Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
社会・文化
性同一性障害者の自意識
ー 闘IJ適合判貯前の Male-to-femaleおよびFemale-to-maleを対象とした質問既周査一
0長坂底。伊藤武彦a
(1)明治明樹立学大朝是心理学研矧ヰ a和光大学現代人間学部)
Keywo...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

G106 長坂晟・伊藤武彦 (2009). 性同一性障害者の自意識-性別適合手術前のMale-to-femaleおよびFemale-to-maleを対象とした質問紙調査- 日本応用心理学会第76回大会発表論文集, 32.

118 views

Published on

G106 長坂晟・伊藤武彦 (2009). 性同一性障害者の自意識-性別適合手術前のMale-to-femaleおよびFemale-to-maleを対象とした質問紙調査- 日本応用心理学会第76回大会発表論文集, 32.

Published in: Health & Medicine
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

G106 長坂晟・伊藤武彦 (2009). 性同一性障害者の自意識-性別適合手術前のMale-to-femaleおよびFemale-to-maleを対象とした質問紙調査- 日本応用心理学会第76回大会発表論文集, 32.

  1. 1. 社会・文化 性同一性障害者の自意識 ー 闘IJ適合判貯前の Male-to-femaleおよびFemale-to-maleを対象とした質問既周査一 0長坂底。伊藤武彦a (1)明治明樹立学大朝是心理学研矧ヰ a和光大学現代人間学部) Keywords:性同ー性障害, MTF,FIM,公的自意識,私的自意識 盟畳二E血 genderidentitydisorderの略語である GIDは 医学的疾患であり,生物学的性別 (sex) と性の自己意識・ 自己認知(gender)が一致しない状態である.GIDの特徴 として,手術前の外見や戸籍の性別と本人の性自認が合致 しないため,カミングアウトやパッ、ンング(外見や態度, 振る舞し、がし、かに反対の↑生別のものに見えるか,塚田, 2004)ができず,他者からの見られ方に対する過敏性,自 分自身について考えることが多いことが挙げられる.菅原 (1984)は,対人不安静哉の強し、者及び自己顕示性の著し い者は,他者からのまなざしに対する正反対の反応鞘教を 持つこと,つまり他者の目に映る自分を強く意識しやすい 人は,積極的自己呈示行動か,逆に防衛的・迎壁的行動を 取りやすし、と指摘している.以上のことから,本研究では 性同一性障害当事者群(以下, GID群とする)と非当事者 群(以下, Non-GID群とする)に分け,心醐句な問題とし て自意識を取り上げ,心理的鞘数を明らかにし Non-GID 群と比較検討を行い,相違点を見出すこととする. 主輩 GID当事者である FIM34名, MTF37名の計71名と, Non-GID女性 42名,男性 30名の計 72名に対して 2004 年 6月下旬から 10月中旬に質問慨を行った.倫離酒己慮の もと当事者には直接依頼して記入,回収し,非当事者にも 同様に直接依頼,記入されたものを回収した自意識につ いては,菅原(1984)の 21項目 7件法から成る自意識尺度を 用し、公的自意識と私的自意識を測定した.当事者のみ,性 同一性障害と治療に関する項目をたずねた 益基 自意識21項目について GID当事者と Non-GID143人 におい因子分析(主因子法・パリマックス回転)を行った ところ, 2因子に分かれ,項目を検討すると,菅原 (1984) の因子構造と同ーの結果が得られた.F1は公的自意識, F2 は私的自意識であった.GID群 (FIM,MTF),Non-GID 群 (Female,Male) における自意識の平均値および標準 偏差について, Tab1e.1に示す. 考察 GIDは Non-GIDよりも自意識が高いとし、う結果は 日常生活における周囲からの無理解,同性愛との混同などが 原因と考えられる.牛島 (1999)によれば性同一性障害者 同司固からの偏見や誤解されることにより外働本験をして不 安を増強させている.このような外傷体験をしないよう,自 分が周囲に与える印象や周囲からの評価を考えながら行動す るため,高い公的自意識得点となったのであろう.また,当 事者は性同~性障害であるか否か考えることが多く,答えを 得ょうと来院するケースも多い(阿15日ら, 2003). このように 当事者は Non-GIDに比べ生活の中で自己に目を向ける傾 向が強く私的自意識が Non-GIDより高くなったのであろう. そして,公的自意識は MTFより FIMが高かったが,一つ の原因として年齢が考えられる.オs:='WllI査における FIMは低 年齢が多く,M'四、は高年齢が多かった.周囲を気にし始める 思春期頃は,周りからの評価に最も敏感になる時期であり公 的自意識は上がる.つまり,高年齢の MTFより低年齢のFTM の公的自意識得点が上がったといえる.さらに,治療段階に ついても言及できる.MTFは身1柏句加療を行っており,女性 的併観を獲得し性自認に近づきつつあるが, FIMは身榊句加 療に至っているケースが少ないことからも,身榊句外観が性 自認と合致しておらず,人からの見られ方に過敏になってい るのであろう.また, MTFに比べて FIMは幼少期から性別 に違和感を抱いている,いわゆる中核群であるケースが多い との報告もあり(中塚ら, 2003),MTFに比べ早期より周囲 の目や言刊簡を気にし始めると考えられる.一方で,支持され なかった私的自意識は,自己内省することであり,個人差が 影響しやすいものと考えられる.また, FIM.MTFともに, 今の自分や今後の治療方針など, GIDに関する朝丙を常に考 えており,両者に差がみられない結果となったと推察できる. 主要引用参考文献 菅原健介 1984 自意識尺度(self-∞nsciousnessscale)日 本語版作成の試み心理学研究, 55,184-188. (ながさかのぼる・いとう たけひこ) Tab,le.1 GID伺'M.MTF),Non-GID(民male・陥1e)における自意識の平均値と標準偏差 FTM MTF Female 地 1e 多重比較@也晶) GID(71名) Non-GID(72名) (34名) (37名) (42名) (30名) 伺'M+阻明(Female+刷 e) 公的自意識 5.71 4.80 4.70 4.04 FIM>MTF, Female,Male 5.23(1.32) > 4.43(.99) (1.34) (1.14) (.73) (1.17) .F(3,13百戸12.634明 a141F4.159叩 私的自意識 5.75 5.30 4.83 4.25 FIM>Female,Male 5.52(.78) > 4.59(.94) (0.69) (.08) (.62) (1.17) FIM,MTF, Female>Male al4lF6.442出 R主139F19.659出 安**p<.001 -32ー

×