス/ポートを指定します。サンプルのよ うにIPアドレスがない場合、NGINXはシステム上のすべてのIPアド レスにバインドされます。  default_serverは、hostnameがわからない場合にこのサーバを使用 するように指定します ©SIOS Technology, Inc. 42 server { listen 80 default_server; server_name www.example.com; location / { root /usr/share/nginx/html; index index.html index.htm; } }
  43. 43. NGINXの設定:SSL設定 ©SIOS Technology, Inc. 43 server { listen 80 default_server; server_name www.example.com; return 301 https://$server_name$request_uri; } server { listen 443 ssl http2 default_server; server_name www.example.com; ssl_certificate cert.crt ssl_certificate_key cert.key ssl_ciphers HIGH; } location / { root /usr/share/nginx/html; index index.html index.htm; } }  すべてのトラフィックに暗号化を適用することが可能
  44. 44. NGINXの設定:リバースプロキシ設定 ©SIOS Technology, Inc. 44 server { listen 80 default_server; location ~ [^/].php(/|$) { fastcgi_split_path_info ^(.+?.php)(/.*)$; #fastcgi_pass 127.0.0.1:9000; fastcgi_pass unix:/var/run/php7.0-fpm.sock; fastcgi_index index.php; include fastcgi_params; } }  PHPアプリケーションのリクエストを振り分けることが可能  PHP FPMは別途導入が必要です。
  45. 45. NGINXの設定:ロードバランシング ©SIOS Technology, Inc. 45 http { upstream my_upstream { server server1.example.com; server server2.example.com; least_conn; } server { listen 80; location / { proxy_set_header Host $host; proxy_pass http://my_upstream; } } }  デフォルトのロードバランシングアルゴリズムはRound Robinです。 •least_connは、アクティブ接続数が最も少ないサーバを選択します。 •デフォルトでは、NGINXは、プロキシされたサーバーの名前とポー トにホストヘッダーを書き換えます •proxy_set_headerは、元のクライアントのホストヘッダーをオー バーライドし、パスします。
  46. 46. NGINXの設定:キャッシュ ©SIOS Technology, Inc. 46 proxy_cache_path /path/to/cache levels=1:2 keys_zone=my_cache:10m max_size=10g inactive=60m use_temp_path=off; server { location / { proxy_cache my_cache; #proxy_cache_valid 5m; proxy_set_header Host $host; proxy_pass http://my_upstream; } }  proxy_cache_pathは、ディスクのレイアウト、サイズと場所、およ びキャッシュの他のパラメータを定義します  proxy_cacheは、このコンテキストのキャッシングを有効にします。  proxy_cache_validは、上流でCache-Controlヘッダーが返されない 場合に有効です。
  47. 47. Apacheの設定ファイルを比べてみると Listen 80 ServerRoot "/etc/httpd" DocumentRoot "/var/www/html/" User nobody Group nobody <IfModule prefork.c> MaxClients 150 StartServers 5 MinSpareServers 5 MaxSpareServers 15 </IfModule> ©SIOS Technology, Inc. 47 server { listen 80 default_server; server_name www.example.com; location / { root /usr/share/nginx/html; index index.html index.htm; } } NGINX Apache
  48. 48. NGINX Plus導入例 ©SIOS Technology, Inc. 48
  49. 49. 目的: リプレース時期が迫った専用アプライアンス型ロードバランサーを代替 効果: HA構成による冗長構成が実現でき、x86サーバーをプラットフォームと することで大幅なコスト削減を達成 NGINX Plus 事例:株式会社NTTぷらら様 「ひかりTV」サービス基盤を支える「NGINX Plus」
  50. 50. 目的: 高価なロードバランサアプ ライアンス機器からの置き 換え 効果: 導入コスト削減のほか、 サービスの応答速度も改善 し、顧客満足度の向上に貢 献 NGINX Plus 事例:DirectorsGear  放送局向けWebサービス基盤で利用
  51. 51. 実事例: Apacheフロントとして性能向上 既存のApache HTTP Serverの前に配置することで、 リバースプロキシおよびコンテンツキャッシュに利用し、 パフォーマンスを向上  現状のアプリケーションに手を入れることなしに、スケーラブルな環 境を提供 リーバスプロキシー キャッシュ NGINX Apache アプリケーション サーバー データベース Apache/アプリケーションサーバー/データベースには手を入れないNGINXサーバーを配置 ©SIOS Technology, Inc. 51
  52. 52. NGINX.conf 2017での最新情報 ©SIOS Technology, Inc. 52
  53. 53. NGINX.conf 2017 年に1度のNGINX Inc.とNGINXコミュ ニティのカンファレンス 今年はアメリカ ポートランドで開催 2日間の開催で1日目がエンタープライズ 向け、2日目はコミュニティ向けの発表 ©SIOS Technology, Inc. 53
  54. 54. Day1 基調講演にて NGINX Inc.のCEO Gus Robertson氏が登壇 エンタープライズ向けNGINXを取り巻く 市場の発表とともに、新たな製品展開を 発表 ©SIOS Technology, Inc. 54
  55. 55. Day2 基調講演にて NGINX の開発者 Igor氏が 登壇 新たなオープンソースプロジェクトとな る NGINX Unit を今後の展開とともにデ モを実演 ©SIOS Technology, Inc. 55
  56. 56. Providing tools that reduce the complexity of managing distributed apps  アプリケーション、特にコンテナや仮想マシンに分散し て実行されているアプリケーションの管理の複雑さを軽 減するツールを提供します。  これらのレガシーアプリケーションを最新のアプリケー ションアーキテクチャに移行させるツールを提供します。  10人のユーザー、1,000万人のユーザー、1億人以上の ユーザーなど、アプリケーションの規模を拡大するツー ルを提供します。  私たちは、拡張可能なアプリケーションを構築するのを 手伝っていきます。私たちはこれらのアプリケーション にインテリジェンスをもたらすつもりです。 SIOS Technology, Inc. 56
  57. 57. NGINX Application Platformのビジョン アプリケーションが生きた生物のようにす べきであるということ。  アプリケーションは、その環境に基づいて拡大または 縮小できる必要があります。そして、アプリケーショ ンが壊れている場合、アプリケーションは自己修復で きる。  攻撃を受けている場合、アプリケーションは自分自身 を守ることができる。  そして、アプリケーションは必要に応じてアプリケー ションの追加インスタンスを生成し、新しい生物を作 り出すことができる。 SIOS Technology, Inc. 57
  58. 58. NGINX Controller 集中監視  アプリケーションのパ フォーマンスに重要な洞察 を取得  秒単位での要求、アクティ ブな接続、帯域幅の使用量 などの主要指標を表示  ロードバランサ間のメト リックを集約するダッシュ ボードの概要  アプリケーションごとのメ トリックのズームイン SIOS Technology, Inc. 58
  59. 59. NGINX Controller 役割ベースのアクセス制御  ITのコントロールを維持しな がら、アプリケーション所有 者が自分のアプリケーション を展開し、更新を実施可能。  役割ベースのアクセス制御 (RBAC)、監査証跡を確保  中央ITを通じてプロビジョニ ング、独自のロードバランサ を制御  アプリケーションの所有者の 自己管理負荷分散とアプリ ケーションの展開 SIOS Technology, Inc. 59
  60. 60. NGINX Controller プログラマビリティ  アプリケーションの整合性 を維持しながら、急速に展 開  ボタンを押すだけで、青/ 緑の展開を実装  安全カナリアのリリースと 新しいアプリケーションの バージョンをテスト  シームレスに新しいバー ジョンをロールバック  JSON構成でGraphQLの APIを使用して自動化 SIOS Technology, Inc. 60
  61. 61. NGINX Controller ©SIOS Technology, Inc. 61 出典:NGINX Product Roadmap 2017: https://www.nginx.com/blog/nginx-product-roadmap-2017/
  62. 62. NGINX Controller:ロードマップ ©SIOS Technology, Inc. 62 出典:NGINX Product Roadmap 2017: https://www.nginx.com/blog/nginx-product-roadmap-2017/
  63. 63. NGINX Unit ©SIOS Technology, Inc. 63 出典:NGINX Product Roadmap 2017: https://www.nginx.com/blog/nginx-product-roadmap-2017/
  64. 64. NGINX Unit 多言語サポート  すべてのアプリケーションを 共通のバイナリで実行  Go、PHP、およびPythonの完 全サポート。 今後、JavaとNode.jsをサポー ト予定  同じサーバー上で異なる言語 で書かれた複数のアプリケー ションを実行  同じサーバ上で複数の言語 バージョンを同時に使用する (PHP 5とPHP 7、Python 2.7、Python 3) SIOS Technology, Inc. 64
  65. 65. NGINX Unit プログラマブル  アプリケーションの要求にリ アルタイムで対応:  総合的なREST APIドリブン構 成  標準のJSON設定言語  適切なアプリケーションおよ び構成の更新により、サービ スの中断を軽減します。  シームレスなゼロダウンタイ ム展開の変更 SIOS Technology, Inc. 65
  66. 66. NGINX Unit サービスメッシュの基盤として NGINX Unitを使用  迅速なサービス間通信のための 統合ネットワークスタック  アプリケーションコードから NGINX Unitへネットワーク構 成をオフロードする  SSL / TLSとHTTP / 2のサ ポート SIOS Technology, Inc. 66
  67. 67. NGINX Unit:ロードマップ ©SIOS Technology, Inc. 67 出典:NGINX Product Roadmap 2017: https://www.nginx.com/blog/nginx-product-roadmap-2017/
  68. 68. NGINX Unit Beta プリコンパイル済みパッケージ Unitのプリコンパイルされたバイナリは、 CentOS 7.0およびUbuntu 16.04 LTSで 使用できます。 SIOS OSSポータル NGINX Ch.にて公開中 https://oss.sios.com/nginx-ch/NGINX-UNIT SIOS Technology, Inc. 68
  69. 69. NGINX Amplify 正式リリース
  70. 70. NGINXのための管理ツール SIOS Technology, Inc. 70
  71. 71. NGINX Amplify SIOS Technology, Inc. 71 5インスタンスまでは無料 登録して試してみましょう!

×