Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
業界動向から情報発信へ 収集した情報をどう発信していくか?
本日のアジェンダ1、GoogleReaderショック   GoogleReader後の情報収集法2、情報蓄積をどこにためるか?   クラウド時代の情報蓄積とは3、Tumblr再燃。実は超気持ちいいCMSツール   情報発信の方法についていろいろ...
1、GoogleReaderショック  GoogleReader後の情報収集法
再掲、スマホ時代の情報収集サイクルスマホで完結できるようになり、可処分時間を情報収集に割り当てることができるようになった。受信                            良いアカウン                         ...
え?なにそれ??
再掲、スマホ時代の情報収集サイクル  •情報収集の大車輪だったGoogleReaderが外れたことで  以下のプロセスがフリーズすることに                             調査対象のデータが               ...
様々なサービスが名乗りを上げた       各社続々対応に名乗り
みんなの反応 他のRSSリーダー ねえか? Twitterあるから困 らない キュレーション サービスの方が便 利
それぞれの長所短所    •   Pros        •   気になるニュースソースの話題を余すところなくチェックで            きる    •   Cons        •  ちょっと気を許すと、ニュースがたまりまくってみる気...
おいら的なおすすめは• GoogleReaderのスターも簡単に反映してくれ る、Feedlyをお勧めします。
2、情報蓄積をどこにためるか? クラウド時代の情報蓄積とは
Evernoteの可能性Webクリッパーがいまいち。なかなかきれいに取り込めない(昔よりましですが。)Webクリッピングは難しいけど、手書きメモの集積にいいサービスに進化するかも!
GoogleSitesが超おすすめGREEと言えばよくも悪くもWikiに情報を集積していく文化です。コンフル見たいなツールがないかなと思って探してたら、目の前にあった感じ。それがGoogleSitesです。
3、Tumblr再燃。実は超気持ちいいCMSツール  情報発信の方法についていろいろご紹介
Tumblrって超便利!こちらのダッシュボードは、TwitterのHOME兼、MTの管理画面という立ち位置
ブログテンプレートが満載
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

業界動向ラスト 20130329

749 views

Published on

  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

業界動向ラスト 20130329

  1. 1. 業界動向から情報発信へ 収集した情報をどう発信していくか?
  2. 2. 本日のアジェンダ1、GoogleReaderショック GoogleReader後の情報収集法2、情報蓄積をどこにためるか? クラウド時代の情報蓄積とは3、Tumblr再燃。実は超気持ちいいCMSツール 情報発信の方法についていろいろご紹介
  3. 3. 1、GoogleReaderショック GoogleReader後の情報収集法
  4. 4. 再掲、スマホ時代の情報収集サイクルスマホで完結できるようになり、可処分時間を情報収集に割り当てることができるようになった。受信 良いアカウン トを登録調査 フィード登録 Tweetbot タイムライン Reeder 未読リスト 良い記事 良いサイトを ちょっと 登録 チェックしたい かなり 良い記事仮格納 Unread ニュースリスト フィード ★リスト instapaper かなり Reeder 良い記事 保存すべき記事 いらない記事 いらない記事 ★をとるだけ選別削除 各カテゴリー Archiveリストに落とす or格納 リスト 削除する いらない記事や いらなくなった記事の整 instapaper 理ができる点がポイント
  5. 5. え?なにそれ??
  6. 6. 再掲、スマホ時代の情報収集サイクル •情報収集の大車輪だったGoogleReaderが外れたことで 以下のプロセスがフリーズすることに 調査対象のデータが 肥大化 選別しきれないストックしたデータ 1.調査の肥大化 4.格納 2.登録まとめきれない 5.まとめ (レポート) 3.受信
  7. 7. 様々なサービスが名乗りを上げた 各社続々対応に名乗り
  8. 8. みんなの反応 他のRSSリーダー ねえか? Twitterあるから困 らない キュレーション サービスの方が便 利
  9. 9. それぞれの長所短所 • Pros • 気になるニュースソースの話題を余すところなくチェックで きる • Cons • ちょっと気を許すと、ニュースがたまりまくってみる気をな くさせる • Pros • Twitterタイムラインのチェックをしながら、最新のニュース チェックもできる手軽さ • Cons • どんどんストリームで流されちゃうので、ちょっと前の情報 にさかのぼるのが難しい • Pros • RSSなど登録しなくても、気になるニュースをまとめて取得 できる • Cons • 自分の知りたくない情報をレコメンドされるし、まとまる
  10. 10. おいら的なおすすめは• GoogleReaderのスターも簡単に反映してくれ る、Feedlyをお勧めします。
  11. 11. 2、情報蓄積をどこにためるか? クラウド時代の情報蓄積とは
  12. 12. Evernoteの可能性Webクリッパーがいまいち。なかなかきれいに取り込めない(昔よりましですが。)Webクリッピングは難しいけど、手書きメモの集積にいいサービスに進化するかも!
  13. 13. GoogleSitesが超おすすめGREEと言えばよくも悪くもWikiに情報を集積していく文化です。コンフル見たいなツールがないかなと思って探してたら、目の前にあった感じ。それがGoogleSitesです。
  14. 14. 3、Tumblr再燃。実は超気持ちいいCMSツール 情報発信の方法についていろいろご紹介
  15. 15. Tumblrって超便利!こちらのダッシュボードは、TwitterのHOME兼、MTの管理画面という立ち位置
  16. 16. ブログテンプレートが満載

×