Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

20110526ssmjp

2,204 views

Published on

20110526 私が実践してきた プロジェクトマネジメント(もどき)@#ssmjp 5月勉強会

http://ssm.myz.info/boards/1/topics/23

Published in: Self Improvement

20110526ssmjp

  1. 1. 私が実践してきたプロジェクトマネジメント(もどき) 2011/5/26 ささみ@大崎 Takeshi HASEGAWA (Twitter: @hasegaw)  本資料中の解説内容は、所属組織における 統一的な見解を示すものではありません。
  2. 2. プロフィール長谷川 猛 (HASEGAWA Takeshi)twitter: @hasegaw主にLinuxや仮想化技術を得意とする雑食系SEXen/KVMを調査、FreeBSD virtioを実装等興味範囲:仮想化、ストレージもんはんしようず ゚+.(・ω・)゚+.゚ 2
  3. 3. おもな著書・寄稿 3
  4. 4. Webサイトの記事など エンジニアなら知っておきたい仮想マシンのしくみ http://gihyo.jp/dev/serial/01/vm_work/ 4
  5. 5. プロジェクトマネジメントとは何か• PMBOKの定義 – 独自のプロダクト、サービス、所産を創造するために実施する 有期性のある業務• 有期性 – 始まりがあり、終わりがある• 独自性 – 毎回違う課題に直面する 5
  6. 6. 非常によく言われるプロジェクトマネジメントプロジェクトの三大要素• 品質• 納期• 採算 Q C Scope D 6
  7. 7. /) ///) /,.=゙"/ こまけぇこたぁいいんだよ!! / i f ,.r="-‐つ____/ / _,.-‐~/⌒ ⌒\ / ,i ,二ニ⊃( ●). (●)\ / ノ il゙フ::::::⌒(__人__)⌒::::: \ ,イ「ト、 ,!,!| |r┬-| | / iトヾヽ_/ィ"\ `ー´ / 7
  8. 8. 明治35年 八甲田雪中行軍を行った2部隊• 明治27年 日清戦争で冬季寒冷地での戦いに苦戦• さらなる厳寒地での戦いとなる対ロシア戦を想定、準備• 日本海側と太平洋側から、それぞれ移動するための演習 であった• A)青森~田代~三本木~八戸 – 青森5連隊• B)弘前~十和田湖畔~三本木~田代~青森 – 歩兵第31連隊 8
  9. 9. 行軍経路(予定) 9
  10. 10. 福島大尉部隊(1/2) 部隊 福島大尉部隊部 人数 38名隊 部隊規模 小隊規模(大尉自身が決定)編 編成方法 隊員候補から、精鋭を絞り込み成 ガイド同行 あり事 隊員意識 厳しい行軍となることを事前に周知、認識させる前準 寒冷対策 凍傷にならぬよう、工夫を徹底した備 指示系統 福島大尉が全権限を掌握最終判断者 福島大尉 10
  11. 11. 福島大尉部隊(2/2)• 冬山の怖さを熟知した行動 – .隊員に寒冷地出身者が多かった – 天候不良とみるや、深さ4メートルに至る穴を掘りビバーク – 途中で寝込んでしまう隊員がいると皆で踏みつけて起こす• 指揮官が寒冷に対するさまざまな工夫を周知徹底 – 川を渡る際は裸足で渡川せよ – ぬれた足を完全に拭き取ってから靴下を履け• 統率の維持 – 連隊が比較的少人数なこともあり、統率が維持された 11
  12. 12. 神成大尉部隊(1/2) 部隊 神成大尉部隊部 人数 210名隊 部隊規模 中隊規模(山口少佐が指定&随伴)編 編成方法 3日間で参加隊員を決定成 ガイド同行 なし (山口少佐の指示による)事 ハイキング気分で参加した隊員も… 隊員意識前準 寒冷対策 予備の靴下すら持っていなかった備 本来、神成大尉が全権限を掌握 指示系統 しかし、山口少佐が行軍中断を拒否最終判断者 ・・・山口少佐? 神成大尉? 12
  13. 13. 神成大尉部隊(1/2)• 1月23日 出発日 – 午前6時 出発 – 午後6時 荷物を載せたソリを廃棄を決定 – 日没 行動を断念し露営• 1月24日 二日目 – 吹雪の中、崖から転落か? 一人目の脱落者 – 初日の目的地「田代元湯 」へのルートを発見したという報告 – 山口少佐の指示により「田代元湯 」へ進軍 – 駒込川に到着 ―― 間違いと気づく – 大雪で退路なし→ 人生オワタ\(^o^)/ 13
  14. 14. 神成大尉の行軍経路(予定・実績) × 14
  15. 15. 部隊の比較 部隊 福島大尉部隊 神成大尉部隊 人数 38名 210名部 中隊規模(山口少佐が指定&随隊 部隊規模 小隊規模(大尉自身が決定) 伴)編成 編成方法 隊員候補から、精鋭を絞り込み 3日間で参加隊員を決定 ガイド同行 あり なし (山口少佐の指示による)事 厳しい行軍となることを事前に周 ハイキング気分で参加した隊員も 隊員意識前 知、認識させる …準 凍傷にならぬよう、工夫を徹底し備 寒冷対策 予備の靴下すら持っていなかった た 本来、神成大尉が全権限を掌握 指示系統 福島大尉が全権限を掌握 しかし、山口少佐が行軍中断を拒 否最終判断者 福島大尉 ・・・山口少佐? 神成大尉?死者数(%) 0名 (0%) 199名 (94%) 15
  16. 16. 行軍経路(予定) × 16
  17. 17. 雪中行軍の結果から判ること• スコープの把握を怠らない – 把握できている部分が全てか?氷山の一角ではないか?• 問題に早期対処する – 予期される問題への「対策」は早めに検討、実行する。 対策が遅れるほど後工程が辛くなる• シナリオを描き、時には関係者をコントロールする – 現実的なルートへ誘導するのは大事な仕事 – メンバーだけでなく、顧客を含めた関係者全員が対象 17
  18. 18. /) ///) /,.=゙"/ 俺は雪山なんか / i f ,.r="-‐つ____ 興味ねえんだよ/ / _,.-‐~/⌒ ⌒\ / ,i ,二ニ⊃( ●). (●)\ / ノ il゙フ::::::⌒(__人__)⌒::::: \ ,イ「ト、 ,!,!| |r┬-| | / iトヾヽ_/ィ"\ `ー´ / 18
  19. 19. どうしてプロジェクトをマネジメントするか• 顧客満足度 – 顧客のビジネススケジュールに間に合わせる – 質の高い納品物を提供する – いただいた対価に相応の満足度(割高感を感じさせない)• 出来る限りの生産コスト抑制 – 効率良く生産するための道筋を作る – 無駄な作業を発生させない – ・・・・ 19
  20. 20. どうしてプロジェクトをマネジメントするか• 周りの人々を幸せにしたい – 周りに人々? メンバー、元請・下請・お客様 – ヨレ状態を作らない、メンバーにデスマーチさせない – 早く帰らせる – お客さんにハメられないように• 自分が幸せでいたい – 早く帰りたい – お客さんにハメられたくない – うまいもんくいたい 20
  21. 21. 今日この話をする理由• 名ばかりプロジェクトマネジメントで幸せになろう• 仕事をスムーズに終わらせるための進め方 – 事前にしっかり準備する – メンバーの世話をする – 決断を先送りしない。 – 自分自信で決断する
  22. 22. 事前にしっかり準備する• どうして準備する? – その過程にある障壁は、どうせ乗り越えなければいけない• どのように乗り越えるか? – コントローラブルな状態で乗り越える – アンコントローラブルな状態で乗り越える• いつ準備をするか? – 事前に見通しておいて、手を打っておく – 障壁が目の前に現れた時点で手を打つ 22
  23. 23. 事前にしっかり準備する• プロジェクトのゴール(と過程)を明確にする – 最終的に自分たちが目指しているのは何処か? • ブレずにゴールに向かうために必要 • 作業の優先度判断のために必要 • モチベーション維持のために大事 • 自発的に行動できるメンバーに有効• プロジェクト最中にぶつかる障壁を整理する – プロジェクト進行中に必要となる物品 – プロジェクト中で決断を要する決定事項 23
  24. 24. 事前にしっかり準備する• プロジェクトが墜ちそうな落とし穴は事前に埋める – 自分が「落ちそう」と直感した罠は塞ごう – 手を打たなければ、誰かが大抵落ちる• プロジェクトが成功するよう顧客をコントロールする (スコープ調整など) – できることは「できる」、できないことは「できない」 – 重要な方針はリスクを説明の上「決断」してもらう – 案は、一番よいものを選ばせるために並べる 24
  25. 25. メンバーの世話をする• 自分一人では何も出来ない• 自分自身の経験@新人研修 – 自分一人のコード行数/日 <<< 素人三人のコーディング行数• 自分以外が頑張れる舞台を作る – 自分が頑張るのより難しい – 自分が頑張るのより効率的• 自分以外を自分の期待以上に動かすのは難しい – 「部下に100頑張って欲しければ、自身は200働け」 25
  26. 26. メンバーの世話をする/生産効率を上げる努力メンバーの生産効率を上げる努力• 必要になる準備をする – 必要となる物品 – 顧客・関連関連ベンダとの調整事項を事前予測・着手• メンバーの状況を把握する – 一緒に取り組んで把握、進捗管理 – 受け身のレポート要求など、丸投げは意欲を下げる• メンバーを放置する – 責任意識が強ければ、任せれば頑張り、干渉を好まない – リスクヘッジのタイミングには注意 26
  27. 27. メンバーの世話をする/生産効率を維持する努力楽しく仕事してもらう – 一緒にアイスクリーム@ららぽーとのフードコート。 – 駅前の和民でビールを一杯• ミスがあってもヘコませない – どう対処するかをプランニング、一緒にリカバリ• 無駄な作業をさせない – お使いぐらい、俺だって出来るぜ!• 気軽に「ありがとう」「ごめんなさい」 – 言葉一つで笑顔が引き出せると思えば安いモノ – 自分の非はさっさと認める。傲慢は信頼を失う 27
  28. 28. 決断を先送りしない。自分自信で決断する• プロジェクトの進行中に遭遇した障壁は、自分自身に とっての課題として受け止めて対処する• ミスや新たに発覚したリスクは最速で摘み取る – 後の対処で大丈夫ですか? – 目をつけられると後々大変• 自分の専門外の事項について – 専門外でも、後で問題となりそうなモノは判るでしょ? – 周りの人々は自分ほど慎重ではないかも – 周りの人々は、問題を見て見ぬフリをしているかも – 全員が当事者意識を持って取り組む事が一番大事 28
  29. 29. 決断を先送りしない。自分自信で決断するその判断は本当に正しいか?• 「このバグは後で直せばいいや」 – 実は、想像以上に根が深い仕様エラーかも?? – 後になればなるほど、修正に時間がかかるかも??• 「この問題は誰かが何とかするだろう」 – そんな便利な小人さんは大抵の場合いません – 後でなんとかするのは、たぶん、自分自身です• 「とりあえず作業を進めればなんとかなるだろう」 – 本当に大丈夫ですか? 29
  30. 30. 先送りした問題の解決はコスト高 Sorry, This slide is not available online. 30
  31. 31. 強引にまとめ• 準備に時間をかける – ゴールを明確にする – プロジェクト開始当初から「はまりそうな穴」は塞いでいく• 常に問題を捜し求め、対処する – 問題は先送りするほどコスト高 – 何事も他人事に思わず問題に取り組む – 見えている課題を見過ごさない• 自分ひとりでは戦えない – まわりの人々とのシナジー効果を – プロジェクトを自らリードしよう
  32. 32. ありがとうございました。 32

×