Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

NAISTソフトウェア工学研究室紹介2020

523 views

Published on

NAISTソフトウェア工学研究室の最近の活動を紹介したスライドです。

Published in: Software
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

NAISTソフトウェア工学研究室紹介2020

  1. 1. ようこそ、ソフトウェア工学研究室へ! 博士後期課程:8名 (留学生5名) 博士前期課程:14名 (留学生7名) 准教授:石尾隆教授:松本健一 助教:畑秀明, Raula Gaikovina Kula 2020年10月時点
  2. 2. ソフトウェア工学とは バグのないプログラムを作る 方法・道具を考える学問です (諸説あります)
  3. 3. ソフトウェアに対する社会の期待  従来の工業製品は時間が経過しても同じ機能を果たし続け ることが大事でした  頑健であること,安全であること  ソフトウェアは時間経過に伴って進化することが求められま す  利用者の変化: 新しい要望にあわせた新機能の追加  社会の変化: 法令の変化や社会的な責任の反映  技術の変化: 新しい技術の登場の取り込み ソフトウェア自体と、それを作る人の知識を 更新する方法を考える必要があります
  4. 4. 研究テーマ = { つくるもの, つくるひと } ✕ { 個, 群 } 入出力例に基づく プログラムの自動合成 プログラムの書き方を用いた 開発スキルの自動評価 過去の修正事例を用いた バグの自動修正 他プロジェクトの事例に基づく 利用すべき技術の提案
  5. 5. 2018-2020年度の研究プロジェクト (一部) • データベース入出力例からの SQL 合 成 • 類似した誤りを持つソースコードの検索 • 開発者間で重複した作業の早期検出 • 開発経験とコード品質の関係分析 • コードレビューにおける議論の質の分 析 • プログラミング試験でのカンニング検 出 • ライブラリ検索技術の有効性評価 • ライブラリ利用例のカタログ生成 • バグのあるライブラリの利用状況の検 出 • プログラミングに役立つ文献の自動抽 出 • 「あとで直す」コメントへの対応方法調査 • コードレビューの担当者を決定する際に 考慮すべき要素の分析
  6. 6. 研究の目標設定 自分のやりたい研究を!  ソフトウェアに関することなら何でも  学生からの新しい研究テーマの提案も奨励しています 世の中で役立つ研究を!  「面白い,しかも役に立つ」 研究を目指しています  実際の企業やオープンソースソフトウェア、他の研究者に 良い影響を与えられるように、研究成果のソフトウェアとし ての公開等の形で社会貢献を進めています
  7. 7. 企業・団体との連携 (2019-2020)  NTTデータ (SQLの自動合成)  富士通研究所 (オープンソースソフトウェアの活用)  NEC (バグを根絶するための類似コード検索)  日本有人宇宙システム (ソースコードと設計の一貫性評価)  株式会社ギブリー (エンジニア教育・スキル評価)  株式会社スリーク (自動コードレビュー)  SAP (セキュリティ問題のある部品の検出)  株式会社 d-Tosh (遠隔プログラミング教育環境)
  8. 8. プロジェクト制での研究活動  各学生は自分の修士・博士論文プロジェクトを持ちます  教員の誰か1人が研究の方向性をガイドする  テーマによって他の教員、学生も支援に加わる  各学生は興味に応じてサブプロジェクトにも参加できます  2019-2020年の例:  NAISTカーシェアリングシステムの開発  遠隔授業システム「カメレオン」の開発  「プログラムから、その作者を当てるシステムを作るコンテスト」 (AI- SOCO 2020) への参加 企業と共同での研究成果の実証実験 ソフトウェア工学技術を実践を通じて学びながら、プロジェクトに応じた 実習科目の単位や研究業績、開発の謝金を受け取ることができます
  9. 9. 研究を通じて学ぶ技術、知識  プログラミング言語処理 (字句・構文・意味・実行の解析)  言語処理系・デバッガ等の解析ツール群を使って、取り出したデータの処理手順を考 えるのが主となります  M1 に、任意参加の演習の形で技術に触れる機会を提供しています  ソフトウェアリポジトリ (ソースコードの収集)  Git、Subversion などのバージョン管理ソフトウェア、Web サービスの機能の活用  ソフトウェアに関する品質等の指標  論文、書籍からの勉強で修得  統計学  調査系の研究では必須  提案系でも性能評価などを正しく行う場合にはかなり重要  その他の道具  機械学習、ブロックチェーンなど個別技術を必要に応じて学ぶ
  10. 10. 研究室の基本方針:自由にやる、無理をしない  公用語は日本語・英語併用です  研究室内での発表は日本語でも英語でも構いません  長期の企業インターンシップや海外留学、各種コンテストや 勉強会への参加など、学外での活動も奨励しています  研究活動を含めて自分がこなす作業を管理することが重要です  対外発表は能力と希望、研究成果に応じて実施しています  国際会議・国際論文誌にも挑戦可能です  修士を取るまでに対外発表経験を積むことで、技術を正確に説明す る能力などを身に着けることが可能です
  11. 11. 卒業生の進路 ソフトウェアに関わる様々な 場所で活躍しています!  企業 Microsoft,NTTデータ,NEC,日立製作所,トヨタ,楽天, 富士通,富士通研究所,Yahoo,パナソニック,オムロン, ソニー,ソニー・インタラクティブエンタテインメント,TIS,ローム, NTTコミュニケーションズ,伊藤忠テクノソリューソンズ, freee,ゲームフリーク,コナミ ほか  大学  神戸大学  Queens University  九州大学  奈良先端大 ほか 研究室に関する質問・相談があれば 石尾 ishio@is.naist.jp まで。 「いつでも見学会」も 受け付けています。

×