SlideShare a Scribd company logo
1 of 21
takabrz1 大阪駆動開発 Takahiro Miyaura
Android
iOS
HoloLens
HoloLens 2
クロスプラットフォーム開発としての
「Mixed Reality Toolkit V2」が持つ可能性
宮浦 恭弘 (Miyaura Takahiro)
 大阪駆動開発コミュニティに生息
 HoloLens日本販売してからXR系技術に取組む
 HoloLens系技術Tipsを公開し続けた結果、よく知っている人扱いを受ける。
 Mixed Reality Toolkit(以降MRTK)のTipsが比較的多めで、普段(?)からよく
(?)MRTKの調査などを行っているうちにMRTKに詳しい人扱いを受ける。
 HoloLensを中心にXR系技術と相性のいい技術(機械学習、IOT)を組合せ
て日々遊びの中で知見を蓄えています。
技術Tips : https://qiita.com/miyaura
takabrz1 ※よかったらこれを機にお知り合いになってください
Microsoft MVP for Windows Development 2018-2020
某会社でSE(アプリケーション領域のアーキテクト的なお仕事なはず)= XRは趣味です
(貢献領域:Mixed Reality)
はじめに
~ なぜマルチデバイスに注目するのか ~
2019/12/4 Copyright © 2019 Takahiro Miyaura
はじめに
なぜ今マルチデバイスなのか
2019/12/4 Copyright © 2019 Takahiro Miyaura
1. 技術面(ハード・ソフト)
新しいXRデバイスの登場
AR CloudによるSharing体験を実現するシステムやアプリ(ex : Minecraft Earth)
2. デバイス特性を考慮した適材適所での活用
 整備作業等ハンズフリーでの情報活用 : ウェアラブル型デバイス
 ペン入力等と現実世界を組合わせる : タブレット型デバイス
 業種、職種によってXRとして解決すべき課題が異なる
なぜマルチデバイスに注目するのか
今まで以上にXRデバイス同士の組合わせたプロダクトが増えていく可能性
はじめに
マルチデバイス対応の課題
2019/12/4 Copyright © 2019 Takahiro Miyaura
有識者の課題
XRデバイス毎にSDKやライブラリが存在
デバイス依存の実装(サーバサイドはクラウド等で共通化)
デバイス毎の開発に精通する必要性
・・・とはいえ開発は効率化したい
構成管理の課題
同一機能がデバイス毎に実装され多重化
Device A
Function A Function B ・・・
Device B
Function A Function C ・・・
SDK B
SDK A
SDK A
SDK B
Device A
Device B
Device C
はじめに
マルチデバイス対応の最良解 = Cross Platform開発
2019/12/4 Copyright © 2019 Takahiro Miyaura
マルチデバイス対応のためのCross Platform開発
 とはいえ最適化は沼に入りやすい
 究極の疎結合を求めて、できるだけデバイス依存の個所を極小化
☹沼に入ったら出てこれない(浅瀬で戻る必要あり)
 とはいえある程度最適化できれば非常に効果的に!
Foo
Bar
baz
…
…
Mixed Reality Toolkit V2はこれらの課題を解決できるOSSライブラリの1つ
Mixed Reality Toolkit V2
2019/12/4 Copyright © 2019 Takahiro Miyaura
過去の経緯
Mixed Reality Toolkit V2になるまで
2019/11/20 Copyright © 2019 Takahiro Miyaura
HoloToolkit :
HoloLens用OSSライブラリとして提供開始
MixedRealityToolkit V1 :
HoloLens + WinMRデバイス対応
MixedRealityToolkit V2 :
HoloLens, HoloLens 2, WinMR, OpenVR対
応
構造が大きく変わる
Mixed Reality Toolkit V2
コンセプト
2019/12/4 Copyright © 2019 Takahiro Miyaura
 Cross Platformでの開発可能
XRデバイスにおけるUnity開発の基本的な構成要素を提供
エディタ内シミュレーションを介してラピッドプロトタイピングを有効
開発者がコアコンポーネントを交換できるようにする拡張可能なフレームワーク
Unity向けOSSライブラリ
【幅広いPlatformに対応】
Microsoft HoloLens
Microsoft HoloLens 2
Windows Mixed Reality HMD
OpenVR HMD(HTC Vive / Oculus Rift)
※V2.2.0でARFoundation対応されるはず!
Mixed Reality Toolkit V2
概要
2019/12/4 Copyright © 2019 Takahiro Miyaura
XRデバイスの固有機能を含め様々な機能を提供
https://github.com/microsoft/MixedRealityToolkit-Unity
Cross Platform 開発の実現
~ Mixed Reality Toolkit V2 機能 ~
2019/12/4 Copyright © 2019 Takahiro Miyaura
Profileシステムによるデバイス切替え
 新しいデバイスへの追加対応
 iOS/Androidでの動作
Cross Platform 開発の実現
Profileシステムによるデバイスの切替え
2019/12/4 Copyright © 2019 Takahiro Miyaura
MRTK V2の基本的な動作はProfileのみで変更
使用するデバイス、シチュエーションに
応じた変更/カスタイズ
 デバイス毎の基本設定 : Active Profileとして定義
 デバイスの利用環境 : Target Scaleで定義
 カテゴリ毎では主に以下の設定が可能
 機能の有効化
 使用するSystemの種類
 System毎のProfile設定
Cross Platform 開発の実現
Profileシステムによるデバイスの切替え
2019/12/4 Copyright © 2019 Takahiro Miyaura
設定の考え方
 デバイス × 空間のスケール毎に管理可能
 管理単位ごとにパラメータを設定
Device A
Device B
Device C
Orientation Only
Seated
Standing
Room
World
HoloLensをStandingで使う
 動き回らないので空間マッピングは不要
例1
Windows MRをRoomで使う
 動きまわるのでBoundaryを有効化
Boundary:プレイエリアとの境界面の表示機能
例2
Cross Platform 開発の実現
新しいデバイスへの追加対応
2019/12/4 Copyright © 2019 Takahiro Miyaura
Mixed Reality Toolkit V2のマルチデバイス対応
追加したいデバイス向けにコア部分を追加
今回はARFoundationを利用し6Dof対応が可能なiOS / Android 用システムを追加
Camera System
 追加デバイス向けのカメラオブジェクトを生成
 静止 / 3Dof / 6Dof構成はデバイスのサポート次第でよい
Input System
 使用デバイスの入力系に合わせてDevice Manager / Controller / Pointer等を作成
 コントローラ等の3Dモデルも必要(表示が必要な場合)
Cross Platform 開発の実現
新しいデバイスへの対応
2019/12/4 Copyright © 2019 Takahiro Miyaura
Camera Systemの構築
ARFoundationで生成できるカメラを模倣して生成
 ARFoundationは3つのコンポーネント
 AR Session
 AR Session Origin
 AR Session Origin / AR Camera
 Camera Systemでの実装
 以下のコンポーネントを同じ構成で生成
 AR Session Origin
 AR Session
 AR Input Manager
 Tracked Pose Driver
 AR Camera Manager
 AR Camera Background
Cross Platform 開発の実現
新しいデバイスへの対応
2019/12/4 Copyright © 2019 Takahiro Miyaura
Input SystemにはUnity Touch Device Managerを利用
画面のタップした視点からのRayでオブジェクトを操作
新しいXRデバイスに対応するためには
Input Systemを拡張する
Point!
Cross Platform 開発の実現
iOS/Androidでの動作
2019/12/4 Copyright © 2019 Takahiro Miyaura
実行例
Cross Platform 開発の実現
今後のエンハンスで・・・
2019/12/4 Copyright © 2019 Takahiro Miyaura
MRTK V2.2.0でARFoundationへの対応がはいる!
最後までやり切れずごめんなさい。もっと頑張ります。
https://github.com/microsoft/MixedRealityToolkit-Unity/pull/6344
一応Pull Request出していたものの調査がうまくいかず
困っていたところ中の人が引継いでくれた!
まとめ
2019/12/4 Copyright © 2019 Takahiro Miyaura
Mixed Reality Toolkit V2はCross Platform開発が想定済
今後リリースされるXRデバイスにも対応が容易
Mixed Reality Toolkit V2でXRデバイスの開発を楽しみましょう!
 現リリースでもCross Platform開発が可能
 HoloLens, HoloLens 2, Windows Mixed Reality Devices
 Open VR (HTC VIVE / Oculus Rift)
 AR Foundation(iOS/Android)※V2.2.0~
 XRデバイスの追加は容易
 各XRデバイスに依存する機能はコア機能として実装
 コンテンツ部分は変更不要
 デバイスの切替えはProfileを利用してコア機能を切替える。
1月18日が何か覚えてますか?
 HoloLens 2 HackDay2019 in Tokyo
 HoloLens 2 ハックできちゃいます!
 Tokyo HoloLens ミートアップ vol.19
日本上陸3周年&Holo2発売記念!
 豪華ゲスト陣の登壇と宴!
 HoloLens 2 体験会 in Tokyo
 HoloLens 2 体験できちゃいます!
そう!あの日ですよ!ということで豪華3本立て!
2020/01/17 19:00 ~22:00
2020/01/17 13:00 ~17:00
2020/01/18 10:00 ~18:00
takabrz1 大阪駆動開発 Takahiro Miyaura
以上
ご清聴ありがとうございました!

More Related Content

What's hot

だんグラで「Mixed Reality Toolkit V2」のサンプルを動かしてみた
だんグラで「Mixed Reality Toolkit V2」のサンプルを動かしてみただんグラで「Mixed Reality Toolkit V2」のサンプルを動かしてみた
だんグラで「Mixed Reality Toolkit V2」のサンプルを動かしてみたTakahiro Miyaura
 
Unityは知ってる開発者が UE4 で HoloLens 2 アプリ開発セションを聞くために知っておくといいかもTips
Unityは知ってる開発者が UE4 で HoloLens 2 アプリ開発セションを聞くために知っておくといいかもTipsUnityは知ってる開発者が UE4 で HoloLens 2 アプリ開発セションを聞くために知っておくといいかもTips
Unityは知ってる開発者が UE4 で HoloLens 2 アプリ開発セションを聞くために知っておくといいかもTipsTakahiro Miyaura
 
Mixed Reality Feature ToolとMixed Reality Toolkit V2.6.1
Mixed Reality Feature ToolとMixed Reality Toolkit V2.6.1Mixed Reality Feature ToolとMixed Reality Toolkit V2.6.1
Mixed Reality Feature ToolとMixed Reality Toolkit V2.6.1Takahiro Miyaura
 
MixedReality技術とその活用事例~xR(VR/AR/MR...)への基礎知識~
MixedReality技術とその活用事例~xR(VR/AR/MR...)への基礎知識~MixedReality技術とその活用事例~xR(VR/AR/MR...)への基礎知識~
MixedReality技術とその活用事例~xR(VR/AR/MR...)への基礎知識~Takahiro Miyaura
 
Spatial Mappingの設定が気になる
Spatial Mappingの設定が気になるSpatial Mappingの設定が気になる
Spatial Mappingの設定が気になるTakahiro Miyaura
 
今改めて見る Plane finding
今改めて見る Plane finding今改めて見る Plane finding
今改めて見る Plane findingTakahiro Miyaura
 
HoloLens 2 TutorialをMobileARで動かす
HoloLens 2 TutorialをMobileARで動かすHoloLens 2 TutorialをMobileARで動かす
HoloLens 2 TutorialをMobileARで動かすTakahiro Miyaura
 
Mixed Reality Toolkit V2.2.0のMobile対応について
Mixed Reality Toolkit V2.2.0のMobile対応についてMixed Reality Toolkit V2.2.0のMobile対応について
Mixed Reality Toolkit V2.2.0のMobile対応についてTakahiro Miyaura
 
Scrolling CollectionsとElastic System(Mixed Reality Toolkit V2.5.1)
Scrolling CollectionsとElastic System(Mixed Reality Toolkit V2.5.1)Scrolling CollectionsとElastic System(Mixed Reality Toolkit V2.5.1)
Scrolling CollectionsとElastic System(Mixed Reality Toolkit V2.5.1)Takahiro Miyaura
 
HoloLens 1のアプリをHoloLens 2に移行する
HoloLens 1のアプリをHoloLens 2に移行するHoloLens 1のアプリをHoloLens 2に移行する
HoloLens 1のアプリをHoloLens 2に移行するTakahiro Miyaura
 
UIデザイン設計から開発をつなぐ「MRTK Figma Bridge for Unity」を使ってみよう
UIデザイン設計から開発をつなぐ「MRTK Figma Bridge for Unity」を使ってみようUIデザイン設計から開発をつなぐ「MRTK Figma Bridge for Unity」を使ってみよう
UIデザイン設計から開発をつなぐ「MRTK Figma Bridge for Unity」を使ってみようTakahiro Miyaura
 
Unreal Engine でアプリ開発~ MRTK UXTools for Unreal V0.9.0 ~
Unreal Engine でアプリ開発~ MRTK UXTools for Unreal V0.9.0 ~Unreal Engine でアプリ開発~ MRTK UXTools for Unreal V0.9.0 ~
Unreal Engine でアプリ開発~ MRTK UXTools for Unreal V0.9.0 ~Takahiro Miyaura
 
Azure Spatial Anchorsのユースケース「Way-Finding」を実現するためのテクニック
Azure Spatial Anchorsのユースケース「Way-Finding」を実現するためのテクニックAzure Spatial Anchorsのユースケース「Way-Finding」を実現するためのテクニック
Azure Spatial Anchorsのユースケース「Way-Finding」を実現するためのテクニックTakahiro Miyaura
 
HoloLens1アプリをHoloLens2アプリに変換できるかチャレンジ
HoloLens1アプリをHoloLens2アプリに変換できるかチャレンジHoloLens1アプリをHoloLens2アプリに変換できるかチャレンジ
HoloLens1アプリをHoloLens2アプリに変換できるかチャレンジTakahiro Miyaura
 
Azure Remote Renderingを試す
Azure Remote Renderingを試すAzure Remote Renderingを試す
Azure Remote Renderingを試すTakahiro Miyaura
 
HoloLensでコンテンツを操作する方法 - Gaze And Dwell -
HoloLensでコンテンツを操作する方法 - Gaze And Dwell -HoloLensでコンテンツを操作する方法 - Gaze And Dwell -
HoloLensでコンテンツを操作する方法 - Gaze And Dwell -Takahiro Miyaura
 
「あれ」がスマホで動くのか試してみた
「あれ」がスマホで動くのか試してみた「あれ」がスマホで動くのか試してみた
「あれ」がスマホで動くのか試してみたTakahiro Miyaura
 
もうすぐMixed Reality Toolkit V2.5.0がリリースされるはずなのでフライング調査
もうすぐMixed Reality Toolkit V2.5.0がリリースされるはずなのでフライング調査もうすぐMixed Reality Toolkit V2.5.0がリリースされるはずなのでフライング調査
もうすぐMixed Reality Toolkit V2.5.0がリリースされるはずなのでフライング調査Takahiro Miyaura
 
Mixed Reality Dev Daysから読み解くこれからのMixed Reality
Mixed Reality Dev Daysから読み解くこれからのMixed RealityMixed Reality Dev Daysから読み解くこれからのMixed Reality
Mixed Reality Dev Daysから読み解くこれからのMixed RealityTakahiro Miyaura
 

What's hot (20)

だんグラで「Mixed Reality Toolkit V2」のサンプルを動かしてみた
だんグラで「Mixed Reality Toolkit V2」のサンプルを動かしてみただんグラで「Mixed Reality Toolkit V2」のサンプルを動かしてみた
だんグラで「Mixed Reality Toolkit V2」のサンプルを動かしてみた
 
Unityは知ってる開発者が UE4 で HoloLens 2 アプリ開発セションを聞くために知っておくといいかもTips
Unityは知ってる開発者が UE4 で HoloLens 2 アプリ開発セションを聞くために知っておくといいかもTipsUnityは知ってる開発者が UE4 で HoloLens 2 アプリ開発セションを聞くために知っておくといいかもTips
Unityは知ってる開発者が UE4 で HoloLens 2 アプリ開発セションを聞くために知っておくといいかもTips
 
Mixed Reality Feature ToolとMixed Reality Toolkit V2.6.1
Mixed Reality Feature ToolとMixed Reality Toolkit V2.6.1Mixed Reality Feature ToolとMixed Reality Toolkit V2.6.1
Mixed Reality Feature ToolとMixed Reality Toolkit V2.6.1
 
MixedReality技術とその活用事例~xR(VR/AR/MR...)への基礎知識~
MixedReality技術とその活用事例~xR(VR/AR/MR...)への基礎知識~MixedReality技術とその活用事例~xR(VR/AR/MR...)への基礎知識~
MixedReality技術とその活用事例~xR(VR/AR/MR...)への基礎知識~
 
Spatial Mappingの設定が気になる
Spatial Mappingの設定が気になるSpatial Mappingの設定が気になる
Spatial Mappingの設定が気になる
 
今改めて見る Plane finding
今改めて見る Plane finding今改めて見る Plane finding
今改めて見る Plane finding
 
HoloLens 2 TutorialをMobileARで動かす
HoloLens 2 TutorialをMobileARで動かすHoloLens 2 TutorialをMobileARで動かす
HoloLens 2 TutorialをMobileARで動かす
 
Mixed Reality Toolkit V2.2.0のMobile対応について
Mixed Reality Toolkit V2.2.0のMobile対応についてMixed Reality Toolkit V2.2.0のMobile対応について
Mixed Reality Toolkit V2.2.0のMobile対応について
 
Scrolling CollectionsとElastic System(Mixed Reality Toolkit V2.5.1)
Scrolling CollectionsとElastic System(Mixed Reality Toolkit V2.5.1)Scrolling CollectionsとElastic System(Mixed Reality Toolkit V2.5.1)
Scrolling CollectionsとElastic System(Mixed Reality Toolkit V2.5.1)
 
HoloLens 1のアプリをHoloLens 2に移行する
HoloLens 1のアプリをHoloLens 2に移行するHoloLens 1のアプリをHoloLens 2に移行する
HoloLens 1のアプリをHoloLens 2に移行する
 
UIデザイン設計から開発をつなぐ「MRTK Figma Bridge for Unity」を使ってみよう
UIデザイン設計から開発をつなぐ「MRTK Figma Bridge for Unity」を使ってみようUIデザイン設計から開発をつなぐ「MRTK Figma Bridge for Unity」を使ってみよう
UIデザイン設計から開発をつなぐ「MRTK Figma Bridge for Unity」を使ってみよう
 
Unreal Engine でアプリ開発~ MRTK UXTools for Unreal V0.9.0 ~
Unreal Engine でアプリ開発~ MRTK UXTools for Unreal V0.9.0 ~Unreal Engine でアプリ開発~ MRTK UXTools for Unreal V0.9.0 ~
Unreal Engine でアプリ開発~ MRTK UXTools for Unreal V0.9.0 ~
 
Azure Spatial Anchorsのユースケース「Way-Finding」を実現するためのテクニック
Azure Spatial Anchorsのユースケース「Way-Finding」を実現するためのテクニックAzure Spatial Anchorsのユースケース「Way-Finding」を実現するためのテクニック
Azure Spatial Anchorsのユースケース「Way-Finding」を実現するためのテクニック
 
HoloLens1アプリをHoloLens2アプリに変換できるかチャレンジ
HoloLens1アプリをHoloLens2アプリに変換できるかチャレンジHoloLens1アプリをHoloLens2アプリに変換できるかチャレンジ
HoloLens1アプリをHoloLens2アプリに変換できるかチャレンジ
 
Azure Remote Renderingを試す
Azure Remote Renderingを試すAzure Remote Renderingを試す
Azure Remote Renderingを試す
 
HoloLensでコンテンツを操作する方法 - Gaze And Dwell -
HoloLensでコンテンツを操作する方法 - Gaze And Dwell -HoloLensでコンテンツを操作する方法 - Gaze And Dwell -
HoloLensでコンテンツを操作する方法 - Gaze And Dwell -
 
「あれ」がスマホで動くのか試してみた
「あれ」がスマホで動くのか試してみた「あれ」がスマホで動くのか試してみた
「あれ」がスマホで動くのか試してみた
 
もうすぐMixed Reality Toolkit V2.5.0がリリースされるはずなのでフライング調査
もうすぐMixed Reality Toolkit V2.5.0がリリースされるはずなのでフライング調査もうすぐMixed Reality Toolkit V2.5.0がリリースされるはずなのでフライング調査
もうすぐMixed Reality Toolkit V2.5.0がリリースされるはずなのでフライング調査
 
5分でわからんXR
5分でわからんXR5分でわからんXR
5分でわからんXR
 
Mixed Reality Dev Daysから読み解くこれからのMixed Reality
Mixed Reality Dev Daysから読み解くこれからのMixed RealityMixed Reality Dev Daysから読み解くこれからのMixed Reality
Mixed Reality Dev Daysから読み解くこれからのMixed Reality
 

Similar to クロスプラットフォーム開発としての「Mixed Reality Toolkit V2」が持つ可能性

World Locking Tools V1.0.0について~ 機能と導入 ~
World Locking Tools V1.0.0について~ 機能と導入 ~ World Locking Tools V1.0.0について~ 機能と導入 ~
World Locking Tools V1.0.0について~ 機能と導入 ~ Takahiro Miyaura
 
Mixed Reality関連のSDKの状況を調べてみた
Mixed Reality関連のSDKの状況を調べてみたMixed Reality関連のSDKの状況を調べてみた
Mixed Reality関連のSDKの状況を調べてみたTakahiro Miyaura
 
IoT関連のAzureを使い倒して お部屋の空気観測装置を作った話
IoT関連のAzureを使い倒して お部屋の空気観測装置を作った話IoT関連のAzureを使い倒して お部屋の空気観測装置を作った話
IoT関連のAzureを使い倒して お部屋の空気観測装置を作った話Takahiro Miyaura
 
Mixed Reality Toolkit V3について
Mixed Reality Toolkit V3についてMixed Reality Toolkit V3について
Mixed Reality Toolkit V3についてTakahiro Miyaura
 
Mixed Reality Toolkit 3 のチュートリアル「Zappy’s Playground」の紹介
Mixed Reality Toolkit 3 のチュートリアル「Zappy’s Playground」の紹介Mixed Reality Toolkit 3 のチュートリアル「Zappy’s Playground」の紹介
Mixed Reality Toolkit 3 のチュートリアル「Zappy’s Playground」の紹介Takahiro Miyaura
 
Mixed Reality Toolkit - Unity vNEXT α版と戯れる
Mixed Reality Toolkit - Unity vNEXT α版と戯れるMixed Reality Toolkit - Unity vNEXT α版と戯れる
Mixed Reality Toolkit - Unity vNEXT α版と戯れるTakahiro Miyaura
 
覗いてみよう。with/afterコロナ時代に輝くMixedRealityの世界。
覗いてみよう。with/afterコロナ時代に輝くMixedRealityの世界。覗いてみよう。with/afterコロナ時代に輝くMixedRealityの世界。
覗いてみよう。with/afterコロナ時代に輝くMixedRealityの世界。Shingo Mori
 
Mixed Reality Toolkit V2のMixed Reality Scene Systemを使う
Mixed Reality Toolkit V2のMixed Reality Scene Systemを使うMixed Reality Toolkit V2のMixed Reality Scene Systemを使う
Mixed Reality Toolkit V2のMixed Reality Scene Systemを使うTakahiro Miyaura
 
Build 2021のDigital Twinsセションを読み解く ~Azure関連サービス概要とラーニングパスの詳説~
Build 2021のDigital Twinsセションを読み解く ~Azure関連サービス概要とラーニングパスの詳説~Build 2021のDigital Twinsセションを読み解く ~Azure関連サービス概要とラーニングパスの詳説~
Build 2021のDigital Twinsセションを読み解く ~Azure関連サービス概要とラーニングパスの詳説~Takahiro Miyaura
 
Mixed Reality Toolkitの次期バージョンのあれこれ
Mixed Reality Toolkitの次期バージョンのあれこれMixed Reality Toolkitの次期バージョンのあれこれ
Mixed Reality Toolkitの次期バージョンのあれこれTakahiro Miyaura
 
ラーニングパス「Azure Digital Twins と Unity を使用して Mixed Reality デジタル ツインを構築する」にAzure ...
ラーニングパス「Azure Digital Twins と Unity を使用して Mixed Reality デジタル ツインを構築する」にAzure ...ラーニングパス「Azure Digital Twins と Unity を使用して Mixed Reality デジタル ツインを構築する」にAzure ...
ラーニングパス「Azure Digital Twins と Unity を使用して Mixed Reality デジタル ツインを構築する」にAzure ...Takahiro Miyaura
 
HoloLens 2 を買った人も!まだの人も! Mixed Reality 関連セッション総まとめ
HoloLens 2 を買った人も!まだの人も! Mixed Reality 関連セッション総まとめHoloLens 2 を買った人も!まだの人も! Mixed Reality 関連セッション総まとめ
HoloLens 2 を買った人も!まだの人も! Mixed Reality 関連セッション総まとめTatsuya Sakai
 
【続】OpenXRでHoloLensアプリを作る
【続】OpenXRでHoloLensアプリを作る【続】OpenXRでHoloLensアプリを作る
【続】OpenXRでHoloLensアプリを作るTakahiro Miyaura
 
Mixed Reality Toolkit 3 Recap
Mixed Reality Toolkit 3 RecapMixed Reality Toolkit 3 Recap
Mixed Reality Toolkit 3 RecapTakahiro Miyaura
 
Azure Digital TwinとUnreal Engineを統合するADTLink Pluginについて
 Azure Digital TwinとUnreal Engineを統合するADTLink Pluginについて Azure Digital TwinとUnreal Engineを統合するADTLink Pluginについて
Azure Digital TwinとUnreal Engineを統合するADTLink PluginについてTakahiro Miyaura
 
Mixed Reality ToolkitでHoloとImmersiveまとめて開発
Mixed Reality ToolkitでHoloとImmersiveまとめて開発Mixed Reality ToolkitでHoloとImmersiveまとめて開発
Mixed Reality ToolkitでHoloとImmersiveまとめて開発Takahiro Miyaura
 

Similar to クロスプラットフォーム開発としての「Mixed Reality Toolkit V2」が持つ可能性 (17)

World Locking Tools V1.0.0について~ 機能と導入 ~
World Locking Tools V1.0.0について~ 機能と導入 ~ World Locking Tools V1.0.0について~ 機能と導入 ~
World Locking Tools V1.0.0について~ 機能と導入 ~
 
Mixed Reality関連のSDKの状況を調べてみた
Mixed Reality関連のSDKの状況を調べてみたMixed Reality関連のSDKの状況を調べてみた
Mixed Reality関連のSDKの状況を調べてみた
 
IoT関連のAzureを使い倒して お部屋の空気観測装置を作った話
IoT関連のAzureを使い倒して お部屋の空気観測装置を作った話IoT関連のAzureを使い倒して お部屋の空気観測装置を作った話
IoT関連のAzureを使い倒して お部屋の空気観測装置を作った話
 
MRTK3を調べてみた
MRTK3を調べてみたMRTK3を調べてみた
MRTK3を調べてみた
 
Mixed Reality Toolkit V3について
Mixed Reality Toolkit V3についてMixed Reality Toolkit V3について
Mixed Reality Toolkit V3について
 
Mixed Reality Toolkit 3 のチュートリアル「Zappy’s Playground」の紹介
Mixed Reality Toolkit 3 のチュートリアル「Zappy’s Playground」の紹介Mixed Reality Toolkit 3 のチュートリアル「Zappy’s Playground」の紹介
Mixed Reality Toolkit 3 のチュートリアル「Zappy’s Playground」の紹介
 
Mixed Reality Toolkit - Unity vNEXT α版と戯れる
Mixed Reality Toolkit - Unity vNEXT α版と戯れるMixed Reality Toolkit - Unity vNEXT α版と戯れる
Mixed Reality Toolkit - Unity vNEXT α版と戯れる
 
覗いてみよう。with/afterコロナ時代に輝くMixedRealityの世界。
覗いてみよう。with/afterコロナ時代に輝くMixedRealityの世界。覗いてみよう。with/afterコロナ時代に輝くMixedRealityの世界。
覗いてみよう。with/afterコロナ時代に輝くMixedRealityの世界。
 
Mixed Reality Toolkit V2のMixed Reality Scene Systemを使う
Mixed Reality Toolkit V2のMixed Reality Scene Systemを使うMixed Reality Toolkit V2のMixed Reality Scene Systemを使う
Mixed Reality Toolkit V2のMixed Reality Scene Systemを使う
 
Build 2021のDigital Twinsセションを読み解く ~Azure関連サービス概要とラーニングパスの詳説~
Build 2021のDigital Twinsセションを読み解く ~Azure関連サービス概要とラーニングパスの詳説~Build 2021のDigital Twinsセションを読み解く ~Azure関連サービス概要とラーニングパスの詳説~
Build 2021のDigital Twinsセションを読み解く ~Azure関連サービス概要とラーニングパスの詳説~
 
Mixed Reality Toolkitの次期バージョンのあれこれ
Mixed Reality Toolkitの次期バージョンのあれこれMixed Reality Toolkitの次期バージョンのあれこれ
Mixed Reality Toolkitの次期バージョンのあれこれ
 
ラーニングパス「Azure Digital Twins と Unity を使用して Mixed Reality デジタル ツインを構築する」にAzure ...
ラーニングパス「Azure Digital Twins と Unity を使用して Mixed Reality デジタル ツインを構築する」にAzure ...ラーニングパス「Azure Digital Twins と Unity を使用して Mixed Reality デジタル ツインを構築する」にAzure ...
ラーニングパス「Azure Digital Twins と Unity を使用して Mixed Reality デジタル ツインを構築する」にAzure ...
 
HoloLens 2 を買った人も!まだの人も! Mixed Reality 関連セッション総まとめ
HoloLens 2 を買った人も!まだの人も! Mixed Reality 関連セッション総まとめHoloLens 2 を買った人も!まだの人も! Mixed Reality 関連セッション総まとめ
HoloLens 2 を買った人も!まだの人も! Mixed Reality 関連セッション総まとめ
 
【続】OpenXRでHoloLensアプリを作る
【続】OpenXRでHoloLensアプリを作る【続】OpenXRでHoloLensアプリを作る
【続】OpenXRでHoloLensアプリを作る
 
Mixed Reality Toolkit 3 Recap
Mixed Reality Toolkit 3 RecapMixed Reality Toolkit 3 Recap
Mixed Reality Toolkit 3 Recap
 
Azure Digital TwinとUnreal Engineを統合するADTLink Pluginについて
 Azure Digital TwinとUnreal Engineを統合するADTLink Pluginについて Azure Digital TwinとUnreal Engineを統合するADTLink Pluginについて
Azure Digital TwinとUnreal Engineを統合するADTLink Pluginについて
 
Mixed Reality ToolkitでHoloとImmersiveまとめて開発
Mixed Reality ToolkitでHoloとImmersiveまとめて開発Mixed Reality ToolkitでHoloとImmersiveまとめて開発
Mixed Reality ToolkitでHoloとImmersiveまとめて開発
 

More from Takahiro Miyaura

Microsoft Ignite 2022の情報 & Microsoft Learnの整理をしてみた
Microsoft Ignite 2022の情報 & Microsoft Learnの整理をしてみたMicrosoft Ignite 2022の情報 & Microsoft Learnの整理をしてみた
Microsoft Ignite 2022の情報 & Microsoft Learnの整理をしてみたTakahiro Miyaura
 
Mixed Reality Toolkit 3 の更新状況 - 6月からもちょいちょいアップデートされてるよ
Mixed Reality Toolkit 3 の更新状況 - 6月からもちょいちょいアップデートされてるよMixed Reality Toolkit 3 の更新状況 - 6月からもちょいちょいアップデートされてるよ
Mixed Reality Toolkit 3 の更新状況 - 6月からもちょいちょいアップデートされてるよTakahiro Miyaura
 
Mixed Reality Toolkit 3 - 「MRTK XR Rig」と「Bounds Control」
Mixed Reality Toolkit 3 - 「MRTK XR Rig」と「Bounds Control」Mixed Reality Toolkit 3 - 「MRTK XR Rig」と「Bounds Control」
Mixed Reality Toolkit 3 - 「MRTK XR Rig」と「Bounds Control」Takahiro Miyaura
 
Mixed Reality Toolkit 3 のチュートリアル「Zappy’s Playground」のUXをみる
Mixed Reality Toolkit 3 のチュートリアル「Zappy’s Playground」のUXをみるMixed Reality Toolkit 3 のチュートリアル「Zappy’s Playground」のUXをみる
Mixed Reality Toolkit 3 のチュートリアル「Zappy’s Playground」のUXをみるTakahiro Miyaura
 
OpenVRやOpenXRの基本的なことを調べてみた
OpenVRやOpenXRの基本的なことを調べてみたOpenVRやOpenXRの基本的なことを調べてみた
OpenVRやOpenXRの基本的なことを調べてみたTakahiro Miyaura
 
Mixed Reality Toolkit で OpenXRのEye Trackingを使う
Mixed Reality Toolkit で OpenXRのEye Trackingを使うMixed Reality Toolkit で OpenXRのEye Trackingを使う
Mixed Reality Toolkit で OpenXRのEye Trackingを使うTakahiro Miyaura
 
Mixed RealityとAzure Digital Twinsを組合わせてデジタルツインを可視化するためのTips
Mixed RealityとAzure Digital Twinsを組合わせてデジタルツインを可視化するためのTipsMixed RealityとAzure Digital Twinsを組合わせてデジタルツインを可視化するためのTips
Mixed RealityとAzure Digital Twinsを組合わせてデジタルツインを可視化するためのTipsTakahiro Miyaura
 
5周年ふりかえり!HoloLens 1とHoloLens 2のUI操作と実装の違いを改めて見てみよう
5周年ふりかえり!HoloLens 1とHoloLens 2のUI操作と実装の違いを改めて見てみよう5周年ふりかえり!HoloLens 1とHoloLens 2のUI操作と実装の違いを改めて見てみよう
5周年ふりかえり!HoloLens 1とHoloLens 2のUI操作と実装の違いを改めて見てみようTakahiro Miyaura
 
World Locking Tools でAzure Spatial Anchorsが使えるようになった
World Locking Tools でAzure Spatial Anchorsが使えるようになったWorld Locking Tools でAzure Spatial Anchorsが使えるようになった
World Locking Tools でAzure Spatial Anchorsが使えるようになったTakahiro Miyaura
 
Azure Object Anchors のQuick Startで理解を深めたい
Azure Object Anchors のQuick Startで理解を深めたいAzure Object Anchors のQuick Startで理解を深めたい
Azure Object Anchors のQuick Startで理解を深めたいTakahiro Miyaura
 
Azure Object Anchors Recap(Kobe版)
Azure Object Anchors Recap(Kobe版)Azure Object Anchors Recap(Kobe版)
Azure Object Anchors Recap(Kobe版)Takahiro Miyaura
 
Azure Object Anchors Recap
Azure Object Anchors RecapAzure Object Anchors Recap
Azure Object Anchors RecapTakahiro Miyaura
 

More from Takahiro Miyaura (12)

Microsoft Ignite 2022の情報 & Microsoft Learnの整理をしてみた
Microsoft Ignite 2022の情報 & Microsoft Learnの整理をしてみたMicrosoft Ignite 2022の情報 & Microsoft Learnの整理をしてみた
Microsoft Ignite 2022の情報 & Microsoft Learnの整理をしてみた
 
Mixed Reality Toolkit 3 の更新状況 - 6月からもちょいちょいアップデートされてるよ
Mixed Reality Toolkit 3 の更新状況 - 6月からもちょいちょいアップデートされてるよMixed Reality Toolkit 3 の更新状況 - 6月からもちょいちょいアップデートされてるよ
Mixed Reality Toolkit 3 の更新状況 - 6月からもちょいちょいアップデートされてるよ
 
Mixed Reality Toolkit 3 - 「MRTK XR Rig」と「Bounds Control」
Mixed Reality Toolkit 3 - 「MRTK XR Rig」と「Bounds Control」Mixed Reality Toolkit 3 - 「MRTK XR Rig」と「Bounds Control」
Mixed Reality Toolkit 3 - 「MRTK XR Rig」と「Bounds Control」
 
Mixed Reality Toolkit 3 のチュートリアル「Zappy’s Playground」のUXをみる
Mixed Reality Toolkit 3 のチュートリアル「Zappy’s Playground」のUXをみるMixed Reality Toolkit 3 のチュートリアル「Zappy’s Playground」のUXをみる
Mixed Reality Toolkit 3 のチュートリアル「Zappy’s Playground」のUXをみる
 
OpenVRやOpenXRの基本的なことを調べてみた
OpenVRやOpenXRの基本的なことを調べてみたOpenVRやOpenXRの基本的なことを調べてみた
OpenVRやOpenXRの基本的なことを調べてみた
 
Mixed Reality Toolkit で OpenXRのEye Trackingを使う
Mixed Reality Toolkit で OpenXRのEye Trackingを使うMixed Reality Toolkit で OpenXRのEye Trackingを使う
Mixed Reality Toolkit で OpenXRのEye Trackingを使う
 
Mixed RealityとAzure Digital Twinsを組合わせてデジタルツインを可視化するためのTips
Mixed RealityとAzure Digital Twinsを組合わせてデジタルツインを可視化するためのTipsMixed RealityとAzure Digital Twinsを組合わせてデジタルツインを可視化するためのTips
Mixed RealityとAzure Digital Twinsを組合わせてデジタルツインを可視化するためのTips
 
5周年ふりかえり!HoloLens 1とHoloLens 2のUI操作と実装の違いを改めて見てみよう
5周年ふりかえり!HoloLens 1とHoloLens 2のUI操作と実装の違いを改めて見てみよう5周年ふりかえり!HoloLens 1とHoloLens 2のUI操作と実装の違いを改めて見てみよう
5周年ふりかえり!HoloLens 1とHoloLens 2のUI操作と実装の違いを改めて見てみよう
 
World Locking Tools でAzure Spatial Anchorsが使えるようになった
World Locking Tools でAzure Spatial Anchorsが使えるようになったWorld Locking Tools でAzure Spatial Anchorsが使えるようになった
World Locking Tools でAzure Spatial Anchorsが使えるようになった
 
Azure Object Anchors のQuick Startで理解を深めたい
Azure Object Anchors のQuick Startで理解を深めたいAzure Object Anchors のQuick Startで理解を深めたい
Azure Object Anchors のQuick Startで理解を深めたい
 
Azure Object Anchors Recap(Kobe版)
Azure Object Anchors Recap(Kobe版)Azure Object Anchors Recap(Kobe版)
Azure Object Anchors Recap(Kobe版)
 
Azure Object Anchors Recap
Azure Object Anchors RecapAzure Object Anchors Recap
Azure Object Anchors Recap
 

Recently uploaded

Amazon Cognitoで実装するパスキー (Security-JAWS【第33回】 勉強会)
Amazon Cognitoで実装するパスキー (Security-JAWS【第33回】 勉強会)Amazon Cognitoで実装するパスキー (Security-JAWS【第33回】 勉強会)
Amazon Cognitoで実装するパスキー (Security-JAWS【第33回】 勉強会)keikoitakurag
 
情報を表現するときのポイント
情報を表現するときのポイント情報を表現するときのポイント
情報を表現するときのポイントonozaty
 
Intranet Development v1.0 (TSG LIVE! 12 LT )
Intranet Development v1.0 (TSG LIVE! 12 LT )Intranet Development v1.0 (TSG LIVE! 12 LT )
Intranet Development v1.0 (TSG LIVE! 12 LT )iwashiira2ctf
 
5/22 第23回 Customer系エンジニア座談会のスライド 公開用 西口瑛一
5/22 第23回 Customer系エンジニア座談会のスライド 公開用 西口瑛一5/22 第23回 Customer系エンジニア座談会のスライド 公開用 西口瑛一
5/22 第23回 Customer系エンジニア座談会のスライド 公開用 西口瑛一瑛一 西口
 
クラウド時代におけるSREとUPWARDの取組ーUPWARD株式会社 CTO門畑
クラウド時代におけるSREとUPWARDの取組ーUPWARD株式会社 CTO門畑クラウド時代におけるSREとUPWARDの取組ーUPWARD株式会社 CTO門畑
クラウド時代におけるSREとUPWARDの取組ーUPWARD株式会社 CTO門畑Akihiro Kadohata
 
研究紹介スライド: オフライン強化学習に基づくロボティックスワームの制御器の設計
研究紹介スライド: オフライン強化学習に基づくロボティックスワームの制御器の設計研究紹介スライド: オフライン強化学習に基づくロボティックスワームの制御器の設計
研究紹介スライド: オフライン強化学習に基づくロボティックスワームの制御器の設計atsushi061452
 
部内勉強会(IT用語ざっくり学習) 実施日:2024年5月17日(金) 対象者:営業部社員
部内勉強会(IT用語ざっくり学習) 実施日:2024年5月17日(金) 対象者:営業部社員部内勉強会(IT用語ざっくり学習) 実施日:2024年5月17日(金) 対象者:営業部社員
部内勉強会(IT用語ざっくり学習) 実施日:2024年5月17日(金) 対象者:営業部社員Sadaomi Nishi
 
20240523_IoTLT_vol111_kitazaki_v1___.pdf
20240523_IoTLT_vol111_kitazaki_v1___.pdf20240523_IoTLT_vol111_kitazaki_v1___.pdf
20240523_IoTLT_vol111_kitazaki_v1___.pdfAyachika Kitazaki
 
論文紹介:Deep Occlusion-Aware Instance Segmentation With Overlapping BiLayers
論文紹介:Deep Occlusion-Aware Instance Segmentation With Overlapping BiLayers論文紹介:Deep Occlusion-Aware Instance Segmentation With Overlapping BiLayers
論文紹介:Deep Occlusion-Aware Instance Segmentation With Overlapping BiLayersToru Tamaki
 
2024年5月25日Serverless Meetup大阪 アプリケーションをどこで動かすべきなのか.pptx
2024年5月25日Serverless Meetup大阪 アプリケーションをどこで動かすべきなのか.pptx2024年5月25日Serverless Meetup大阪 アプリケーションをどこで動かすべきなのか.pptx
2024年5月25日Serverless Meetup大阪 アプリケーションをどこで動かすべきなのか.pptxssuserbefd24
 
ロボットマニピュレーションの作業・動作計画 / rosjp_planning_for_robotic_manipulation_20240521
ロボットマニピュレーションの作業・動作計画 / rosjp_planning_for_robotic_manipulation_20240521ロボットマニピュレーションの作業・動作計画 / rosjp_planning_for_robotic_manipulation_20240521
ロボットマニピュレーションの作業・動作計画 / rosjp_planning_for_robotic_manipulation_20240521Satoshi Makita
 
論文紹介:ViTPose: Simple Vision Transformer Baselines for Human Pose Estimation
論文紹介:ViTPose: Simple Vision Transformer Baselines for Human Pose Estimation論文紹介:ViTPose: Simple Vision Transformer Baselines for Human Pose Estimation
論文紹介:ViTPose: Simple Vision Transformer Baselines for Human Pose EstimationToru Tamaki
 

Recently uploaded (12)

Amazon Cognitoで実装するパスキー (Security-JAWS【第33回】 勉強会)
Amazon Cognitoで実装するパスキー (Security-JAWS【第33回】 勉強会)Amazon Cognitoで実装するパスキー (Security-JAWS【第33回】 勉強会)
Amazon Cognitoで実装するパスキー (Security-JAWS【第33回】 勉強会)
 
情報を表現するときのポイント
情報を表現するときのポイント情報を表現するときのポイント
情報を表現するときのポイント
 
Intranet Development v1.0 (TSG LIVE! 12 LT )
Intranet Development v1.0 (TSG LIVE! 12 LT )Intranet Development v1.0 (TSG LIVE! 12 LT )
Intranet Development v1.0 (TSG LIVE! 12 LT )
 
5/22 第23回 Customer系エンジニア座談会のスライド 公開用 西口瑛一
5/22 第23回 Customer系エンジニア座談会のスライド 公開用 西口瑛一5/22 第23回 Customer系エンジニア座談会のスライド 公開用 西口瑛一
5/22 第23回 Customer系エンジニア座談会のスライド 公開用 西口瑛一
 
クラウド時代におけるSREとUPWARDの取組ーUPWARD株式会社 CTO門畑
クラウド時代におけるSREとUPWARDの取組ーUPWARD株式会社 CTO門畑クラウド時代におけるSREとUPWARDの取組ーUPWARD株式会社 CTO門畑
クラウド時代におけるSREとUPWARDの取組ーUPWARD株式会社 CTO門畑
 
研究紹介スライド: オフライン強化学習に基づくロボティックスワームの制御器の設計
研究紹介スライド: オフライン強化学習に基づくロボティックスワームの制御器の設計研究紹介スライド: オフライン強化学習に基づくロボティックスワームの制御器の設計
研究紹介スライド: オフライン強化学習に基づくロボティックスワームの制御器の設計
 
部内勉強会(IT用語ざっくり学習) 実施日:2024年5月17日(金) 対象者:営業部社員
部内勉強会(IT用語ざっくり学習) 実施日:2024年5月17日(金) 対象者:営業部社員部内勉強会(IT用語ざっくり学習) 実施日:2024年5月17日(金) 対象者:営業部社員
部内勉強会(IT用語ざっくり学習) 実施日:2024年5月17日(金) 対象者:営業部社員
 
20240523_IoTLT_vol111_kitazaki_v1___.pdf
20240523_IoTLT_vol111_kitazaki_v1___.pdf20240523_IoTLT_vol111_kitazaki_v1___.pdf
20240523_IoTLT_vol111_kitazaki_v1___.pdf
 
論文紹介:Deep Occlusion-Aware Instance Segmentation With Overlapping BiLayers
論文紹介:Deep Occlusion-Aware Instance Segmentation With Overlapping BiLayers論文紹介:Deep Occlusion-Aware Instance Segmentation With Overlapping BiLayers
論文紹介:Deep Occlusion-Aware Instance Segmentation With Overlapping BiLayers
 
2024年5月25日Serverless Meetup大阪 アプリケーションをどこで動かすべきなのか.pptx
2024年5月25日Serverless Meetup大阪 アプリケーションをどこで動かすべきなのか.pptx2024年5月25日Serverless Meetup大阪 アプリケーションをどこで動かすべきなのか.pptx
2024年5月25日Serverless Meetup大阪 アプリケーションをどこで動かすべきなのか.pptx
 
ロボットマニピュレーションの作業・動作計画 / rosjp_planning_for_robotic_manipulation_20240521
ロボットマニピュレーションの作業・動作計画 / rosjp_planning_for_robotic_manipulation_20240521ロボットマニピュレーションの作業・動作計画 / rosjp_planning_for_robotic_manipulation_20240521
ロボットマニピュレーションの作業・動作計画 / rosjp_planning_for_robotic_manipulation_20240521
 
論文紹介:ViTPose: Simple Vision Transformer Baselines for Human Pose Estimation
論文紹介:ViTPose: Simple Vision Transformer Baselines for Human Pose Estimation論文紹介:ViTPose: Simple Vision Transformer Baselines for Human Pose Estimation
論文紹介:ViTPose: Simple Vision Transformer Baselines for Human Pose Estimation
 

クロスプラットフォーム開発としての「Mixed Reality Toolkit V2」が持つ可能性

  • 1. takabrz1 大阪駆動開発 Takahiro Miyaura Android iOS HoloLens HoloLens 2 クロスプラットフォーム開発としての 「Mixed Reality Toolkit V2」が持つ可能性
  • 2. 宮浦 恭弘 (Miyaura Takahiro)  大阪駆動開発コミュニティに生息  HoloLens日本販売してからXR系技術に取組む  HoloLens系技術Tipsを公開し続けた結果、よく知っている人扱いを受ける。  Mixed Reality Toolkit(以降MRTK)のTipsが比較的多めで、普段(?)からよく (?)MRTKの調査などを行っているうちにMRTKに詳しい人扱いを受ける。  HoloLensを中心にXR系技術と相性のいい技術(機械学習、IOT)を組合せ て日々遊びの中で知見を蓄えています。 技術Tips : https://qiita.com/miyaura takabrz1 ※よかったらこれを機にお知り合いになってください Microsoft MVP for Windows Development 2018-2020 某会社でSE(アプリケーション領域のアーキテクト的なお仕事なはず)= XRは趣味です (貢献領域:Mixed Reality)
  • 4. はじめに なぜ今マルチデバイスなのか 2019/12/4 Copyright © 2019 Takahiro Miyaura 1. 技術面(ハード・ソフト) 新しいXRデバイスの登場 AR CloudによるSharing体験を実現するシステムやアプリ(ex : Minecraft Earth) 2. デバイス特性を考慮した適材適所での活用  整備作業等ハンズフリーでの情報活用 : ウェアラブル型デバイス  ペン入力等と現実世界を組合わせる : タブレット型デバイス  業種、職種によってXRとして解決すべき課題が異なる なぜマルチデバイスに注目するのか 今まで以上にXRデバイス同士の組合わせたプロダクトが増えていく可能性
  • 5. はじめに マルチデバイス対応の課題 2019/12/4 Copyright © 2019 Takahiro Miyaura 有識者の課題 XRデバイス毎にSDKやライブラリが存在 デバイス依存の実装(サーバサイドはクラウド等で共通化) デバイス毎の開発に精通する必要性 ・・・とはいえ開発は効率化したい 構成管理の課題 同一機能がデバイス毎に実装され多重化 Device A Function A Function B ・・・ Device B Function A Function C ・・・ SDK B SDK A SDK A SDK B Device A Device B Device C
  • 6. はじめに マルチデバイス対応の最良解 = Cross Platform開発 2019/12/4 Copyright © 2019 Takahiro Miyaura マルチデバイス対応のためのCross Platform開発  とはいえ最適化は沼に入りやすい  究極の疎結合を求めて、できるだけデバイス依存の個所を極小化 ☹沼に入ったら出てこれない(浅瀬で戻る必要あり)  とはいえある程度最適化できれば非常に効果的に! Foo Bar baz … … Mixed Reality Toolkit V2はこれらの課題を解決できるOSSライブラリの1つ
  • 7. Mixed Reality Toolkit V2 2019/12/4 Copyright © 2019 Takahiro Miyaura
  • 8. 過去の経緯 Mixed Reality Toolkit V2になるまで 2019/11/20 Copyright © 2019 Takahiro Miyaura HoloToolkit : HoloLens用OSSライブラリとして提供開始 MixedRealityToolkit V1 : HoloLens + WinMRデバイス対応 MixedRealityToolkit V2 : HoloLens, HoloLens 2, WinMR, OpenVR対 応 構造が大きく変わる
  • 9. Mixed Reality Toolkit V2 コンセプト 2019/12/4 Copyright © 2019 Takahiro Miyaura  Cross Platformでの開発可能 XRデバイスにおけるUnity開発の基本的な構成要素を提供 エディタ内シミュレーションを介してラピッドプロトタイピングを有効 開発者がコアコンポーネントを交換できるようにする拡張可能なフレームワーク Unity向けOSSライブラリ 【幅広いPlatformに対応】 Microsoft HoloLens Microsoft HoloLens 2 Windows Mixed Reality HMD OpenVR HMD(HTC Vive / Oculus Rift) ※V2.2.0でARFoundation対応されるはず!
  • 10. Mixed Reality Toolkit V2 概要 2019/12/4 Copyright © 2019 Takahiro Miyaura XRデバイスの固有機能を含め様々な機能を提供 https://github.com/microsoft/MixedRealityToolkit-Unity
  • 11. Cross Platform 開発の実現 ~ Mixed Reality Toolkit V2 機能 ~ 2019/12/4 Copyright © 2019 Takahiro Miyaura Profileシステムによるデバイス切替え  新しいデバイスへの追加対応  iOS/Androidでの動作
  • 12. Cross Platform 開発の実現 Profileシステムによるデバイスの切替え 2019/12/4 Copyright © 2019 Takahiro Miyaura MRTK V2の基本的な動作はProfileのみで変更 使用するデバイス、シチュエーションに 応じた変更/カスタイズ  デバイス毎の基本設定 : Active Profileとして定義  デバイスの利用環境 : Target Scaleで定義  カテゴリ毎では主に以下の設定が可能  機能の有効化  使用するSystemの種類  System毎のProfile設定
  • 13. Cross Platform 開発の実現 Profileシステムによるデバイスの切替え 2019/12/4 Copyright © 2019 Takahiro Miyaura 設定の考え方  デバイス × 空間のスケール毎に管理可能  管理単位ごとにパラメータを設定 Device A Device B Device C Orientation Only Seated Standing Room World HoloLensをStandingで使う  動き回らないので空間マッピングは不要 例1 Windows MRをRoomで使う  動きまわるのでBoundaryを有効化 Boundary:プレイエリアとの境界面の表示機能 例2
  • 14. Cross Platform 開発の実現 新しいデバイスへの追加対応 2019/12/4 Copyright © 2019 Takahiro Miyaura Mixed Reality Toolkit V2のマルチデバイス対応 追加したいデバイス向けにコア部分を追加 今回はARFoundationを利用し6Dof対応が可能なiOS / Android 用システムを追加 Camera System  追加デバイス向けのカメラオブジェクトを生成  静止 / 3Dof / 6Dof構成はデバイスのサポート次第でよい Input System  使用デバイスの入力系に合わせてDevice Manager / Controller / Pointer等を作成  コントローラ等の3Dモデルも必要(表示が必要な場合)
  • 15. Cross Platform 開発の実現 新しいデバイスへの対応 2019/12/4 Copyright © 2019 Takahiro Miyaura Camera Systemの構築 ARFoundationで生成できるカメラを模倣して生成  ARFoundationは3つのコンポーネント  AR Session  AR Session Origin  AR Session Origin / AR Camera  Camera Systemでの実装  以下のコンポーネントを同じ構成で生成  AR Session Origin  AR Session  AR Input Manager  Tracked Pose Driver  AR Camera Manager  AR Camera Background
  • 16. Cross Platform 開発の実現 新しいデバイスへの対応 2019/12/4 Copyright © 2019 Takahiro Miyaura Input SystemにはUnity Touch Device Managerを利用 画面のタップした視点からのRayでオブジェクトを操作 新しいXRデバイスに対応するためには Input Systemを拡張する Point!
  • 17. Cross Platform 開発の実現 iOS/Androidでの動作 2019/12/4 Copyright © 2019 Takahiro Miyaura 実行例
  • 18. Cross Platform 開発の実現 今後のエンハンスで・・・ 2019/12/4 Copyright © 2019 Takahiro Miyaura MRTK V2.2.0でARFoundationへの対応がはいる! 最後までやり切れずごめんなさい。もっと頑張ります。 https://github.com/microsoft/MixedRealityToolkit-Unity/pull/6344 一応Pull Request出していたものの調査がうまくいかず 困っていたところ中の人が引継いでくれた!
  • 19. まとめ 2019/12/4 Copyright © 2019 Takahiro Miyaura Mixed Reality Toolkit V2はCross Platform開発が想定済 今後リリースされるXRデバイスにも対応が容易 Mixed Reality Toolkit V2でXRデバイスの開発を楽しみましょう!  現リリースでもCross Platform開発が可能  HoloLens, HoloLens 2, Windows Mixed Reality Devices  Open VR (HTC VIVE / Oculus Rift)  AR Foundation(iOS/Android)※V2.2.0~  XRデバイスの追加は容易  各XRデバイスに依存する機能はコア機能として実装  コンテンツ部分は変更不要  デバイスの切替えはProfileを利用してコア機能を切替える。
  • 20. 1月18日が何か覚えてますか?  HoloLens 2 HackDay2019 in Tokyo  HoloLens 2 ハックできちゃいます!  Tokyo HoloLens ミートアップ vol.19 日本上陸3周年&Holo2発売記念!  豪華ゲスト陣の登壇と宴!  HoloLens 2 体験会 in Tokyo  HoloLens 2 体験できちゃいます! そう!あの日ですよ!ということで豪華3本立て! 2020/01/17 19:00 ~22:00 2020/01/17 13:00 ~17:00 2020/01/18 10:00 ~18:00
  • 21. takabrz1 大阪駆動開発 Takahiro Miyaura 以上 ご清聴ありがとうございました!