Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

WO!|vol.48|ショールームの変化

442 views

Published on

データ起点のマーケティングが進んでくなかで顧客接点としてのショールームをどう活用するかが今後の営業戦略を考えていくうえでも重要かもしれません。

Published in: Business
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

WO!|vol.48|ショールームの変化

  1. 1. thinkjam.が「を︕」と思った 記事・セミナー・展⽰会などの 情報を3分でわかるくらい コンパクトにまとめてお届けします。 in three minutes 【WO】 を ! 201806 vol.048 デジタル時代の顧客接点としての ショールームの変化
  2. 2. page 1 page 1©2018 thinkjam.inc. 商品の「展⽰場」から「体験」の場へ ⾃分だけの 商品がつくれる ⾃分に最適な アドバイスがもらえる 店員を気にせず 何度も試着・試乗できる その企業のすべての商品を 体験できる デジタル系の興味深い アトラクションが楽しめる 複数企業の多くの商品を 体験できる 普段の⽣活の延⻑上で 商品を体感できる これまでと異なる 企業の顔が⾒える ショールームは 特別な体験の場へ 顧客の購買体験の全体像を描き、 リアルなショールーム、各種デジタル ツール、Webサイトなどの役割や 連携⽅法をまとめていくことが必要です。 単なる商品の展⽰場であった ショールームの役割が、変化してきました。 いくつかの例をまとめてみました。 01・02 03 04 05 06 07・08 09 10
  3. 3. page 2 page 2©2018 thinkjam.inc. 01|Volvo|実物⼤での仮想体験ができる| http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1511/21/news023.html Microsoftの“混合現実(mixed reality)”HMD「HoloLens」による 仮想ショールーム。 HoloLensを装着することで、 ●バーチャルな⾞をリアルサイズで⾒たり ●好みの⾊に変えてみたり ●オプションを追加してみたり ●実際にはできないエンジンやシャーシ部分を 調べてみたりすることができる。 また、⾞の機能の使い⽅の説明をHoloLensの動 画で⾒ることもできる。 HoloLensを使えば実際の⾞を置くスペースが省け るので、ディーラーは⼩規模なショップを開設する可 能性が⽣まれた。
  4. 4. page 3 page 3©2018 thinkjam.inc. 02|Audi|実物⼤での仮想体験ができる|アウディ・シティ https://vrinside.jp/news/audi-vr-experience/ https://jp.autoblog.com/2017/02/21/audi-vr-technology-experience-event/ 2012年に「アウディ・シティ」は、デジタルブランド体 験が可能となるアウディの新しく都会的なプラット フォーム。好みのアウディモデルを⾃分⽤にカスタマイ ズし、ほぼ実⼨⼤のスケールでスクリーンに映し出す バーチャルな体験ができる。 1つのショールームにいながら、デジタル化された何億 ものAudiの⾞へと簡単にアクセスすることが可能。ま た直感的な操作によってスクリーン上で理想の⾞を 組み⽴て、それを壁のスクリーンへと「スワイプ」するだ けで、 完成したイメージを360度全ての⾓度から眺 めることもできる。新的 2017年には、実⾞を置かない“仮想空間のショー ルーム”ともいえる「Audi VR(バーチャル リアリ ティ)テクノロジー体験イベント」を 展開。 なデジタル技術と実際のディーラーの強みを融合した ショップで、好みのアウディモデルを⾃分⽤にカスタマイ ズし、ほぼ実⼨⼤のスケールでスクリーンに映し出す バーチャルな体験ができる。 ドイツで開発されたVRヘッドセットを装着し、 現⾏モデルを仮想体験できる。
  5. 5. page 4 page 4©2018 thinkjam.inc. 03|Macyʻs|売り場を「試着(ショールーム)」の場に 売り場は⾒本を並べたショールームにすることで、商 品補充をする必要がない。試着から戻したり、折りた たんだりする⼈件費を⼤幅に削減できることになる。 ⾒本に値札を付けなくとも、お客はアプリを使って確 認するので、価格変更が容易になる。 スタッフも売り場と試着室を往復する必要もなく、気 兼ねなく何着でも試着できるので満⾜度は⾼くなり 返品も減少する。 誰が何を買ったかだけでなく、どのスタイル・ サイズ・カラーに興味を持ったのか、⼈気が 集まったのか、という情報まで得られる。 「試着のコンバージョン率」がわかる。 https://www.fashionsnap.com/article/2015-09-20/macys-go/ https://www.retaildive.com/ex/mobilecommercedaily/macys-tests-mobilized-fitting-rooms-as-in-store-transformation-continues http://retail-innovation.com/automated-delivery-of-clothing-to-changing-room-at-macys 低迷するMacyʻsがAmazonに対 抗すべく実施したショールーム実験。 ユーザーはショールームにある商品を試着した い場合、アプリ「メイシーズ・ゴー(Macyʼs Go)」を起動 商品についているバーコードをスキャンすると、 スクリーン上にサイズやカラーが表⽰される。 ⾃分に合うサイズや気に⼊ったカラーを選択 し「試着に加える(ADD to BAG)」をタッ プする。 試着室に該当の商品がシュート (荷すべらしの昇降⼝)から送られ ⽤意完了を知らせる。 試着室にも専⽤タブレットが⽤意されている。 試着で気にいらなければ、試着室にあるもう ⼀つのシュートで商品を戻す。 スマホやタブレットを通じて他のサイズやカラー をリクエストでき、気に⼊ればその場で決済も 可能となる。
  6. 6. page 5 page 5©2018 thinkjam.inc. 04|トヨタ⾃動⾞|いろいろな⾞を⼀度に体感できる|MEGA WEB http://www.megaweb.gr.jp/about/ http://tokyolucci.jp/megaweb 「⾒て、乗って、感じる」クルマのテーマパーク、MEGA WEBでは、巨⼤な展⽰コーナーでの⾒学や本格 カートの運転が体験できる。 無料試乗会などのイベントも開催。 以下、3つの空間で光栄されrている。 ●トヨタシティショウケース トヨタブランドの現⾏モデル約80台を展⽰ ●ヒストリーガレージ クルマの歴史を感じられる空間 ● ライド スタジオ 免許を持たない⼦供でも、運転する楽しさと、交通 ルールを学ぶ体験ができる空間
  7. 7. page 6 page 6©2018 thinkjam.inc. 05|b8ta (USA)|広告課⾦モデル型ショールーム http://welte.jp/ca13/109/ http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1702/18/news011.html https://dxleaders.com/business/493 https://chikawatanabe.com/2018/01/09/b8ta79/ ⼈がどの程度その商品を⾒ていたかは、天井に付い ているカメラで検知。アイトラッキングや画像解析など さまざまなテクノロジーを駆使したシステムとなっており、 リアル世界の“Google AdSense ”ともいえる取り 組みとも⾔われる。 インタビューで得られた声はリアルタイムにメーカーに 報告される。メーカー側は、出展することでその場で 販売できるだけでなく、⾃社の開発した製品に対す る マーケティング・リサーチが可能となる。 また、ホームセンターチェーンの「ロウズ」と提携して ショップ・イン・ショップを展開するほか、ネットワーク機 器ブランド「ネットギア」とも コラボレーションして直営店を出店している。 今後、⼤⼿デパートチェーン「メーシーズ」でも、⻑期 的なパートナーシップを展開するという。 紹介されているIoT商品の前に 何⼗秒か⼈が⽴つと、メーカーに 課⾦される。 「b8ta」は、カリフォルニア州パロ アルトをはじめとする 全⽶9カ所にあるおしゃれなIoT 関連ショールーム。
  8. 8. page 7 page 7©2018 thinkjam.inc. 06|資⽣堂|特別体験で印象強化|SHISEIDO GINZA SIX 商品や広告ビジュアル、ブランドロゴなどの イノベーションを推進するため、店頭カウンターは、気 軽に⼊りやすい空間で、商品を⾃由に ⾒て触れることができる機能的なテスターを配置した 「ソーシャルカウンター」を導⼊。 顧客それぞれの来店⽬的や気持ちに対応し、 ⼀⼈ひとりにとって特別で記憶に残る体験を提供で きる化粧品カウンターを⽬指す。 カウンターでは、ビューティーコンサルタントによるパーソ ナルで深いカウンセリングを可能にする「デジタルカウ ンセリングミラー」が体験できる。顧客の顔が映し出さ れる鏡に、タッチパネルの操作で商品や使⽤⽅法、 肌測定の結果などの情報が現れ、さらに、カウンセリ ングのデータを⾃宅で確認できる。 また、通常時に流れているプロモーション動画が、2 メートル以内に⼈が近づくと変化する 「デジタルテスター」装置も導⼊。さらに商品を⼿に 取ると、特⻑や使⽤⽅法などの情報が現れる。 https://www.shiseidogroup.jp/news/detail.html?n=00000000002241 ソーシャルカウンター デジタルカウンセリングミラー デジタルテスター
  9. 9. page 8 page 8©2018 thinkjam.inc. 07|TOTO (USA)|認知させるための仕掛け|Concept 190 http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1703/26/news016.html ⽶カリフォルニア州サンフランシスコに 「ウォシュレット」や最先端のトイレ技術を 実際に試せるショールーム兼イベントスペース 「Concept 190」を開設。⽇本では既に当たり前に なっているウォシュレットや温かい便座、⾃動で開閉 する「ネオレスト」などを世界に 紹介する窓⼝になる。 実際に“試運転”できるトイレが4つ設置されていて、 これらのトイレの個室では最先端の 設備を試せるだけでなく、試運転中は プロジェクションマッピングで宇宙旅⾏などの映像が楽 しめる。 このスペースでは、さまざまなイベントを開催していく。 「リアル脱出ゲーム」のSCRAPとの コラボレーションによるプロジェクションマッピングを使っ たゲームイベントや、「トイレからの脱出」ゲームなども。
  10. 10. page 9 page 9©2018 thinkjam.inc. 08|Target (USA)|デジタル遊び場×売り場|Target Wonderland https://blog.excite.co.jp/nyliberty/25202608/ https://apparel-web.com/pickup/3602 クリスマス前の期間限定で開催される 「ターゲット・ワンダーランド」は、⼦ども連れで楽しめる 遊園地のような実験的ポップアップ店。これまでの⼩ 売業界の常識や既成概念をくつがえす新コンセプト のお店として各種メディアで話題に。 店内では、最新技術を活⽤し、カートなしでお買い 物できたり、商品サンプルやさまざまなアトラクションで 遊べたり、「体験」できるものが満載。 点数は少ないものの、⼦供へのクリスマスプレゼント に最適な商品を購⼊することができる。 会場内にあるアトラクションの関連商品や⼈気のキャ ラクター物がテーブルに並べられ、購⼊したいものは バーコードバッジをスキャナーにかざし、バーチャルな ショッピングバッグに保存する仕組み。商品展⽰を巧 みに混在させ、購買意欲を掻き⽴てている。
  11. 11. page 10 page 10©2018 thinkjam.inc. 09|無印良品|実体験型ショールーム『MUJI HOTEL』 https://www.buzzfeed.com/jp/yuikashima/muji-hotel?utm_term=.fk8l52r6d7#.msK2BqDpXY https://note.mu/tomokikurosawa/n/ndfe6e53495d1 http://trend.nikkeibp.co.jp/atcl/contents/casestudy/00012/00049/?i_cid=nbpnxr_pg_slide-panel 2017年6⽉に上海でオープンし、中国深センにも オープンした体験型ショールーム『MUJI ホテル』は、 『無印良品』の店舗と連携することで、タオルの⼿触 り、コンセントやスイッチの配置、レストランのメニュー や空間などを提供し、『無印良品』の思想を体感し てもらえるホテル。 「アンチゴージャス、アンチチープ」をコンセプトに、無 印良品の世界観を伝える。深センの世界旗艦店で は、「無印良品」の約7000アイテムの全ラインアップ とサービスを全て体感できる店となっている。調度品、 アメニティーなどもすべて無印デザイン。良品計画が 関わるのはコンセプトづくりとデザイン監修、備品類の 納⼊のみ。ホテルの運営は現地のパートナーが⾏っ ている。 この後、2018年の北京に続き、2019年春には銀 座に開業予定。
  12. 12. page 11 page 11©2018 thinkjam.inc. 10|⼤和ハウス⼯業|企業信⽤度を向上させる|D-roomプラザ館 ⼟地オーナーが賃貸住宅を建設する際に 重視する「防犯」「耐震」「遮⾳」「仕様」を、 オーナー⾃⾝の⽬で確認し、体験できる施設。 ※栃⽊県と奈良県の2か所。 施設はさまざまなエリアで構成されており、 ●創業者の⽣涯と志を紹介するシアター、 ●グループ事業領域の広さを体感できる ⽇本最⼤のジオラマ ●防犯配慮型賃貸住宅での⽣活をコミカルに 再現する⼨劇エリア ●遮⾳性能体験などの体験設備と地震に ついての知識が学べるシアターなどを 併設した技術・性能体験エリア ●⼥性⼊居者向け防犯配慮型賃貸住宅の 新型モデルの展⽰スペース ●防犯機能を備えたエアシャワールームの 体験設備 ●イベントで料理教室を開催することができる クッキングエリア ‥などがある。 https://www.daiwahouse.co.jp/tochikatsu/d-room/plazakan/index.html http://www.daiwahouse.co.jp/release/20131023101536.html ⼟地オーナーに対する ●企業規模 ●会社の歴史、企業理念 ●現在の商品の良さ ‥などをアピールし 安⼼して⼟地活⽤の相談をして いただこうという場として⽤意。

×