Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
2011年度 
「文京区新たな公共の担い手専門家会議」設置 
2012年4月提言とりまとめ 
2012年度一部試行 
2013年4月「新たな公共プロジェクト」スタート 
1 
文京ミ・ラ・イ 
対話 
文京社会起業 
アクション・ラーニング ...
文京ミ・ラ・イ対話 
2 
b u n k y o - s i p . j p 
• 「地域課題を知る」 
生活や仕事の中の「解決 
すべき課題」を共有する 
• 解決策を共に考える 
• これからの担い手にとって 
ニーズ把握の機会
3 
b u n k y o - s i p . j p 
対話から見えた課題を共有する
文京社会起業アクションラーニング講座 
4 
b u n k y o - s i p . j p 
試行など小規模なアクションを通して、「何をすべきか」 
「どう事業にすればいいか」学んでいくプロセスを提供 
ワークショップ計画づくりプレゼンテ...
区職員の参画 
5 
b u n k y o - s i p . j p 
• 対話のテーマ出し、対話への参加 
• 区職員が民間事業者と協働するために必要な視点 
を学ぶための職員研修での「社会起業講座」
• 26NPOが参画 
• 当日参加者411人
プロジェクト支援 
7 
b u n k y o - s i p . j p 
専門家からのアドバイス 
ハンズオン支援 
実践による 
改善
事業構築の基盤づくりに特化した支援 
8
何かしたい 
でも、自分には何ができるのだろう? 
4人の子がいる母親。 
何か地域に貢献できる活動をしてみたい。 
でも、自分に何ができる? 
→ 心にひっかかった出来事を思い出してみて・・・ 
①「うちの子、高校生になったのに、料理も何もで...
子どもが中心に料理をする 
 既存の子ども料理教室は、子ども用の道具で、日常 
では作らない料理をしている。 
 「子どもの体験」ではなく、「子どもには料理できる力が 
ある」を、親が体験して気づいてほしい 
10
参加者の声からやるべきことが明確になる 
 レッスン以降、料理以外のことも、自分が想像して 
いたより色々できるんじゃないかと思い始め、少し 
ずつ息子に手伝ってもらったりして、私自身にも、心 
の余裕が出てきた気がします。 
 不安で包丁...
背景を把握するためのアンケート 
35.0% 
30.0% 
25.0% 
20.0% 
15.0% 
10.0% 
5.0% 
0.0% 
幼稚園児の母親小学生児の母親 
なぜ小学生の親の方が遅くな 
るのか。 
幼少期に思うのとは裏腹に、 ...
13
2013年度 
実績
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

文京ソーシャルイノベーション・プラットフォームの取り組み紹介

1,402 views

Published on

文京区「新たな公共プロジェクト」の取り組みを、復興庁「官民連携推進協議会 会員交流会」にて紹介したプレゼンテーションです。

Published in: Government & Nonprofit
  • Be the first to comment

文京ソーシャルイノベーション・プラットフォームの取り組み紹介

  1. 1. 2011年度 「文京区新たな公共の担い手専門家会議」設置 2012年4月提言とりまとめ 2012年度一部試行 2013年4月「新たな公共プロジェクト」スタート 1 文京ミ・ラ・イ 対話 文京社会起業 アクション・ラーニング 講座 NPOとの意見 交換 NPO PRフェア
  2. 2. 文京ミ・ラ・イ対話 2 b u n k y o - s i p . j p • 「地域課題を知る」 生活や仕事の中の「解決 すべき課題」を共有する • 解決策を共に考える • これからの担い手にとって ニーズ把握の機会
  3. 3. 3 b u n k y o - s i p . j p 対話から見えた課題を共有する
  4. 4. 文京社会起業アクションラーニング講座 4 b u n k y o - s i p . j p 試行など小規模なアクションを通して、「何をすべきか」 「どう事業にすればいいか」学んでいくプロセスを提供 ワークショップ計画づくりプレゼンテーション 講義メンター・ミーティング
  5. 5. 区職員の参画 5 b u n k y o - s i p . j p • 対話のテーマ出し、対話への参加 • 区職員が民間事業者と協働するために必要な視点 を学ぶための職員研修での「社会起業講座」
  6. 6. • 26NPOが参画 • 当日参加者411人
  7. 7. プロジェクト支援 7 b u n k y o - s i p . j p 専門家からのアドバイス ハンズオン支援 実践による 改善
  8. 8. 事業構築の基盤づくりに特化した支援 8
  9. 9. 何かしたい でも、自分には何ができるのだろう? 4人の子がいる母親。 何か地域に貢献できる活動をしてみたい。 でも、自分に何ができる? → 心にひっかかった出来事を思い出してみて・・・ ①「うちの子、高校生になったのに、料理も何もできなくて困って いるの。どうして田中さんちの子は全員できるの?」 ⇒記憶をたどれば、幼少の時に「ムリムリ、小さいんだから できるわけがない」と言っていた人たち。 ②「子どもが食事の準備時にぐずって何もできない。泣かせ ておくのはストレス。」 子どもはもっとできるのに!
  10. 10. 子どもが中心に料理をする  既存の子ども料理教室は、子ども用の道具で、日常 では作らない料理をしている。  「子どもの体験」ではなく、「子どもには料理できる力が ある」を、親が体験して気づいてほしい 10
  11. 11. 参加者の声からやるべきことが明確になる  レッスン以降、料理以外のことも、自分が想像して いたより色々できるんじゃないかと思い始め、少し ずつ息子に手伝ってもらったりして、私自身にも、心 の余裕が出てきた気がします。  不安で包丁は持たせられなかったけど、一緒に持 てばいいんですね。食事の準備が一緒にできるよう になって、子どもも喜ぶし、何より楽しい! 料理体験がゴールではなく、 親子の関係性の再構築!
  12. 12. 背景を把握するためのアンケート 35.0% 30.0% 25.0% 20.0% 15.0% 10.0% 5.0% 0.0% 幼稚園児の母親小学生児の母親 なぜ小学生の親の方が遅くな るのか。 幼少期に思うのとは裏腹に、 まだ早いかな?と思って先送 り。高学年から中学生になれ ば、安心して任せられると思 うものの、その時期の子ども が、果たして親のいうことを 素直に聞けるだろうか? 料理で「まだ早いかな」と思 う親は、他の生活も「まだ早 いかな?」と考えるのでは? 火や包丁を使う料理をさせたい年齢は?
  13. 13. 13
  14. 14. 2013年度 実績

×