Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
MTクラウドでのオウンドメディア構築
と
自社メディアリニューアルの裏側公開
2015.11.28 MTDDC2015
T.Miyamoto
Agenda
 自己紹介
 INFOBAHN & mediageneについて
 MTクラウドでのオウンドメディア構築
 自社メディアリニューアルの裏側公開
自己紹介
 Name: 宮本 巧
 Company: INFOBAHN (2013.06~)
 Job: Technical Director, Developer
 元々はPHPメインのプログラマー
 MTに触れたのはINFOBAH...
 ソリューション事業
 オウンドメディア企画、構築、運営
 キャンペーンサイト企画、構築
 コーポレートサイト企画、構築
 コンテンツ企画、制作
 自社メディア運営
 ファーストパブリッシングメディアカンパニー
MTクラウドでのオウンドメディア構築
Case of INFOBAHN
自社で所有するメディアオウンドメディア =
オウンドメディアとは?
ファンの獲得コンテンツマーケティング =
オウンドメディアの効果
Content is King!!SEO =
オウンドメディアの効果
オウンドメディアのCMS選定
 ファンを作る事が目的なので直接購買に結びつけるような記事は好ましくない
 直接的な記事は掲載しないのでクライアント企業への売上貢献には時間がか
かる
 立ち上げ→サイトへの流入拡大→ユーザーのファン化→売上...
おかげさまで
オウンドメディア構築の引き合い増加
大手企業様からの引き合い増加
ありがとうございます!!!
出てきた問題
 クライアント様所有サーバーのミドルウェア(PHP、MySQL)のバージョンが古い
 セキュリティの観点から動的なシステムを置くことを許可してもらえない
 そもそもサーバーへの接続を許可してもらえない
 ECみたいなのと同...
MTクラウドという選択肢
 直接サーバーに接続させてもらえない案件が発生した当時、タイミングよくMTクラウ
ド(当時はMT Ezという名称だったかと)が開始
 それ以前だとMTライセンス購入とMTサーバー構築が必要でコストがかさむことが
懸...
MTクラウドの使い方
 開発環境
 テーマ新規開発
 改修やリニューアルはブログ複製機能を活用
 ステージング環境
 クライアント様にSTG環境がない場合、接続情報をお渡しして記事の確認をしていただく
 記事管理
 記事入力
 ...
初期運用フロー
1. 記事入力して再構築
2. MTクラウド環境で表示確認
3. MTクラウド環境からファイル一式ダウンロード
4. ダウンロードしたファイル一式をGitにコミット
5. 記事入力時に生成されたゴミファイルの検知と削除
6. 前...
不要
サーバー配信機能が登場
 MTクラウドから直接外部サーバーにファイルアップロードできる機能
本番サーバー
サーバー配信
サーバー配信機能登場後の運用フロー
1. 記事入力して再構築
2. MTクラウド環境で表示確認
3. 本番環境にサーバー配信して公開
 運用負荷軽減
 非エンジニアでも安心して本番反映が可能に
 予約投稿が可能
 営業時間外の投稿でもサ...
サーバー配信機能の問題点
 再構築ファイル、配信ファイルの内訳が把握できない
 更新範囲が把握できない
 ゴミファイルの検知ができない
 SFTPに対応していない
 本番環境側でFTP(S)に対応していない、対応してもらえないことがよ...
MTクラウドでメディア構築するメリット
 再構築による負荷をあまり気にしなくていい
 コーポレートサイトなどと同環境に置く場合にその他サイトに影響を与えない
 専用の環境を用意できてもある程度サイトが育つまではサーバー構成は最小構成になり...
MTクラウド構築にあまり向かない案件
 1日の記事公開頻度が高い
 機能要件がモリモリ
 初期は抑えられても運用フェーズで動的な機能の要望が出てくるのが目に見えている
自社メディアリニューアルの裏側公開
Case of INFOBAHN
3つの女性向けメディアをリニューアル
40代 30代 20代
http://www.mylohas.net/http://www.cafeglobe.com/ http://www.glitty.jp/
会員 会員 会員
リニューアル後の全体像
40代 30代 20代
http://www.mylohas.net/http://www.cafeglobe.com/ http://www.glitty.jp/
会員
リニューアルの目的
3メディアの統合
3メディア間の横断
ユーザーマッチアグリゲーション
施策
 バラバラだったデザイン、レイアウト、機能を統合する
 イメージカラーを強調してメディア間の差をだし、各ドメインは維持
 読者の興味関心で3メディアの記事をアグリゲートする新規メディア立ち上げ
 gene新規構築 http://g...
CXENSE
オーディエンスデータを活用し、サイトをパーソナライズしエンゲージメントやコンバージョンを向上を支援。
https://www.cxense.com/ja/
各機能
 インサイト
 オーディエンスデータや記事コンテンツの分析
...
gene MYLOHAS, cafeglobe, GLITTY
Search API
Content API
(Recommend)
Advertising
Insight API
Content API
(Recommend)
WEB MT
サーバー構成
CloudFront Elastic Load
Balancing
EC2
EC2
EC2 RDS DB
Instance
RDS DB Instance
Standby (Multi-AZ)
Internet
ls...
リニューアルの効果と課題
 デザイン統一
 デザインは好評
 今「どのサイトにいるか分からなくなる」という声はほぼない
 連載記事への導線が弱くなった
 記事無限スクロールの導入
 PV数増、直帰率減
 読了率の取得が難しい
 ...
まとめ
 MTクラウド
 サイト仕様はライトに
 WordPressよりも開発工数減らせる
 サーバー配信はツンデレ
 gene
 無限スクロールはうまく導入すればユーザー体験向上しそう
 CXENSE使いこなせたらメディアの強い...
INFOBAHN&mediageneでは
随時人材を募集しています。
エンジニア / デザイナー
ディレクター / コンテンツディレクター
編集者 / ライター / プランナー / メディアプランナー
などなど。
あなたのエントリーお待ちしてい...
Thank you!!
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

MTクラウドでのオウンドメディア構築と自社メディアリニューアルの裏側公開

410 views

Published on

「MTDDC Meetup Tokyo 2015」で登壇した時のスライド。

MTクラウドを活用したオウンドメディア構築、運用についてと、Movable Typeで自社運営の女性メディアリニューアルの裏側について。

http://mtddc2015.mt-tokyo.net/

Published in: Engineering
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

MTクラウドでのオウンドメディア構築と自社メディアリニューアルの裏側公開

  1. 1. MTクラウドでのオウンドメディア構築 と 自社メディアリニューアルの裏側公開 2015.11.28 MTDDC2015 T.Miyamoto
  2. 2. Agenda  自己紹介  INFOBAHN & mediageneについて  MTクラウドでのオウンドメディア構築  自社メディアリニューアルの裏側公開
  3. 3. 自己紹介  Name: 宮本 巧  Company: INFOBAHN (2013.06~)  Job: Technical Director, Developer  元々はPHPメインのプログラマー  MTに触れたのはINFOBAHN入社直後から  最近は設計業務やディレクション業務が多い  12月からはmediageneでメディア開発室マネージャー  週末はひたすらクッ○パッドみながらクッキング
  4. 4.  ソリューション事業  オウンドメディア企画、構築、運営  キャンペーンサイト企画、構築  コーポレートサイト企画、構築  コンテンツ企画、制作  自社メディア運営  ファーストパブリッシングメディアカンパニー
  5. 5. MTクラウドでのオウンドメディア構築 Case of INFOBAHN
  6. 6. 自社で所有するメディアオウンドメディア = オウンドメディアとは?
  7. 7. ファンの獲得コンテンツマーケティング = オウンドメディアの効果
  8. 8. Content is King!!SEO = オウンドメディアの効果
  9. 9. オウンドメディアのCMS選定  ファンを作る事が目的なので直接購買に結びつけるような記事は好ましくない  直接的な記事は掲載しないのでクライアント企業への売上貢献には時間がか かる  立ち上げ→サイトへの流入拡大→ユーザーのファン化→売上貢献  運営開始から時間がかかるのでサイト立ち上げはスピードを求められる  設計、デザイン、開発で1ヵ月以内とかがザラ  スクラッチで作ってる余裕ない  要件も仕様も詰まりきらない OSSでプラグイン豊富でいざとなったらカスタマイズできるWordPressで!
  10. 10. おかげさまで オウンドメディア構築の引き合い増加 大手企業様からの引き合い増加 ありがとうございます!!!
  11. 11. 出てきた問題  クライアント様所有サーバーのミドルウェア(PHP、MySQL)のバージョンが古い  セキュリティの観点から動的なシステムを置くことを許可してもらえない  そもそもサーバーへの接続を許可してもらえない  ECみたいなのと同環境に置きたいと言われても  TeamSiteなどのCMSをすでに導入していてそれで管理したい WordPress無理!!!
  12. 12. MTクラウドという選択肢  直接サーバーに接続させてもらえない案件が発生した当時、タイミングよくMTクラウ ド(当時はMT Ezという名称だったかと)が開始  それ以前だとMTライセンス購入とMTサーバー構築が必要でコストがかさむことが 懸念だったが、MTクラウドなら月額1万円未満(当時はIDCプランのXSi が最安)で 構築と維持が可能に  静的ファイルを書き出すのでファイル納品案件にピッタリ MTクラウドはじめます!!!
  13. 13. MTクラウドの使い方  開発環境  テーマ新規開発  改修やリニューアルはブログ複製機能を活用  ステージング環境  クライアント様にSTG環境がない場合、接続情報をお渡しして記事の確認をしていただく  記事管理  記事入力  カテゴリ設定  タグ設定  著者設定
  14. 14. 初期運用フロー 1. 記事入力して再構築 2. MTクラウド環境で表示確認 3. MTクラウド環境からファイル一式ダウンロード 4. ダウンロードしたファイル一式をGitにコミット 5. 記事入力時に生成されたゴミファイルの検知と削除 6. 前のコミットとの差分を抽出 7. クライアント様STG環境にアップロード or ファイルを納品して先方でSTG環境にアップロード 8. 本番環境にアップロード or 先方で本番環境に反映  運用にエンジニアが必要  FTP等でのダウンロード/アップロードをディレクターやコンテンツ(編集者)にやらせるのは不安  Git操作をディレクター、コンテンツにやらせるのは難しいし不安  営業時間外での投稿が困難  予約投稿したい・・・
  15. 15. 不要 サーバー配信機能が登場  MTクラウドから直接外部サーバーにファイルアップロードできる機能 本番サーバー サーバー配信
  16. 16. サーバー配信機能登場後の運用フロー 1. 記事入力して再構築 2. MTクラウド環境で表示確認 3. 本番環境にサーバー配信して公開  運用負荷軽減  非エンジニアでも安心して本番反映が可能に  予約投稿が可能  営業時間外の投稿でもサーバー配信日時を設定しておくことで対応可能に
  17. 17. サーバー配信機能の問題点  再構築ファイル、配信ファイルの内訳が把握できない  更新範囲が把握できない  ゴミファイルの検知ができない  SFTPに対応していない  本番環境側でFTP(S)に対応していない、対応してもらえないことがよくある  サーバー配信機能の動作が不安定  初期にあった問題  プログレスバーが100%にならずエラー表示、しかしログは正常終了。  ファイルの配信はできている  配信予約設定し、予定日時にサーバー配信が走るが、配信エラーメールが飛ぶ。  ファイルの配信はできている  直近であった問題  MTのバージョンアップをしたら、サーバー配信が50%~80%の進捗率のところでエラーを起こすようになった。  ファイルの配信は一部だけできている  サーバー配信問題が解消されたバージョンが数日前にでたのでそれで解決するはず
  18. 18. MTクラウドでメディア構築するメリット  再構築による負荷をあまり気にしなくていい  コーポレートサイトなどと同環境に置く場合にその他サイトに影響を与えない  専用の環境を用意できてもある程度サイトが育つまではサーバー構成は最小構成になりがち  スケールした時もインフラ費用は抑えられる  開発工数の削減  PaaSなので触れるところは限定される  サイト仕様がモリモリになってくると厳しいため、予め要件定義段階で調整が吉  検証工数の削減  静的サイトなので各ブラウザ表示検証+αぐらい  魔法が使える場合がある  どんなにMT開発期間が圧縮されても公開日をずらさない魔法  ただし、クライアント様と一緒に唱える必要あり
  19. 19. MTクラウド構築にあまり向かない案件  1日の記事公開頻度が高い  機能要件がモリモリ  初期は抑えられても運用フェーズで動的な機能の要望が出てくるのが目に見えている
  20. 20. 自社メディアリニューアルの裏側公開 Case of INFOBAHN
  21. 21. 3つの女性向けメディアをリニューアル 40代 30代 20代 http://www.mylohas.net/http://www.cafeglobe.com/ http://www.glitty.jp/ 会員 会員 会員
  22. 22. リニューアル後の全体像 40代 30代 20代 http://www.mylohas.net/http://www.cafeglobe.com/ http://www.glitty.jp/ 会員
  23. 23. リニューアルの目的 3メディアの統合 3メディア間の横断 ユーザーマッチアグリゲーション
  24. 24. 施策  バラバラだったデザイン、レイアウト、機能を統合する  イメージカラーを強調してメディア間の差をだし、各ドメインは維持  読者の興味関心で3メディアの記事をアグリゲートする新規メディア立ち上げ  gene新規構築 http://gene-media.com/  読者が読んでいる記事にコンテンツマッチした記事をレコメンデーション  記事ページの無限スクロール  既存3メディアの記事横断でタグ付け  タグの再設計  3メディア横断の記事検索  会員の統合(2016年2月上旬予定)  3メディアそれぞれの会員をgene会員として統合する
  25. 25. CXENSE オーディエンスデータを活用し、サイトをパーソナライズしエンゲージメントやコンバージョンを向上を支援。 https://www.cxense.com/ja/ 各機能  インサイト  オーディエンスデータや記事コンテンツの分析  CXENSEの全ての機能の根幹  レコメンデーション  インサイトで分析したデータを元に読者と記事の関連付けし、記事をレコメンドする  DMP  ユーザーデータの収集、セグメント化など  収集したデータはパブリッシャーが所有でき、サードパーティにはシェアしない  広告  広告枠の管理、広告の入稿管理
  26. 26. gene MYLOHAS, cafeglobe, GLITTY Search API Content API (Recommend) Advertising Insight API Content API (Recommend)
  27. 27. WEB MT サーバー構成 CloudFront Elastic Load Balancing EC2 EC2 EC2 RDS DB Instance RDS DB Instance Standby (Multi-AZ) Internet lsync Replication
  28. 28. リニューアルの効果と課題  デザイン統一  デザインは好評  今「どのサイトにいるか分からなくなる」という声はほぼない  連載記事への導線が弱くなった  記事無限スクロールの導入  PV数増、直帰率減  読了率の取得が難しい  レンダリング負荷でサクサク感が損なわれ気味  関連記事枠の拡大  CTRが向上し、3メディア間の回遊率増加  2記事目まで距離があり、無限スクロールを活かしきれていない  CXENSE  レコメンドロジックは柔軟に調整が可能  CXENSEの活用率は日本一(かも?)だがまだまだ使えていない機能が多々ある  ドキュメントが薄く学習コスト高め
  29. 29. まとめ  MTクラウド  サイト仕様はライトに  WordPressよりも開発工数減らせる  サーバー配信はツンデレ  gene  無限スクロールはうまく導入すればユーザー体験向上しそう  CXENSE使いこなせたらメディアの強い味方になりうる
  30. 30. INFOBAHN&mediageneでは 随時人材を募集しています。 エンジニア / デザイナー ディレクター / コンテンツディレクター 編集者 / ライター / プランナー / メディアプランナー などなど。 あなたのエントリーお待ちしています。 http://www.infobahn.co.jp/recruit/action
  31. 31. Thank you!!

×