SlideShare a Scribd company logo
1 of 35
Download to read offline
オープンアクセス(OA)と
クリエイティブコモンズ(CC)
Mar 14, 2016
@科学技術振興機構
MIZUNO, Tasuku (CityLights Law Office)
tasukumizuno@citylights-law.com
Tw : @TasukuMizuno
Except where otherwise noted, content on
this site is licensed under a Creative
Commons Attribution 4.0 International
license.
自己紹介
• 弁護士(シティライツ法律事務所)
• Arts and Law代表理事
• Creative Commons Japan理事
• アプリケーション・サービス「Fril」を展開する(株)Fablicの社外監査役など
• FabLab Japan Networkなどにも所属
• 総務省『ファブ社会の展望に関する検討会』(2014)、『ファブ社会の基盤設計に関する検討会』(2015)
委員、経産省『3Dプリンタ等による新たなものづくりの健全な発展に向けた委員会』委員など
• クリエイティブ分野(映像、映画、音楽、デザイン、アート、ゲーム、出版、写真など)、IT分野(ソフト
ウェア、ウェブなど)、建築・不動産分野に特化して活動している
• 著作『クリエイターの渡世術』(共著)、『オープンデザイン 参加と共創からはじまるつくり方の未来』(
共同翻訳・執筆)、連載に『法のデザイン インターネット社会における契約とアーキテクチャの設計と協働
』。この夏に単著を出版予定。
従来の著作権制度の考え方
20世紀後半の著作権制度
米国を中心とした著作権保護期間の延長や権利行使の濫用などにより、著作権に基づく
情報の囲い込みが激化
クリエイティブ・コモンズの考え方
クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの仕組み:
ライセンスとマークの種類
http://file.freebsd.blog.shinobi.jp/cc.gif
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%A8%E3%82%A4%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%96%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%82%BA
4つの条件
6つのライセンス
(マーク)
クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの仕組み:
三層構造のライセンス記述
http://creativecommons.jp/licenses/#licenses
クリエイティブ・コモンズ(・ライセンス)とは
?
• さまざまなコンテンツやマテリアルの作者が、「この条件を守れば、
私の作品を自由に利用してよい」と意思表示をするためのツール
• インターネット/デジタル技術を前提に、著作者/著作権者に選択肢
を増やす仕組み(著作権の放棄ではなく、留保しつつ一部を開放)
• 契約や権利処理のコストを削減し、合法的に作品の共有や継承を促す
仕組み
• 国が作った法律ではなく、コンテンツを作り出した作者とそれを利用
するユーザーとの間の契約により、コンテンツの届け方や使われ方を
自発的に「デザイン」するための仕組み
クリエイティブコモンズの現況(2015)
https://stateof.creativecommons.org/2015/
クリエイティブコモンズの現況(2015)
https://stateof.creativecommons.org/2015/
クリエイティブコモンズの現況(2015)
https://stateof.creativecommons.org/2015/
クリエイティブコモンズの現況(2015)
https://stateof.creativecommons.org/2015/
クリエイティブコモンズの現況(2015)
https://stateof.creativecommons.org/2015/
exiii/HACKberry
http://exiii-hackberry.com/
exiii/HACKberry (CC BY-SA 4.0 International)
https://github.com/exiii/HACKberry
David Bowie’s “Black Star” Artworks (CC BY
NC SA 4.0 International)
http://www.bowieblackstar.net/
なぜクリエイティブ・コモンズか?
• 利用条件が明確になり、利用者が萎縮せず再利用できる → 流通促進
• 著作権制度と調和的である(権利放棄を求めるドラスティックな変化を
求める仕組みではない)
• 世界標準の画一化した仕組み(CC ver4.0)→ 国際発信力の強化
• 世界中のオープンデータ、オープンアクセス、デジタルアーカイヴなど
の領域において、すでにデファクト・スタンダード化している(CC BY
or CC0)
• 政府の知財戦略などにおいても、オープン化のツールとして普及が促さ
れている
クリエイティブ・コモンズのデメリット
• パクられるリスクが高くなる?
• インターネットで公開する以上、©でも無表示でもCCでもパクられるリスクは変わらない!
• ライセンスが守られない場合、紛争リスクが高まる?
• ライセンスが守られない場合、ライセンスが失効し、翻って著作権侵害となる(通常の著作権侵害と変わらな
い)
• CCが生まれたこの10年強で日本ではCCに関する紛争は起きていない(むしろ良質なコミュニティにより紛争
の低減につながっている可能性も)
• マネタイズが難しい?
• フリーミアムなど、さまざまな収益モデルが生まれてきている(むしろ収益を加速するケースも)
• カスタマイズがききにくい
表示(BY)の方法
https://wiki.creativecommons.org/wiki/Best_practices_for_attribution#This_is_an_ideal_attribution
NC(非営利)の定義
「「非営利」とは、商業的な利得や金銭的報酬を、主たる
目的とせず、それらに主に向けられてもいないことを意味
します。本パブリック・ライセンスにおいては、デジタル
・ファイル共有または類似した手段による、ライセンス対
象物と、著作権およびそれに類する権利の対象となるその
他のマテリアルとの交換は、その交換に関連して金銭的報
酬の支払いがない場合は、非営利に該当します。」
(CCライセンス・バージョン4.0 第1条 定義 i.)
間違えられやすいCCのポイント
• 著作権の「譲渡」ではない
• あくまで権利者への連絡なしで利用できる場合のライ
センスである(権利者に別途許諾を得て、別の利用方
法をすることは可能)
• ex. 非営利(NC)が付与されていても、別途許諾
を得て営利利用することは可能
NIN (National Institutes of Health)
http://publicaccess.nih.gov/index.htm
ROAD
(the Directory of Open Access scholarly Resources)
http://road.issn.org/en
RCUK (Research Councils UK)
• CC BYを推奨
• 希望があればCC
BY-NCもOK
http://www.rcuk.ac.uk/research/openaccess/
Nature Publishing Group (NPG)
• 標準ライセンスとし
て、CC BY 4.0を採
用
• 編集部へのリクエス
トにより、CC BY-
NC-ND 4,0か、CC
BY-NC-SAを選択で
きる
http://www.nature.com/index.html
PLOS (Public Library of Science)
• CC BY 4.0を
採用
https://www.plos.org/
DOAJ (Directory of Open Access Journals)
• 登録されてい
るOA誌で
CCL採用誌は
約40%
• CC BYとCC
BY-SAが半分
ずつくらい
https://doaj.org/
J-STAGE
• 別途条件等が明示さ
れていない限り、発
行機関によってCC
BY、CC BY-NC、
CC BY-NC-NDのい
ずれかを付与。
• ジャーナル単位のみ
の導入(論文ごとで
はない)
https://www.jstage.jst.go.jp/browse/-char/ja/
OAとCC化のメリット
• CC採用により学術誌のアクセシビリティや再利用可能性が高まる
• そもそもOA=コンテンツの再利用可
• CCによる利用条件の明確化
• CCは世界的に利用条件がわかりやすい(標準化されたライセンス)
• 再利用を促しやすい(著作権法上の「引用」よりも使いやすく、適切な量の引用や翻訳
の可能性が広がる、図や写真などについても再利用しやすい)
• 他の分野からみても利用条件がわかりやすいので、参入障壁が低減
• ライセンスの標準化・互換性
• カスタマイズされた利用規約では、世界中の誰が見てもわかりやすいものとならず、ま
たそれぞれのライセンスが混合した場合の取扱いが困難になる
OAとCC化の課題
• OA化に特化したライセンスではない
• 学会への著作権譲渡(という日本特有の問題)
• 著作権譲渡を受けている場合には学会がCC採用のみでOK
• 著作権譲渡を受けていない場合、執筆者自身がCC付与するか、学会が論文に対してCCを付与
して公開することを執筆者が同意するか、いずれかが必要
• 利用規約との矛盾
• CCLよりも制限的な条件を付加するとライセンス違反になる可能性がある
• CC ver.4.0への移管
• ver.の変更については寄稿者に許諾を得ておくことが望ましい
• 譲渡を受けている場合は同意不要(ただし、説明は丁寧にすべき)
学術誌のOA化
研究者
学会(誌)
日本のユーザー
研究者
世界のユーザー
著作権譲渡
or
利用許諾
公開
(個別の利用規約
or
利用条件の明示なし)
学術誌のOA化 + CCL
研究者
学会(誌)
日本のユーザー
研究者
世界のユーザー
著作権譲渡
or
利用許諾
オープンアクセス(OA)と
クリエイティブコモンズ(CC)
Thank you!
MIZUNO, Tasuku (CityLights Law Office)
tasukumizuno@citylights-law.com
Tw : @TasukuMizuno
Except where otherwise noted, content on
this site is licensed under a Creative
Commons Attribution 4.0 International
license.

More Related Content

What's hot

MuleSoft Anypoint Platformのコンセプトとサービス
MuleSoft Anypoint PlatformのコンセプトとサービスMuleSoft Anypoint Platformのコンセプトとサービス
MuleSoft Anypoint PlatformのコンセプトとサービスSalesforce Developers Japan
 
こんなRFPは嫌だ!
こんなRFPは嫌だ!こんなRFPは嫌だ!
こんなRFPは嫌だ!Naoki Ishimitsu
 
もうすぐ来る新しい DirectQuery の自動更新をいま可能なモノで模倣してみた!~ 誕生日のパラドックスを使って体験するのだ ~
もうすぐ来る新しい DirectQuery の自動更新をいま可能なモノで模倣してみた!~ 誕生日のパラドックスを使って体験するのだ ~もうすぐ来る新しい DirectQuery の自動更新をいま可能なモノで模倣してみた!~ 誕生日のパラドックスを使って体験するのだ ~
もうすぐ来る新しい DirectQuery の自動更新をいま可能なモノで模倣してみた!~ 誕生日のパラドックスを使って体験するのだ ~Yugo Shimizu
 
Webアプリケーション上で 起きている問題の可視化
Webアプリケーション上で 起きている問題の可視化Webアプリケーション上で 起きている問題の可視化
Webアプリケーション上で 起きている問題の可視化LINE Corporation
 
技術者として抑えておきたい Power BI アーキテクチャ
技術者として抑えておきたい Power BI アーキテクチャ技術者として抑えておきたい Power BI アーキテクチャ
技術者として抑えておきたい Power BI アーキテクチャYugo Shimizu
 
kintoneの開発プロセスとプロジェクト管理ツール
kintoneの開発プロセスとプロジェクト管理ツールkintoneの開発プロセスとプロジェクト管理ツール
kintoneの開発プロセスとプロジェクト管理ツールYuki Okada
 
Ruby での外部コマンドの実行について
Ruby での外部コマンドの実行についてRuby での外部コマンドの実行について
Ruby での外部コマンドの実行についてTomoya Kawanishi
 
ZOZOTOWNのマルチクラウドへの挑戦と挫折、そして未来
ZOZOTOWNのマルチクラウドへの挑戦と挫折、そして未来ZOZOTOWNのマルチクラウドへの挑戦と挫折、そして未来
ZOZOTOWNのマルチクラウドへの挑戦と挫折、そして未来Hiromasa Oka
 
ワタナベ難読化シェル芸
ワタナベ難読化シェル芸ワタナベ難読化シェル芸
ワタナベ難読化シェル芸xztaityozx
 
なぜ「マイクロサービス“化”」が必要なのか
なぜ「マイクロサービス“化”」が必要なのかなぜ「マイクロサービス“化”」が必要なのか
なぜ「マイクロサービス“化”」が必要なのかYusuke Suzuki
 
AWS Black Belt Online Seminar 2017 Docker on AWS
AWS Black Belt Online Seminar 2017 Docker on AWSAWS Black Belt Online Seminar 2017 Docker on AWS
AWS Black Belt Online Seminar 2017 Docker on AWSAmazon Web Services Japan
 
Python standard 2022 Spring
Python standard 2022 SpringPython standard 2022 Spring
Python standard 2022 Springanyakichi
 
イベント・ソーシングを知る
イベント・ソーシングを知るイベント・ソーシングを知る
イベント・ソーシングを知るShuhei Fujita
 
Rust と Wasmの現実
Rust と Wasmの現実Rust と Wasmの現実
Rust と Wasmの現実ShogoTagami1
 
AWS Black Belt Online Seminar AWS CloudFormation アップデート
AWS Black Belt Online Seminar AWS CloudFormation アップデートAWS Black Belt Online Seminar AWS CloudFormation アップデート
AWS Black Belt Online Seminar AWS CloudFormation アップデートAmazon Web Services Japan
 
ユーザに価値を届けるためのデータプラットフォームの考え方
ユーザに価値を届けるためのデータプラットフォームの考え方ユーザに価値を届けるためのデータプラットフォームの考え方
ユーザに価値を届けるためのデータプラットフォームの考え方Rakuten Group, Inc.
 
動画コンテンツにおいて、BGMとの制御でつまづいたところ
動画コンテンツにおいて、BGMとの制御でつまづいたところ動画コンテンツにおいて、BGMとの制御でつまづいたところ
動画コンテンツにおいて、BGMとの制御でつまづいたところMasaya Dake
 
go + swaggerでAPIサーバーを作ってみる
go + swaggerでAPIサーバーを作ってみるgo + swaggerでAPIサーバーを作ってみる
go + swaggerでAPIサーバーを作ってみる虎の穴 開発室
 
JapanTaxiにおけるML Ops 〜機械学習の開発運用プロセス〜
JapanTaxiにおけるML Ops 〜機械学習の開発運用プロセス〜JapanTaxiにおけるML Ops 〜機械学習の開発運用プロセス〜
JapanTaxiにおけるML Ops 〜機械学習の開発運用プロセス〜Tetsutaro Watanabe
 

What's hot (20)

MuleSoft Anypoint Platformのコンセプトとサービス
MuleSoft Anypoint PlatformのコンセプトとサービスMuleSoft Anypoint Platformのコンセプトとサービス
MuleSoft Anypoint Platformのコンセプトとサービス
 
こんなRFPは嫌だ!
こんなRFPは嫌だ!こんなRFPは嫌だ!
こんなRFPは嫌だ!
 
もうすぐ来る新しい DirectQuery の自動更新をいま可能なモノで模倣してみた!~ 誕生日のパラドックスを使って体験するのだ ~
もうすぐ来る新しい DirectQuery の自動更新をいま可能なモノで模倣してみた!~ 誕生日のパラドックスを使って体験するのだ ~もうすぐ来る新しい DirectQuery の自動更新をいま可能なモノで模倣してみた!~ 誕生日のパラドックスを使って体験するのだ ~
もうすぐ来る新しい DirectQuery の自動更新をいま可能なモノで模倣してみた!~ 誕生日のパラドックスを使って体験するのだ ~
 
Webアプリケーション上で 起きている問題の可視化
Webアプリケーション上で 起きている問題の可視化Webアプリケーション上で 起きている問題の可視化
Webアプリケーション上で 起きている問題の可視化
 
技術者として抑えておきたい Power BI アーキテクチャ
技術者として抑えておきたい Power BI アーキテクチャ技術者として抑えておきたい Power BI アーキテクチャ
技術者として抑えておきたい Power BI アーキテクチャ
 
kintoneの開発プロセスとプロジェクト管理ツール
kintoneの開発プロセスとプロジェクト管理ツールkintoneの開発プロセスとプロジェクト管理ツール
kintoneの開発プロセスとプロジェクト管理ツール
 
Ruby での外部コマンドの実行について
Ruby での外部コマンドの実行についてRuby での外部コマンドの実行について
Ruby での外部コマンドの実行について
 
ZOZOTOWNのマルチクラウドへの挑戦と挫折、そして未来
ZOZOTOWNのマルチクラウドへの挑戦と挫折、そして未来ZOZOTOWNのマルチクラウドへの挑戦と挫折、そして未来
ZOZOTOWNのマルチクラウドへの挑戦と挫折、そして未来
 
ワタナベ難読化シェル芸
ワタナベ難読化シェル芸ワタナベ難読化シェル芸
ワタナベ難読化シェル芸
 
Azure Event Grid 事始め
Azure Event Grid 事始めAzure Event Grid 事始め
Azure Event Grid 事始め
 
なぜ「マイクロサービス“化”」が必要なのか
なぜ「マイクロサービス“化”」が必要なのかなぜ「マイクロサービス“化”」が必要なのか
なぜ「マイクロサービス“化”」が必要なのか
 
AWS Black Belt Online Seminar 2017 Docker on AWS
AWS Black Belt Online Seminar 2017 Docker on AWSAWS Black Belt Online Seminar 2017 Docker on AWS
AWS Black Belt Online Seminar 2017 Docker on AWS
 
Python standard 2022 Spring
Python standard 2022 SpringPython standard 2022 Spring
Python standard 2022 Spring
 
イベント・ソーシングを知る
イベント・ソーシングを知るイベント・ソーシングを知る
イベント・ソーシングを知る
 
Rust と Wasmの現実
Rust と Wasmの現実Rust と Wasmの現実
Rust と Wasmの現実
 
AWS Black Belt Online Seminar AWS CloudFormation アップデート
AWS Black Belt Online Seminar AWS CloudFormation アップデートAWS Black Belt Online Seminar AWS CloudFormation アップデート
AWS Black Belt Online Seminar AWS CloudFormation アップデート
 
ユーザに価値を届けるためのデータプラットフォームの考え方
ユーザに価値を届けるためのデータプラットフォームの考え方ユーザに価値を届けるためのデータプラットフォームの考え方
ユーザに価値を届けるためのデータプラットフォームの考え方
 
動画コンテンツにおいて、BGMとの制御でつまづいたところ
動画コンテンツにおいて、BGMとの制御でつまづいたところ動画コンテンツにおいて、BGMとの制御でつまづいたところ
動画コンテンツにおいて、BGMとの制御でつまづいたところ
 
go + swaggerでAPIサーバーを作ってみる
go + swaggerでAPIサーバーを作ってみるgo + swaggerでAPIサーバーを作ってみる
go + swaggerでAPIサーバーを作ってみる
 
JapanTaxiにおけるML Ops 〜機械学習の開発運用プロセス〜
JapanTaxiにおけるML Ops 〜機械学習の開発運用プロセス〜JapanTaxiにおけるML Ops 〜機械学習の開発運用プロセス〜
JapanTaxiにおけるML Ops 〜機械学習の開発運用プロセス〜
 

Similar to オープンアクセス(Oa)とクリエイティブコモンズ mizuno031116

Yokohama stream(20101026)
Yokohama stream(20101026)Yokohama stream(20101026)
Yokohama stream(20101026)真 岡本
 
Framing the flameキーノート(公開用)
Framing the flameキーノート(公開用)Framing the flameキーノート(公開用)
Framing the flameキーノート(公開用)Filament Inc
 
学術研究におけるクリエイティブ・コモンズ
学術研究におけるクリエイティブ・コモンズ学術研究におけるクリエイティブ・コモンズ
学術研究におけるクリエイティブ・コモンズTasuku Mizuno
 
2014/06/19 第3回 CKAN コミュニティミーティング | homata
2014/06/19 第3回 CKAN コミュニティミーティング | homata2014/06/19 第3回 CKAN コミュニティミーティング | homata
2014/06/19 第3回 CKAN コミュニティミーティング | homataHiroshi Omata
 
JEITA(20110301)
JEITA(20110301)JEITA(20110301)
JEITA(20110301)真 岡本
 
民産官のオープンデータで地域課題を解決しよう~高齢者福祉向けマップ~
民産官のオープンデータで地域課題を解決しよう~高齢者福祉向けマップ~民産官のオープンデータで地域課題を解決しよう~高齢者福祉向けマップ~
民産官のオープンデータで地域課題を解決しよう~高齢者福祉向けマップ~Hitoshi Sugimoto
 
OpenDataKyoto(20130420)
OpenDataKyoto(20130420)OpenDataKyoto(20130420)
OpenDataKyoto(20130420)真 岡本
 
20140308 cc enabled_open_innov
20140308 cc enabled_open_innov20140308 cc enabled_open_innov
20140308 cc enabled_open_innovTomoaki Watanabe
 
【静岡ブロック】UDC2015(20140622)
【静岡ブロック】UDC2015(20140622)【静岡ブロック】UDC2015(20140622)
【静岡ブロック】UDC2015(20140622)Hitoshi Sugimoto
 
バリューハッカソン@八王子
バリューハッカソン@八王子バリューハッカソン@八王子
バリューハッカソン@八王子Yuichi Terada
 
Otemon(20101220)
Otemon(20101220)Otemon(20101220)
Otemon(20101220)真 岡本
 
IROS 2019 参加報告詳細版
IROS 2019 参加報告詳細版IROS 2019 参加報告詳細版
IROS 2019 参加報告詳細版Yasunori Ozaki
 
20150211関西オープンデータexpo広報紙オープンデータ発表
20150211関西オープンデータexpo広報紙オープンデータ発表20150211関西オープンデータexpo広報紙オープンデータ発表
20150211関西オープンデータexpo広報紙オープンデータ発表和人 青木
 
IoTをどうとらえ、どう行動するか
IoTをどうとらえ、どう行動するかIoTをどうとらえ、どう行動するか
IoTをどうとらえ、どう行動するかShuji Honjo
 
【UDC2015】静岡ブロック
【UDC2015】静岡ブロック【UDC2015】静岡ブロック
【UDC2015】静岡ブロックCSISi
 
茨城県オープンデータ推進セミナー
茨城県オープンデータ推進セミナー茨城県オープンデータ推進セミナー
茨城県オープンデータ推進セミナーTaisuke Fukuno
 
現場のラボ化とラボの現場化: ビッグ+ディープ=コームデータ
現場のラボ化とラボの現場化: ビッグ+ディープ=コームデータ現場のラボ化とラボの現場化: ビッグ+ディープ=コームデータ
現場のラボ化とラボの現場化: ビッグ+ディープ=コームデータKurata Takeshi
 
オープンソースソフトウェア開発における IT技術用語の法務知財担当への理解を支援する活動について
オープンソースソフトウェア開発における IT技術用語の法務知財担当への理解を支援する活動についてオープンソースソフトウェア開発における IT技術用語の法務知財担当への理解を支援する活動について
オープンソースソフトウェア開発における IT技術用語の法務知財担当への理解を支援する活動についてHitoshi Sugimoto
 
20180629 国大図協東京地区キックオフミーティング振り返り講話
20180629 国大図協東京地区キックオフミーティング振り返り講話20180629 国大図協東京地区キックオフミーティング振り返り講話
20180629 国大図協東京地区キックオフミーティング振り返り講話理子 茂出木
 

Similar to オープンアクセス(Oa)とクリエイティブコモンズ mizuno031116 (20)

クリエイティブ・コモンズと著作権の新しい潮流
クリエイティブ・コモンズと著作権の新しい潮流クリエイティブ・コモンズと著作権の新しい潮流
クリエイティブ・コモンズと著作権の新しい潮流
 
Yokohama stream(20101026)
Yokohama stream(20101026)Yokohama stream(20101026)
Yokohama stream(20101026)
 
Framing the flameキーノート(公開用)
Framing the flameキーノート(公開用)Framing the flameキーノート(公開用)
Framing the flameキーノート(公開用)
 
学術研究におけるクリエイティブ・コモンズ
学術研究におけるクリエイティブ・コモンズ学術研究におけるクリエイティブ・コモンズ
学術研究におけるクリエイティブ・コモンズ
 
2014/06/19 第3回 CKAN コミュニティミーティング | homata
2014/06/19 第3回 CKAN コミュニティミーティング | homata2014/06/19 第3回 CKAN コミュニティミーティング | homata
2014/06/19 第3回 CKAN コミュニティミーティング | homata
 
JEITA(20110301)
JEITA(20110301)JEITA(20110301)
JEITA(20110301)
 
民産官のオープンデータで地域課題を解決しよう~高齢者福祉向けマップ~
民産官のオープンデータで地域課題を解決しよう~高齢者福祉向けマップ~民産官のオープンデータで地域課題を解決しよう~高齢者福祉向けマップ~
民産官のオープンデータで地域課題を解決しよう~高齢者福祉向けマップ~
 
OpenDataKyoto(20130420)
OpenDataKyoto(20130420)OpenDataKyoto(20130420)
OpenDataKyoto(20130420)
 
20140308 cc enabled_open_innov
20140308 cc enabled_open_innov20140308 cc enabled_open_innov
20140308 cc enabled_open_innov
 
【静岡ブロック】UDC2015(20140622)
【静岡ブロック】UDC2015(20140622)【静岡ブロック】UDC2015(20140622)
【静岡ブロック】UDC2015(20140622)
 
バリューハッカソン@八王子
バリューハッカソン@八王子バリューハッカソン@八王子
バリューハッカソン@八王子
 
Otemon(20101220)
Otemon(20101220)Otemon(20101220)
Otemon(20101220)
 
IROS 2019 参加報告詳細版
IROS 2019 参加報告詳細版IROS 2019 参加報告詳細版
IROS 2019 参加報告詳細版
 
20150211関西オープンデータexpo広報紙オープンデータ発表
20150211関西オープンデータexpo広報紙オープンデータ発表20150211関西オープンデータexpo広報紙オープンデータ発表
20150211関西オープンデータexpo広報紙オープンデータ発表
 
IoTをどうとらえ、どう行動するか
IoTをどうとらえ、どう行動するかIoTをどうとらえ、どう行動するか
IoTをどうとらえ、どう行動するか
 
【UDC2015】静岡ブロック
【UDC2015】静岡ブロック【UDC2015】静岡ブロック
【UDC2015】静岡ブロック
 
茨城県オープンデータ推進セミナー
茨城県オープンデータ推進セミナー茨城県オープンデータ推進セミナー
茨城県オープンデータ推進セミナー
 
現場のラボ化とラボの現場化: ビッグ+ディープ=コームデータ
現場のラボ化とラボの現場化: ビッグ+ディープ=コームデータ現場のラボ化とラボの現場化: ビッグ+ディープ=コームデータ
現場のラボ化とラボの現場化: ビッグ+ディープ=コームデータ
 
オープンソースソフトウェア開発における IT技術用語の法務知財担当への理解を支援する活動について
オープンソースソフトウェア開発における IT技術用語の法務知財担当への理解を支援する活動についてオープンソースソフトウェア開発における IT技術用語の法務知財担当への理解を支援する活動について
オープンソースソフトウェア開発における IT技術用語の法務知財担当への理解を支援する活動について
 
20180629 国大図協東京地区キックオフミーティング振り返り講話
20180629 国大図協東京地区キックオフミーティング振り返り講話20180629 国大図協東京地区キックオフミーティング振り返り講話
20180629 国大図協東京地区キックオフミーティング振り返り講話
 

More from Tasuku Mizuno

文化とクリエイティブ・コモンズの新しい関係mizuno011415
文化とクリエイティブ・コモンズの新しい関係mizuno011415文化とクリエイティブ・コモンズの新しい関係mizuno011415
文化とクリエイティブ・コモンズの新しい関係mizuno011415Tasuku Mizuno
 
Creative Open Data in Japan
Creative Open Data in JapanCreative Open Data in Japan
Creative Open Data in JapanTasuku Mizuno
 
CC4.0の新しいところ ver.1.0
CC4.0の新しいところ ver.1.0CC4.0の新しいところ ver.1.0
CC4.0の新しいところ ver.1.0Tasuku Mizuno
 
「利用規約の当たり前と注意点」利用規約ナイトvol.2
「利用規約の当たり前と注意点」利用規約ナイトvol.2「利用規約の当たり前と注意点」利用規約ナイトvol.2
「利用規約の当たり前と注意点」利用規約ナイトvol.2Tasuku Mizuno
 
「法/アーキテクチャ/建築 −藝大建築webとクリエイティブ・コモンズ」
「法/アーキテクチャ/建築 −藝大建築webとクリエイティブ・コモンズ」「法/アーキテクチャ/建築 −藝大建築webとクリエイティブ・コモンズ」
「法/アーキテクチャ/建築 −藝大建築webとクリエイティブ・コモンズ」Tasuku Mizuno
 
インタラクションデザインにおけるオープンソース及びライセンスの役割Mizuno20121024
インタラクションデザインにおけるオープンソース及びライセンスの役割Mizuno20121024インタラクションデザインにおけるオープンソース及びライセンスの役割Mizuno20121024
インタラクションデザインにおけるオープンソース及びライセンスの役割Mizuno20121024Tasuku Mizuno
 
デザイン/建築におけるクリエイティブ・コモンズの可能性(Some Possibility of Creative Common in the fields...
デザイン/建築におけるクリエイティブ・コモンズの可能性(Some Possibility of Creative Common in the fields...デザイン/建築におけるクリエイティブ・コモンズの可能性(Some Possibility of Creative Common in the fields...
デザイン/建築におけるクリエイティブ・コモンズの可能性(Some Possibility of Creative Common in the fields...Tasuku Mizuno
 
「Design, Architecture and Law」
「Design, Architecture and Law」「Design, Architecture and Law」
「Design, Architecture and Law」Tasuku Mizuno
 

More from Tasuku Mizuno (8)

文化とクリエイティブ・コモンズの新しい関係mizuno011415
文化とクリエイティブ・コモンズの新しい関係mizuno011415文化とクリエイティブ・コモンズの新しい関係mizuno011415
文化とクリエイティブ・コモンズの新しい関係mizuno011415
 
Creative Open Data in Japan
Creative Open Data in JapanCreative Open Data in Japan
Creative Open Data in Japan
 
CC4.0の新しいところ ver.1.0
CC4.0の新しいところ ver.1.0CC4.0の新しいところ ver.1.0
CC4.0の新しいところ ver.1.0
 
「利用規約の当たり前と注意点」利用規約ナイトvol.2
「利用規約の当たり前と注意点」利用規約ナイトvol.2「利用規約の当たり前と注意点」利用規約ナイトvol.2
「利用規約の当たり前と注意点」利用規約ナイトvol.2
 
「法/アーキテクチャ/建築 −藝大建築webとクリエイティブ・コモンズ」
「法/アーキテクチャ/建築 −藝大建築webとクリエイティブ・コモンズ」「法/アーキテクチャ/建築 −藝大建築webとクリエイティブ・コモンズ」
「法/アーキテクチャ/建築 −藝大建築webとクリエイティブ・コモンズ」
 
インタラクションデザインにおけるオープンソース及びライセンスの役割Mizuno20121024
インタラクションデザインにおけるオープンソース及びライセンスの役割Mizuno20121024インタラクションデザインにおけるオープンソース及びライセンスの役割Mizuno20121024
インタラクションデザインにおけるオープンソース及びライセンスの役割Mizuno20121024
 
デザイン/建築におけるクリエイティブ・コモンズの可能性(Some Possibility of Creative Common in the fields...
デザイン/建築におけるクリエイティブ・コモンズの可能性(Some Possibility of Creative Common in the fields...デザイン/建築におけるクリエイティブ・コモンズの可能性(Some Possibility of Creative Common in the fields...
デザイン/建築におけるクリエイティブ・コモンズの可能性(Some Possibility of Creative Common in the fields...
 
「Design, Architecture and Law」
「Design, Architecture and Law」「Design, Architecture and Law」
「Design, Architecture and Law」
 

オープンアクセス(Oa)とクリエイティブコモンズ mizuno031116

Editor's Notes

  1. Nature Publishing Group(NPG)は2015年1月,NPGのOA誌の標準ライセンスにCCライセンスを採用し,特に希望のライセンスがない場合にはCC BY4.0を適用することにした
  2. Directory of Open Access Journals(DOAJ)に登録されているOA誌のうち,CCライセンスを導入している雑誌は約40%で,CC BYはその半分(OA誌全体の約20%)である