SlideShare a Scribd company logo
1 of 21
プレゼン入門
“話す”基本技術
(発展編)
久保山 健 (KUBOYAMA Takeshi)
大阪大学 附属図書館 利用支援課 (サービス企画主担当)
kuboyama@library.osaka-u.ac.jp
<March, 2014><提示用>
2
①要点や話す目的を最初の段階で伝える
②構成を意識+つなぎの言葉
③声
④繰り返し、要約
⑤会議や質疑等では、なるべく短く
●”話す”時に大事なこと
(1~2回目の復習)
3
大阪大学の豊中総合図書館は学生の自主学習支
援機能の充実した図書館です。
この図書館は蔵書数○○万冊と日本の大学で有
数の蔵書数を誇ります。学部学生でも書庫の図書
を自由に見ることができます。利用者の自主学習
を支援するための、職員や担当TAの開催するミニ
講習会にも行われています。
以上のことから、総合図書館は学生の自主学習を
支援する図書館だと言えます。
(「2011年 論文の書き方&文献の読み方 プチ・ゼミナール」 パラグラフを読んでみよ
う その1から 堀 一成 准教授作成の例文を口語用に一部改編)
典型例(1つのパラグラフの場合)
(1~2回目の復習)
4
(2回目の復習)
1. スピーチ/プレゼンとは (1)
2. 導入と結びの技術、つなぎの言葉
3. デリバリーの技術など(声を重点に)
4. 1分間スピーチ(2回目)
5. スピーチ/プレゼンとは (2)
6. 上達のための個人的アドバイス
5
(3回目のメニュー)
1. ウォーミングアップ (10min)
復習・体操・自己紹介
2. 司会の要素 (20min, 30)
3. 1分スピーチ(50min, 80)
(立ち姿勢・トピックセンテンス・構成・目線・デリバ
リー)<司会の練習>
・移動、グループ分け~一人作業 5分
・ペアで練習 5分 ・進行の説明 5分
※. ビデオ・レビュー (終了後、希望者のみ)
6
(質問) これまでの司会の経験
会議や学習会の「司会」の経験
(a) 「2-3ヶ月に1回以上」の頻度であり
(b) 「4-5ヶ月に1回以下」の頻度であり
(c) ほとんどない
7
自己紹介
実習:発声
「初めまして。[Your name] と申します。
[今日の目標/期待すること]
よろしくお願いします」
と、声の大きさ、速さ、間を考えて言ってみよう。
(その前に時間があれば、声を出すための
体操)
8
1分間スピーチ
実習:1分間スピーチ
・1分間、立ち姿勢で
約束
・トピックセンテンス
(導入の技術)
・論拠は2個。
・結びも入れる。
・ボディランゲージ
・アイコンタクト
・声の速さ
デジカメのビデオ機能で
撮影
(台数が少ないので、希望者
の発表をずらすか、皆さんの
スマホ等で撮影するか)
※予告事項!?
・先に終わったグループから、
遅刻者役を送り込むかも?
・長く話す人、「別に~」と消
極的な人を(こそッと)作るか
も??
・一人作業
・ペアで練習
・グループ分け、移動
・進行の説明(司会の戦略)
9
1分間スピーチ
役割
1. 発表者
2. 司会(全体の時間管理、スピーチのタイムキー
パー)
3. コメント(よかった点)
4. コメント(がんばろうの点)
10
1分間スピーチ
司会
・進行管理
・時間管理(持ち時間は4?分。司会へのコメントは含まない)
(1)始める
「それでは○○さんのスピーチを始めます」
(司会は○○が務めます。よろしくお願いします。)
(1分間のスピーチの後に、△分の意見交換を行います。)
(2)発表を促す。
「では、○○さん、よろしくお願いします。」
11
1分間スピーチ
(3)ねぎらう
「○○さん、ありがとうございます。」
(4)所定の2名+発表者からコメントをもらう。
(それでは、意見交換に移ります)
「まず、よかった点から○○さん、お願いします」
「次に、がんばろうの点を○○さん、お願いします」
「最後に、発表者から感想をお願いします」
12
1分間スピーチ
(5)残り時間で、コメントを引き出す。
※目的は発表者へのフィードバック、参加者間で認識を深める
「では、残りの時間で[あと△分ありますので]、他の
方からもコメントをお願いします」
(*)適宜指名など
(6)終わる ※ここまでで持ち時間終了
「皆さん、どうもありがとうございました。
これで○○さんのスピーチを終わります。」
(7)司会に対するコメント
13
1分間スピーチ
(4~5 別法) 意見交換(コメント役を決めずに)
・目標は、発表者へのフィードバック、各メンバーから
のコメントにより、実習の効果を高める。
・各メンバーから均等に、よかった点・がんばろうの点
の両方を引き出す。発表者のコメントも。
・そのために効果的な構成/順序は?
よかった点から順に?
フリー討論? フリーの後に不足を補う議論に?
参加者の分析; 時間の長さ
14
1分間スピーチ
(4~5 別法) 意見交換(コメント役を決めずに)
・その構成/順序をメンバーに伝えるのは、司会の役割
・要点を先に伝える:構成を意識する(見せる);つなぎ
の言葉…といった観点で
(例)
「それでは、意見交換に移ります」
(この時点でどのように議論を進めるか明示するのもベター)
「まず、よかった点から、どなたかコメント…」
「次に、がんばろうの点についての議論に移ります」
「最後に、発表者から感想をお願いします」
15
(4回目のメニュー)
1. ウォーミングアップ (5min)
復習・体操・自己紹介
2. アイデアの整理
(1) ブレインストーミングとは (15min, 20)
(2) アイデアの整理、作業シートで (20min, 40)
3. 1分スピーチ (45min, 85)
<司会も練習する>
(立ち姿勢・トピックセンテンス・構成・目線・デリバ
リー)
※. ビデオ・レビュー (終了後、希望者のみ)
16
ブレインストーミング
1. 「批判をしない」
出された意見に批判は行わない。
判断・結論も慎む。
2. 「自由奔放」
ユニークな(奇抜な)アイデアを歓迎する。
3. 「質より量」 を重視する。
4. 「連想と結合」
複数のアイデアを発展させる。
(*) 参考: 川喜田二郎「続・発想法」中央新書, 1970. p.34
17
ブレスト後の情報整理
1. KJ法
2. マインドマップ
出てきたアイデアのグルーピング、削除
18
作業シート
○ 目的
発表準備の一つのモデルを実習
○ アイデアの整理
「世界遺産について話します」
「ペットについて話します」
→広すぎる。テーマは絞る。
要点は、広げて・絞って・つなげる。
○今回の講習会の感想、任意のテーマ
●司会編
・最低限は進行管理
・司会を中心にした議論
・議論を活発にする方法
●ブレスト編
・アイデアをまとめていく一つのやり方
19
(まとめ)
●事後アンケートのお願い
・しばらくして、本講習が実際に役立ったか
伺うかもしれません。忙しければスルーし
てもらって構いません。
“If you can dream it,
you can do it.”
20
・W.ディスニーの言葉です。
・「夢見れば、叶う」という意味に理解されるかもしれません。確
かに、夢を持つことは大切です。そして、「夢見れば、叶う」と
いうのは時に勇気を与えてくれる言葉です。
・しかし、私は少し違う意味に理解しています。「夢見ることが
できなければ、実現できない」という意味です。
・なぜでしょうか。 夢を実現するためには、やはり何か具体
的な手順、プロセスが必要です。夢見ることをしなければ、そ
の手順やプロセスを行うこともないと思うからです。
実現するために必要なことを習慣化する。
文字に書く。 (アンジェラ・アキの例、イチローの例)
・「話す」も一緒です。もし、上手く話したいと思うなら、その次に
具体的な手順や方法を考えてください。そして、それを実行し
てください。それを繰り返すことで、必ず!皆さんの話す力は
向上します。・言い換えれば「意識する」ことです。そうすれば
、話す力も向上します。そして、社会に貢献できる人になって
ほしいと心から期待しています。21

More Related Content

What's hot

本と図書館・水沼111025
本と図書館・水沼111025本と図書館・水沼111025
本と図書館・水沼111025Kazuhiko Kawasaki
 
【梅澤貴典氏】世界の図書館に行ってみたくなる話(都留文科大学)前半【講演会】
【梅澤貴典氏】世界の図書館に行ってみたくなる話(都留文科大学)前半【講演会】【梅澤貴典氏】世界の図書館に行ってみたくなる話(都留文科大学)前半【講演会】
【梅澤貴典氏】世界の図書館に行ってみたくなる話(都留文科大学)前半【講演会】libropass
 
「いいね!がいっぱい!熊大図書館のブランディング」 廣田 桂(熊本大学教育研究推進部図書館ユニット)
「いいね!がいっぱい!熊大図書館のブランディング」 廣田 桂(熊本大学教育研究推進部図書館ユニット)「いいね!がいっぱい!熊大図書館のブランディング」 廣田 桂(熊本大学教育研究推進部図書館ユニット)
「いいね!がいっぱい!熊大図書館のブランディング」 廣田 桂(熊本大学教育研究推進部図書館ユニット)dtkfukuoka
 
梅澤貴典「北米の図書館に行ってみたくなる話」
梅澤貴典「北米の図書館に行ってみたくなる話」梅澤貴典「北米の図書館に行ってみたくなる話」
梅澤貴典「北米の図書館に行ってみたくなる話」takanoriumezawa
 
「医療通訳としての手話通訳の必要性」寺嶋幸司
「医療通訳としての手話通訳の必要性」寺嶋幸司「医療通訳としての手話通訳の必要性」寺嶋幸司
「医療通訳としての手話通訳の必要性」寺嶋幸司NPO Information Gap Buster
 
図書館総合展2016 フォーラム ライブラリー・ファシリテーター体験講座 図書館員研修設計原論 仁上幸治
図書館総合展2016 フォーラム ライブラリー・ファシリテーター体験講座 図書館員研修設計原論 仁上幸治図書館総合展2016 フォーラム ライブラリー・ファシリテーター体験講座 図書館員研修設計原論 仁上幸治
図書館総合展2016 フォーラム ライブラリー・ファシリテーター体験講座 図書館員研修設計原論 仁上幸治志麻 北村
 
20140211ダイトケン関西3支部合同例会ソーシャルメディア
20140211ダイトケン関西3支部合同例会ソーシャルメディア20140211ダイトケン関西3支部合同例会ソーシャルメディア
20140211ダイトケン関西3支部合同例会ソーシャルメディアMasahiko Inoue
 
図書館総合展2016 フォーラム ライブラリー・ファシリテーター体験講座 図書館員研修設計原論 配布資料
図書館総合展2016 フォーラム ライブラリー・ファシリテーター体験講座 図書館員研修設計原論 配布資料図書館総合展2016 フォーラム ライブラリー・ファシリテーター体験講座 図書館員研修設計原論 配布資料
図書館総合展2016 フォーラム ライブラリー・ファシリテーター体験講座 図書館員研修設計原論 配布資料志麻 北村
 
2016年3月12日(土)講演会「世界の図書館を知ろう」ご案内
2016年3月12日(土)講演会「世界の図書館を知ろう」ご案内2016年3月12日(土)講演会「世界の図書館を知ろう」ご案内
2016年3月12日(土)講演会「世界の図書館を知ろう」ご案内takanoriumezawa
 
Daisy epub
Daisy epubDaisy epub
Daisy epubYOX INS
 

What's hot (11)

本と図書館・水沼111025
本と図書館・水沼111025本と図書館・水沼111025
本と図書館・水沼111025
 
【梅澤貴典氏】世界の図書館に行ってみたくなる話(都留文科大学)前半【講演会】
【梅澤貴典氏】世界の図書館に行ってみたくなる話(都留文科大学)前半【講演会】【梅澤貴典氏】世界の図書館に行ってみたくなる話(都留文科大学)前半【講演会】
【梅澤貴典氏】世界の図書館に行ってみたくなる話(都留文科大学)前半【講演会】
 
「いいね!がいっぱい!熊大図書館のブランディング」 廣田 桂(熊本大学教育研究推進部図書館ユニット)
「いいね!がいっぱい!熊大図書館のブランディング」 廣田 桂(熊本大学教育研究推進部図書館ユニット)「いいね!がいっぱい!熊大図書館のブランディング」 廣田 桂(熊本大学教育研究推進部図書館ユニット)
「いいね!がいっぱい!熊大図書館のブランディング」 廣田 桂(熊本大学教育研究推進部図書館ユニット)
 
梅澤貴典「北米の図書館に行ってみたくなる話」
梅澤貴典「北米の図書館に行ってみたくなる話」梅澤貴典「北米の図書館に行ってみたくなる話」
梅澤貴典「北米の図書館に行ってみたくなる話」
 
Aizu lt tokyo_intro
Aizu lt tokyo_introAizu lt tokyo_intro
Aizu lt tokyo_intro
 
「医療通訳としての手話通訳の必要性」寺嶋幸司
「医療通訳としての手話通訳の必要性」寺嶋幸司「医療通訳としての手話通訳の必要性」寺嶋幸司
「医療通訳としての手話通訳の必要性」寺嶋幸司
 
図書館総合展2016 フォーラム ライブラリー・ファシリテーター体験講座 図書館員研修設計原論 仁上幸治
図書館総合展2016 フォーラム ライブラリー・ファシリテーター体験講座 図書館員研修設計原論 仁上幸治図書館総合展2016 フォーラム ライブラリー・ファシリテーター体験講座 図書館員研修設計原論 仁上幸治
図書館総合展2016 フォーラム ライブラリー・ファシリテーター体験講座 図書館員研修設計原論 仁上幸治
 
20140211ダイトケン関西3支部合同例会ソーシャルメディア
20140211ダイトケン関西3支部合同例会ソーシャルメディア20140211ダイトケン関西3支部合同例会ソーシャルメディア
20140211ダイトケン関西3支部合同例会ソーシャルメディア
 
図書館総合展2016 フォーラム ライブラリー・ファシリテーター体験講座 図書館員研修設計原論 配布資料
図書館総合展2016 フォーラム ライブラリー・ファシリテーター体験講座 図書館員研修設計原論 配布資料図書館総合展2016 フォーラム ライブラリー・ファシリテーター体験講座 図書館員研修設計原論 配布資料
図書館総合展2016 フォーラム ライブラリー・ファシリテーター体験講座 図書館員研修設計原論 配布資料
 
2016年3月12日(土)講演会「世界の図書館を知ろう」ご案内
2016年3月12日(土)講演会「世界の図書館を知ろう」ご案内2016年3月12日(土)講演会「世界の図書館を知ろう」ご案内
2016年3月12日(土)講演会「世界の図書館を知ろう」ご案内
 
Daisy epub
Daisy epubDaisy epub
Daisy epub
 

Similar to プレゼン入門:“話す”基本技術 (発展編) <司会の要素、アイデアの整理(ブレインストーミング>

大学図書館職員とは何者なのか? : ~ある地方国立大学図書館職員のつぶやきと実践~
大学図書館職員とは何者なのか? : ~ある地方国立大学図書館職員のつぶやきと実践~大学図書館職員とは何者なのか? : ~ある地方国立大学図書館職員のつぶやきと実践~
大学図書館職員とは何者なのか? : ~ある地方国立大学図書館職員のつぶやきと実践~Yuji Nonaka
 
大学図書館をDX(ヘンカク)する:~全国的な活動と自組織での試行錯誤から成長(ヘンカク)していける環境構築を考える~
大学図書館をDX(ヘンカク)する:~全国的な活動と自組織での試行錯誤から成長(ヘンカク)していける環境構築を考える~大学図書館をDX(ヘンカク)する:~全国的な活動と自組織での試行錯誤から成長(ヘンカク)していける環境構築を考える~
大学図書館をDX(ヘンカク)する:~全国的な活動と自組織での試行錯誤から成長(ヘンカク)していける環境構築を考える~Yuji Nonaka
 
梅澤貴典・世界の図書館に行きたくなる話
梅澤貴典・世界の図書館に行きたくなる話梅澤貴典・世界の図書館に行きたくなる話
梅澤貴典・世界の図書館に行きたくなる話takanoriumezawa
 
20141210 CRESCENT Hour
20141210 CRESCENT Hour20141210 CRESCENT Hour
20141210 CRESCENT HourMasahiko Inoue
 
係レベルで企画する機動力の高いプチ研修会実施報告
係レベルで企画する機動力の高いプチ研修会実施報告係レベルで企画する機動力の高いプチ研修会実施報告
係レベルで企画する機動力の高いプチ研修会実施報告Yuji Nonaka
 
20140919(infomates)【公開版】
20140919(infomates)【公開版】20140919(infomates)【公開版】
20140919(infomates)【公開版】Masahiko Inoue
 
2014/11/28 東京農工大学総合メディアセンターシンポジウム「ラーニング・コモンズとこれからの大学図書館」
2014/11/28 東京農工大学総合メディアセンターシンポジウム「ラーニング・コモンズとこれからの大学図書館」2014/11/28 東京農工大学総合メディアセンターシンポジウム「ラーニング・コモンズとこれからの大学図書館」
2014/11/28 東京農工大学総合メディアセンターシンポジウム「ラーニング・コモンズとこれからの大学図書館」理子 茂出木
 
How to Integrate Content and Language in CLIL Pedagogy Theories and Examples
How to Integrate Content and Language in CLIL Pedagogy Theories and ExamplesHow to Integrate Content and Language in CLIL Pedagogy Theories and Examples
How to Integrate Content and Language in CLIL Pedagogy Theories and ExamplesRichard Pinner
 
生物教育学会佐久間
生物教育学会佐久間生物教育学会佐久間
生物教育学会佐久間Daisuke Sakuma
 
情報環境構築演習中間発表
情報環境構築演習中間発表情報環境構築演習中間発表
情報環境構築演習中間発表enpipi
 
201408ダイトケン全国大会利用者支援分科会(井上話題提供)
201408ダイトケン全国大会利用者支援分科会(井上話題提供)201408ダイトケン全国大会利用者支援分科会(井上話題提供)
201408ダイトケン全国大会利用者支援分科会(井上話題提供)Masahiko Inoue
 
専門図書館のファンドレイジング
専門図書館のファンドレイジング専門図書館のファンドレイジング
専門図書館のファンドレイジングMasaki Matsubayashi
 
160502_課題解決型図書館について語る集い_ nakayama
160502_課題解決型図書館について語る集い_ nakayama160502_課題解決型図書館について語る集い_ nakayama
160502_課題解決型図書館について語る集い_ nakayamaNAGANOlib
 
H26大学図書館職員短期研修 参加報告会(纐纈発表)
H26大学図書館職員短期研修 参加報告会(纐纈発表)H26大学図書館職員短期研修 参加報告会(纐纈発表)
H26大学図書館職員短期研修 参加報告会(纐纈発表)Naoya Kouketsu
 
(公開用)リテラシー周りを中心とした参加報告、及び「短期研修に行く前のあなたへ」
(公開用)リテラシー周りを中心とした参加報告、及び「短期研修に行く前のあなたへ」(公開用)リテラシー周りを中心とした参加報告、及び「短期研修に行く前のあなたへ」
(公開用)リテラシー周りを中心とした参加報告、及び「短期研修に行く前のあなたへ」Yukari Kono
 
占領期前後における城戸幡太郎の学校図書館に関する関与
占領期前後における城戸幡太郎の学校図書館に関する関与占領期前後における城戸幡太郎の学校図書館に関する関与
占領期前後における城戸幡太郎の学校図書館に関する関与Fukuji Imai
 
ピア・ラーニングを生かした授業の組み立て方(北海道大学大学院文学研究科FD研修会 2014年9月3日)
ピア・ラーニングを生かした授業の組み立て方(北海道大学大学院文学研究科FD研修会 2014年9月3日)ピア・ラーニングを生かした授業の組み立て方(北海道大学大学院文学研究科FD研修会 2014年9月3日)
ピア・ラーニングを生かした授業の組み立て方(北海道大学大学院文学研究科FD研修会 2014年9月3日)MIYAUCHI Taisuke, Hokkaido University
 
図書館総合展の地方展開が拓く可能性-これまでとこれから
図書館総合展の地方展開が拓く可能性-これまでとこれから図書館総合展の地方展開が拓く可能性-これまでとこれから
図書館総合展の地方展開が拓く可能性-これまでとこれからMasaru Shibuta
 

Similar to プレゼン入門:“話す”基本技術 (発展編) <司会の要素、アイデアの整理(ブレインストーミング> (20)

大学図書館職員とは何者なのか? : ~ある地方国立大学図書館職員のつぶやきと実践~
大学図書館職員とは何者なのか? : ~ある地方国立大学図書館職員のつぶやきと実践~大学図書館職員とは何者なのか? : ~ある地方国立大学図書館職員のつぶやきと実践~
大学図書館職員とは何者なのか? : ~ある地方国立大学図書館職員のつぶやきと実践~
 
大学図書館をDX(ヘンカク)する:~全国的な活動と自組織での試行錯誤から成長(ヘンカク)していける環境構築を考える~
大学図書館をDX(ヘンカク)する:~全国的な活動と自組織での試行錯誤から成長(ヘンカク)していける環境構築を考える~大学図書館をDX(ヘンカク)する:~全国的な活動と自組織での試行錯誤から成長(ヘンカク)していける環境構築を考える~
大学図書館をDX(ヘンカク)する:~全国的な活動と自組織での試行錯誤から成長(ヘンカク)していける環境構築を考える~
 
梅澤貴典・世界の図書館に行きたくなる話
梅澤貴典・世界の図書館に行きたくなる話梅澤貴典・世界の図書館に行きたくなる話
梅澤貴典・世界の図書館に行きたくなる話
 
20141210 CRESCENT Hour
20141210 CRESCENT Hour20141210 CRESCENT Hour
20141210 CRESCENT Hour
 
係レベルで企画する機動力の高いプチ研修会実施報告
係レベルで企画する機動力の高いプチ研修会実施報告係レベルで企画する機動力の高いプチ研修会実施報告
係レベルで企画する機動力の高いプチ研修会実施報告
 
20140919(infomates)【公開版】
20140919(infomates)【公開版】20140919(infomates)【公開版】
20140919(infomates)【公開版】
 
図書館総合展 20130312
図書館総合展 20130312図書館総合展 20130312
図書館総合展 20130312
 
2014/11/28 東京農工大学総合メディアセンターシンポジウム「ラーニング・コモンズとこれからの大学図書館」
2014/11/28 東京農工大学総合メディアセンターシンポジウム「ラーニング・コモンズとこれからの大学図書館」2014/11/28 東京農工大学総合メディアセンターシンポジウム「ラーニング・コモンズとこれからの大学図書館」
2014/11/28 東京農工大学総合メディアセンターシンポジウム「ラーニング・コモンズとこれからの大学図書館」
 
How to Integrate Content and Language in CLIL Pedagogy Theories and Examples
How to Integrate Content and Language in CLIL Pedagogy Theories and ExamplesHow to Integrate Content and Language in CLIL Pedagogy Theories and Examples
How to Integrate Content and Language in CLIL Pedagogy Theories and Examples
 
生物教育学会佐久間
生物教育学会佐久間生物教育学会佐久間
生物教育学会佐久間
 
情報環境構築演習中間発表
情報環境構築演習中間発表情報環境構築演習中間発表
情報環境構築演習中間発表
 
201408ダイトケン全国大会利用者支援分科会(井上話題提供)
201408ダイトケン全国大会利用者支援分科会(井上話題提供)201408ダイトケン全国大会利用者支援分科会(井上話題提供)
201408ダイトケン全国大会利用者支援分科会(井上話題提供)
 
専門図書館のファンドレイジング
専門図書館のファンドレイジング専門図書館のファンドレイジング
専門図書館のファンドレイジング
 
大図研 0518
大図研 0518大図研 0518
大図研 0518
 
160502_課題解決型図書館について語る集い_ nakayama
160502_課題解決型図書館について語る集い_ nakayama160502_課題解決型図書館について語る集い_ nakayama
160502_課題解決型図書館について語る集い_ nakayama
 
H26大学図書館職員短期研修 参加報告会(纐纈発表)
H26大学図書館職員短期研修 参加報告会(纐纈発表)H26大学図書館職員短期研修 参加報告会(纐纈発表)
H26大学図書館職員短期研修 参加報告会(纐纈発表)
 
(公開用)リテラシー周りを中心とした参加報告、及び「短期研修に行く前のあなたへ」
(公開用)リテラシー周りを中心とした参加報告、及び「短期研修に行く前のあなたへ」(公開用)リテラシー周りを中心とした参加報告、及び「短期研修に行く前のあなたへ」
(公開用)リテラシー周りを中心とした参加報告、及び「短期研修に行く前のあなたへ」
 
占領期前後における城戸幡太郎の学校図書館に関する関与
占領期前後における城戸幡太郎の学校図書館に関する関与占領期前後における城戸幡太郎の学校図書館に関する関与
占領期前後における城戸幡太郎の学校図書館に関する関与
 
ピア・ラーニングを生かした授業の組み立て方(北海道大学大学院文学研究科FD研修会 2014年9月3日)
ピア・ラーニングを生かした授業の組み立て方(北海道大学大学院文学研究科FD研修会 2014年9月3日)ピア・ラーニングを生かした授業の組み立て方(北海道大学大学院文学研究科FD研修会 2014年9月3日)
ピア・ラーニングを生かした授業の組み立て方(北海道大学大学院文学研究科FD研修会 2014年9月3日)
 
図書館総合展の地方展開が拓く可能性-これまでとこれから
図書館総合展の地方展開が拓く可能性-これまでとこれから図書館総合展の地方展開が拓く可能性-これまでとこれから
図書館総合展の地方展開が拓く可能性-これまでとこれから
 

More from Takeshi Kuboyama

同志社大学大学院への進学:授業や研究、習得したこと、大変だったこと
同志社大学大学院への進学:授業や研究、習得したこと、大変だったこと同志社大学大学院への進学:授業や研究、習得したこと、大変だったこと
同志社大学大学院への進学:授業や研究、習得したこと、大変だったことTakeshi Kuboyama
 
ウェブスケール・ディスカバリー(WSD)利用者の利用状況と認識 ―インタビュー調査による探索的研究
ウェブスケール・ディスカバリー(WSD)利用者の利用状況と認識 ―インタビュー調査による探索的研究ウェブスケール・ディスカバリー(WSD)利用者の利用状況と認識 ―インタビュー調査による探索的研究
ウェブスケール・ディスカバリー(WSD)利用者の利用状況と認識 ―インタビュー調査による探索的研究Takeshi Kuboyama
 
修士論文「ウェブスケール・ディスカバリー(WSD)利用者の利用状況と認識―インタビュー調査による探索的研究」久保山健 2021.02.15
修士論文「ウェブスケール・ディスカバリー(WSD)利用者の利用状況と認識―インタビュー調査による探索的研究」久保山健 2021.02.15修士論文「ウェブスケール・ディスカバリー(WSD)利用者の利用状況と認識―インタビュー調査による探索的研究」久保山健 2021.02.15
修士論文「ウェブスケール・ディスカバリー(WSD)利用者の利用状況と認識―インタビュー調査による探索的研究」久保山健 2021.02.15Takeshi Kuboyama
 
修士論文の要約「ウェブスケール・ディスカバリー(WSD)利用者の利用状況と認識―インタビュー調査による探索的研究」久保山健 2021.02.27
修士論文の要約「ウェブスケール・ディスカバリー(WSD)利用者の利用状況と認識―インタビュー調査による探索的研究」久保山健 2021.02.27修士論文の要約「ウェブスケール・ディスカバリー(WSD)利用者の利用状況と認識―インタビュー調査による探索的研究」久保山健 2021.02.27
修士論文の要約「ウェブスケール・ディスカバリー(WSD)利用者の利用状況と認識―インタビュー調査による探索的研究」久保山健 2021.02.27Takeshi Kuboyama
 
修論審査会資料「ウェブスケール・ディスカバリー(WSD)利用者の利用状況と認識―インタビュー調査による探索的研究」久保山健 2021.02.13
修論審査会資料「ウェブスケール・ディスカバリー(WSD)利用者の利用状況と認識―インタビュー調査による探索的研究」久保山健 2021.02.13修論審査会資料「ウェブスケール・ディスカバリー(WSD)利用者の利用状況と認識―インタビュー調査による探索的研究」久保山健 2021.02.13
修論審査会資料「ウェブスケール・ディスカバリー(WSD)利用者の利用状況と認識―インタビュー調査による探索的研究」久保山健 2021.02.13Takeshi Kuboyama
 
プレゼン入門:“話す”基本技術 <2回目の補足資料>
プレゼン入門:“話す”基本技術 <2回目の補足資料>プレゼン入門:“話す”基本技術 <2回目の補足資料>
プレゼン入門:“話す”基本技術 <2回目の補足資料>Takeshi Kuboyama
 
プレゼン入門:“話す”基本技術 (発展編)<司会の要素>
プレゼン入門:“話す”基本技術 (発展編)<司会の要素>プレゼン入門:“話す”基本技術 (発展編)<司会の要素>
プレゼン入門:“話す”基本技術 (発展編)<司会の要素>Takeshi Kuboyama
 
Ten Years after - Web Scale Discovery Service (WSD) Implementation in Japan ...
Ten Years after  - Web Scale Discovery Service (WSD) Implementation in Japan ...Ten Years after  - Web Scale Discovery Service (WSD) Implementation in Japan ...
Ten Years after - Web Scale Discovery Service (WSD) Implementation in Japan ...Takeshi Kuboyama
 
Nii情報リテラシー研修 20151120 大阪大・久保山_参考事例
Nii情報リテラシー研修 20151120 大阪大・久保山_参考事例Nii情報リテラシー研修 20151120 大阪大・久保山_参考事例
Nii情報リテラシー研修 20151120 大阪大・久保山_参考事例Takeshi Kuboyama
 
Nii情報リテラシー研修 20151120 大阪大・久保山_事後公開版
Nii情報リテラシー研修 20151120 大阪大・久保山_事後公開版Nii情報リテラシー研修 20151120 大阪大・久保山_事後公開版
Nii情報リテラシー研修 20151120 大阪大・久保山_事後公開版Takeshi Kuboyama
 
(2014.11.28) NII主催・学術情報リテラシー教育担当者研修 久保山 健
(2014.11.28) NII主催・学術情報リテラシー教育担当者研修 久保山 健(2014.11.28) NII主催・学術情報リテラシー教育担当者研修 久保山 健
(2014.11.28) NII主催・学術情報リテラシー教育担当者研修 久保山 健Takeshi Kuboyama
 

More from Takeshi Kuboyama (11)

同志社大学大学院への進学:授業や研究、習得したこと、大変だったこと
同志社大学大学院への進学:授業や研究、習得したこと、大変だったこと同志社大学大学院への進学:授業や研究、習得したこと、大変だったこと
同志社大学大学院への進学:授業や研究、習得したこと、大変だったこと
 
ウェブスケール・ディスカバリー(WSD)利用者の利用状況と認識 ―インタビュー調査による探索的研究
ウェブスケール・ディスカバリー(WSD)利用者の利用状況と認識 ―インタビュー調査による探索的研究ウェブスケール・ディスカバリー(WSD)利用者の利用状況と認識 ―インタビュー調査による探索的研究
ウェブスケール・ディスカバリー(WSD)利用者の利用状況と認識 ―インタビュー調査による探索的研究
 
修士論文「ウェブスケール・ディスカバリー(WSD)利用者の利用状況と認識―インタビュー調査による探索的研究」久保山健 2021.02.15
修士論文「ウェブスケール・ディスカバリー(WSD)利用者の利用状況と認識―インタビュー調査による探索的研究」久保山健 2021.02.15修士論文「ウェブスケール・ディスカバリー(WSD)利用者の利用状況と認識―インタビュー調査による探索的研究」久保山健 2021.02.15
修士論文「ウェブスケール・ディスカバリー(WSD)利用者の利用状況と認識―インタビュー調査による探索的研究」久保山健 2021.02.15
 
修士論文の要約「ウェブスケール・ディスカバリー(WSD)利用者の利用状況と認識―インタビュー調査による探索的研究」久保山健 2021.02.27
修士論文の要約「ウェブスケール・ディスカバリー(WSD)利用者の利用状況と認識―インタビュー調査による探索的研究」久保山健 2021.02.27修士論文の要約「ウェブスケール・ディスカバリー(WSD)利用者の利用状況と認識―インタビュー調査による探索的研究」久保山健 2021.02.27
修士論文の要約「ウェブスケール・ディスカバリー(WSD)利用者の利用状況と認識―インタビュー調査による探索的研究」久保山健 2021.02.27
 
修論審査会資料「ウェブスケール・ディスカバリー(WSD)利用者の利用状況と認識―インタビュー調査による探索的研究」久保山健 2021.02.13
修論審査会資料「ウェブスケール・ディスカバリー(WSD)利用者の利用状況と認識―インタビュー調査による探索的研究」久保山健 2021.02.13修論審査会資料「ウェブスケール・ディスカバリー(WSD)利用者の利用状況と認識―インタビュー調査による探索的研究」久保山健 2021.02.13
修論審査会資料「ウェブスケール・ディスカバリー(WSD)利用者の利用状況と認識―インタビュー調査による探索的研究」久保山健 2021.02.13
 
プレゼン入門:“話す”基本技術 <2回目の補足資料>
プレゼン入門:“話す”基本技術 <2回目の補足資料>プレゼン入門:“話す”基本技術 <2回目の補足資料>
プレゼン入門:“話す”基本技術 <2回目の補足資料>
 
プレゼン入門:“話す”基本技術 (発展編)<司会の要素>
プレゼン入門:“話す”基本技術 (発展編)<司会の要素>プレゼン入門:“話す”基本技術 (発展編)<司会の要素>
プレゼン入門:“話す”基本技術 (発展編)<司会の要素>
 
Ten Years after - Web Scale Discovery Service (WSD) Implementation in Japan ...
Ten Years after  - Web Scale Discovery Service (WSD) Implementation in Japan ...Ten Years after  - Web Scale Discovery Service (WSD) Implementation in Japan ...
Ten Years after - Web Scale Discovery Service (WSD) Implementation in Japan ...
 
Nii情報リテラシー研修 20151120 大阪大・久保山_参考事例
Nii情報リテラシー研修 20151120 大阪大・久保山_参考事例Nii情報リテラシー研修 20151120 大阪大・久保山_参考事例
Nii情報リテラシー研修 20151120 大阪大・久保山_参考事例
 
Nii情報リテラシー研修 20151120 大阪大・久保山_事後公開版
Nii情報リテラシー研修 20151120 大阪大・久保山_事後公開版Nii情報リテラシー研修 20151120 大阪大・久保山_事後公開版
Nii情報リテラシー研修 20151120 大阪大・久保山_事後公開版
 
(2014.11.28) NII主催・学術情報リテラシー教育担当者研修 久保山 健
(2014.11.28) NII主催・学術情報リテラシー教育担当者研修 久保山 健(2014.11.28) NII主催・学術情報リテラシー教育担当者研修 久保山 健
(2014.11.28) NII主催・学術情報リテラシー教育担当者研修 久保山 健
 

プレゼン入門:“話す”基本技術 (発展編) <司会の要素、アイデアの整理(ブレインストーミング>