Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

希望理論からみたグローバル人材育成者ver04

74 views

Published on

グローバリズムとグローバリゼーションとの違いを踏まえると、2015年以降のグローバル人材像とは、コミューナル・グローバリゼーションに対応した人材である。

Published in: Education
  • Be the first to comment

希望理論からみたグローバル人材育成者ver04

  1. 1. 希望理論からみた グローバル人材育成者 の再定義 鈴木繁夫 (名古屋大学・名誉教授)
  2. 2. グローバルの二つの意味 •グローバリゼーション • 「交通」 *により、遠近や文化差が解消 *高速輸送機関およびネットによる接続 •グローバリズム • 世界は市場原理*で支配 *公正な等価交換に基づく競争 2
  3. 3. 求められる人材像 •グローバリゼーション • 国外を舞台に活動できる →国連職員 •グローバリズム • 秀でた語学力・交渉力 →商社社員 3
  4. 4. 用語「グローバル人材」の登場 •トヨタ:管理体制 • グローバル人材とローカル人材に分ける • 日本経済新聞1999年12月8日 • アイシン精機人事(1月1日付) • 人材開発部主査兼グローバル人材グループ主査 • 朝日新聞1998年12月25日 4
  5. 5. 「産学官でグローバル人材の育成を」 (2010年) 3目標 (1)社会人基礎力 ❍前に踏み出す力, ❍考え抜く力, ❍チームで働く力 (2)外国語でのコミュニケーション能力 (3)異文化理解・活用力 グローバリズム対応の必要条件 5
  6. 6. グローバル人材像 ❍日本で採用、海外と交渉する日本人 ❍「中核的・専門的人材層」(2013年中教審) 6 グローバリズム対応 国際人≒グローバリゼーション
  7. 7. 0 1 0 0 1 0 1 1 0 0 0 3 9 15 34 45 86 92 96 54 27 8 8 17 6 6 4 9 9 7 10 3 3 1 3 3 6 5 10 5 3 3 1997 1998 1999 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 頻 度 数 発行年 グローバル人材 国際人 用語の頻度変化 •グローバル人材≒グローバリズム •国際人≒グローバリゼーション 7 (1997年-2017年 朝日新聞・アエラ・週刊朝日を基に作成)
  8. 8. 人材育成者のPDCAサイクル実行 Plan グローバリズム対応の新教育プログラムの 設計・提案・承認・宣伝 Do 教育組織の改変と教員の意識改革 Check 教育内容と教育方法の自己反省とその 公表化 Act プログラム内容・方法の継続的な改善 8
  9. 9. 人材育成者による教育プログラム実践 •一部の学部や学部外での実践 • 明治大学国際日本学部 • 福岡大学グローバル・アクティブ・プログラム 9
  10. 10. 負の三角関係
  11. 11. 修了率世界一 68%
  12. 12. 人材教育のあり方への要請 12 負の三角形への 処方箋として利用 グローバリズム対応人材育 成
  13. 13. 人材教育のあり方への要請 13 ユニバーサル段階へ の対処法 負の三角形への 処方箋 グローバリズム対応人材育成
  14. 14. 教育のあり方:成長段階別 段階 エリート マス ユニバーサル 入学 者数 0-15% 16-50% 50%以上 入学 態度 特権 権利 義務 育成 対象 目標 支配層に向けた 人格陶冶 管理職に向けた 専門知識・ 技能の伝達 全階層に向けた 社会・技術の急 変化への適応 14 (Trow, 1973 Problems in the Transition from Elite to Mass Higher Educationを基に整理)
  15. 15. 学生・教員・大学の意識の場 エリート段階 マス段階 ユニバーサル段階 入学 者数 0-15% 16-50% 50%以上 入学 態度 特権 権利 義務 育成 対象 目標 支配層に向けた 人格陶冶 管理職に向けた 専 門 知 識 ・ 技能の伝達 全階層に向けた 社会・技術の急変 化への適応 15 (Trow, 1973 Problems in the Transition from Elite to Mass Higher Educationを基に整理) 獲得文化資本 職業的意義
  16. 16. 人材育成者の立ち位置 エリート段階 マス段階 ユニバーサル段階 入学 者数 0-15% 16-50% 50%以上 入学 態度 特権 権利 有利・得 育成 対象 目標 支配層に向けた 人格陶冶 管理職に向けた 専 門 知 識 ・ 技能の伝達 全階層に向けた 「できる技能」 育成 16
  17. 17. 希望理論 HOPE THEORY • 希望理論:アメリカ人心理学者C.R. Snyder 1994年から2000年代にかけて興隆 21世紀のポジティブ心理学の一分野 •希望≠感情 ?「希望は努力が報われると感じるときに生じ、努力が報われない と感じれば、絶望が生じる。」(ランドルフ・ネッセ) •希望=目標に向かう思考・関与の過程 • 感情:目標への過程で主体が抱く副次的産物 17
  18. 18. 希望 簡略図 18 結果価値 道筋思考 Pathway thoughts 作動思考 Agency thoughts
  19. 19. 希望 19 結果価値 道筋思考 Pathway thoughts 作動思考 Agency thoughts 目標行動への関与
  20. 20. 人材育成者の希望 20 結果価値 3目標 道筋思考 プログラム策定・実施 作動思考 プログラム駆動主体 目標へ積極的関与
  21. 21. •事実を前向きに捉える •肯定的な結果を思い描く •事実を自己統制下におく 従来の心理学: 事実を客観的に捉え、合理的に考え、対処する。 21
  22. 22. 希望を支える楽観主義 22 事実 前向きな 意味 肯定的な 感情 良好な 自己統整
  23. 23. 希望に燃えた育成者のポジティブ幻想 23 事実 教育プログラム 構築・実践を前 向きに捉える プログラムの 肯定的な結果 を思い描く プログラム 実践を自己 統制下にお く
  24. 24. 0 1 0 0 1 0 1 1 0 0 0 3 9 15 34 45 86 92 96 54 27 8 8 17 6 6 4 9 9 7 10 3 3 1 3 3 6 5 10 5 3 3 1997 1998 1999 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 頻 度 数 発行年 グローバル人材 国際人 用語の頻度変化 •グローバル人材≒グローバリズム •国際人≒グローバリゼーション 24 (1997年-2017年 朝日新聞・アエラ・週刊朝日を基に作成)
  25. 25. グローバル人材の理想型 •2008-2015年 •グローバリズムに対応できる人材 25 エリート段階 マス段階 ユニバーサル段階 入学 者数 0-15% 16-50% 50%以上 入学 態度 特権 権利 有利・得 育成 対象 目標 支配層に向けた 人格陶冶 管理職に向けた 専 門 知 識 ・ 技能の伝達 全階層に向けた 会話・プレゼン能 力開発
  26. 26. 26 山田誠 元ゴルードマン サックス 現SMBC日興証券 グローバリズム人材 出典 Bloomberg.com 2017年5月25日
  27. 27. グローバリズムへの批判 共生 自然・ 人・社会 持続可能な 発展 Sen 脱成長 Hamilton 相互ケア Eisler 27
  28. 28. 3目標下の新・人材像 20世紀 ❍グローバリゼーション対応の人材 2000年代 ❍グローバリズム対応の人材 2015年以降 ❍グローバリゼーション+ 共生に覚醒した人材 28
  29. 29. 29 関係性の 分類 つながり 潮流 関係機能 公共性 Public 政府 グローバリゼー ション 再分配 全球性 Global 市場 グローバリ ズム 交換 共有性 Communal 場・縁 コスモポリタニ ズム 贈与
  30. 30. 30 関係性の 分類 つながり 潮流 関係機能 公共性 Public 政府 グローバリゼー ション 再分配 全球性 Global 市場 グローバリ ズム 交換 共有性 Communal 場・縁 コスモポリタニ ズム 贈与
  31. 31. 31 関係性の 分類 つながり 潮流 関係機能 公共性 Public 政府 グローバリゼー ション 再分配 全球性 Global 市場 グローバリズ ム 交換 共有性 Communal 場・縁 コスモポリタニ ズム 贈与
  32. 32. 32 関係性の 分類 つながり 潮流 関係機能 公共性 Public 政府 グローバリゼー ション 再分配 全球性 Global 市場 グローバリズ ム 交換 共有性 Communal 場・縁 コスモポリタニ ズム 贈与
  33. 33. 33 関係性の 分類 つながり 潮流 関係機能 公共性 Public 政府 グローバリゼー ション 再分配 全球性 Global 市場 グローバリズ ム 交換 共有性 Communal 場・縁 コスモポリタニ ズム 贈与
  34. 34. 別タイプのグローバル人材 2015年以降 (1)社会人基礎力 (2)外国語でのコミュニケーション能力 (3)異文化理解・活用力 34 コミューナル・グローバリ ゼーション対応
  35. 35. 35 コミューナル・グローバリゼーション人材 金沢工業大学 Learning Expressプロジェクト 出典:http://www.kanazawa-it.ac.jp/kitnews/2015/20150521_lex.html
  36. 36. 36 出典:http://www.kanazawa-it.ac.jp/kitnews/2015/20150521_lex_about.pdf 現 地 活 動
  37. 37. 37 ユニバーサル 段階(1) ユニバーサル段階 (2) 入学 者 偏差値 生活知・反省知 入学 態度 有利・得 自己発見に有益 育成 対象 目標 グローバリズ ム人材 必要層に向けた 分 か ち 合 い の 知 識・技術応用
  38. 38. 希望に燃えた育成者のポジティブ幻想 38 コミューナル・ グローバリゼー ション人材 教育プログラム 構築・実践を前 向きに捉える プログラムの 肯定的な結果 を思い描く プログラム 実践を自己 統制下にお く
  39. 39. 人材育成者の希望の鼎 学生 同僚大学

×