Redmineプラグイン活用入門

16,318 views

Published on

Jenkins,Redmine使いこなし勉強会での資料です。
http://connpass.com/event/500/
プラグイン自体の紹介は少なく、
探し方、他の拡張方法、プラグイン作成時の導入までです。

Published in: Technology
0 Comments
26 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
16,318
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
81
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
26
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Redmineプラグイン活用入門

  1. 1. Redmineプラグイン 活用入門 2012/5/25 @Kokawa_Takashi
  2. 2. 注意Redmineの開発が早い、開発環境が安定していないので情報がすぐ陳腐化する恐れがあります自分はWebアプリケーション開発にはそこまで詳しくないですよ http://www.flickr.com/photos/21560098@N06/7127570205/
  3. 3. Redmineで初めてWebアプリの拡張に手を出す人のきっかけになれば http://www.flickr.com/photos/pen3ya/2093324608/
  4. 4. Redmine使いこなしてますか?
  5. 5. Redmineを動かしてみただけではうまくいかないですよね?
  6. 6. Redmineの設定で解決できる問題 トラッカー、権限設定運用で解決できる問題 意識づけ、スタンドアップMTGRedmineを拡張して解決できる問題 今日の話
  7. 7. どの解決方法が一番良いかを常に考えるのが大事 http://www.flickr.com/photos/dreamers_lair/7210031840/
  8. 8. 今日の内容プラグインの探し方・オススメ紹介REST APIを使って外部から連携プラグインを作ってみる
  9. 9. プラグインの探し方オススメ紹介
  10. 10. r-labさんhttp://www.r-labs.org/
  11. 11. 本家公式サイトhttp://www.redmine.org/plugins
  12. 12. 運用に合ったプラグインを探しましょう
  13. 13. 1つだけオススメプラグインを紹介
  14. 14. Wiki Extensions Pluginオートプレビュー任意のWikiページをメニュー項目に任意のWebページを埋め込みアクセスカウント、更新履歴 デモ
  15. 15. おまけ: 個人的に好きなプラグインCodeReviewBacklogsTimeTracker
  16. 16. REST APIを使って外部から連携
  17. 17. REST APIってなに?RedmineのURLにXMLやJSONデータを送り込んで操作するAPI(取得も可) http://www.redmine.org/projects/redmine/wiki/Rest_api自動でチケットを作る事ができる
  18. 18. プラグインを作るより場合によってはハードルが低い
  19. 19. RESTClientで叩いてみるhttp://code.google.com/p/rest-client/<issue> <subject>sample</subject> <description>ticket create sample.¥n </description> <project_id>sample</project_id> <tracker_id>4</tracker_id> <assigned_to_id>1</assigned_to_id></issue>
  20. 20. Jenkinsから呼んでみる × デモ
  21. 21. 余談Jenkinsと連携させておくと・・・ 期日が間近のチケットをメールで通知する 「リポジトリ」画面を開くのが遅いRedmine.JPさんのFAQにあるような 問題解決方法をJenkins側で実現
  22. 22. プラグインを作ってみる
  23. 23. 今日説明する事プラグイン開発環境構築 ここが一番つまづく・・・一番シンプルでお得なプラグイン
  24. 24. プラグイン開発環境1.4 or 2.0以降を対象に話します Ruby1.9対応 Bundler対応
  25. 25. 環境構築Ruby環境RedmineインストールRubyデバッグ環境NetBeansインストール・設定 r-labsさんの 「NetBeansでプラグイン開発」も参考に
  26. 26. Ruby環境Windows RubyInstaller + DevKit http://rubyinstaller.org/Mac RVM(Ruby Version Manager) MySQLクライアントのインストールも求められた・・・
  27. 27. Redmineインストール 公式の手順に沿ってインストール http://www.redmine.org/projects/redmine/wiki/ RedmineInstall databaseはSQLite3を指定するのが楽 WEBrickでのサーバ起動までやってみるポイント!bundle install --without development test rmagick --path vender/bundle
  28. 28. Rubyデバッグ環境 Redmine1.3くらいからruby-debug- ideでうまく動かなくなった Ruby1.9対応のせい・・・? ruby-debug-base19を入れる 安定版がうまく入らないgem install ruby-debug-base19x --pre
  29. 29. Rubyデバッグ環境ruby-debug-ide gem install でうまく入らない プレリリース版を入れるgem install ruby-debug-ide --pre
  30. 30. Rubyデバッグ環境 gem install ruby-debug-base19x --pre gem install ruby-debug-ide --preruby-debug-base19x (0.11.30.pre10)ruby-debug-ide (0.4.17.beta9)linecache19 (0.5.13)を手動で入れる必要がある場合も
  31. 31. NetBeansのインストール・設定NetBeans7からはRubyを公式サポートしていない 6.9.1が最終 7.1も非公式プレビュー版がある Haru’s blog「Netbeans IDE 7.1 にRubyプラグインをイン ストールする」を参考に http://haruiida.blogspot.jp/2012/01/netbeans-ide-71-ruby.html
  32. 32. NetBeansの設定新規プロジェクトから「既存のRubyand Railsアプリケーション」Ruby環境を設定 Gemのパスを確認Rails環境にproductionを指定
  33. 33. デモ
  34. 34. 一番シンプルでお得なプラグインを作ってみる
  35. 35. メニューからHelpを消す
  36. 36. プラグインを作ってinit.rbに↓を書くdelete_menu_item :top_menu, :help デモ
  37. 37. 後はネットで調べたり他のプラグインのソースを参考にしたりRedmineのソースを追いかけたり
  38. 38. いろいろチャレンジしてみてください

×