Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Azure Object Anchors Recap

Microsoft Ignite Recap Community Dayでの登壇資料。Azure Object AnchorsがPublic Previewが提供されたのでその紹介を行いました。

  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

Azure Object Anchors Recap

  1. 1. takabrz1 大阪駆動開発 Takahiro Miyaura Azure Object Anchors Recap
  2. 2. 宮浦 恭弘 (Miyaura Takahiro)  大阪駆動開発コミュニティに生息  HoloLens日本販売してからXR系技術に取組む  普段はよくMixed Reality Toolkitに関する調査している  新しい技術や、MRに使えそうな技術を調べる 技術Tips : https://qiita.com/miyaura takabrz1 ※よかったらこれを機にお知り合いになってください  リリース機能調べたり・・・  面白い機能使ってみたり・・・  新しい実験してフィードバックしたり・・・ (貢献領域:Mixed Reality) Microsoft MVP for Windows Development 2018-202 1 某会社でSE(アプリケーション領域のアーキテクト的なお仕事なはず)= XRは趣味です
  3. 3. Ignite 2021でのアップデート情報 2021/3/24 Copyright © 2021 Takahiro Miyaura
  4. 4. Ignite 2021でのAzure Object Anchorsの情報 2021/3/24 Copyright © 2021 Takahiro Miyaura Public Previewとして提供開始がアナウンス https://blogs.windows.com/japan/2021/03/05/driving-innovation-with-azure-mixed-reality-services/ Private Previewではトヨタ社での先行利用事例が有名 https://blogs.windows.com/japan/2020/09/27/mixed-reality-momentum-hololens-2-expands-globally-and-new-azure-service-launches/ Mixed Realityの活用を より広げることができる注目のサービス
  5. 5. Mixed Realityの空間を活用するためのサービス 2021/3/24 Copyright © 2021 Takahiro Miyaura
  6. 6. 空間情報の活用を支援するMixed Realityサービス 2021/3/24 Copyright © 2021 Takahiro Miyaura Azure サービスとOSSライブラリ World Locking Tool 現実空間とデジタル情報の 位置関係を高精度に維持  Azure Services  Azure Services  OSS Library パスタ状の仮想物体 Azure Spatial Anchors 現実空間をマーカーとして デジタル情報を位置合わせ Azure Object Anchors 現実の物体をマーカーとして デジタル情報を位置合わせ
  7. 7. Azure Object Anchors 2021/3/24 Copyright © 2021 Takahiro Miyaura
  8. 8. Azure Object Anchors 概要 2021/3/24 Copyright © 2021 Takahiro Miyaura 空間をスキャンし学習済みの形状と照合 HoloLensで認識している空間情報 =現実空間をスキャンし凹凸や奥行を把握 Azure Object Anchors  Azure Services 学習済み形状モデル HoloLens 2 ①空間スキャン ②空間情報取得 ③アンカー設置&可視化 [オプション]診断情報送信 Azure Object Anchors Runtime SDK ou ファイル インポート 取得 [事前作業] 現実の物体は要登録 APIで登録 3Dモデリング ツール等で作成 3Dモデル (参考)Azure Spatial Anchorsはスキャンし た空間情報を学習済み形状として活用
  9. 9. Azure Object Anchors 利用について 2021/3/24 Copyright © 2021 Takahiro Miyaura
  10. 10. Azure Object Anchors 利用について 2021/3/24 Copyright © 2021 Takahiro Miyaura 大きくは2段階の作業 HoloLensで認識している空間情報 =現実空間をスキャンし凹凸や奥行を把握 Azure Object Anchors  Azure Services 学習済み形状モデル HoloLens 2 3Dモデル APIで登録 3Dモデリング ツール等で作成 Azure Object Anchors Runtime SDK ou ファイル インポート 取得 [事前作業] ①空間スキャン ②空間情報取得 ③アンカー設置&可視化 [オプション]診断情報送信
  11. 11. ①空間スキャン ②空間情報取得 ③アンカー設置&可視化 Azure Object Anchors 利用について 2021/3/24 Copyright © 2021 Takahiro Miyaura 大きくは2段階の作業 HoloLensで認識している空間情報 =現実空間をスキャンし凹凸や奥行を把握 Azure Object Anchors  Azure Services 学習済み形状モデル HoloLens 2 3Dモデル APIで登録 3Dモデリング ツール等で作成 Azure Object Anchors Runtime SDK ou ファイル インポート 取得 [事前作業] 現実空間での利用 モデルの登録 (事前作業) [オプション]診断情報送信
  12. 12. Azure Object Anchors 利用について – 現実オブジェクトの登録 2021/3/24 Copyright © 2021 Takahiro Miyaura 3DモデルとしてAzure Object Anchorsに登録 【現実オブジェクトは3Dモデルで用意】  フォーマット .glb, .gltf, .ply, .fbx, .obj  サイズは1m ~10m の範囲内がスイートスポット  適切なスケール ユニット  センチメートル, デシメートル, フィート, インチ, キロメートル, メートル, ミリメートル, ヤード,  オブジェクトの重力方向  例:オブジェクトの下向き-Y の場合は、(0, -1, 0) 【注意点】 サイズが大きく、LOD (詳細レベル) が高いモデルの処理には時間がかかる可能性あり。 Azure Object Anchorsの オブジェクト変換サービスを利用 • 学習済みモデルはouファイルとして取得 • HoloLensにインポート(ファイルコピー) Azure Object Anchors  Azure Services 学習済み形状モデル 3Dモデル APIで登録 3Dモデリング ツール等で作成 Azure Object Anchors Runtime SDK ou ファイル インポート 取得 [事前作業]
  13. 13. Azure Object Anchors 利用について – 現実のオブジェクトの検出と可視化 2021/3/24 Copyright © 2021 Takahiro Miyaura 学習済みモデルと現実空間の情報を照合 HoloLensで認識している空間情報 =現実空間をスキャンし凹凸や奥行を把握 HoloLens 2 ①空間スキャン ②空間情報取得 ③アンカー設置&可視化 Azure Object Anchors Runtime SDK ObjectSearchArea  現実の物体を検出するエリア範囲 (動画の赤のボックス) MinSurfaceCoverage  現実の物体と一致したとみなす表面の 最小カバレッジ率 IsExpectedToBeStandingOnGroundPlane  現実オブジェクト床面に設置しているかどうか ExpectedMaxVerticalOrientationInDegrees  認識可能な上方向と重力の最大角度 MaxScaleChange  オブジェクトのスケールを調整(0~1) 検出時の主な調整項目
  14. 14. Azure Object Anchors Quick Startのポイント  Quick Start通りで問題なく実施できます  3Dモデルも簡易な方法で試せます 2021/3/24 Copyright © 2021 Takahiro Miyaura
  15. 15. Azure Object Anchors Quick Start のポイント 2021/3/24 Copyright © 2021 Takahiro Miyaura 実施の際のポイントを紹介 – モデルの生成  対象にするモデルを用意しましょう 【シンプルな形状を用意】  そこそこ大き目の物体(1m程度)を用意  バランスボール、段ボール等  対称形の物体は方向が不定になります(位置は正確に出ます) 【公式ドキュメント(Azure Object Anchors )】  全体:https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/object-anchors/  モデルの登録:https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/object-anchors/quickstarts/get-started-model-conversion  AOA利用:https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/object-anchors/quickstarts/get-started-unity-hololens-mrtk?tabs=unity-package-web-ui 実寸(m)で入力 Scale:1.0 Apply Scaling:FBX All 例:Blenderでバランスボール用のモデル生成  Quick Startのコンバージョンツールで登録  成功するとouファイルが生成されます。
  16. 16. Azure Object Anchors Quick Start のポイント 2021/3/24 Copyright © 2021 Takahiro Miyaura 実施の際のポイントを紹介 – HoloLens アプリ 【公式ドキュメント(Azure Object Anchors )】  全体:https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/object-anchors/  モデルの登録:https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/object-anchors/quickstarts/get-started-model-conversion  AOA利用:https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/object-anchors/quickstarts/get-started-unity-hololens-mrtk?tabs=unity-package-web-ui 【Device Portal経由でインポート】  場所:User FoldersLocalAppData AOAMRTKApp.X.X.X.X_arm64__XXXXXLocalState
  17. 17. まとめ 2021/3/24 Copyright © 2021 Takahiro Miyaura
  18. 18. まとめ 2021/3/24 Copyright © 2021 Takahiro Miyaura Azure Mixed Reality の新しいサービス Azure Object Anchors 3Dモデル形状を登録 現実空間から学習済モデルと一致する現実の物体を検索 現実の物体位置、向きを推定しデジタル情報と位置合わせ Azure Object Anchorsが加わった Azure Mixed Reality サービスでMixed Realityの活用範囲が広がる
  19. 19. 大阪駆動開発 関西を中心に、IT系のおもしろそうなことを楽しんでやるコミュニティ 2021/3/24 Copyright © 2021 Takahiro Miyaura

×