Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
R207小平朋江・いとうたけひこ (2017). 浦河べてるの家の当事者研究の語りとリカバリー:テキストマイニング分析 心理科学、38(1),55 62.
R207小平朋江・いとうたけひこ (2017). 浦河べてるの家の当事者研究の語りとリカバリー:テキストマイニング分析 心理科学、38(1),55 62.
R207小平朋江・いとうたけひこ (2017). 浦河べてるの家の当事者研究の語りとリカバリー:テキストマイニング分析 心理科学、38(1),55 62.
R207小平朋江・いとうたけひこ (2017). 浦河べてるの家の当事者研究の語りとリカバリー:テキストマイニング分析 心理科学、38(1),55 62.
R207小平朋江・いとうたけひこ (2017). 浦河べてるの家の当事者研究の語りとリカバリー:テキストマイニング分析 心理科学、38(1),55 62.
R207小平朋江・いとうたけひこ (2017). 浦河べてるの家の当事者研究の語りとリカバリー:テキストマイニング分析 心理科学、38(1),55 62.
R207小平朋江・いとうたけひこ (2017). 浦河べてるの家の当事者研究の語りとリカバリー:テキストマイニング分析 心理科学、38(1),55 62.
R207小平朋江・いとうたけひこ (2017). 浦河べてるの家の当事者研究の語りとリカバリー:テキストマイニング分析 心理科学、38(1),55 62.
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

R207小平朋江・いとうたけひこ (2017). 浦河べてるの家の当事者研究の語りとリカバリー:テキストマイニング分析 心理科学、38(1),55 62.

178 views

Published on

当事者研究とは、2002年に浦河べてるの家によって始められた、精神障害をもつ人々を中心とした当事者の当事者による当事者のための研究である。以後、当事者研究は日本全国と海外にまで広がっている。「当事者研究」をデータベースで検索すると(2016年6月26日現在)、CiNii Articlesで171件、医中誌Webで112件、CiNii Booksで25件がヒットした。2016年10月には第13回当事者研究全国交流集会が大阪で開催された。向谷地生良(2015)は、当事者研究の特徴を「その人のかかえた苦労を語る新しい“言葉”と知恵を生み出す営み」であり、「病気の症状もひとつの自己表現だとするならば、“病気で語る”のではなく、自分の言葉で語ることができた時に回復が始ま」るとしている。本研究の目的は、浦河べてるの家の当事者研究による研究成果のテキストマイニングにより、表現の特徴、特に用いられた単語を分析することで、当事者視点から精神障害のリカバリーについて考察することである。当事者研究では「回復」の使用頻度が低いことがひとつの特徴であると言える。当事者研究とは向谷地生良(2015)が述べるように、「病気を体験した当事者自身が、仲間や関係者と一緒に自分の生きづらさの意味を考えたり、解消策などについて研究し合う活動」であり、「回復」という表現を用いないで回復について「研究」していると言える。また「病気」という言葉よりも「苦労」という単語でトラブルを表現し、人と問題を切り離すという問題解決思考のグループによる研究活動を行っていることが明らかになった。

Published in: Science
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

×