図書館でAPIをスルメのように 味わうには

3,273 views

Published on

神奈川県資料室研究会7月例会
2012年7月20日(金)14:00-16:00 神奈川県立川崎図書館2階ホール

0 Comments
7 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
3,273
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
46
Actions
Shares
0
Downloads
14
Comments
0
Likes
7
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

図書館でAPIをスルメのように 味わうには

  1. 1. 図書館でAPIをスルメのように 味わうには 農林水産研究情報総合センター 林賢紀 tzhaya@affrc.go.jp神奈川県資料室研究会7月例会2012年7月20日(金)14:00-16:00 神奈川県立川崎図書館2階ホール
  2. 2. (用語が)堅いかもしれません• 柔らかくなるまで解説します!システムご担当の方へ• 新たな機能としてご検討下さい目録・閲覧・ILLなどご担当の方へ• 知らないうちに使っているかもしれません• 見えないところにAPI http://www.flickr.com/photos/ippei-janine/442885774/
  3. 3. 講師略歴• 1993年3月に現部署に採用• ~2001年: Webサーバの構築、動画配信サービ スなどインターネットを利用した研究成果の公開 を担当• ~2002年: 霞ヶ関で農林水産研究政策の企画立 案を担当• ~2008年: レファレンス、相互利用と図書館シス テム開発を担当• ~現在: 図書雑誌の管理と図書館システム開発 を担当
  4. 4. 農林水産研究情報総合センター 概要• 茨城県つくば市に所在• 1978年10月発足• 1984年4月より国立国会図書館支部農林水 産省図書館の分館• 農林水産省研究ネットワークを活用し 全国へサービスを行う タイトル数 冊数 増加数(概数,年) 図書 169,245 189,551 3,200 雑誌 22,349 376,921 7,200 (平成23年度末)
  5. 5. 主なサービス• AGROPEDIAによる農学関係研究情報の提供 – 農林水産関係試験研究機関総合目録 – JASI(日本農学文献記事索引) – AGROLib(農林水産文献ライブラリ) – 研究成果情報 – 研究課題・業績データベース – 写真でたどる農機具の発達史 その他
  6. 6. 研究の実施から成果までを データベースで提供 研究計画 の立案 研究の実 成果と評価 施 論文・特許 成果を広 による普及 報http://agriknowledge.affrc.go.jp/
  7. 7. 研究成果の例:衛星画像などからイカ のサイズを推定 サイズ大 23cm 一夜干しにどうぞ サイズ小 18cm 刺身でおいしく サイズを把握して漁に出る!
  8. 8. 例:スルメイカの分布情報を リアルタイムに 解析に必要な衛星画像情報を提供 • スルメイカの漁場位置や回遊範囲は水温と関係している • 衛星画像等から水温を把握、これで回遊場所とサイズを推定
  9. 9. APIとは?
  10. 10. APIとは• Application Program Interfaceの略• 手動ではなく、プログラムが自分で情報を取得 するためのインターフェース• アプリケーションの開発者が、他のハードウエア やソフトウエアの提供している機能を利用するた めの手法• 受け渡す情報の書き方や手順を標準化すること で汎用化• Webで使用されるものは「WebAPI」とも呼ばれる
  11. 11. それ、図書館で使いますか?
  12. 12. 例えば、横断検索 図書館ごとに作 り込むのは大変 各館のOPACを解析してばらばらの検索結果を一つにまとめる インターフェースが必要A図書館 B図書館 C図書館 D図書館
  13. 13. 「データの出し方」をきめよう 同じ形式で返っ てくれば集計も 簡単個々のシステムからのデータをルールに基づいて変換 データの問い合わせ方、返し方を統一するA図書館 B図書館 C図書館 D図書館
  14. 14. こんなこと、ありませんか? これじゃ集計 できない… 夏休みの予定 を明日までに 提出願います 翌日 フォーマットも作成した どうする? プログラムもバラバラ
  15. 15. なぜ図書館でAPIか-入口を増やす OPACの入り口は 「図書館のOPACのWebページ」だけではない 検索エンジン、 ブラウザの検索バーWebブラウザから利用 OPAC詳細表示画面 OPAC検索画面 XMLでの データ提供 サービスプロバイダ、 OPACサーバ 検索エンジン
  16. 16. なぜ図書館でAPIか-より多様な利用 OPACを「部品」として開放、 他のサービスプロバイダから利用可能に 複数のサービス サービスプロバイダ データプロバイダ プロバイダから 汎用的な 選択して検索 APIの利用例:「雑誌記事索引」はNDL XMLでのサーチでもCiNiiでも検索可能 データ交換=利用者はサービス内容でアクセス先を選択
  17. 17. 図書館で使われているAPI RSS OpenSearch SRU/SRWOAI-PMH OpenURL NCIP
  18. 18. 用途別に見る 新着情報配信• 新着情報配信、検索、 • RSS メタデータの提供な • ATOM ど、様々な用途 検索 • OpenSearch• いずれも「Web上で • SRU/SRW 情報をやりとりする」 • OpenURL (=Webブラウザから メタデータ提供 でも利用できる)点 • OAI-PMH は共通 資料の状態遷移 • NCIP
  19. 19. WebAPIでよくある問い合わせ方法• URLに検索語などを入れる• CiNii Booksの例: URLに書誌IDを入れるとその書誌を表示 http://ci.nii.ac.jp/ncid/AN10038812 拡張子を付けるとXMLが表示される http://ci.nii.ac.jp/ncid/AN10038812.rdf 情報のありかをURLで指し示すことが重要
  20. 20. Permalinkは重要• Permalink=「永続的なリンク」• URLで情報を「指し示す」ことができるか?• URLを変更しない メリット: • 直接にリソースを参照することができる • リンクがしやすい • ブックマークなどでも便利 • 検索エンジンでヒットする
  21. 21. WebAPIでよくあるデータの返し方• 人間にはHTML、機械にはXMLを返すことが 多い• XMLがよく使われる• スキーマは様々 – Dublin Core, MARCXML、RSSなどなど• テキストに近い形式(JSON)なども利用される 「プログラム」が読むことが前提
  22. 22. 相手にあった形式で ヒトにも、キカイにもやさしい出力をキカイにはXML ヒトにはHTML
  23. 23. APIとその機能http://www.flickr.com/photos/gael/2422493224/
  24. 24. 新着情報を取得する:RSS• Webサイトの新着情報 通知用に普及• 図書館でも新着受入情 報に使用 (国立国会図書館の例)• 国立国会図書館では NDL新着書誌情報(作 オレンジのアイコン が目印 成中書誌RSS)を配信
  25. 25. RSSを読むためには• Webブラウザ経由で購読 「このフィードを購読する」 から「お気に入り」に入れ て受入状況を随時確認で きる 最新の巻号、受入日など を表示 「フィード」に 追加されます
  26. 26. RSSの応用(1)• 「転用」が容易• 例: – Webページへの貼付 – BlogやTwitterへの 自動投稿 新着資料案内を 自動で更新 (農林水産研究情報総合センターの例)
  27. 27. RSSの応用(2)Twitterに自動投稿
  28. 28. RSSの応用(3)• ゆうき図書館の「新着雑誌記事速報」 – 国立国会図書館の雑誌記事索引のRSSを自館の サービスに取り込むhttp://lib-yuki.city.yuki.lg.jp/room_ad/sokuhou-blog.html
  29. 29. http://www.flickr.com/photos/aoiakanemidori/2998210169/
  30. 30. 検索サービスをする:OpenSearch• Amazonの子会社、A9.comが開発• 主として横断検索向けに開発 – 単体で利用されることが多い• 検索エンジンの場所を特定するファイル (OpenSearch Descriptionファイル)を読み込 み、検索結果をRSSなどで記述されたXMLで 返す• Webブラウザの検索バーなどにも利用
  31. 31. OpenSearchの例(1)• 全く異なる分野のデータベースとの横断検索OPAC上の書誌情報と、PubMedを横断検索(キーワード:BSE)
  32. 32. OpenSearchの例(2)• Webブラウザの検索バーから検索可能に 主要な検索エンジ ンのほか、CiNii、 NDLサーチなどが 対応
  33. 33. OpenSearchに対応させたい• OpenSearch Descriptionファイルを作るだけ• 実は難しくありません• 詳しくは 林賢紀, “Firefox検索バー用のOPAC検索プ ラグインを自作する”.情報の科学と技術 58(5), 242-247, 2008-05-01 http://ci.nii.ac.jp/naid/110006656310/
  34. 34. 検索サービスをする:SRU/SRW• 情報検索のための仕組み• SRU=Search/Retrieve via URL SRW=Search/Retrieve Web Service の略• Z39.50を見直し、図書館以外の用途でも利用 可能
  35. 35. メタデータを取得:OAI-PMH• メタデータ交換のためのプロトコル (Open Archives Initiative Protocol for Metadata Harvesting)• 情報検索ではなく主としてメタデータを収集す る用途で利用• 例:検索エンジンから機関リポジトリのメタ データを収集する
  36. 36. OAI-PMHの例• 国立情報学研究所が機関リポジトリからメタ データを収集、 JAIROやCiNiiの検索対象に OAI- PMH 各 大 学論文のメタデータ のはCiNiiでも検索 機可能 関 リ JAIROにメタデー ポ タを集積、検索 ジ本文PDFは機関リ サービスを提供 ト リポジトリを参照
  37. 37. 書誌情報を記述:OpenURL• 書籍・論文の書誌情報をURLで記述するための 標準• 文献データベース、リンクリゾルバ、電子ジャー ナルはOpenURLを用いて相互にリンク• 記述例:「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」 url_ver=Z39.88- 2004&rfr_id=info:sid/affrit%3Axerxes%3AGoogle +Book+Search+%28+Google+Book+Search%29&r ft.genre=book&rft_val_fmt=info%3Aofi%2Ffmt% 3Akev%3Amtx%3Abook&rft.btitle=Harry+Potter+ and+the+Order+of+the+Phoenix+
  38. 38. OpenURLとリンクリゾルバ データベース等の 中間窓を表示し 中間窓から電子ジャーナル 検索結果から中間窓へ その他の原報入手手段へ 情報同士をリンク (リソース) (ターゲット) リンクリゾルバ•文献データベースの •電子ジャーナル検索結果 (無償でアクセスできる•OPACの検索結果 雑誌を含む)•電子ジャーナルリスト •OPACによる所蔵検索•(SFXが自動的に生成) •GoogleなどWebサイト•Google Scholar 検索•その他の検索システム等 •文献複写依頼 リンクリゾルバを介した 書誌情報の送受信を OpenURLを利用して 標準化
  39. 39. OpenURLの応用:COinS• Context Objects in Spans:spanタグを HTMLで記述 使ってHTMLに OpenURLを記述する• 対応しているWebブ ラウザがこれを読み 取りリンクリゾルバ COinS非対応 などへのリンクを自 動生成 リンクリゾルバへの• Zotero(文献管理 リンクアイコン表示 ツール)などのプラ グインが対応 COinSに対応
  40. 40. 資料の状態を見る:NCIP• NISO Circulation Interchange Protocol• 図書館資料の「状態」や貸出・ILLデータをやり とりするためのプロトコル• 資料の「検索」ではなく、在架・貸出中・禁帯 出など「状態」を返す
  41. 41. NCIPの利用例 書誌情報はあらかじめ• eXtensible 蓄積 Catalog(XC)で使用• 目録データはOAI- PMHで収集し、所 在情報と状態は NCIPでその都度確 認する 状態はリアルタイムに 確認
  42. 42. 農林水産研究情報総合センターでの 活用例 http://www.flickr.com/photos/maynard/2850157997/
  43. 43. API整備の方針• 農林水産研究情報総合センターで整備する 情報サービス、データベースの基本要件の一 つとして課内で策定 – 横断検索やデータ提供に対応する• 蓄積した情報をより多くのユーザに利用して もらうための手段と位置づける• 各データベース相互の連携のほか、外部 サービスからの利用も想定
  44. 44. 外部連携の実績• 国立国会図書館 – 国立国会図書館サーチ(旧PORTA)からの横断検 索に対応• 国立情報学研究所 – CiNiiに日本農学文献記事索引のメタデータを提供 (近日公開予定!)• 科学技術振興機構 – J-GLOBALに日本農学文献記事索引のメタデータを提供• その他、各社リンクリゾルバにメタデータを提供
  45. 45. RSSによる新着情報配信• 新着受入図書・雑誌 のほか、任意の検 索語での新着情報 をRSSで配信 「統計情報」での最新 の検索結果
  46. 46. OpenSearchでの横断検索• 国立国会図書館サーチの連携先に 「連携先」を チェック!
  47. 47. OpenSearchをリンクリゾルバで利用 OPAC検索結果• OpenURLで受信した 書誌情報を元に OpenSearchでOPAC とCiNii Booksを検索、 結果をリンクリゾル バ上に表示 CiNii検索結果
  48. 48. OAI-PMHでのメタデータ提供• 被災に備えたバックアップ用OPACの構築 つくばになにかあっても OAI-PMHで書誌・所在 全国の研究所図書室の 情報を毎日コピー 所蔵が検索できる農林水産研究情報総合センター データセンター (つくば) (大阪?) NCIPで所蔵状態を確認
  49. 49. 効果• RSSを元にGoogleなどのロボットが書誌情報 を収集 → GoogleでOPACが検索できる! 書名でGoogleを検索し、 検索結果のうち1ページ目 からOPACにアクセスされ ている
  50. 50. 実際にあった話• 某書店から問い合わせ: 「そちらの目録をインターネットで見ました。 ○○○という書籍を売ってもらえませんか?」• 出版者から問い合わせ: 「うちで出版した△ △ △がGoogleで見つかっ たが、(勝手に)電子化しているのか? 」• 「そちらの目録に掲載して頂いて有難い」
  51. 51. 使われないAPIもある• SRU/SRW – 複雑な検索式に対応するなど、高度な検索が可能 – 国内外でそれほど普及していない – 実装が難しい? 必ずしも「機能」で選ばれているのではない
  52. 52. まとめとこれからまとめ• 知らないうちに使われているのがAPI• 少しずつ使われはじめている• 機能より、使い勝手で選ばれているこれから• 見えないところでのシステム間の連携• 本当のワンストップサービスには必要な技術

×