Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Swallow Incubate 事業案内

1,952 views

Published on

スワローインキュベートでは、「日本のR&Dと世界の未来をつなぐ」という事業理念のもと、国内の有益な特許技術(研究成果)の発掘、特許技術の追加研究および実用化開発(SDK・API化開発)、特定の技術を必要とする企業様への技術提供を行っております。

Published in: Business
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

Swallow Incubate 事業案内

  1. 1. Swallow Incubate 事業案内 株式会社スワローインキュベート 2019年03月01日 〜日本のR&Dと世界の未来をつなぐ〜
  2. 2. 世界の研究開発費(R&D)の推移 各国の状況2015年 研究開発費 世界全体 1兆7000億ドル 1位 アメリカ 5,029億ドル 2位 中国 4,088億ドル 3位 日本 1,700億ドル 日本の研究開発投資額 ・米国の3分の1 ・中国に抜かれて第3位 引用:「我が国の産業技術に関する研究開発活動の動向」より(平成30年2月 / 経済産業省) http://www.meti.go.jp/policy/economy/gijutsu_kakushin/tech_research/aohon/a17_3_zentai.pdf 2
  3. 3. <2015年期> ◆ファーウェイ 売上高 :約7兆3274億円(3950億人民元) 研究開発費:約 9876億円(596億人民元) ◆パナソニック 売上高 : 7兆6263億円 研究開発費: 4388億円 <2017年期> ◆ファーウェイ 売上高 :約10兆4366億円(6036億人民元) 研究開発費:約 1 兆4830億円 ( 896億人民元) ◆パナソニック 売上高 : 7兆9821億円 研究開発費: 4488億円 引用:huawei annual report 2015 https://www-file.huawei.com/-/media/corporate/local-site/jp/about-huawei/annual-report-2015/huawei%20annual%20report%202015%20jp.pdf?source=corp_comm 引用:huawei annual report 2017 https://www.huawei.com/-/media/CORPORATE/Local-site/jp/About-Huawei/Annual-Report-2017/Huawei%20Annual%20Report%202017%20JP.pdf 引用:パナソニック アニュアルレポート2018 10年間の主要財務データ https://www.panasonic.com/jp/corporate/ir/pdf/anuual/81j.pdf 日本企業と中国企業の研究開発費(R&D)の推移 研究開発費の差は歴然で 売上高も逆転しています・・ 3 Panasonic HUAWEI
  4. 4. 世界の特許出願件数 / 特許登録件数の推移 各国の状況2016年 特許出願件数 世界全体 3,128千 件 1位 中国 1,339千 件 2位 アメリカ 606千 件 3位 日本 318千 件 引用:特許庁ステータスレポート2018より https://www.jpo.go.jp/shiryou/toukei/pdf/status2018/all.pdf 2016年の世界特許出願件数ランキング 各国の状況2016年 特許出願件数 世界全体 1,352千 件 1位 中国 404千 件 2位 アメリカ 303千 件 3位 日本 203千 件 2016年の世界特許登録件数ランキング 4
  5. 5. 果たして、 日本の「研究開発」は もうダメなのか・・? いいえ、 そんなことは ありませんよ! 5
  6. 6. 世界の特許登録転換率 各国の状況2016年 特許登録転換率 内訳 世界全体 43.22 % 1,352千件 ÷ 3,128千件 1位 日本 63.88 % 203千件 ÷ 318千件 2位 アメリカ 50.00 % 303千件 ÷ 606千件 3位 中国 30.17 % 404千件 ÷ 1,338千件 世界特許登録転換率ランキング 日本は世界一の特許登録転換率 研究開発力が世界一 6
  7. 7. 日本の研究開発(R&D)が事業に活かせていない理由 日本の研究開発(R&D)が事業に活かせていない理由・・・ 1. 研究者と事業家の橋渡し不足 2. オープンイノベーションの不足 3. 新規事業への思い切った投資不足 7
  8. 8. 当社の事業スキーム 従来 特許 情報 企業B 企業D 企業E 企業C 企業A ライセンス ライセンスライセンス 売却 売却 研究成果 従来は、「情報」でしかなかった「特許技術」や「研究成果」を… 8
  9. 9. 当社の事業スキーム 当社 特許 モノ 企業B 企業D 企業E 企業C 企業A ライセンス ライセンスライセンス 売却 売却 研究成果 活用しやすい、「AI向けソフトウェア」に変換!!! AI向け ソフトウェア 9
  10. 10. パナソニック 技術提携パートナー 特許ライセンス SDK提供 収益の返還 売り上げ SDK SDK SDK SDK 虹彩 認証 感情 認識 SDKを利用しての新規サービス開発 企業A 企業B 企業C 企業D エンドユーザー 当社の事業スキーム 本田技研 Other 10
  11. 11. 当社の技術選定 画像処理 技術 音声信号 処理技術 A I 要素技術 Image Processing Voice Signal Processing 11
  12. 12. 虹彩認証技術(本人認証AI) Iris Recognition Technology <ターゲット> Smart Phone Auto Mobile PC 当社の技術 ー 実用化実績① 12
  13. 13. 音声による感情認識技術(感情認識AI) Feeling Recognition Technology <ターゲット> 当社の技術 ー 実用化実績② Call Center Marketing Robots 13
  14. 14. 瞳孔・虹彩検出技術(生体情報検出AI) Detect Pupil / Iris Technology <ターゲット> 当社の技術 ー 実用化実績③ Driver’s Status Eye Tracking Health Care 14
  15. 15. 「AI要素技術」の量産と展開 パナソニック 技術提携パートナー SDK SDK SDK SDK 虹彩 認証 感情 認識 SDKを利用しての新規サービス開発 企業A 企業B 企業C 企業D 世界的自動車企業 世界的製造企業 提携 合意 提携 合意 SDK量産 グローバルに 販売 今後の展開今後の展開 SDK量産 グローバルに 販売 15 本田技研 Other

×