Rの導入とRStudio事始め(改訂版)

7,293 views

Published on

Hijiyama.R#3での発表資料です。

Published in: Software
0 Comments
11 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
7,293
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
510
Actions
Shares
0
Downloads
29
Comments
0
Likes
11
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Rの導入とRStudio事始め(改訂版)

  1. 1. Rの導入と基本操作 広島大学大学院 教育学研究科 山根 嵩史 2015.11.28 Hijiyama.R #3
  2. 2. とはなにか •統計処理を目的とするプログラミング言語 •無償+オープンソースのソフトウェア •できることがたくさん データ整形,広範&高度な統計処理,作図 etc… •関連書籍もたくさん
  3. 3. •メリットを挙げればきりがない フリーソフトウェアである パッケージが豊富である Webや書籍や勉強会で情報が簡単に手に入る etc... •一番敷居が高いのはCUIというところ? しかし,その他の主要な統計ソフトでもCUIは不可避 •CUIではないHADには年齢制限がある ※実際にはありません なぜ なのか
  4. 4. •https://www.r-project.org/about.html にアクセス •“CRAN” •Japanのどこか •各々の環境に合わせて ダウンロード&インストール のインストール
  5. 5. •基本的な計算 •関数を使用した計算 関数を利用して複雑な計算を行う 基本的に 関数名(引数, 引数, ...) 自分で作ることも!→小杉先生の発表をお楽しみに Rは大文字と小文字を区別するため,下の例だとエラーが出る と対話してみる 1+1 2^2 sqrt(4) Sqrt(4)
  6. 6. •オブジェクトへの代入 オブジェクトに数値を代入(<-)し,操作する もちろん既存のデータでも可能 •オブジェクトの要素へのアクセス 1列目だけ取り出す 2行3列目の数値を取り出す 特定の列だけ取り出す データ$列名 と対話してみる x <- c(1, 10, 100) dat <- head(iris) dat[,1] dat[2,3] dat$Sepal.Length
  7. 7. •パッケージの利用 素のRでできることはそこまで多くない 計算プログラムをまとめた“パッケージ”を使うことで, 新しい関数が使用可能になり,より高度な処理が可能に と対話してみる Rに実装されているfactanal関数 ・最尤方による因子分析 ・回転法はバリマックス回転と プロマックス回転の2種類 psychパッケージのfa関数 ・最尤方,主因子法,最小二乗法 などの推定法を選択可能 ・他にもオブリミン回転,ジオミン 回転などの回転法を選択可能 Rに実装されているplot関数で作図 ggplot2パッケージのggplot関数で作図
  8. 8. •パッケージのインストール Install.packages関数を使うか,Tools→Install Packages... library関数で呼び出す と対話してみる install.packages("ggplot2") library(ggplot2)
  9. 9. ・R-Tips (http://cse.naro.affrc.go.jp/takezawa/r-tips/r.html) Rの基本操作集 ・seekR (http://seekr.jp/) Rのための検索エンジン ・Rjpwiki (http://www.okada.jp.org/RWiki/) ・Rオンラインガイド (http://psycho.edu.yamaguchi-u.ac.jp/?page_id=242) 音声によるRの解説 よかったらどうぞ 関連の便利なサイト
  10. 10. RStudio事始め 広島大学大学院 教育学研究科 山根 嵩史 2015.11.28 Hijiyama.R #3 Revised!
  11. 11. とはなにか •R用の統合開発環境 •Rの機能を拡張して使いやすくしてくれるソフト •Rを飯ごう炊爨だとすると,RStudioはシステムキッチン •HiRoshima.R#2でRstudioの使い方について紹介しましたが, バージョンアップ (v0.99) に伴い便利な機能が多数追加 = =
  12. 12. •https://www.rstudio.com/ にアクセス •“Download RStudio” •“Desktop” •“DOWNLOAD RSTUDIO DESKTOP” •各々の環境に合ったものを選択し ダウンロード&インストール のインストール
  13. 13. • 起動するとRが自動的に読み込まれる (Tools → Global Options...→ General でバージョン変更も可能) • 画面が ①エディタ ②コンソール ③ワークスペース ④その他 に4分割される • 画面の配置は Tools → Global Options... → Pane Layout で変更 僕は右上にコンソール派です の画面説明 ① ② ③ ④
  14. 14. ①エディタ •Rのコードやコメントアウト(#)を入力する •コードを選択し,右上のRunボタンか Ctrl+Enterで実行する •コードの新規作成や 書いたソースコードの保存 既存のソースを開くのもここ •Rのコードはトライ&エラーなので, 清書用と考えればOK の画面説明
  15. 15. ②コンソール •コードの実行と計算結果の表示 •R本体が格納されている感じ •上下矢印キーでコードの履歴を, Ctrl+↑でこれまでのすべての コードを参照できる •Tabキーでコードの補完 関数名と引数を確認できる (エディタ画面でも可) の画面説明
  16. 16. ③ワークスペース •作成されたデータセットや オブジェクト,関数などの 要約が表示される •データセットを選択することで エディタ画面に新しいタブとして データセットが表示される の画面説明
  17. 17. ④その他 •Plots画面 作図したグラフ等の表示 左右矢印ボタンでグラフの 切り替え •Exportボタンから,サイズを変更して Image, PDF, として保存したり クリップボードに貼り付けたり の画面説明
  18. 18. ④その他 •History画面 これまでのコードの履歴が 表示される •コンソールやエディタに 貼り付けることも の画面説明
  19. 19. ④その他 •Packages画面 インストールされている パッケージが表示される チェックボックスで呼び出し •Help画面 ?(関数名)やhelp関数で 呼び出すヘルプが表示される 英語だが,読めばだいたい 何とかなる の画面説明
  20. 20. Tips of •コードのチェック機能 •カンマが抜けていたり,引数が足りなかったりする場合には警告 マークが出る
  21. 21. Tips of •コードの補完機能 コードの補完は関数名だけでなく,オブジェクトや (インストールさ れている) パッケージ名に対しても有効
  22. 22. Tips of •コードの検索・置換 •エディタ画面では,コードの検索と置換ができる
  23. 23. Tips of •ソースコードを畳む&ジャンプ •{}でくくられたコードは畳むことができる •コードの後ろに“ーーーー”をつけることで,指定した範囲を畳ん だり,次の見出しまでジャンプすることができる
  24. 24. Tips of •データセットのタブ表示 •フィルター機能も追加されました
  25. 25. Tips of •プロジェクトの作成・切り替え •現在の作業状態をProjectとして保存,呼び出すことができる •いちいちディレクトリ設定や関数の呼び出しをしなくて済む

×