Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Team Refactoring -強いチームをつくる技術- #dotsconf

2,067 views

Published on

2016年2月27日(土)Dots Conference Spring 2016にて。
「Team Refactoring -強いチームをつくる技術-」。

日本語が全滅していたのでこちらにも…
https://speakerdeck.com/takaking22/team-refactoring-qiang-itimuwotukuruji-shu-number-dotsconf

Published in: Technology

Team Refactoring -強いチームをつくる技術- #dotsconf

  1. 1. Team Refactoring - 強いチームをつくる技術 - 及部 敬雄 @TAKAKING22 Photo by Natural-Heart(https://goo.gl/9vjZ2L)
  2. 2. @TAKAKING22 及部 敬雄 @TAKAKING22 ✓ 楽天株式会社 ✓ 歌って踊れるエンジニア ✓ 野生のアジャイラー ✓ 邪道スクラムマスター ✓ チェンジエージェント ✓ アイドルマスター ✓ レインメーカー
  3. 3. @TAKAKING22 ストレッチタイム Photo by SILHOUETTE DESIGN(http://kage-design.com/)
  4. 4. @TAKAKING22 まわりを見てください ✓ すぐに立ってやる人 ✓ まわりを見てはじめる人 ✓ 絶対にやろうとしない人 ✓ ノリノリな人 ✓ イヤイヤな人
  5. 5. @TAKAKING22 Photo by Melanie(https://goo.gl/BqGANw) いろんな人がいる中 チームでものづくりするのは大変
  6. 6. @TAKAKING22 開発現場でよく見る問題 ✓ レガシーシステム ✓ メンバーのスキルが低い ✓ 人材が不足している ✓ 割り込みタスクが多い ✓ いつも炎上している
  7. 7. @TAKAKING22 Photo by フリー写真素材ぱくたそ(https://www.pakutaso.com/) 実は殆どが技術的な問題ではなく チーム・コミュニケーションの問題
  8. 8. @TAKAKING22 実際のところ、ソフトウェア開発上の問題の 多くは、技術的というより社会学的なものである by トム・デマルコ / ティモシー・リスター(ピープルウェア)
  9. 9. @TAKAKING22 開発の仕組みは広まっているが、 現場の問題はあまり変わってない
  10. 10. @TAKAKING22 Photo by loa bacon(https://goo.gl/jpUXVY) ふつう にやっているだけでは うまくいかないのかもしれない
  11. 11. @TAKAKING22 Photo by Chris Potter(https://goo.gl/VNkzFG) 差分はなんだろうか?
  12. 12. @TAKAKING22 ✓ ダメなプロダクトをよいつくり方で
 つくるとダメなものが生まれる ✓ よいプロダクトをダメなつくり方で
 つくるとダメなものが生まれる よいプロダクトをよいつくり方で
 つくる必要がある
  13. 13. @TAKAKING22 Photo by Giuseppe Milo(https://goo.gl/NQ0VXV) プロダクトは継続する
  14. 14. @TAKAKING22 ビジネス 開発 チーム プロダクト開発の構成要素
  15. 15. @TAKAKING22 チーム 開発 ビジネス チームがビジネスと開発の基盤
  16. 16. チーム @TAKAKING22 チームが揺らげば崩れてしまう 開発 ビジネス
  17. 17. @TAKAKING22 よいプロダクトを よいつくり方で
 つくり続ける 強いチームが必要 Photo by Natural-Heart(https://goo.gl/9vjZ2L)
  18. 18. @TAKAKING22 Slide by Ryuzeeさん(http://goo.gl/LmcqjP)
  19. 19. @TAKAKING22 1エンジニアの自分が、 実際の現場で何度も小さな失敗 を繰り返しながら強いチームを つくるためにやってきたこと、 その中で得たチームづくりの コツと必要なマインドセット 今日話すこと
  20. 20. @TAKAKING22 #1 強いチームとは
  21. 21. @TAKAKING22 チームは、共通の目的、達成すべき 目標、そのためのやり方を共有し、 連帯責任を果たせる補完的なスキル を備えた少人数の集合体 by Wikipedia
  22. 22. @TAKAKING22 Photo by Flavio (https://goo.gl/6GZFi5) チーム ≠ 烏合の衆
  23. 23. @TAKAKING22 Photo by Groundhopping Merseburg(https://goo.gl/yhzRx5) 共通の目的、コラボレーション
  24. 24. @TAKAKING22 強さの定義はチームによって違う Photo by フリー写真素材ぱくたそ(https://www.pakutaso.com/)
  25. 25. @TAKAKING22 共通していること ✓ 1+1+ … +1 = n以上である ✓ 変化に強い ✓ チームの文化が存在する ✓ 改善サイクルがまわっている ✓ チームが継続的である n
  26. 26. @TAKAKING22 #2 チームリファクタリングの進め方
  27. 27. Photo by Natural-Heart(https://goo.gl/9vjZ2L) @TAKAKING22 強いチームは意識的につくる
  28. 28. @TAKAKING22 Q. 誰が? A. チームが
  29. 29. Photo by Eli Christman(https://goo.gl/z10oQW) @TAKAKING22 誰かがやっている内は継続しない 自転車を押すくらいのイメージ
  30. 30. @TAKAKING22 自分達で自分達を強くする そしてそれを自分達で続ける
  31. 31. @TAKAKING22 Team Refactoring Photo by Rainier Martin Ampongan(https://goo.gl/wv3ZRV)
  32. 32. @TAKAKING22 今 チームの今を知る
  33. 33. @TAKAKING22 今 強 共通の目的をつくる
  34. 34. @TAKAKING22 今 強 次 ブレイクダウンした目標を設定
  35. 35. @TAKAKING22 今 強 次 実施⇒振り返り⇒次の目標を設定
  36. 36. @TAKAKING22 今 強 それをひたすら繰り返す
  37. 37. @TAKAKING22 Team Refactoring 1. チームの今を知る 2. 共通の目的をつくる 3. 目的をブレイクダウンして目標を設定 4. 結果をできるだけVisualでふりかえる 5. それをひたすら繰り返す
  38. 38. @TAKAKING22 Slide by Ryuzeeさん(http://goo.gl/LmcqjP) 混乱しているチームは このあたりをうろうろ していることが多い
  39. 39. @TAKAKING22 by Vladimer Shioshvili(https://goo.gl/CmnEMB) 混乱しているところで 挑戦してもさらなる混乱を生む
  40. 40. @TAKAKING22 Team Refactoring 1. チームの今を知る 1.1. 困っている問題から解決する 1.2. 振り返りの場をつくって成功を喜ぶ 1.3. しばらく続けて習慣化する 2. 共通の目的をつくる 3. 目的をブレイクダウンして目標を設定 4. 結果をできるだけVisualでふりかえる 5. それをひたすら繰り返す
  41. 41. @TAKAKING22 実際の現場でやっている Team Refactoringを 一部ご紹介
  42. 42. @TAKAKING22 Case 1on1カフェトーク ✓ チームに入ったら実施する ✓ 各チームメンバーと1on1で話す ✓ コーヒーを飲みながら気軽に話す ✓ なるべく相手に話してもらう ✓ 相手の考えていることを聴く ✓ 「こうなったらいいのにな」 ✓ その後も定期的に実施する
  43. 43. @TAKAKING22 Case by Matthew Hurst(https://goo.gl/cRUyX2) 大きな問題には皆気づいている 個人個人の本音を話す場 キーパーソンがわかる
  44. 44. @TAKAKING22 Case ふりかえり(初期) ✓ チームに入ったら1度機会を貰う ✓ 最初はアイスブレイクに力を入れる ✓ 各個人が話す機会をつくる ✓ 全員で考えて選択する ✓ 小さな成功を大きく喜ぶ ✓ 最後に続けるかどうかを問う ✓ 定期的に実施する
  45. 45. @TAKAKING22 Case 少しずつオーナーシップが生まれる 一定のリズムが生まれる
  46. 46. @TAKAKING22 Case チームインセプションデッキ ✓ 自分達でチームの共通の目的を作る ✓ できるだけ見える成果を設定にする ✓ 定期的にふりかえって更新する ✓ マネージャーとすり合わせる ✓ 時間が取りにくければ、個別にヒア リングして一部まとめておく ✓ ただし最後はチーム全員で合意する
  47. 47. @TAKAKING22 Case
  48. 48. @TAKAKING22 Case ✓ チームのミッション ✓ チームのテーマ ✓ チームが抱えている問題 ✓ チームレーダーチャート ✓ チームロードマップ ✓ 個人のチームへの貢献
  49. 49. @TAKAKING22 Case チームの共通のゴールが 明文化される
  50. 50. @TAKAKING22 Case チームレーダーチャート ✓ チームにとって重要なトピックを
 各自で書き出して共有する ✓ 特に大事だと思う5つに投票 ✓ 選んだ5つについて各自で10点
 満点で現在のチームを評価する ✓ 全員の平均をレーダー化する ✓ 定期的に振り返り進捗を記録する
  51. 51. @TAKAKING22 Case
  52. 52. @TAKAKING22 Case 自分達で自分達の 定性的な評価をする
  53. 53. @TAKAKING22 Case チームロードマップ ✓ チームでTryすべきこと・解決した い問題を各自で書き出す ✓ レーダーチャートの5項目の内、
 最も近いトピックの近くに貼る ✓ トピックごとに優先順位を決める ✓ 結果を元にロードマップを作成する ✓ マネージャーとすり合わせる
  54. 54. @TAKAKING22 Case
  55. 55. @TAKAKING22 Case
  56. 56. @TAKAKING22 Case チーム改善のロードマップが
 全員の共通認識になる
  57. 57. @TAKAKING22 Case スキルマップ ✓ チームに必要なスキルセットをリス トアップする ✓ 各メンバーが自己評価を実施する
 ex. ☆人に教えられる,○1人でできる,△サポートがあればできる,♪やってみたい ✓ 定期的に更新する ✓ 新メンバーの受け入れ時や採用面談 の時に使用する ✓ 各スキルの教育コンテンツを提供
  58. 58. @TAKAKING22 Case
  59. 59. @TAKAKING22 Case チームの強み・弱みがわかる 個人のスキルアップの目標になる メンバー入替の判断材料になる
  60. 60. @TAKAKING22 コツ ✓ 本やプレゼンや他人ではなく チームからの学びを第一にする ✓ チームに、個人に傾聴する ✓ 小さくても繰り返し、続ける ✓ チームも自分も楽しむ ✓ 無理はしない、早めに諦める
  61. 61. @TAKAKING22 ex. 2年半続けると… 130 回ふりかえりをして 2,173 個のよかったを見つけて 2,098 個の問題と向き合い 299 個のTryをしてきた
  62. 62. @TAKAKING22 ex. 2年半続けると… イヤでもよくなる!! - Tryの総数 -
  63. 63. @TAKAKING22 #3 チームを超えたその先
  64. 64. @TAKAKING22 チーム 開発 ビジネス チームがビジネスと開発の基盤
  65. 65. @TAKAKING22 チーム 開発 ビジネス 組織 チーム 開発 ビジネス 組織がチームの基盤
  66. 66. @TAKAKING22 チーム 開発ジネス 組織 チーム 開発 ビジネス 組織がチームを支えられない場合
  67. 67. @TAKAKING22 組織の構造がシステムの設計にも 大きな影響を与える by メルヴィン・コンウェイ(コンウェイの法則)
  68. 68. @TAKAKING22 組織の構造がプロダクトの品質にも 大きな影響を与える by フレデリック・ブルックス(ブルックスの人月の神話)
  69. 69. @TAKAKING22 Article by Publickey(http://goo.gl/E0L6w) 組織が品質に与える影響の実証
  70. 70. @TAKAKING22 最近のHot Topicsも組織絡み DevOps Microservice 価値提供までのリードタイムの話 なので組織を超えた改善が必要 組織とセットで考えずに流行りに 飛びついてに導入すると失敗する
  71. 71. @TAKAKING22 Photo by Dennis Jarvis(https://goo.gl/DVWMbb) カベを超えるために 組織改善は不可欠
  72. 72. @TAKAKING22 Photo by Dandelion Soup(https://goo.gl/e4Xjmh) 組織の話になると嫌煙しがち
  73. 73. @TAKAKING22 自分達の組織を変えるのは誰だ!? Photo by フリー写真素材ぱくたそ(https://www.pakutaso.com/)
  74. 74. @TAKAKING22 未来会議 ✓ 組織についてふりかえる場 ✓ マネジメント陣も参加 ✓ 大きな問題も議論の対象にする ✓ 未来志向で考える ✓ そのまま飲み会に行く流れ ✓ うまくいったらサイクルにする Case
  75. 75. @TAKAKING22 因果関係図をつくって事前準備 Case
  76. 76. @TAKAKING22 全員で組織の問題・課題を分析 Case
  77. 77. @TAKAKING22 チームに別れて改善策を考える Case
  78. 78. @TAKAKING22 ✓ 師匠となるエンジニアの不足 ✓ 新しい技術挑戦ができていない ✓ 儲かるサービスが少ない ✓ サービスが多すぎる ✓ そもそも仮説が立っていない Case 未来会議で出たProblem
  79. 79. @TAKAKING22 ✓ 思ったよりみんな積極的だった ✓ 普段話せなかった話ができた ✓ 忌憚ない意見が出た ✓ お互いの考え方がわかった ✓ 組織について話す場ができた Case 参加者からのフィードバック
  80. 80. @TAKAKING22 その後の飲み会が一番盛り上がった Photo by フリー写真素材ぱくたそ(https://www.pakutaso.com/) Case
  81. 81. @TAKAKING22 Slide by 佐藤さん(http://goo.gl/ZGn7O7)
  82. 82. @TAKAKING22 #4 これから取り組むあなたへ
  83. 83. @TAKAKING22 やらない理由はたくさん見つかる ✓ コード書いていたい ✓ それは自分の仕事ではない ✓ うちは大企業だからなかなか… ✓ 忙しいからそれどころじゃない ✓ どうせわかってくれないよ ✓ チームはともかく組織は…
  84. 84. @TAKAKING22 我慢するか、辞めるか、変えるか by ユルゲン・アペロ(How to Change The World)
  85. 85. @TAKAKING22 我慢できないし辞めないなら 変えればよろしやん Photo By Sudhamshu Hebbar(https://goo.gl/0H9nPI)
  86. 86. @TAKAKING22 Change Our World!! Follow Me

×