Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

NAIST ソフトウェア工学研究室紹介 2018

430 views

Published on

奈良先端科学技術大学院大学受験を考えている人向けのソフトウェア工学研究室の紹介です。ソフトウェア開発技術に興味のある人はぜひ見学にお越しください。

Published in: Software
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

NAIST ソフトウェア工学研究室紹介 2018

  1. 1. Copyright © 2018 Nara Institute of Science and Technology 2018年度 ソフトウェア工学研究室・紹介
  2. 2. 2 ようこそ、ソフトウェア工学研究室へ! 博士後期課程:7名 (留学生3名) 博士前期課程:10名 (留学生5名) 准教授:石尾隆教授:松本健一 助教:畑秀明, Raula Gaikovina Kula
  3. 3. 3 ソフトウェア工学とは ソフトウェア開発・利用の方法を考える学問分野です 高品質なソフトウェアを,早く,少ない労力で開発し, 社会がソフトウェアを活用できるようにすることが 研究分野としての目標です
  4. 4. 4 ソフトウェアは進化する  従来の工業製品は,時間が経過しても同じ機能を果たし続け ることが大事でした  頑健であること,安全であること  ソフトウェアは,時間経過に伴って進化することが求められます  利用者の変化: 新しい要望にあわせた新機能の追加  社会の変化: 法令の変化や社会的な責任の反映  技術の変化: 新しい技術の登場の取り込み
  5. 5. 5 ソフトウェアの進化を工学的に支える 当研究室は,ソフトウェア開発技術を,開発者の組織や世代の 枠を超えて継承・発展させる方法の実現を目的としています  ソフトウェア開発者のこれまでの活動をデータとして解析し,そこに隠 れている開発者の知恵を理解する  得られた知見を,ソフトウェア開発者が実践すべき行動規範や,活動 を助けるツールとして具現化し,開発者を支援する
  6. 6. 6 研究として注目する側面 つくる Create つかう Use 育てる Foster 良いものを作る ソースコードのバグ予防 ・ 自動添削 良いものを使う ソフトウェアの 「原材料」 の収集・管理・表示 作り続ける 人間・社会とソフトウェアの関係
  7. 7. 7 研究の具体的なテーマ つくる Create つかう Use 育てる Foster  理解 支援  レビューにおける議論の分析 レビューの作業分担の分析 コード修正の自動提案 参考文献の抽出・提案 開発者へのライブラリ推薦 README 記述パターン分析 コメント内容からの 怪しいコードの検出 ライブラリのバグの影響分析 開発者の脳活動の分析 プロジェクトへの寄付の効果の分析 人的資本統計 ライブラリコピーの追跡 ライブラリ更新の支援 README 記述項目の推薦
  8. 8. 8 研究の基本道具:ソフトウェア可視化 ソフトウェアのソースコードや実行を解析する専用ツールを自分たちで構築し使用する アプリ実行のリアルタイムモニタリング バージョン違いのソフトウェア部品の出現時期・個数・類似度 プロジェクト間の ファイル再利用関係 プログラムを読む開発者の脳活 動
  9. 9. 9  研究の目標設定  自分のやりたい研究を! 学生からの新しい研究テーマの提案も奨励しています  世の中で役立つ研究を! 産官学連携・共同研究多数.これらの経験に基づいて, 「面白い,しかも役に立つ」研究を目指しています  1人の学生に対して通常2名の教員が指導に当たります  1名が研究目標の設定や論文執筆などの研究活動を指導します  1名が解析・可視化技術など,技術的な側面の支援を行います 本研究室の指導体制
  10. 10. 10  研究内容を積極的に他の人に向かって説明することで,「異な る視点」を知ることを推奨しています  大学間連携 カナダ,香港,ハワイ,タイ,フィンランド,オーストラリア, 九大,阪大,和大,早稲田大,電通大,岡山大,愛媛大, 和歌山大  連携先大学への学生派遣←いま最も力を入れてます!  国内・国際ワークショップでの発表  企業との共同研究 外部組織と連携した研究指導
  11. 11. 11 国際研究ネットワーク Daniel M. German (University of Victoria) Graham Neubig (Carnegie Mellon University) Bram Adams (Ecole Polytechnique de Montreal) Ahmed E. Hassan (Queen’s University) Marco Aurelio Gerosa (University of Sao Paulo) Mingyu Guo Christoph Treude (University of Adelaide) Jacky Keung (City University of Hong Kong) Shane Macintosh (McGill University) Emad Shihab (Concordia University) Putchong Uthayopas (Kasetsart University) Meiyappan Nagappan (University of Waterloo) Michele Lanza (University of Lugano) Coen De Roover (Vrije Universiteit Brussel) Ali Ouni (ETS Montreal)
  12. 12. 12 学生の海外派遣  夏休みや第三期(10~12月) などに5週間ほど  旅費,滞在費は研究室が負担.  派遣実績  2017年度:カナダ マギル大学,カナダ クイーンズ大学  2016年度:カナダ マギル大学,香港理工大学(2名)  2015年度:カナダ コンコルディア大学,オーストラリア アデレード大 学  2014年度以前:カナダ クイーンズ大学(3名),フィンランド オウル大 学,香港理工大学,... 海外の研究者と連携したい人を歓迎します!
  13. 13. 13 学生の国内派遣  2週間から1か月間  旅費・滞在費は研究室が負担.  派遣実績  九州大学:ソフトウェアアナリティクス  早稲田大学:OSS導入支援  岡山大学:ソフトウェアエコシステム  大阪大学:ソフトウェア解析  和歌山大学:OSS開発支援  電通大:ゲーム理論 他大学の研究者と連携したい人を歓迎します! NAIST 大阪 大学 早稲田 大学 和歌山 大学 電気 通信 大学 九州 大学
  14. 14. 14 国際研究集会での発表  研究室で毎年国際的な研究集会・会議を開催  なんと...M1も発表! MSR Asia Summit 2017 IWESEP 2016
  15. 15. 15 共同研究の実績  富士通研究所  日立製作所  東芝  NEC  NTT西日本  NTTデータ  有人宇宙システム  宇 宙 航 空 研 究 開 発 機 構 (JAXA)  経済調査会  IPAソフトウェアエンジニアリング センター  香港城市大学  カーネギーメロン大学 (アメリカ)  アデレード大学 (オーストラリア)  クイーンズ大学(カナダ)  コンコルディア大学(カナダ)  カセサート大学(タイ)  岡山大学  和歌山大学  名古屋大学  九州大学 (敬称略)
  16. 16. 16  こんな人向け  将来,ソフトウェア開発に携わりたい!  将来,データ分析のプロになりたい!  社会に出て役に立つ,知識・スキルを身につけたい!  ソフトウェアに関する「何か」に興味がある!  新しいソフトウェアを作り出したい!  実践的な研究をしたい!  海外で研究したい!国内外の連携に挑戦したい! 本研究室の特徴
  17. 17. 17  2017年度  日本ソフトウェア科学会 FOSE2017 ショートペーパ部門 貢献賞,池田祥平(M2)  情報処理学会 SES2017 インタラクティブ特別賞,上田 裕己  2016年度  NAIST 情報科学研究科 最優秀学生賞, Chakkrit Tantithamthavorn (D3)  IWESEP2017 Best Poster Award, 大神勝也 (M1)  情報処理学会 SES2016 ポスターインタラクティブ賞, 平尾俊貴 (M2)  2015年度  IWESEP2016 Best Poster Award, Stevche Radevski (M1)  情報処理学会 SES2015 インタラクティブ賞, 坂口英司(M1)  2014年度  IEEE Computer Society Japan Chapter FOSE Young Researcher Award, 大橋良太(M1)  IWESEP2014 Best Poster Award, 藤野啓輔 (M1)  2013年度  NAIST 情報科学研究科 最優秀学生賞, 林宏徳(M2)  IEEE Computer Society Japan Chapter FOSE Young Researcher Award, 内垣聖史(M2)  情報処理学会 グループウェアとネットワークサービスワークショップ ベストペーパー賞, 林宏徳(M2)  IWESEP2013 Best Student Paper Award, 尾上紗野 (M1)  情報処理学会 DICOMO2013 優秀論文賞, 林宏徳(M2)  情報処理学会 DICOMO2013 優秀論文賞, P. Phannachitta (M2)  情報処理学会 DICOMO2013 最優秀プレゼンテーション賞, 林宏徳(M2)  2012年度  NAIST 情報科学研究科 最優秀学生賞, P. Phannachitta (M2)  IEEE Computer Society Japan Chapter FOSE Young Researcher Awardおよび貢献賞, 中野大輔(M2) 実績 (受賞)
  18. 18. 18  企業  Microsoft,NTTデータ,NEC,日立製作所,トヨタ,楽天  富士通研究所,Yahoo,ソニー,オムロン,TIS,ローム  NTTコミュニケーション,伊藤忠テクノソリューソンズ  パナソニック,freee,ゲームフリーク,ほか  大学  神戸大学,Queens University,九州大学,NAIST,ほか  日本学術振興会 (特別研究員 採用)  特別研究員 PD  特別研究員 DC2  特別研究員 DC1 就職,進学 修了生が様々な分野で活躍 しています!!!
  19. 19. 19 B307 研究室の様子 B306 B305 学生・助教部屋 ミーティング部屋 (小) ミーティング部屋(大)
  20. 20. 20 一人に1台デスクトップマシン 3Dプリンタ 一人に1台ラップトップ 研究設備 電気自動車の カーシェアリングシステム スモークトースター バリスタ 電子ピアノ 電気ポット エレキギター
  21. 21. 21 ぜひ見学にお越しください  NAIST 公開イベントにお越しください http://www.naist.jp/admission/exam/campustour.html  研究室でじっくり話を聞きたい方は,「いつでも見学会」 にお 申し込みください  ソフトウェア工学研究室は「情報科学領域」に所属しています.上記 ページ記載の情報に従って,希望日時の候補をお送りください  すぐに見学には行けないが,進学に関して少し興味・質問が あるという場合は,まずはメールにてご連絡ください  准教授 石尾( ishio [at] is.naist.jp )まで  Skype 等の方法で相談に応じられる場合もあります

×