SlideShare a Scribd company logo
1 of 59
Download to read offline
日本にJoy,Incを創る!
ぼくらのジョイインクジャーニー
3年間の軌跡
クリエーションライン株式会社
安田忠弘
クリエーションライン株式会社
代表取締役 安田忠弘
1972年 熊本生まれ
2000年 ソフトバンクグループへ入社
2006年 クリエーションライン創業
家族:妻と息子(4歳)
趣味:バスケットボール
3
クリエーションライン株式会社
資本金:215,572,000円(資本準備金を含む)
従業員数:140名(業務委託/契約社員含む)
事業内容:アジャイル開発支援サービス事業
サブスクリプション事業
James Goebel Richard Sheridan
あなたは
喜びに満ちた人生を
送りたいですか?
あなたは喜びを選んだ。
それは困難な旅の始まりだと、理解してほしい。
人間の行動を変えることは、
最も困難な努力のひとつだ。
そして、おそらく、最も実り多いものだ。
Menlo Innovations
CEO
Richard Sheridan
Joy, Inc.
第16章 まとめ - 喜びのなかへ より
このセッションのターゲットとゴール
ターゲット:
組織(チーム)を変えようとしている
経営者、リーダー、メンバー
ゴール:
文化を変える孤独な挑戦に、勇気と元気が
もたらされること
1.Joy, Inc.に出会う前のぼくら
2.Joy, Inc.との出会い(2013~2017)
3.RSGT2018
4.ぼくらがカルチャーを変えるために
実践していること
5.ぼくらのジョイインクジャーニー
(未来編)
1.Joy, Inc.に出会う前のぼくら
2.Joy, Inc.との出会い(2013~2017)
3.RSGT2018
4.ぼくらがカルチャーを変えるために
実践していること
5.ぼくらのジョイインクジャーニー
(未来編)
説明責任の
回避
責任感の不足
衝突への恐怖
信頼の欠如
結果への
無関心
機能しないチーム
説明責任の
回避
責任感の不足
衝突への恐怖
信頼の欠如
結果への
無関心
機能しないチーム
2013年時点
会議が暗い(全体会議が一番暗い)
チーム間のコミュニケーションがない
=>いがみ合ってる人もいる
プロジェクト炎上
=>帰れないプロジェクト
社員が会社の悪い評判をSNSに
投稿する
2006 20202013 2017
会社の文化グラフ(私の主観)
2006 20202013 2017
会社の文化グラフ(私の主観)
1.Joy, Inc.に出会う前のぼくら
2.Joy, Inc.との出会い(2013~2017)
3.RSGT2018
4.ぼくらがカルチャーを変えるために
実践していること
5.ぼくらのジョイインクジャーニー
(未来編)
2015年1月
この頃
2015年1月
この頃
2016年10月
ヴァル研究所さんへ見学会
この頃
2017年3月
2017年10月
この頃
「強いチームの作り方」ワークショップ開催
2017年8月ごろ
すごいなー。。
こんな会社があるのかー。。
(遠い世界のできごと)
1.Joy, Inc.に出会う前のぼくら
2.Joy, Inc.との出会い(2013~2017)
3.RSGT2018
4.ぼくらがカルチャーを変えるために
実践していること
5.ぼくらのジョイインクジャーニー
(未来編)
Joy, Inc.
Menlo Innovations
何よりも一番印象深かったのは
リッチーさんが、
とても嬉しそうに
会社のことを話しをしていたこと
ぼくはこんなに嬉しそうに
クリエーションラインのことを
語れるだろうか
語りたい
RSGT2018
週明けの
全体会議
チームワークの7つの段階
(参照元:ワークコラボレーション・レビュー http://www.scholar.co.jp/workcollaboration/level/
Know each otherLevel 1
知っている
Share casual conversationsLevel 2
話をする
Understand one anotherLevel 3
理解する
Share common goalLevel 4
共通のものをもつ
Consult across domainLevel 5
相談する
Deal with conflictLevel 6
協力する
Create new valueLevel 7
新しい価値を共に生みだす
全員で集まって自己紹介
(リレートーク)
チームワークの7つの段階
(参照元:ワークコラボレーション・レビュー http://www.scholar.co.jp/workcollaboration/level/
Weekly朝会
ワークショップ
雑談
ビジョン、理念、OKR
チームリーダー会議
全員で集まって自己紹介
(リレートーク)
Know each otherLevel 1
知っている
Share casual conversationsLevel 2
話をする
Understand one anotherLevel 3
理解する
Share common goalLevel 4
共通のものをもつ
Consult across domainLevel 5
相談する
Deal with conflictLevel 6
協力する
Create new valueLevel 7
新しい価値を共に生みだす
1.Joy, Inc.に出会う前のぼくら
2.Joy, Inc.との出会い(2013~2017)
3.RSGT2018
4.ぼくらがカルチャーを変えるために
実践していること
5.ぼくらのジョイインクジャーニー
(未来編)
Weekly朝会
「毎週1時間全員」を約2年継続中
チームビルディングを目的にした全員参加イベント
2018年 Weekly朝会一覧
2019年 Weekly朝会一覧
ふるふる リレートーク
リモートメンバーとジェスチャーゲーム
雑 談
コミュニケーションの質を上げる
=お互いを理解する
“雑談”
4〜5人の雑談のためのチームを作って、ただ雑談を
するための時間を作っている。業務時間として雑談
をする。
社内アンケート結果
● 他チームとの交流ができるので続けたいです。普段会話しやすくなるので。
● 他のチームの人のことを知れる機会になった。
● 新しい考え方、趣味の開拓など自分の知らない分野に興味が持てるようになった。
● 雑談で得たつながりが、仕事でのつながりになった。
● 仕事上、接点がない人と会話出来るようになる。
● 他のチームと話す機会ができて、話しやすくなった人も増えた
● 業務でなかなか関われない人と会話が出来るので、雑談した人に話しかけやすくなった
● 業務であまり関わりのない方とも話す機会があるので、全体的に身近に感じられるようになった。
● 「**検討ミーティング」というよりも「**ザッソウ」というと最初は雑談から始まり、フラット
な感じで色んな人から色んな意見が出ることが多い気がする。
● 普段話せない人と何気ない会話をするチャンスを与えてくれたと思います。ただ人によっては雑談は
雑談、と割り切る方もいらっしゃるようなので業務の延長線上になるんだという意識がすり込めれば
尚良いのかなと思いました。
● 「コミュニケーションを重要視している」という安田さんのメッセージが形になっているので、他の
業務でもコミュニケーション(一見無駄話に見えるかもしれないことでも)を取りやすくなった。
● 入社が浅い自分を快く受け入れてくれて、スベっても大丈夫な環境を提供してくれたおかげで勇気が
もらえました。よかったと思います。
社内アンケート結果
● 他チームとの交流ができるので続けたいです。普段会話しやすくなるので。
● 他のチームの人のことを知れる機会になった。
● 新しい考え方、趣味の開拓など自分の知らない分野に興味が持てるようになった。
● 雑談で得たつながりが、仕事でのつながりになった。
● 仕事上、接点がない人と会話出来るようになる。
● 他のチームと話す機会ができて、話しやすくなった人も増えた
● 業務でなかなか関われない人と会話が出来るので、雑談した人に話しかけやすくなった
● 業務であまり関わりのない方とも話す機会があるので、全体的に身近に感じられるようになった。
● 「**検討ミーティング」というよりも「**ザッソウ」というと最初は雑談から始まり、フラット
な感じで色んな人から色んな意見が出ることが多い気がする。
● 普段話せない人と何気ない会話をするチャンスを与えてくれたと思います。ただ人によっては雑談は
雑談、と割り切る方もいらっしゃるようなので業務の延長線上になるんだという意識がすり込めれば
尚良いのかなと思いました。
● 「コミュニケーションを重要視している」という安田さんのメッセージが形になっているので、他の
業務でもコミュニケーション(一見無駄話に見えるかもしれないことでも)を取りやすくなった。
● 入社が浅い自分を快く受け入れてくれて、スベっても大丈夫な環境を提供してくれたおかげで勇気が
もらえました。よかったと思います。
Weekly朝会、雑談については、ブログを書きましたの
で、ご参照くださいm(__)m
クリエーションラインのWeekly朝会について
https://www.creationline.com/blog/tadahiro-
yasuda/31129
RSGT2019にインスパイアされて雑談を全社で1年間
やった結果得られたもの
https://www.creationline.com/blog/tadahiro-
yasuda/31156
その他にも
・財務情報フルオープン(契約形態問わず全メンバー)
・全社リモートワークデイ
・お花見令(家族のかたと桜を楽しむ)
・ガリガリくん食べ放題
・Family Day
・CL流振り返り勉強会
・社内向け技術トレーニング
ー>Kubernetes、GitLab、文章の書き方など
・理念の理解を入社条件にしている
(採用要件に「Team Geek」の読了がある)
・360度評価(絶対評価 not 相対評価)
1.Joy, Inc.に出会う前のぼくら
2.Joy, Inc.との出会い(2013~2017)
3.RSGT2018
4.ぼくらがカルチャーを変えるために
実践していること
5.ぼくらのジョイインクジャーニー
(未来編)
日本のいろいろな会社(チーム)
にJoy, Inc.の文化、働き方(XP)
を広めていきたい。
クリエーションラインのビジョン
IT技術によるイノベーションにより
顧客と共に社会の進化を実現する
INNOVATION FACTORY
INNOVATION FACTORY
49
アジャイル開発現場(デンソーとの共同プロジェクトルーム)
秋葉原クリエーションライン中2階 (2018年8月~)
クリエーションラインのアジャイル開発現場
秋葉原クリエーションライン 2号棟 Akiba Dialog (2019年6月~)
あなたは
喜びに満ちた人生を
送りたいですか?
Appendix 1
2006 20202013 2017
会社の文化グラフ(私の主観)
2006 2020
会社の業績(売上)を重ねてみたらこうなった
20172013
2006 20202017
会社の文化がよくなる
=良い成果が生まれる
=会社の業績がよくなる
2013
Appendix 2
彼らにとって
そこが仕事場であり生活の一部
会社のカルチャー=日常

More Related Content

What's hot

TPS/リーンを使って強化するアジャイル/スクラム
TPS/リーンを使って強化するアジャイル/スクラムTPS/リーンを使って強化するアジャイル/スクラム
TPS/リーンを使って強化するアジャイル/スクラムKazutaka Sankai
 
事業成長にコミットするエンジニア組織への道のり
事業成長にコミットするエンジニア組織への道のり事業成長にコミットするエンジニア組織への道のり
事業成長にコミットするエンジニア組織への道のりRecruit Lifestyle Co., Ltd.
 
イミュータブルデータモデル(入門編)
イミュータブルデータモデル(入門編)イミュータブルデータモデル(入門編)
イミュータブルデータモデル(入門編)Yoshitaka Kawashima
 
45分間で「ユーザー中心のものづくり」ができるまで詰め込む
45分間で「ユーザー中心のものづくり」ができるまで詰め込む45分間で「ユーザー中心のものづくり」ができるまで詰め込む
45分間で「ユーザー中心のものづくり」ができるまで詰め込むYoshiki Hayama
 
フロー効率性とリソース効率性、再入門 #devlove #devkan
フロー効率性とリソース効率性、再入門 #devlove #devkanフロー効率性とリソース効率性、再入門 #devlove #devkan
フロー効率性とリソース効率性、再入門 #devlove #devkanItsuki Kuroda
 
「UXデザインとは」からはじめる「本流」のUXデザインはじめの一歩 | UXデザイン基礎セミナー 第1回
「UXデザインとは」からはじめる「本流」のUXデザインはじめの一歩 | UXデザイン基礎セミナー 第1回「UXデザインとは」からはじめる「本流」のUXデザインはじめの一歩 | UXデザイン基礎セミナー 第1回
「UXデザインとは」からはじめる「本流」のUXデザインはじめの一歩 | UXデザイン基礎セミナー 第1回Yoshiki Hayama
 
アジャイル開発とメトリクス
アジャイル開発とメトリクスアジャイル開発とメトリクス
アジャイル開発とメトリクスRakuten Group, Inc.
 
ゼロからはじめるプロダクトマネージャー生活
ゼロからはじめるプロダクトマネージャー生活ゼロからはじめるプロダクトマネージャー生活
ゼロからはじめるプロダクトマネージャー生活Takaaki Umada
 
FINAL FANTASY Record Keeperのマスターデータを支える技術
FINAL FANTASY Record Keeperのマスターデータを支える技術FINAL FANTASY Record Keeperのマスターデータを支える技術
FINAL FANTASY Record Keeperのマスターデータを支える技術dena_study
 
ふりかえり会は懺悔の場でも責任追及の場でもありません、過去の学びを活かして幸福な未来を作る行動を生み出す場です
ふりかえり会は懺悔の場でも責任追及の場でもありません、過去の学びを活かして幸福な未来を作る行動を生み出す場ですふりかえり会は懺悔の場でも責任追及の場でもありません、過去の学びを活かして幸福な未来を作る行動を生み出す場です
ふりかえり会は懺悔の場でも責任追及の場でもありません、過去の学びを活かして幸福な未来を作る行動を生み出す場ですESM SEC
 
アジャイル開発はWhyから始まる
アジャイル開発はWhyから始まるアジャイル開発はWhyから始まる
アジャイル開発はWhyから始まるtoshihiro ichitani
 
Test Yourself - テストを書くと何がどう変わるか
Test Yourself - テストを書くと何がどう変わるかTest Yourself - テストを書くと何がどう変わるか
Test Yourself - テストを書くと何がどう変わるかTakuto Wada
 
初学者のためのプロンプトエンジニアリング実践.pptx
初学者のためのプロンプトエンジニアリング実践.pptx初学者のためのプロンプトエンジニアリング実践.pptx
初学者のためのプロンプトエンジニアリング実践.pptxAkifumi Niida
 
私にとってのテスト
私にとってのテスト私にとってのテスト
私にとってのテストTakuto Wada
 
劇的改善 Ci4時間から5分へ〜私がやった10のこと〜
劇的改善 Ci4時間から5分へ〜私がやった10のこと〜劇的改善 Ci4時間から5分へ〜私がやった10のこと〜
劇的改善 Ci4時間から5分へ〜私がやった10のこと〜aha_oretama
 
心理的安全性を 0から80ぐらいに上げた話
心理的安全性を 0から80ぐらいに上げた話心理的安全性を 0から80ぐらいに上げた話
心理的安全性を 0から80ぐらいに上げた話Yusuke Hisatsu
 
スケジュール遅延が当たり前な状況を少し良くしたいチームがその未来のためにScrumに”再”挑戦した話
スケジュール遅延が当たり前な状況を少し良くしたいチームがその未来のためにScrumに”再”挑戦した話スケジュール遅延が当たり前な状況を少し良くしたいチームがその未来のためにScrumに”再”挑戦した話
スケジュール遅延が当たり前な状況を少し良くしたいチームがその未来のためにScrumに”再”挑戦した話Rakuten Commerce Tech (Rakuten Group, Inc.)
 
パターン QA to AQ: 伝統的品質保証(Quality Assurance)からアジャイル品質(Agile Quality)へ
パターン QA to AQ: 伝統的品質保証(Quality Assurance)からアジャイル品質(Agile Quality)へパターン QA to AQ: 伝統的品質保証(Quality Assurance)からアジャイル品質(Agile Quality)へ
パターン QA to AQ: 伝統的品質保証(Quality Assurance)からアジャイル品質(Agile Quality)へHironori Washizaki
 
ユーザーストーリー駆動開発で行こう。
ユーザーストーリー駆動開発で行こう。ユーザーストーリー駆動開発で行こう。
ユーザーストーリー駆動開発で行こう。toshihiro ichitani
 

What's hot (20)

Digitaltransformation Journey
Digitaltransformation JourneyDigitaltransformation Journey
Digitaltransformation Journey
 
TPS/リーンを使って強化するアジャイル/スクラム
TPS/リーンを使って強化するアジャイル/スクラムTPS/リーンを使って強化するアジャイル/スクラム
TPS/リーンを使って強化するアジャイル/スクラム
 
事業成長にコミットするエンジニア組織への道のり
事業成長にコミットするエンジニア組織への道のり事業成長にコミットするエンジニア組織への道のり
事業成長にコミットするエンジニア組織への道のり
 
イミュータブルデータモデル(入門編)
イミュータブルデータモデル(入門編)イミュータブルデータモデル(入門編)
イミュータブルデータモデル(入門編)
 
45分間で「ユーザー中心のものづくり」ができるまで詰め込む
45分間で「ユーザー中心のものづくり」ができるまで詰め込む45分間で「ユーザー中心のものづくり」ができるまで詰め込む
45分間で「ユーザー中心のものづくり」ができるまで詰め込む
 
フロー効率性とリソース効率性、再入門 #devlove #devkan
フロー効率性とリソース効率性、再入門 #devlove #devkanフロー効率性とリソース効率性、再入門 #devlove #devkan
フロー効率性とリソース効率性、再入門 #devlove #devkan
 
「UXデザインとは」からはじめる「本流」のUXデザインはじめの一歩 | UXデザイン基礎セミナー 第1回
「UXデザインとは」からはじめる「本流」のUXデザインはじめの一歩 | UXデザイン基礎セミナー 第1回「UXデザインとは」からはじめる「本流」のUXデザインはじめの一歩 | UXデザイン基礎セミナー 第1回
「UXデザインとは」からはじめる「本流」のUXデザインはじめの一歩 | UXデザイン基礎セミナー 第1回
 
アジャイル開発とメトリクス
アジャイル開発とメトリクスアジャイル開発とメトリクス
アジャイル開発とメトリクス
 
ゼロからはじめるプロダクトマネージャー生活
ゼロからはじめるプロダクトマネージャー生活ゼロからはじめるプロダクトマネージャー生活
ゼロからはじめるプロダクトマネージャー生活
 
FINAL FANTASY Record Keeperのマスターデータを支える技術
FINAL FANTASY Record Keeperのマスターデータを支える技術FINAL FANTASY Record Keeperのマスターデータを支える技術
FINAL FANTASY Record Keeperのマスターデータを支える技術
 
ふりかえり会は懺悔の場でも責任追及の場でもありません、過去の学びを活かして幸福な未来を作る行動を生み出す場です
ふりかえり会は懺悔の場でも責任追及の場でもありません、過去の学びを活かして幸福な未来を作る行動を生み出す場ですふりかえり会は懺悔の場でも責任追及の場でもありません、過去の学びを活かして幸福な未来を作る行動を生み出す場です
ふりかえり会は懺悔の場でも責任追及の場でもありません、過去の学びを活かして幸福な未来を作る行動を生み出す場です
 
アジャイル開発はWhyから始まる
アジャイル開発はWhyから始まるアジャイル開発はWhyから始まる
アジャイル開発はWhyから始まる
 
Test Yourself - テストを書くと何がどう変わるか
Test Yourself - テストを書くと何がどう変わるかTest Yourself - テストを書くと何がどう変わるか
Test Yourself - テストを書くと何がどう変わるか
 
初学者のためのプロンプトエンジニアリング実践.pptx
初学者のためのプロンプトエンジニアリング実践.pptx初学者のためのプロンプトエンジニアリング実践.pptx
初学者のためのプロンプトエンジニアリング実践.pptx
 
私にとってのテスト
私にとってのテスト私にとってのテスト
私にとってのテスト
 
劇的改善 Ci4時間から5分へ〜私がやった10のこと〜
劇的改善 Ci4時間から5分へ〜私がやった10のこと〜劇的改善 Ci4時間から5分へ〜私がやった10のこと〜
劇的改善 Ci4時間から5分へ〜私がやった10のこと〜
 
心理的安全性を 0から80ぐらいに上げた話
心理的安全性を 0から80ぐらいに上げた話心理的安全性を 0から80ぐらいに上げた話
心理的安全性を 0から80ぐらいに上げた話
 
スケジュール遅延が当たり前な状況を少し良くしたいチームがその未来のためにScrumに”再”挑戦した話
スケジュール遅延が当たり前な状況を少し良くしたいチームがその未来のためにScrumに”再”挑戦した話スケジュール遅延が当たり前な状況を少し良くしたいチームがその未来のためにScrumに”再”挑戦した話
スケジュール遅延が当たり前な状況を少し良くしたいチームがその未来のためにScrumに”再”挑戦した話
 
パターン QA to AQ: 伝統的品質保証(Quality Assurance)からアジャイル品質(Agile Quality)へ
パターン QA to AQ: 伝統的品質保証(Quality Assurance)からアジャイル品質(Agile Quality)へパターン QA to AQ: 伝統的品質保証(Quality Assurance)からアジャイル品質(Agile Quality)へ
パターン QA to AQ: 伝統的品質保証(Quality Assurance)からアジャイル品質(Agile Quality)へ
 
ユーザーストーリー駆動開発で行こう。
ユーザーストーリー駆動開発で行こう。ユーザーストーリー駆動開発で行こう。
ユーザーストーリー駆動開発で行こう。
 

Similar to 日本にJoy,Incを創る! ぼくらのジョイインクジャーニー 3年間の軌跡

ジョイインクジャーニー7年間の軌跡 90分バージョン
ジョイインクジャーニー7年間の軌跡 90分バージョンジョイインクジャーニー7年間の軌跡 90分バージョン
ジョイインクジャーニー7年間の軌跡 90分バージョン忠弘 安田
 
1407 某大手企業向け「イクメン講座」
1407 某大手企業向け「イクメン講座」1407 某大手企業向け「イクメン講座」
1407 某大手企業向け「イクメン講座」Takayuki Kawashima
 
【採用向け】株式会社もしも 会社紹介
【採用向け】株式会社もしも 会社紹介【採用向け】株式会社もしも 会社紹介
【採用向け】株式会社もしも 会社紹介moshimocom
 
RECRUIT 2023-2024_Gledge Inc._Ver2.pdf
RECRUIT 2023-2024_Gledge Inc._Ver2.pdfRECRUIT 2023-2024_Gledge Inc._Ver2.pdf
RECRUIT 2023-2024_Gledge Inc._Ver2.pdfHiroyaSakamoto
 
元林会社説明資料(Slideshare用).pdf
元林会社説明資料(Slideshare用).pdf元林会社説明資料(Slideshare用).pdf
元林会社説明資料(Slideshare用).pdfssuser72575f
 
OKRクラウド「banto」が三種の神器を導入した理由
OKRクラウド「banto」が三種の神器を導入した理由OKRクラウド「banto」が三種の神器を導入した理由
OKRクラウド「banto」が三種の神器を導入した理由ssuser590505
 
神馬建設_採用ピッチ.pdf
神馬建設_採用ピッチ.pdf神馬建設_採用ピッチ.pdf
神馬建設_採用ピッチ.pdfssuser0b2607
 
『キッズバレイプログラム』のご提案2019
『キッズバレイプログラム』のご提案2019『キッズバレイプログラム』のご提案2019
『キッズバレイプログラム』のご提案2019KIDSVALLEY
 
会社説明資料_採用ver2.0.pdf
会社説明資料_採用ver2.0.pdf会社説明資料_採用ver2.0.pdf
会社説明資料_採用ver2.0.pdfssuser1295931
 
[Japanese] Kintoneを30分で説明します v02
[Japanese] Kintoneを30分で説明します v02[Japanese] Kintoneを30分で説明します v02
[Japanese] Kintoneを30分で説明します v02Tsuyoshi Endo
 
Trailblazers virtual talk 2020 パネルディスカッション資料 木本
Trailblazers virtual talk 2020 パネルディスカッション資料 木本Trailblazers virtual talk 2020 パネルディスカッション資料 木本
Trailblazers virtual talk 2020 パネルディスカッション資料 木本Kimotoshi
 
Buffコンサルティングプログラム資料
Buffコンサルティングプログラム資料Buffコンサルティングプログラム資料
Buffコンサルティングプログラム資料ssuser7ba65b
 
Buff顧問プログラム資料
Buff顧問プログラム資料Buff顧問プログラム資料
Buff顧問プログラム資料ssuser7ba65b
 
20141111ランチ定期券forチームご提案
20141111ランチ定期券forチームご提案20141111ランチ定期券forチームご提案
20141111ランチ定期券forチームご提案Yabumoto Takashi
 
これからの働き方について大切なこと
これからの働き方について大切なことこれからの働き方について大切なこと
これからの働き方について大切なことTakashi Sabetto
 

Similar to 日本にJoy,Incを創る! ぼくらのジョイインクジャーニー 3年間の軌跡 (20)

ジョイインクジャーニー7年間の軌跡 90分バージョン
ジョイインクジャーニー7年間の軌跡 90分バージョンジョイインクジャーニー7年間の軌跡 90分バージョン
ジョイインクジャーニー7年間の軌跡 90分バージョン
 
Clckochi
ClckochiClckochi
Clckochi
 
1407 某大手企業向け「イクメン講座」
1407 某大手企業向け「イクメン講座」1407 某大手企業向け「イクメン講座」
1407 某大手企業向け「イクメン講座」
 
【採用向け】株式会社もしも 会社紹介
【採用向け】株式会社もしも 会社紹介【採用向け】株式会社もしも 会社紹介
【採用向け】株式会社もしも 会社紹介
 
RECRUIT 2023-2024_Gledge Inc._Ver2.pdf
RECRUIT 2023-2024_Gledge Inc._Ver2.pdfRECRUIT 2023-2024_Gledge Inc._Ver2.pdf
RECRUIT 2023-2024_Gledge Inc._Ver2.pdf
 
元林会社説明資料(Slideshare用).pdf
元林会社説明資料(Slideshare用).pdf元林会社説明資料(Slideshare用).pdf
元林会社説明資料(Slideshare用).pdf
 
OKRクラウド「banto」が三種の神器を導入した理由
OKRクラウド「banto」が三種の神器を導入した理由OKRクラウド「banto」が三種の神器を導入した理由
OKRクラウド「banto」が三種の神器を導入した理由
 
Kintone cafe新潟vol3
Kintone cafe新潟vol3Kintone cafe新潟vol3
Kintone cafe新潟vol3
 
Environment for Innovation
Environment for InnovationEnvironment for Innovation
Environment for Innovation
 
神馬建設_採用ピッチ.pdf
神馬建設_採用ピッチ.pdf神馬建設_採用ピッチ.pdf
神馬建設_採用ピッチ.pdf
 
『キッズバレイプログラム』のご提案2019
『キッズバレイプログラム』のご提案2019『キッズバレイプログラム』のご提案2019
『キッズバレイプログラム』のご提案2019
 
会社説明資料_採用ver2.0.pdf
会社説明資料_採用ver2.0.pdf会社説明資料_採用ver2.0.pdf
会社説明資料_採用ver2.0.pdf
 
1407 work social life
1407 work social life1407 work social life
1407 work social life
 
[Japanese] Kintoneを30分で説明します v02
[Japanese] Kintoneを30分で説明します v02[Japanese] Kintoneを30分で説明します v02
[Japanese] Kintoneを30分で説明します v02
 
イクボス Long version
イクボス Long versionイクボス Long version
イクボス Long version
 
Trailblazers virtual talk 2020 パネルディスカッション資料 木本
Trailblazers virtual talk 2020 パネルディスカッション資料 木本Trailblazers virtual talk 2020 パネルディスカッション資料 木本
Trailblazers virtual talk 2020 パネルディスカッション資料 木本
 
Buffコンサルティングプログラム資料
Buffコンサルティングプログラム資料Buffコンサルティングプログラム資料
Buffコンサルティングプログラム資料
 
Buff顧問プログラム資料
Buff顧問プログラム資料Buff顧問プログラム資料
Buff顧問プログラム資料
 
20141111ランチ定期券forチームご提案
20141111ランチ定期券forチームご提案20141111ランチ定期券forチームご提案
20141111ランチ定期券forチームご提案
 
これからの働き方について大切なこと
これからの働き方について大切なことこれからの働き方について大切なこと
これからの働き方について大切なこと
 

日本にJoy,Incを創る! ぼくらのジョイインクジャーニー 3年間の軌跡