Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
WS045 ワークショップ
平和心理学を創る(1)
平和心理学の現在
いとうたけひこ(和光大学)
日本心理学会第75回大会
2011年9月16日(金)9:30-11:30
日本大学文理学部
3号館3階 3302教室
1
発表者
• 企画者 和光大学 いとう たけひこ
• 司会者 大阪電通大学 平沼 博将
• 話題提供者 和光大学 いとう たけひこ
• 話題提供者 名寄市立大学 中島 常安
• 話題提供者 愛知県立大学 堀尾 良弘
• 話題提供者 大東文化大学 ...
企画趣旨
• 「平和心理学を創る(1):平和心理学の現在」と題する本
ワークショップでは、平和心理学の創造のために、各自の
研究を交流することにより、平和心理学を創り統合すること
を目的とする。そのために、4つの分野からの報告を行なう。
• 第...
WS045 ワークショップ
平和心理学を創る(1)
平和心理学の歴史と
今日の課題
いとうたけひこ(和光大学)
2011年9月16日(金)9:30-11:30
日本大学文理学部
3号館3階 3302教室
4
平和心理学の歴史(国際)
• 第1の波:オールポート(1945)米国
• 第2の波:国際応用心理学会(1961)
デンマーク
• 第3の波:国際心理学会(1984)メキシ
コ(アカプルコ)
5
日本の平和心理学
• 1948 民科心理学部会 ←第一の波
• 1966 応用心理学会(法政大学)←第2の波
→乾・中川1967「平和のための心理学」
1967 日本社会心理学会
「戦争と平和の社会心理学」
松本金寿の調査
6
第3の波:国際心理学会(1984)メキシコ
(アカプルコ)の影響
• 1985平和のための心理学者懇談会発足
• 1988心理科学研究会(心科研)平和部会発
足
7
第3の波: 出版活動
• 平和のための心理学者懇談会1990『平和心
理学のいぶき』
• 古澤・入谷・伊藤・杉田1997『語り継ぎ未来を
拓く平和心理学』
• 心理科学研究会2001『平和を創る心理学』
8
2001年9.11以降 第4の波(?)
●Christie, D. , Wagner, R. & Winter, D. (Eds.)
(2001). Peace, Conflict, and Violence: Peace
Psychology...
日本の平和心理学の課題
• 3つの暴力:直接的・構造的・文化的
• 3つの平和:消極的・積極的・文化的
• ★平和の文化
• 3つの方法:実証的・批判的・構成(創造)的
• 東日本大震災からの提起
10
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

G169-1いとうたけひこ・平沼博将・中島常安・堀尾良弘・杉田明宏・伊藤哲司 (2011, 9月) 平和を創る(1):平和心理学の現在 日本心理学会第75回大会 ワークショップ

150 views

Published on

「平和心理学を創る(1):平和心理学の現在」と題する本ワークショップでは、平和心理学の創造のために、各自の研究を交流することにより、平和心理学を創り統合することを目的とする。そのために、4つの分野からの報告を行なう。
第1に、いとうたけひこは、これまでの日本における平和心理学の過去を振り返り、平和心理学の可能性について報告する。第2に、中島常安は「幼児期の平和教育」について報告する。第3に、堀尾良弘は犯罪・非行における暴力性について報告する。第4に、杉田明宏は沖縄ピースツアーの意義と効果について報告する。指定討論者の伊藤哲司は非暴力の心理学の立場から以上の4つの報告についてコメントをする。最後に参加者の討論を通して平和心理学の現在を語り未来につなげていく。
【参考文献】杉田明宏・伊藤武彦 2008 日本における平和心理学の発展:心理科学研究会平和心理学部会20年の活動を焦点に 心理科学, 28(2), 42-55.

Published in: Science
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

G169-1いとうたけひこ・平沼博将・中島常安・堀尾良弘・杉田明宏・伊藤哲司 (2011, 9月) 平和を創る(1):平和心理学の現在 日本心理学会第75回大会 ワークショップ

  1. 1. WS045 ワークショップ 平和心理学を創る(1) 平和心理学の現在 いとうたけひこ(和光大学) 日本心理学会第75回大会 2011年9月16日(金)9:30-11:30 日本大学文理学部 3号館3階 3302教室 1
  2. 2. 発表者 • 企画者 和光大学 いとう たけひこ • 司会者 大阪電通大学 平沼 博将 • 話題提供者 和光大学 いとう たけひこ • 話題提供者 名寄市立大学 中島 常安 • 話題提供者 愛知県立大学 堀尾 良弘 • 話題提供者 大東文化大学 杉田 明宏 • 指定討論者 茨城大学 伊藤 哲司 ★持ち時間は、話題提供者:20分程度、 指定討論者:10-15分程度、 全体討論20-25分 2
  3. 3. 企画趣旨 • 「平和心理学を創る(1):平和心理学の現在」と題する本 ワークショップでは、平和心理学の創造のために、各自の 研究を交流することにより、平和心理学を創り統合すること を目的とする。そのために、4つの分野からの報告を行なう。 • 第1に、いとうたけひこは、これまでの日本における平和心 理学の過去を振り返り、平和心理学の可能性について報 告する。第2に、中島常安は「幼児期の平和教育」について 報告する。第3に、堀尾良弘は犯罪・非行における暴力性 について報告する。第4に、杉田明宏は沖縄ピースツアー の意義と効果について報告する。指定討論者の伊藤哲司 は非暴力の心理学の立場から以上の4つの報告について コメントをする。最後に参加者の討論を通して平和心理学 の現在を語り未来につなげていく。 • 【参考文献】杉田明宏・伊藤武彦 2008 日本における平和 心理学の発展:心理科学研究会平和心理学部会20年の活 動を焦点に 心理科学, 28(2), 42-55. 3
  4. 4. WS045 ワークショップ 平和心理学を創る(1) 平和心理学の歴史と 今日の課題 いとうたけひこ(和光大学) 2011年9月16日(金)9:30-11:30 日本大学文理学部 3号館3階 3302教室 4
  5. 5. 平和心理学の歴史(国際) • 第1の波:オールポート(1945)米国 • 第2の波:国際応用心理学会(1961) デンマーク • 第3の波:国際心理学会(1984)メキシ コ(アカプルコ) 5
  6. 6. 日本の平和心理学 • 1948 民科心理学部会 ←第一の波 • 1966 応用心理学会(法政大学)←第2の波 →乾・中川1967「平和のための心理学」 1967 日本社会心理学会 「戦争と平和の社会心理学」 松本金寿の調査 6
  7. 7. 第3の波:国際心理学会(1984)メキシコ (アカプルコ)の影響 • 1985平和のための心理学者懇談会発足 • 1988心理科学研究会(心科研)平和部会発 足 7
  8. 8. 第3の波: 出版活動 • 平和のための心理学者懇談会1990『平和心 理学のいぶき』 • 古澤・入谷・伊藤・杉田1997『語り継ぎ未来を 拓く平和心理学』 • 心理科学研究会2001『平和を創る心理学』 8
  9. 9. 2001年9.11以降 第4の波(?) ●Christie, D. , Wagner, R. & Winter, D. (Eds.) (2001). Peace, Conflict, and Violence: Peace Psychology for the 21st Century ●MacNair, R. M. (2003). The psychology of peace: An introduction. Praeger Publishers. ●Blumberg,H.R., Hare,A.P., Costin,A, (2006). Peace psychology: A comprehensive introduction. Cambridge, UK: Cambridge Univewrsity Press. 9
  10. 10. 日本の平和心理学の課題 • 3つの暴力:直接的・構造的・文化的 • 3つの平和:消極的・積極的・文化的 • ★平和の文化 • 3つの方法:実証的・批判的・構成(創造)的 • 東日本大震災からの提起 10

×