© 2012 IBM Corporation
しすなま!第18回
PureSystems で クラウド事始め
日本アイ・ビー・エム株式会社 PureSystems エバンジェリスト 藤原 陽子
日本アイ・ビー・エム株式会社System xエバン...
© 2012 IBM Corporation
2
目次
クラウドのアプローチと課題
プライベート・クラウドのアーキテクチャーとIBM
PureFlex System
サービスポータルとプロビジョニング
リソースプール管理機能
クラウド・インフラ...
© 2012 IBM Corporation
3
クラウドのアプローチと課題
© 2012 IBM Corporation
クラウドは企業ITの優先事項
4
【今後3~5年間で最も重要視している先見的なプラン】(複数回答可)
出典: IBM Global CIO Study 2011
© 2012 IBM Corporation
7
プライベート・クラウドの
アーキテクチャーと
IBM PureFlex
© 2012 IBM Corporation
IBMが定義するプライベート・クラウド・アーキテクチャー
長年の構築と運用経験をも
とに開発
Open Groupに提出
https://www.opengroup.org/cl
oudcomput...
© 2012 IBM Corporation
プライベート・クラウドの運用管理領域と構成要素
9
利用者利用者
承認者承認者
監視 & イベント管理
サービス・リクエスト管理
サービス・レベル管理
キャパシティー &
パフォーマンス管理
サービ...
© 2012 IBM Corporation
10
PureFlex Systemの対応
利用者利用者
承認者承認者
監視 & イベント管理
サービス・リクエスト管理
サービス・レベル管理
キャパシティー &
パフォーマンス管理
サービス・カタ...
© 2012 IBM Corporation
11
IBM PureFlex System
Manage
管理の一元化
Deploy
既存ワークロードおよび
仮想アプライアンス
をサポート
Interconnect
CPUとStorage
間を...
© 2012 IBM Corporation
PureFlexのサービスポータル画面 1/2
12
仮想サーバーの管理
ログイン
シンプルなメニュー
リクエストのログ
© 2012 IBM Corporation
PureFlexのサービスポータル画面 2/2
13
仮想サーバー・テンプレートのカタログ
承認状況の確認と処理
申請
新規作成の承認依頼
© 2012 IBM Corporation
14
お客様のカスタム運用体系への統合も容易
簡易セルフサービス・ポータル
REST API
クラウド管理機能
・ イメージ管理
・ プロジェクト管理
・ ユーザー管理
・ 承認プロセス管理
IBM...
© 2012 IBM Corporation
REST (REpresentational State Transfer) APIの特性
HTTPのwell known methodを利用 (Get, Postなど)
クライアント・サーバー型
...
© 2012 IBM Corporation
16
IBM PureFlex
リソースプール管理機能
クラウド・インフラ保守・運用機能
© 2012 IBM Corporation
17
IBM Flex System Manager (FSM)Systeminfrastructure
Management
Networking
Virtualization
Storage
M...
© 2012 IBM Corporation
FSMのソフトウェアスタック
18
Chassis Map
Remote ConsoleAuto Discovery
Open Fabric Manager
VMControl
Network Co...
© 2012 IBM Corporation
FSMと管理対象リソースの接続構造
19
SMI-S
CIM
Hyperviso
r
HTTPS
SSH
eth0
eth1
デバイス
管理
仮想化
管理
Node
ESXi
Smarter Clo...
© 2012 IBM Corporation
構成情報管理と障害イベント監視
20
Storwize
V7000
の詳細を可視化
ストレージプールを利用してい
る仮想サーバー群に
ひもづけて警告通知
ボリュームやディスク情
報などのインベントリ...
© 2012 IBM Corporation
FSMによるデプロイメント
21
Server Pool
Web
Web
FSM
PowerVM PowerVM
キャプチャ
PowerVM
Web
Storage Pool
③ストレージコピー機能...
© 2012 IBM Corporation
仮想サーバーイメージ管理
22
お客様カスタム
仮想サーバー環境を
アプライアンス化
作成した
仮想アプライアンスをインポート
*
お客様環境の
仮想アプライアンス
カタログ
© 2012 IBM Corporation
FSM管理ノードの運用タスクメニュー
管理ノードのバックアップ・リカバリ、再起動、設定変更など
23
© 2012 IBM Corporation
一元的な管理ビュー
24
グローバル・ファインド
サブネット
IP アドレス
システム
オンライン
オフライン
物理・仮想のスイッチ、
ネットワークインターフェース、
サーバーの結線・疎通を可視化
...
© 2012 IBM Corporation
ファームウェア・ドライバーの一括更新
25
© 2012 IBM Corporation
保守依頼の自動化 (コールホーム)
26
推奨アクションのガイド・リンク
障害調査・判別に必要なデータを
自動収集・IBMに送付
IBMに連絡した障害イベントを
お客様も確認可能
ファイルエクスポー...
© 2012 IBM Corporation
FSMと外部管理ソフトウェアの連携
CLI
現行状態の参照・変更操作
SSH / Telnetでログオンして実行
SNMP
障害通知
Upward Integration Module
将来対応予定...
© 2012 IBM Corporation
エキスパートが解説するPureSystemsデモセミナー
開催概要
日時
• 2012年7月26日(木曜日)
• 2012年8月8日(水曜日) KVM編
※15時~17時30分(受付開始14時30分...
© 2012 IBM Corporation
29
© 2012 IBM Corporation
補足資料
30
© 2012 IBM Corporation
31
2012年4月、IBM PureSystemsファミリー製品を発表
• シンプルなエクスペリエンス
• 専門機能の組み込み
• 設計段階での統合
2012年5月21日より順次出荷
IBMが20...
© 2012 IBM Corporation
初期設定タスク
32
© 2012 IBM Corporation
FSMのソフトウェアスタック
33
© 2012 IBM Corporation
34
Legal Disclaimer
© IBM Corporation 2012. All Rights Reserved.
The information contained in this ...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

第18回「PureSystemsでクラウド事始め」(2012/07/12 on しすなま!)

595 views

Published on

下記のしすなま!録画と併せてご覧ください。資料・録画の内容は生放送時点のものです。
第18回「PureSystemsでクラウド事始め」(2012/07/12)
<出演①> 藤原 陽子 日本アイ・ビー・エム(株) アドバンスト・テクノロジー・センター PureSystemsソリューション システムズ&テクノロジー・エバンジェリスト(PureSystems)
<出演②> 早川 哲郎 日本アイ・ビー・エム(株) システムx事業部 テクニカル・セールス システムズ&テクノロジー・エバンジェリスト(System x)
<出演③> 釘井 睦和 日本アイ・ビー・エム(株) アドバンスト・テクノロジー・センター PureSystemsソリューション
http://www.ustream.tv/recorded/23935229

Published in: Technology, Business
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

第18回「PureSystemsでクラウド事始め」(2012/07/12 on しすなま!)

  1. 1. © 2012 IBM Corporation しすなま!第18回 PureSystems で クラウド事始め 日本アイ・ビー・エム株式会社 PureSystems エバンジェリスト 藤原 陽子 日本アイ・ビー・エム株式会社System xエバンジェリスト 早川 哲郎 日本アイ・ビー・エム株式会社 PureSystems ソリューションズ 釘井 睦和 2012年7月12日
  2. 2. © 2012 IBM Corporation 2 目次 クラウドのアプローチと課題 プライベート・クラウドのアーキテクチャーとIBM PureFlex System サービスポータルとプロビジョニング リソースプール管理機能 クラウド・インフラの保守・運用機能
  3. 3. © 2012 IBM Corporation 3 クラウドのアプローチと課題
  4. 4. © 2012 IBM Corporation クラウドは企業ITの優先事項 4 【今後3~5年間で最も重要視している先見的なプラン】(複数回答可) 出典: IBM Global CIO Study 2011
  5. 5. © 2012 IBM Corporation 7 プライベート・クラウドの アーキテクチャーと IBM PureFlex
  6. 6. © 2012 IBM Corporation IBMが定義するプライベート・クラウド・アーキテクチャー 長年の構築と運用経験をも とに開発 Open Groupに提出 https://www.opengroup.org/cl oudcomputing/uploads/40/23 840/CCRA.IBMSubmission.0 2282011.doc 8 Cloud Service Developer Cloud Service Developer Cloud Service Provider Common Cloud Management Platform Virtualized Infrastructure – Server, Storage, Network, FacilitiesVirtualized Infrastructure – Server, Storage, Network, Facilities Cloud Service Consumer Cloud Service Consumer Partner CloudsPartner Clouds Customer In-house IT Customer In-house IT Consumer Administrator Consumer Business Manager Developer Service Business Manager Service Operations Manager Cloud Services UserInterfaceUserInterface Consumer End user APIAPI Software-as-a-Service Platform-as-as-Service Infrastructure-as-a-Service Business-Process-as-a-Service Software-as-a-ServiceSoftware-as-a-Service Platform-as-as-ServicePlatform-as-as-Service Infrastructure-as-a-ServiceInfrastructure-as-a-Service Business-Process-as-a-ServiceBusiness-Process-as-a-Service Metering, Analytics & ReportingMetering, Analytics & Reporting Service Provider PortalService Provider Portal Service Development Tools Service Definition Tools Service Definition Tools Image Creation Tools Image Creation Tools Configuration MgmtConfiguration Mgmt Offering MgmtOffering Mgmt Order MgmtOrder Mgmt Accounting & BillingAccounting & Billing Customer MgmtCustomer Mgmt EntitlementsEntitlements Contract MgmtContract Mgmt SLA Reporting SLA Reporting Pricing & RatingPricing & Rating Peering & SettlementPeering & Settlement Subscriber MgmtSubscriber Mgmt Service Offering Catalog Service Offering Catalog InvoicingInvoicing Service Automation ManagementService Automation Management Virtualization MgmtVirtualization Mgmt ProvisioningProvisioning Monitoring & Event Management Monitoring & Event Management IT Asset & License ManagementIT Asset & License Management Service Request ManagementService Request Management IT Service Level ManagementIT Service Level Management Image Lifecycle ManagementImage Lifecycle Management Capacity & Performance Management Capacity & Performance Management Incident, Problem & Change Management Incident, Problem & Change Management BSS Business Support System ServiceDevelopmentPortalServiceDevelopmentPortal API ServiceDeliveryPortal APIAPI ServiceDeliveryPortalServiceDeliveryPortal OSS Operational Support System Service Transition Manager Security & Resiliency Service Delivery CatalogService Delivery Catalog Service TemplatesService Templates 構成管理 オファリング管理 オーダー管理 契約管理 カストマー管理 権限 利用履歴と課金 SLAレポート 加入者管理 ピアリングと決済 価格と価格設定 サービス・カタログ 請求書 サービス自動化管理 仮想化管理 プロビジョニング 監視 & イベント管理 アセット & ライセンス管理 サービス・リクエスト管理 サービス・レベル管理 イメージ・ ライフサイクル管理 キャパシティー & パフォーマンス管理 インシデント管理 、 問題管理 & 変更管理 BSSBSS BusinessBusiness SupportSupport ServicesServices OSSOSS OperationalOperational SupportSupport ServicesServices サービス・カタログ テンプレート CCRACCRA :: Cloud Computing Reference ArchitectureCloud Computing Reference Architecture
  7. 7. © 2012 IBM Corporation プライベート・クラウドの運用管理領域と構成要素 9 利用者利用者 承認者承認者 監視 & イベント管理 サービス・リクエスト管理 サービス・レベル管理 キャパシティー & パフォーマンス管理 サービス・カタログ インシデント管理 問題管理 & 変更管理 構成管理 アセット & ライセンス管理 クラウド・プロセス管理クラウド・プロセス管理 サービス・ポータルサービス・ポータル ①①申請申請 ②②承認承認 監視監視ツールツール クラウド・インフラ管理クラウド・インフラ管理 プロビジョニング イメージ ライフサイクル管理 サービス自動化管理 自動化ツール自動化ツール テンプレート 仮想化管理 リソース・プールリソース・プール リソース・プール管理リソース・プール管理 ③③VMVM作成作成 オペレーターオペレーター 運用担当者運用担当者
  8. 8. © 2012 IBM Corporation 10 PureFlex Systemの対応 利用者利用者 承認者承認者 監視 & イベント管理 サービス・リクエスト管理 サービス・レベル管理 キャパシティー & パフォーマンス管理 サービス・カタログ インシデント管理 問題管理 & 変更管理 構成管理 アセット & ライセンス管理 クラウド・プロセス管理クラウド・プロセス管理 サービス・ポータルサービス・ポータル ①①申請申請 ②②承認承認 監視監視ツールツール クラウド・インフラ管理クラウド・インフラ管理 プロビジョニング イメージ ライフサイクル管理 サービス自動化管理 自動化ツール自動化ツール テンプレート 仮想化管理 リソース・プールリソース・プール リソース・プール管理リソース・プール管理 ③③VMVM作成作成 オペレーターオペレーター 運用担当者運用担当者 リソース・プールに加え、リソース・プールに加え、 自動化ツールと監視ツールも自動化ツールと監視ツールも IBMIBM PureFlexPureFlex SystemSystemがカバーがカバー FSM Monitoring Configuration Provisioning SCE SCE (SmarterCloud Entry) FSM (Flex System Manager)
  9. 9. © 2012 IBM Corporation 11 IBM PureFlex System Manage 管理の一元化 Deploy 既存ワークロードおよび 仮想アプライアンス をサポート Interconnect CPUとStorage 間を高速接続 Storage Storwize V7000 (SSD + HDD) Compute x86 Power7 Storwize V7000 Intel Xeon 仮想化環境のベストプラクティスサービスポータルまで含めた プライベート・クラウド運用体系 H/W, 仮想化一元管理 Power7 Flex System Manager System Networking Virtualization 多様化した 仮想化ニーズに対応 SmarterCloud Entry
  10. 10. © 2012 IBM Corporation PureFlexのサービスポータル画面 1/2 12 仮想サーバーの管理 ログイン シンプルなメニュー リクエストのログ
  11. 11. © 2012 IBM Corporation PureFlexのサービスポータル画面 2/2 13 仮想サーバー・テンプレートのカタログ 承認状況の確認と処理 申請 新規作成の承認依頼
  12. 12. © 2012 IBM Corporation 14 お客様のカスタム運用体系への統合も容易 簡易セルフサービス・ポータル REST API クラウド管理機能 ・ イメージ管理 ・ プロジェクト管理 ・ ユーザー管理 ・ 承認プロセス管理 IBMIBM SmarterCloudSmarterCloud EntryEntry ・ 課金管理 ・ 監査 ・ Approvals FSM POWER7 ノードx86 ノード x86 ノード 独自ポータル / 既存システム RESTコール vCenter 製品付属の 簡易サービスポータル HTTP / HTTPS HTTPSHTTPS
  13. 13. © 2012 IBM Corporation REST (REpresentational State Transfer) APIの特性 HTTPのwell known methodを利用 (Get, Postなど) クライアント・サーバー型 ステートレス 15
  14. 14. © 2012 IBM Corporation 16 IBM PureFlex リソースプール管理機能 クラウド・インフラ保守・運用機能
  15. 15. © 2012 IBM Corporation 17 IBM Flex System Manager (FSM)Systeminfrastructure Management Networking Virtualization Storage Management Compute • ハードウェア構成を最適化した専用モデルのサーバーノードで稼働 • 管理ソフトウェア群 IBM Flex System Manager (FSM) を仮想アプライアンス化 • 複数シャーシを管理可能
  16. 16. © 2012 IBM Corporation FSMのソフトウェアスタック 18 Chassis Map Remote ConsoleAuto Discovery Open Fabric Manager VMControl Network Control Storage Control プラットフォーム管理 リソース・プール管理 自動化ツール Feature on DemandCentralized User & Security Mgmt 管理インフラストラクチャー Base and Agent Update Manager Service and Support Manager 監視・保守 Power Systems Management Console Status Manager Wizard based Setup and Tasks Inventory Configuration Manager Automation Manager
  17. 17. © 2012 IBM Corporation FSMと管理対象リソースの接続構造 19 SMI-S CIM Hyperviso r HTTPS SSH eth0 eth1 デバイス 管理 仮想化 管理 Node ESXi Smarter Cloud Entry HTTPS CIM SNMP SMI-S SSH (for copy service) クラウド・リソースプール
  18. 18. © 2012 IBM Corporation 構成情報管理と障害イベント監視 20 Storwize V7000 の詳細を可視化 ストレージプールを利用してい る仮想サーバー群に ひもづけて警告通知 ボリュームやディスク情 報などのインベントリー データ V7000 での管理画面例
  19. 19. © 2012 IBM Corporation FSMによるデプロイメント 21 Server Pool Web Web FSM PowerVM PowerVM キャプチャ PowerVM Web Storage Pool ③ストレージコピー機能で 高速クローン ①ドライブ作成 ②HBAマッピング WebWeb Network Pool Uplink ConnectionsVLAN Profile 仮想アプライアンス DB Web 仮想サーバーのリソース設定 ホスト名や OS の設定 Ethernetスイッチモジュー ルVLAN構成 / Uplink構 成
  20. 20. © 2012 IBM Corporation 仮想サーバーイメージ管理 22 お客様カスタム 仮想サーバー環境を アプライアンス化 作成した 仮想アプライアンスをインポート * お客様環境の 仮想アプライアンス カタログ
  21. 21. © 2012 IBM Corporation FSM管理ノードの運用タスクメニュー 管理ノードのバックアップ・リカバリ、再起動、設定変更など 23
  22. 22. © 2012 IBM Corporation 一元的な管理ビュー 24 グローバル・ファインド サブネット IP アドレス システム オンライン オフライン 物理・仮想のスイッチ、 ネットワークインターフェース、 サーバーの結線・疎通を可視化 大規模リソース・プール環境で リソースの特定や 管理タスクの起動を迅速化 ネットワークトポロジーマップ 各サブネット/VLANごとに 属するインターフェース、 IP アドレスと疎通状況 、 ホストの サーバーを表示 監視対象にマウスオーバーする と 吹き出しでクイックに情報表示ボタンで表示切り替え 障害/バージョン/管理通 信/マシンタイプ・シリア ル シャーシマップ 同時に画面右側には 該当する管理タスクのみを表 示 クリックして実行 シングルクリックするとさらに詳細を下部に表 示
  23. 23. © 2012 IBM Corporation ファームウェア・ドライバーの一括更新 25
  24. 24. © 2012 IBM Corporation 保守依頼の自動化 (コールホーム) 26 推奨アクションのガイド・リンク 障害調査・判別に必要なデータを 自動収集・IBMに送付 IBMに連絡した障害イベントを お客様も確認可能 ファイルエクスポートして 稼働レポートにも活用可能
  25. 25. © 2012 IBM Corporation FSMと外部管理ソフトウェアの連携 CLI 現行状態の参照・変更操作 SSH / Telnetでログオンして実行 SNMP 障害通知 Upward Integration Module 将来対応予定 27
  26. 26. © 2012 IBM Corporation エキスパートが解説するPureSystemsデモセミナー 開催概要 日時 • 2012年7月26日(木曜日) • 2012年8月8日(水曜日) KVM編 ※15時~17時30分(受付開始14時30分) • 2012年9月12日(水曜日) 各回 16時~17時30分(受付開始15時30分) 詳細・お申し込みはこちらから http://www.ibm.com/systems/jp/saiteki/event/pureseminar/ 28
  27. 27. © 2012 IBM Corporation 29
  28. 28. © 2012 IBM Corporation 補足資料 30
  29. 29. © 2012 IBM Corporation 31 2012年4月、IBM PureSystemsファミリー製品を発表 • シンプルなエクスペリエンス • 専門機能の組み込み • 設計段階での統合 2012年5月21日より順次出荷 IBMが20億ドルの研究開発投資と 全世界7500名のIBM研究員の英知を結集し 次世代 インフラ・ビジョン Smarter Computing の 旗艦製品として発表 IaaS 基盤 IBMのクラウド研究における 成果物を標準実装し、 リソースの要求に応え 自動的に最適化を行う PaaS 基盤 IBMのシステム構築における 知的資産を標準装備し アプリケーションの 迅速な稼動と最適化を行う
  30. 30. © 2012 IBM Corporation 初期設定タスク 32
  31. 31. © 2012 IBM Corporation FSMのソフトウェアスタック 33
  32. 32. © 2012 IBM Corporation 34 Legal Disclaimer © IBM Corporation 2012. All Rights Reserved. The information contained in this publication is provided for informational purposes only. While efforts were made to verify the completeness and accuracy of the information contained in this publication, it is provided AS IS without warranty of any kind, express or implied. In addition, this information is based on IBM’s current product plans and strategy, which are subject to change by IBM without notice. IBM shall not be responsible for any damages arising out of the use of, or otherwise related to, this publication or any other materials. Nothing contained in this publication is intended to, nor shall have the effect of, creating any warranties or representations from IBM or its suppliers or licensors, or altering the terms and conditions of the applicable license agreement governing the use of IBM software. References in this presentation to IBM products, programs, or services do not imply that they will be available in all countries in which IBM operates. Product release dates and/or capabilities referenced in this presentation may change at any time at IBM’s sole discretion based on market opportunities or other factors, and are not intended to be a commitment to future product or feature availability in any way. Nothing contained in these materials is intended to, nor shall have the effect of, stating or implying that any activities undertaken by you will result in any specific sales, revenue growth or other results. If the text contains performance statistics or references to benchmarks, insert the following language; otherwise delete: Performance is based on measurements and projections using standard IBM benchmarks in a controlled environment. The actual throughput or performance that any user will experience will vary depending upon many factors, including considerations such as the amount of multiprogramming in the user's job stream, the I/O configuration, the storage configuration, and the workload processed. Therefore, no assurance can be given that an individual user will achieve results similar to those stated here. If the text includes any customer examples, please confirm we have prior written approval from such customer and insert the following language; otherwise delete: All customer examples described are presented as illustrations of how those customers have used IBM products and the results they may have achieved. Actual environmental costs and performance characteristics may vary by customer. Please review text for proper trademark attribution of IBM products. At first use, each product name must be the full name and include appropriate trademark symbols (e.g., IBM Lotus® Sametime® Unyte™). Subsequent references can drop “IBM” but should include the proper branding (e.g., Lotus Sametime Gateway, or WebSphere Application Server). Please refer to http://www.ibm.com/legal/copytrade.shtml for guidance on which trademarks require the ® or ™ symbol. Do not use abbreviations for IBM product names in your presentation. All product names must be used as adjectives rather than nouns. Please list all of the trademarks that you use in your presentation as follows; delete any not included in your presentation. IBM, the IBM logo, Lotus, Lotus Notes, Notes, Domino, Quickr, Sametime, WebSphere, UC2, PartnerWorld and Lotusphere are trademarks of International Business Machines Corporation in the United States, other countries, or both. Unyte is a trademark of WebDialogs, Inc., in the United States, other countries, or both. If you reference Adobe® in the text, please mark the first use and include the following; otherwise delete: Adobe, the Adobe logo, PostScript, and the PostScript logo are either registered trademarks or trademarks of Adobe Systems Incorporated in the United States, and/or other countries. If you reference Java™ in the text, please mark the first use and include the following; otherwise delete: Java and all Java-based trademarks are trademarks of Sun Microsystems, Inc. in the United States, other countries, or both. If you reference Microsoft® and/or Windows® in the text, please mark the first use and include the following, as applicable; otherwise delete: Microsoft and Windows are trademarks of Microsoft Corporation in the United States, other countries, or both. If you reference Intel® and/or any of the following Intel products in the text, please mark the first use and include those that you use as follows; otherwise delete: Intel, Intel Centrino, Celeron, Intel Xeon, Intel SpeedStep, Itanium, and Pentium are trademarks or registered trademarks of Intel Corporation or its subsidiaries in the United States and other countries. If you reference UNIX® in the text, please mark the first use and include the following; otherwise delete: UNIX is a registered trademark of The Open Group in the United States and other countries. If you reference Linux® in your presentation, please mark the first use and include the following; otherwise delete: Linux is a registered trademark of Linus Torvalds in the United States, other countries, or both. Other company, product, or service names may be trademarks or service marks of others. If the text/graphics include screenshots, no actual IBM employee names may be used (even your own), if your screenshots include fictitious company names (e.g., Renovations, Zeta Bank, Acme) please update and insert the following; otherwise delete: All references to [insert fictitious company name] refer to a fictitious company and are used for illustration purposes only.

×