Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Scrum Boot Camp 体験記 2012/6/16

1,400 views

Published on

2012/6/16に参加したScrum Boot Campの体験を
2012/6/20にTFSUGで共有したときの資料です。

Published in: Technology
  • Be the first to comment

Scrum Boot Camp 体験記 2012/6/16

  1. 1. Scrum Boot Camp 体験記 (一般公開用) 塩井 唯史
  2. 2. はじめに 当資料は2012/6/20にTFSUGで発表後、ネタバレ部分 を改訂したものです。 Scrum Boot Campの資料にない部分を中心に説明して います。 TFSUGでの発表時間が20分でしたので、範囲を限定し て紹介しています。実際にScrum Boot Campに参加し ていただくことを強く推奨します。
  3. 3. About me 氏名 : 塩井 唯史 (しおい ただし) 出身 : 大阪府堺市 職業 : 東京のSIベンダーでDeveloper TFSは実践ではCheck-in/Check-outのみ経験 趣味 : カラオケ Twitter : @shioi
  4. 4. Goal Scrum Boot Campの体験の共有  ワークショップでの失敗談、改善したこと  Q & A  その他心に染みた言葉
  5. 5. Agenda Scrum Boot Camp前日までの準備 Scrum Boot Camp当日  ウォームアップ  プロダクトバックログ  スプリント計画 ふりかえり
  6. 6. Scrum Boot Campとは Scrum Boot Camp  自分の現場で Scrum を始めたい or 始めているがよく分 かっていない人や体系的に学びたいが認定スクラムマス ター研修は会社では受けられない人向けの勉強会。 Scrum の基礎を丸一日かけて丁寧に学ぶ事を目的として います。(※スクラム道ホームページより抜粋)  イベント開催の告知があった日に予約が満席になる大変 人気のあるイベントです。 当資料は2012/6/16に東京で開催したScrum Boot Campの体験記です。
  7. 7. 前日までの準備 Scrumに関する本を読んで予習 スクラム全般を解説。 テクノロジーには依存していな い。 TOC (制約理論) をベースに Scrum, XP, FDDを比較。 Visual Studio, TFSを使用した Scrumの実践。
  8. 8. バーンダウン (全期間) プロジェクト期間全体(約一年)でバーンダウン チャートを作成してみた(実体験) 残タスクはいつまでも減らな い。。。 予定を見える化して分散化できたの で、無駄ではなかった。 期待 結果
  9. 9. バーンダウン (スプリント毎) 期間を区切ると速度を計測できる。 スプリント1 スプリント2 スプリント3
  10. 10. Scrum Boot Camp 当日 10:00 ~ 18:00 約40人が参加。5人を1チームとしてプラクティス Agile, Scrumの講義 演習  ウオームアップ  プロダクトバックログ  スプリント計画
  11. 11. ウォームアップ ワークショップ  あるルールと制約を課した単純なアクティビティ。  決められたDoneの数を各チームで競い合う。 計画 1min. 実践 3min. ふりかえり 2min.
  12. 12. Result Plan Result 1回目 8 0  成果があがらなかった。 2 8 2回目  見積もりを見直した。 13 12  プロセス改善効果が表れた。 20 15 3回目  さらなるプロセス改善を見越して見積もりをした。  見積もりに近い実績を実現できた。 4回目  プロセス改善に自身がつき、強気に見積もった。  見積もりは甘かったが、プロセスの改善が確認できた。
  13. 13. ウォームアップふりかえり Time Boxを守るのは最初は難しい。  最初はなにも計画できずにTime Up.  繰り返すうちに各自段取りを把握でき、3回目以降はス ムーズに進行できた。  残時間が把握できると、集中力が保てる。 振り返りがプロセス改善に大きく貢献  各自が感じたボトルネック(改善点)を共有。  良かった点も共有。定期的な対話が大事。  対話の時間にもTime Boxを設けることで密度の高い対話 の仕方が体に染みついてくる。 Time Boxを継続することでリズムが確立される。 Sprintを繰り返すことで見積もり精度と 生産性が向上したのを体感できた。
  14. 14. Teacher say 講師はプロダクトオーナーとして作ってほしいもの をチームに依頼した。 ただし、やり方はチームに委任した。(口出ししな かった。) チームが自身でプロセスを改善していった。 自己組織化
  15. 15. Time Box 各Time Boxの目安 スプリント 2W ~ 4W スプリント計画会議 8H スプリントレビュー 4H ふりかえり MAX 3H デイリースクラム MAX 15M
  16. 16. Keep time 朝会  情報共有の場。問題解決の場ではない。  問題は朝会の後で関係者だけ集めて対話をする。  情報共有をメールで代用しない。対話が重要。  チームの顔色はどうか?等対話しないとわからないことは多 い。 スプリント  最初は2Wがお勧め。  1Wは忙しすぎる。4Wはだれる。 ふりかえり  15min ~ 30minで手短に  頻繁に行うことが重要。プロセス改善が目的。
  17. 17. プロダクトバックログ演習 各々がプロダクトオーナーになり課題に着手  プロダクトバックログ作成  見積もり
  18. 18. Result 時間を守れなかった チームメンバー間でバックログの粒度が異なった。  「通知する」とか「メールを通知する」とか。 本当に重要なものがなにかで議論になった。  通知?場所?登録機能?参照機能? 見積もりの時点で、まだメンバーの間で各バックロ グの内容の認識が異なることが発覚した。  話し合って、プロダクトバックログをさらに詳細に分割 した。
  19. 19. プロダクトバックログふりかえり プロダクトオーナー(PO)が複数いる場合  優先順位を決定する仕組みを構築しておく。  例:チーフPOを決める、多数決を取る。 最初に全ての見積もりに時間をかけても価値はない  プロダクトバックログ項目の優先順位はビジネス環境に 合わせて頻繁に変更される。  優先順位の低い項目を実装しない可能性がある。  見積もりは最初は精度が低い。スプリントの積み重ねで 見積もり精度が高くなる。 全体の見積もりはざっくりでも把握しておく  現在のおおよその位置や速度は把握できる。
  20. 20. スプリント計画演習 チームメンバーとしてスプリントを計画  重要なプロダクトバックログを上位3個を選択  各バックログをタスクに分割  各タスクの時間を見積もり
  21. 21. Result 時間を守れなかった  プランニングポーカーの数字の根拠を聞くのに時間がか かった。 タスクに含める範囲で意見が異なった。  設計は?  基本設計書は?  画面イメージをスケッチで共有?  結合テストとか、、、  レイヤー分割は細かすぎ?
  22. 22. スプリント計画ふりかえり タスクの内容が自明と思っていると痛い目にある。 対話が重要。 プロダクトバックログを分割するときはプロダクト オーナーに相談。
  23. 23. その他 初めてスクラムをするときはアナログがお勧め。  いきなりいろいろ学習するのは辛い。  まずはスクラム、次にツールという順番。  ちょっとしたアレンジが楽。  バックログへイラストを描き込むとか。  デイリースクラムで問題の把握と改善は可能。  デジカメで各スプリントの成長を記録 バーンダウンは順調でも帰宅時間が遅い場合あり。  いろいろな指標を組み合わせる。  コードチャーンとかバグの再アクティブ化とか。  そもそもTime Boxを守らせる。
  24. 24. その他 ベロシティを他チームと比較しても意味ない  作業場所、メンバー、成果物等さまざまな環境が異なる タスクボードを使ってWIPを一人一つにする。  仕掛品をなくす 小規模で成功してから大規模にScrumを適用する。  成功体験が必要 コミットメントとはチームが最善を尽くこと。  チームで継続的に改善を行う。  責任はチームが持つ。個人に責任を持たせない。  個人の責任をすると隠し事をし始める。  評価制度の仕組みの改善が必要。
  25. 25. 全体ふりかえり ウォームアップでプロセス改善の工程を体験したの で、初めての作業がうまくいかなくても落ち着くこ とができた。 Time Boxを設けてチームで作業をする習慣がつい た。自己組織化を体験した。 対話が重要。 Time Box重要。 ふりかえり重要。 Scrumを身に着けるには今後もScrumを継続することが大切

×