Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

子ども向け簡易環境で学ぶ、プログラミングのキホン

188 views

Published on

2018/01/27 NPO法人 まちづくりエージェント SIDE BEACH CITY.主催イベント、子ども向け簡易環境で学ぶ、プログラミングのキホンで発表した資料です

Published in: Education
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

子ども向け簡易環境で学ぶ、プログラミングのキホン

  1. 1. 子ども向け簡易環境で学ぶ、 プログラミングのキホン 2018/01/27 2018/01/27 1
  2. 2. 高見知英です 団体 • まちづくりエージェント SIDE BEACH CITY. 理事 • ふらっとステーション・ とつか 広報スタッフ その他活動 • プログラミング • IT勉強会 • 書籍執筆など 2018/01/27 2
  3. 3. 今回のおはなし プログラミングとは code.orgで流れを知ろう Scratchで流れをつかもう その後に向けて 2018/01/27 3
  4. 4. プログラミングとは 2018/01/27 4
  5. 5. プログラミングとは プログラム《program》 演劇などのもよおし物の組み合わせ。また その順序や内容などをしるしたもの。番組。 コンピューターに仕事をさせる手順を、 コンピューター用のことばで書いたもの。 小学館例解学習国語辞典第七版ワイド版 (1999年版)より 2018/01/27 5
  6. 6. そもそもパソコンとは OS 機械部品(ハードウェア) アプリ アプリ アプリ これを作るのが、 プログラミング 2018/01/27 6
  7. 7. プログラミングの流れ コンピュータに 「このような処理を行いなさい」 という司令を行う コンピュータ処理の「レシピ」 2018/01/27 7
  8. 8. 実際のプログラミング Linuxソース(/blob/master/kernel/irq/affinity.c)より 2018/01/27 8
  9. 9. 今使われている手法は 英語ベースの言語で命令を記述 数千・数百の部品が絡み合うことで、 複雑な処理を実現 2018/01/27 9
  10. 10. 実際いきなり それは難しいので… 2018/01/27 10
  11. 11. 子ども向け簡易環境 プログラミングの概念を学べる環境 プログラミングの「流れ」を知るのに 最適 2018/01/27 11
  12. 12. code.org 2018/01/27 12
  13. 13. code.orgとは 主に学生のプログラミング学習を 目的としたサイト・サービス ステージにある課題にあわせて ブロックを組み合わせる 2018/01/27 13
  14. 14. 実際にさわってみよう 2018/01/27 14
  15. 15. プログラミングの三つの基本 2018/01/27 15
  16. 16. 順次 上から順に 命令を実行 2018/01/27 16 終了 開始
  17. 17. 繰り返し 処理を 条件を満たす迄 (満たさない間) 繰り返す 2018/01/27 17 終了 開始
  18. 18. 判断 判断により 一部の処理を スキップする 2018/01/27 18 終了 開始
  19. 19. Scratch 2018/01/27 19
  20. 20. Scratchとは 学習向けプログラミング環境 ブロックを組み合わせて、処理を実行 簡単なアニメーション 簡単なゲームを作る 2018/01/27 20
  21. 21. 実際にさわってみよう 2018/01/27 21
  22. 22. その後に向けて Scratchやcode.orgの環境は まだ閉じないでください 2018/01/27 22
  23. 23. データの保存 それぞれ、アカウントを作成すると 進捗状況や制作物を保存できる 2018/01/27 23
  24. 24. データの保存 code.org Scratch 2018/01/27 24
  25. 25. これから先へ ここで学んだのは プログラミングの「流れ」 料理で言うなら 調理器具の一般的な使い方を覚えた 2018/01/27 25
  26. 26. 必要な知識 調理器具 (プログラム言語)の知識 +調理環境(パソコン等機器)の知識 +メイン食材(フレームワーク)の知識 +サブ食材(追加ライブラリ)の知識 +サブ食材(追加ライブラリ)の知識 … 2018/01/27 26
  27. 27. 自分は何を使ってる? 何のライブラリを使っているのか 何の目的で使っているのか どんなライブラリと併用しているのか 環境は何か 常にこれらを把握する必要がある 2018/01/27 27
  28. 28. テクノロジーの進化 パソコンの世界は時間の流れが違う ライブラリやフレームワーク、 時々言語そのものも更新される ネット上に点在するノウハウ記事や、 時に公式ドキュメントも 最新の環境では使えないことがある 2018/01/27 28
  29. 29. 小さい物で作り慣れる 料理と同様、経験豊富な方が有利 様々な環境の差異を意識できる 「ここはこうした方が後で困らない」 ということが感覚でわかる 2018/01/27 29
  30. 30. まずは単純な環境から •簡易なマクロ環境。 パソコンの画面操作機能が豊富 UWSC •数式の組み方に感覚が生きる。 マクロも作成可能 Excel •IFTTT •ZaiperなどWebツール 2018/01/27 30
  31. 31. 質疑応答 なにか質問はありますか? 2018/01/27 31
  32. 32. http://bit.ly/180127enq アンケートにご協力ください 2018/01/27 32
  33. 33. おわり 本日はご参加ありがとうございました なお、アンケート記入お願い致します。 2018/01/27 33

×