Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
Clean Coder
を
読んで感じたこと
鍛治匠(@tkm_kj)
自己紹介
• 名前: 鍛治匠
• github: @tkm-kj
• ESM新卒2年目
• 年末の思い出: COUNT
DOWN JAPAN初参加
4月を担当しました
今日話すこと
• Clean Coderについて
• 具体的に学びがあったなと感じたこと
Clean Coderについて
• ソフトウェア開発者のプロ意識について書か
れた本
• 技術的な話より仕事の進め方や仕事をする
上での態度や意識の話が多い印象
• 著者: Robert C. Martin(アンクル・ボブ)
• ボブおじさんの...
読み始めたきっかけ
• 本の名前は以前から聞いてはいた
• 読み始めたのはお客さん先のエンジニ
アの方に勧めてもらったため
学びがあったと感じること
第2章「ノー」と言う
• P.49 反対者の役割 より
• “もし明日までにログインページを作るのが無理だとわかっ
ていれば、君の仕事は「了解しました。やってみます」と
答えることではない。そうではなく、「それはできません
」と答えなければいけ...
第2章「ノー」と言う
• この本を読む以前、「とりあえず、やってみます」って結
構言ってた気がする。。。
• もし出来なかった時のリスクを考えると、結構危なっかし
かった
→ 出来る理由・出来ない理由を考えてからやれるかどうかの
回答をするよう...
第9章 時間管理
• P.139 優先順位の逆転 より
• “いかなる理由であれ、人は仕事を回避する方法を見つける
ものである。他の作業の優先順位を上げて、本当に重要な
作業を後回しにするからだ。”
• “プロは、個人的な感情を抜きにして、作業...
第9章 時間管理
• 未だに優先順位を間違える…
• 他に事業に価値のあるタスクをやらないといけないのに、
個人的な感情で別の関係ないところに気を取られてしまっ
たり
• とはいえ、以前より優先度を間違えることは減ってきたよう
に個人的に感じる...
まとめ
• ボブおじさんの体験談を通して「これ自分も過去にや
っちゃってるわ…」という事象に気付ける
• それを踏まえて、「プロならこうあるべき」という姿
も知れる
• 定期的に読み直して、自分の仕事の振る舞いがプロと
してあるべき姿なのか見直...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

Clean Coderを読んで感じたこと

1,015 views

Published on

2017/1/11 2017 アジャイル事業部 年始のご挨拶

Published in: Engineering
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

Clean Coderを読んで感じたこと

  1. 1. Clean Coder を 読んで感じたこと 鍛治匠(@tkm_kj)
  2. 2. 自己紹介 • 名前: 鍛治匠 • github: @tkm-kj • ESM新卒2年目 • 年末の思い出: COUNT DOWN JAPAN初参加
  3. 3. 4月を担当しました
  4. 4. 今日話すこと • Clean Coderについて • 具体的に学びがあったなと感じたこと
  5. 5. Clean Coderについて • ソフトウェア開発者のプロ意識について書か れた本 • 技術的な話より仕事の進め方や仕事をする 上での態度や意識の話が多い印象 • 著者: Robert C. Martin(アンクル・ボブ) • ボブおじさんの失敗談がたくさん書かれてる
  6. 6. 読み始めたきっかけ • 本の名前は以前から聞いてはいた • 読み始めたのはお客さん先のエンジニ アの方に勧めてもらったため
  7. 7. 学びがあったと感じること
  8. 8. 第2章「ノー」と言う • P.49 反対者の役割 より • “もし明日までにログインページを作るのが無理だとわかっ ていれば、君の仕事は「了解しました。やってみます」と 答えることではない。そうではなく、「それはできません 」と答えなければいけない。” • 期日までに出来ないことを依頼された時に、その期日では 出来ないことを伝えた上でお互いに合意できるところに落 とし込みましょう、という話と認識してる
  9. 9. 第2章「ノー」と言う • この本を読む以前、「とりあえず、やってみます」って結 構言ってた気がする。。。 • もし出来なかった時のリスクを考えると、結構危なっかし かった → 出来る理由・出来ない理由を考えてからやれるかどうかの 回答をするようになった → 出来ない時は代替案も考えられるようにしていきたい
  10. 10. 第9章 時間管理 • P.139 優先順位の逆転 より • “いかなる理由であれ、人は仕事を回避する方法を見つける ものである。他の作業の優先順位を上げて、本当に重要な 作業を後回しにするからだ。” • “プロは、個人的な感情を抜きにして、作業の優先順を決定 し、その順番にこなしてく”
  11. 11. 第9章 時間管理 • 未だに優先順位を間違える… • 他に事業に価値のあるタスクをやらないといけないのに、 個人的な感情で別の関係ないところに気を取られてしまっ たり • とはいえ、以前より優先度を間違えることは減ってきたよう に個人的に感じる • 個人的な感情で間違えた行動をしようとした時に「ヤバイ かも」を察知出来るようになった • 経験値が増えてるというのもあるのかも
  12. 12. まとめ • ボブおじさんの体験談を通して「これ自分も過去にや っちゃってるわ…」という事象に気付ける • それを踏まえて、「プロならこうあるべき」という姿 も知れる • 定期的に読み直して、自分の仕事の振る舞いがプロと してあるべき姿なのか見直していきたい

×