Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
・スタートメニューを開く/閉じる ・ボタンを押す等※マウスクリック相当
Bloom(ブルーム) AirTap(エアタップ) Tap and Hold(タップアンドホールド)
・詳細確認/スクロール/ドラッグ等
指先同士を触れさせた状態から手のひ...
この領域で検出されるジェスチャー
=左手
この領域で検出されるジェスチャー
=右手
MRDesignLabsではInputSourceHandsコンポーネントでジェスチャーを検出
各ジェスチャーに対するパターンは以下の通り。
 Ready状態: CurrentHandStateが取得できる & Pressedがfalse
 AirTap:CurrentHandStateが取得できる & Pressedがtrue→すぐ...
プロパティ名 説明
Handedness ジェスチャーを検出する手を設定します。
Min Confidence 両手をどこまで近づけて検出できるようにするか。
Use Dead Zone センサーのブレをど誤差として扱うか設定します。
Dead...
Hololensで始めるMRdesignlabs - 両手ジェスチャー入力の実装
Hololensで始めるMRdesignlabs - 両手ジェスチャー入力の実装
Hololensで始めるMRdesignlabs - 両手ジェスチャー入力の実装
Hololensで始めるMRdesignlabs - 両手ジェスチャー入力の実装
Hololensで始めるMRdesignlabs - 両手ジェスチャー入力の実装
Hololensで始めるMRdesignlabs - 両手ジェスチャー入力の実装
Hololensで始めるMRdesignlabs - 両手ジェスチャー入力の実装
Hololensで始めるMRdesignlabs - 両手ジェスチャー入力の実装
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

Hololensで始めるMRdesignlabs - 両手ジェスチャー入力の実装

611 views

Published on

HoloLensのタップなどのジェスチャー動作を両手で処理できる機能について。
http://qiita.com/miyaura/items/d44e50f4cb422fdf0500

Published in: Technology
  • Be the first to comment

Hololensで始めるMRdesignlabs - 両手ジェスチャー入力の実装

  1. 1. ・スタートメニューを開く/閉じる ・ボタンを押す等※マウスクリック相当 Bloom(ブルーム) AirTap(エアタップ) Tap and Hold(タップアンドホールド) ・詳細確認/スクロール/ドラッグ等 指先同士を触れさせた状態から手のひらを上に向けて 素早く手を開きます。 対象の物体をゲイズで選択します。次に一本の指を挙 げてから素早く下げそのままの状態を維持します。 対象の物体をゲイズで選択します。次に一本の指を挙 げてから素早く下げ、再び上げます。 ・センサー上で検出されている状態 Ready(レディ) 1本指を上げた状態を維持する。 ・ドロップ等 Release(リリース) Hold状態から1本指を上げる。
  2. 2. この領域で検出されるジェスチャー =左手 この領域で検出されるジェスチャー =右手 MRDesignLabsではInputSourceHandsコンポーネントでジェスチャーを検出
  3. 3. 各ジェスチャーに対するパターンは以下の通り。  Ready状態: CurrentHandStateが取得できる & Pressedがfalse  AirTap:CurrentHandStateが取得できる & Pressedがtrue→すぐにPressedがfalse  Tap&Hold: CurrentHandStateが取得できる & Pressedがtrue  Release: CurrentHandStateが取得できる & Pressedがtrue→時間がたってからにPressedがfalse
  4. 4. プロパティ名 説明 Handedness ジェスチャーを検出する手を設定します。 Min Confidence 両手をどこまで近づけて検出できるようにするか。 Use Dead Zone センサーのブレをど誤差として扱うか設定します。 Dead Zone デッドゾーンの範囲を指定します。移動量(速度)がデッドゾーン内の場合、移 動していないとみなします。 Clamp Position この設定をチェックすると移動量が-1.0f~1.0fの範囲で変化します。 Clamp Velocity この設定をチェックすると速度が-1.0f~1.0fの範囲で変化します。 Input Scale 入力値の倍率を設定します。

×