No018-01-suc3rum-20100929

1,389 views

Published on

Published in: Business
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
1,389
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
3
Actions
Shares
0
Downloads
3
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

No018-01-suc3rum-20100929

  1. 1. 私がみた Agile2010 はコレだ!? 2010/09/29 静岡県立大学大学院経営情報学研究科 細澤あゆみ(@AyumiHOSOZAWA)
  2. 2. Agile2010にいってきました。 「 細澤あゆみ 」 と申します。
  3. 3. よろしくお願いします。
  4. 4. すくすくスクラム初参加です。 私と同じように初参加の人ってどのくらい いるのかな...
  5. 5. ちなみにアジャイルもよく分か ってません。 (教えてください)
  6. 6. 精一杯 楽しみながら話すので 楽しんで聴いてください。 (のだめ風) ペコリ
  7. 7. 始めに今日のゴールとか自己紹介 とかお話するので、その間にとり あえず飲んで食べてください。 (飲み過ぎ・食べ過ぎの責任は負いかねます)
  8. 8. 今日のゴール • この企画を来年もやって欲しいな、と思える 人を増やす – できれば、このような学生に投資する企画が増え るとなお良い • Agile2011に参加したいと思う人を増やす • 私の悩みを解決する • 最大のゴールは皆さんに楽しんでも らうこと!(私も含めて)
  9. 9. 今日お話すること ★ Agile2010に行く前はどうで、 ★ Agile2010はどんなところで、 ★ Agile2010に行って何を感じて、 ★ その後どうしたのか
  10. 10. 確認 • 9/4のXP祭りで「Agile Conference 2010 報告」のセッションを聞いていただ けた方? • Agile Conferenceに参加したことがない 方?
  11. 11. 自己紹介 • 静岡県立大学大学院 経営情報学研究科2年 • 学部を飛び級して大学院へ進学 • 学部から数学研究室というところにいます(通称: 数研) • 研究室のプロジェクトで情報システム開発を行って ます • Twitter : @AyumiHOSOZAWA • FaceBook : Ayumi HOSOZAWA • 研究室HP : suken.u-shizuoka-ken.ac.jp/
  12. 12. 数研というところ • プロジェクト指向教育(POE; Project Oriented Education) – 学部1年から大学院生まで一貫した教育 – 複数のプロジェクトに全員参加 • 産学官連携でソフトウェア開発 • 論文執筆、研究会・学会発表 • 学内貢献 – 「教えない」教育 – 失敗の奨励
  13. 13. 私の歴史 • 大学に入る前 – フツーの高校生 • 大学入学後 – 全国少年少女草サッカー大会支援システムの開発 • NPO法人ふじのくに情報ネットワーク機構と協働 • 学生主体 • 2008年総務省U-Japan大賞「地域活性化部門賞」の受 賞 • 現在 – 情報通信技術地域人材教育プロジェクト • 平成21年度2次補正予算補助事業 • 県内自治体と県内企業が事業主体 • 8月中旬スタート、11月納品 • PMをやってます
  14. 14. まず、アイスブレイクしましょう♪
  15. 15. アイスブレイクタイム • 自己紹介(10分ぐらいで) – 自己紹介の順番は • 今日来るまでに電車で乗り換えた回数 • 今日来るのにかかった時間 • 今月見た映画の数 とか、もっと面白いやつで – 自己紹介の内容 • 1.自分の名前(ニックネーム可) 2.今日なぜここに来たのか? とか • 簡単なディスカッション – テーマは後ほど♥
  16. 16. 自己紹介タイム (10分ぐらい)
  17. 17. お待ちかね、 ディスカッションのテーマ発表
  18. 18. ディスカッションのテーマ 『IT業界のイメージ= 7Kで良いのか!?』
  19. 19. 7K? 3K 4K – きつい – 規則が厳しい – 帰れない – 休暇が取れない – 給料が安い – 化粧がのらない – 結婚できない 7K!
  20. 20. 周りの学生にも聞いてみた Q. ソフトウェア業界のイメージを一言でいうと? 理由:先進技術を知れる機会が多い。(学部4年生) 新しい 理由:世界のどこかで必要とされてる,最先端の クリエイティブな空間 ものが常に作られているイメージがあるから (学 部4年生) 理由:知識が必要な産業だと思うのと、最先端 インテリ で現代らしいスタイリッシュさがあるから。 (学部3年生) 理由:どんな仕事をしているか、よくわかりま ずっとパソコンの前にい せんが、プログラマーが作業しているイメージ る仕事 だからです。 (学部3年生) 静岡県立大学経営情報学部生(学部1年~4年生) 10名からの回答。 うち、6名は同じ研究室もしくは元研究室で活動していた学生。
  21. 21. 周りの学生にも聞いてみた Q. ソフトウェア業界のイメージを一言でいうと? 理由:開発スケジュール等、きつい状況で働くこと デスマーチ が多い感じがする。 (学部3年生) 理由:いろいろなところで衰退している、といった話を聞く ため。また、自分としてもソフトウェア産業だけで見たらこ 衰退 こからさらに成長していくとは思えないため。(無くなるわ けではなく、必要ではあると感じるが・・・) (学部4年 生) 理由:経験上 (学部3年生) デスマーチ 理由:常に進化しつつある情報に自分が追いつかな ついていけない、 いから。 (学部1年生) 厳しい 理由:自分の周りの情報学部の学生に、そういう人 が多いから(笑)。何かに対して、強いこだわりを オタク 持ってたり、凝り性な人が多い気がする。 (学部3 年生) きつい 理由:バグやエラーがなくなるまで帰れなさそうだ から。 (学部3年生) 静岡県立大学経営情報学部生(学部1年~4年生) 10名からの回答。 うち、6名は同じ研究室もしくは元研究室で活動していた学生。
  22. 22. 周りの学生にも聞いてみた Q. ソフトウェア業界のイメージ 技術やスキルが身につ く 6 仕事がきつい(きつけ 4.8 夢がある れば低位) 4 3.8 2 2 給料が低い(低ければ 3.7 0 4.1 かっこいい 低位) 技術やスキルは身につくけ ど、仕事がきついというイ メージ 2.5 仕事の内容がわかりや 4.3 仕事にやりがいがある すい 3.6 働いている人たちが自 分の仕事に誇りを持っ 静岡県立大学経営情報学部生(学部1年~4年生) 10名からの回答。 ている うち、6名は同じ研究室もしくは元研究室で活動していた学生。
  23. 23. 他産業との比較 @IT 自分戦略研究所 – 「第9回 やりがいがある仕事は何? 各業界のイメージ選手権」より抜粋 http://lab.jibun.atmarkit.co.jp/entries/536 元のデータは、IPA(情報処理推進機構)編集の「IT人材白書2009」を元に作成されており、大学3年生以上の学生600名に対し て「情報サービス産業のイメージ分析調査」を実施したもの。
  24. 24. 他産業との比較 @IT 自分戦略研究所 – 「第9回 やりがいがある仕事は何? 各業界のイメージ選手権」より抜粋 http://lab.jibun.atmarkit.co.jp/entries/536 元のデータは、IPA(情報処理推進機構)編集の「IT人材白書2009」を元に作成されており、大学3年生以上の学生600名に対し て「情報サービス産業のイメージ分析調査」を実施したもの。
  25. 25. 『IT業界のイメージ=7Kで良いのか!?』 • これって本当? • そう思われていることにどう感じますか? • それで良いのですか? • どうしたら改善できますか?
  26. 26. 私の考え • 私も学部1年生の頃はそう思っていました。 • 実際に、こういう場面は有り得る、と思う。 • でも、こればかりではない! し、 なにより、私はこの業界が好き。 • 自分にできることを探そう – 今なら、この経験を共有することとか – 卒業後なら、後輩へのアピール、大学連携とか
  27. 27. 暖まってきたところで…
  28. 28. Agile Conferenceとは? • Agileの国際カンファレンス • 今年は8月9日~8月13日(5日間)開催 • 今年はアメリカのオーランド • ホテルはディズニー直営ホテル • 今年は38カ国、1400人の参加 • 参加費 $1999(Non Memberの場合)
  29. 29. Agile2010参加までの道のり 2010年2月10日 いきなりこんなメールが…
  30. 30. Agile2010参加までの道のり • そもそも、アジャイルって何?(agaileではない) • すくすくスクラムって何? (よく分からない名前...) • 英語できないけど… (通訳してくれる人がいるならいっか)
  31. 31. ♪ ♪♪ でも、面白そう
  32. 32. Agile2010参加までの道のり • さらに、30万ぐらいかかるらしい…orz • 学生はそんなにお金がない、ということ でかわぐちさんがスポンサーを探してく ださいました。
  33. 33. Agile2010参加までの道のり • スポンサーも揃ったところで、選考をし ました。 選考の詳細(http://d.hatena.ne.jp/wayaguchi/20100407/1270645651) 対象となる方: [必須] 2010/08/03 時点で満21歳以上であること 合法的に飲酒可能なお店に入ることができる方。アルコールが飲めなくてもいいです。 世界中から集まるアジャイルコーチとコミュニケーションを円滑にとるための条件です。 [必須] 2010/08/03 時点で学生であること [望ましい] IT系企業へ就職、ないし、IT系での独立をお考えの方 合格者の義務 Agile2010カンファレンスに行って頂くこと 雑誌/Webサイトなどに、参加レポートを書いて頂くこと すくすくスクラムでご発表頂くこと 選考のための提出物エッセイ「Agile2010にむけて」(ポジションペーパー) A4一枚程度 私はどういう人で これからどういうことをやっていきたいと考えていて Agile2010では、どういうことを学びたいと考えているか
  34. 34. Agile2010参加までの道のり • 2名の募集 • スポンサーと参加者が参加するメーリン グリストで議論されました • その結果、私が行くことに!
  35. 35. Agile2010参加までの道のり • 参加決定後 – 何回か打ち合わせ – Tech Fieldersセミナー Agile Day 3に参加 – 一応、アジャイルの勉強 • 『アジャイルソフトウェア開発スクラム』 - Ken Schwaber, Mike Beedle • 『アジャイルな見積もりと計画作り』 - Mike Cohn • 『Agile Estimating and Planning』 - Mike Cohn • 『Scaling Software Agility』 - Dean Leffingwell – 一応、英語の勉強 • Speed Learningやってみたり – 渡航の準備
  36. 36. Agile2010参加までの道のり とーぅっ いざ、出発!!!
  37. 37. ここで休憩 • お酒も飲んで、トイレも近くなってるこ とですし... • 10分ぐらい休憩 はじまるよー 開始 2分半ぐらい 5分ぐらい 7分半ぐらい 終了
  38. 38. 前半戦のまとめ ★ 自己紹介 ★ アイスブレイク ★ Agile 2010への道のり ★ 出発!
  39. 39. さーて、後半戦は? ★ Agile2010をふりかえる ★ Agile2010に行って感じたこと ★ Agile2010参加後の変化 ★ ディスカッション
  40. 40. 写真で ふりかえる Agile2010 9/4 XP祭りでのセッションとほぼ同じなので、詳しくはここを見てください → http://kokucheese.com/event/index/2167/
  41. 41. 2日目 Dave Thomasの基調講演 約1400人のオーディエンス
  42. 42. 2日目 Dinner with a Stranger スポンサーのブースがいっぱい
  43. 43. セッションの様子
  44. 44. Open Jamの様子
  45. 45. 4日目 Conference Party なんと場所はディズニー
  46. 46. 参加したセッション • Patterns for customer interaction – Linda Rising • Agile Estimating & Planning – Mike Cohn • A Non-Software Scrum Experience – Halim Dunsky • Scrum and Kanban – Damon Poole • Leading a Self-Organizing Team – Mike Cohn • Beyond Sprint 0 – Jeff Patton • Lean in a Nutshell – Mary Poppendieck • Kanban and Scrum – Henrik Kniberg Agile2010のiPhoneアプリ
  47. 47. 本当のセッションは夜から…
  48. 48. 毎晩飲み明かしてました… ブブゼラ
  49. 49. Agile2010に行って感じたこと
  50. 50. Agile2010に行って感じたこと • 熱い! • 参加者は、ユーザや顧客、チームのことを一 番に考えている • 問題意識も強い • みんな優しい! • 私の拙い英語でも熱心に聞いてくれて、丁寧 に答えてくれる。分からない、といえば教え てくれる
  51. 51. Agile2010に行って感じたこと • ディスカッションが活発! – 質問もセッションの途中でバンバンでる – 参加者同士で議論が白熱することも – ディスカッションに参加することに意味がある • 発表者のプレゼン力がすごい – プレゼンうまい。笑いが絶えない。 – プレゼンの機会が多い人たち • 若い人が少ない – アジャイルコーチなど教えている人が多いため、若 い人が少ない – もっと若い人が増えると良いなぁ
  52. 52. 私(学生という立場)からみた アジャイル界
  53. 53. 私(学生という立場)からみたアジャイル界 • 日本のソフトウェア産業もまだいける! – うちの学部ではあまり情報系は人気がない – ソフトウェア産業は7Kというイメージ – でもそればっかりではない。今、変わろうとして いる • 日本もまだまだ捨てたもんじゃない? – 日本の製造業の良さが取り入れられている • こんなスゴイ企画ができる – 他の国は学生はおそらくいなかった
  54. 54. 私(学生という立場)からみたアジャイル界 • スクラムマスターってかっこいい • 無茶ぶりが多い気がする – きっと愛 • 仕事が楽しい – XP祭りでの資料作成 – カンファレンスで初めて会った人と発表 – どんどん進んでいく – XP祭り、発表しやすい雰囲気
  55. 55. 私(学生という立場)からみたアジャイル界 • 一言でいうと... 気持ちいい
  56. 56. Agile2010参加後の変化
  57. 57. いくつか自分自身の中 で変化がありました。
  58. 58. Agile2010参加後の変化 • 誰のためのシステムか?を常に考える-ユー ザ視点 – でも顧客の言葉は鵜呑みにしない。UXの観点 • もっと人を信じよう、チームを信じよう • リーダーは指示してはいけない • 判断はチームのメンバーに • チームのメンバーが楽しく開発できるような 環境の整備 • なるべくメンバーの近くにいる • メンバーのプライベートも大事。できるだけ 付き合ってあげる
  59. 59. 具体的にやったこと • もともとPG3人のみ • 工数的にこの人数では厳しいとチームのメン バーから意見が出ました • 1年生や元研究室のメンバーに手伝ってくれ との要請しました • HTML・CSSの制作チーム、テストチームを 作った • 彼らの要望を取り入れてやりたいところをや ってもらう • 1年生をリーダーにする
  60. 60. 今の悩み • 自己組織化できない – プロジェクトの構造上難しい? – 自己組織化するには、メンバーの責任感を高める必要がある – 自己組織化されているチームもある(その差は?) • リーダーのあり方の共有ができていない – 「判断はチームに任せる」は無責任にも見える • 教育との兼ね合い – 私自身も教育されている立場 – 教えない教育 • 楽しみながらできているのか?疑問 – 私自身が楽しまなければいけない – 何が苦痛となっているのか?ちゃんと聞く必要があるかもしれ ない
  61. 61. ディスカッション
  62. 62. ディスカッションのテーマ あなたが今、一番、学びたいことは何ですか ?どうして、それを学びたいですか?
  63. 63. ディスカッションタイム!
  64. 64. 私の考え • 学生のうちに色々な経験をする – 本物に会う • 問題発見、解決能力を身につける – こんな時代でも生き残れる能力を!
  65. 65. さいごに • Agile2010に参加して、たくさんの刺激を 受けました • 来年もこの企画をぜひ実施してほしい! – 寄付お願いします!(@kawagutiさんまで) • この経験を他の学生に伝えたい – 大学で報告会の企画中 • スポンサーの皆様、ありがとうございま した
  66. 66. おしらせ @kwagutiさんと翔泳社様の EnterpriseZinでレポート書きました http://enterprisezine.jp/article/detail/ 2507 プロフィールの写真がサギと か言わないでねw
  67. 67. おしらせ その2 来年は一緒に行きましょう!
  68. 68. • 2011年8月18日~21日 開催 • 場所はアメリカのユタ州ソルトレイク! • 相方さんを連れて行きましょう! • http://agile2011.agilealliance.org/ ここにメールください。 悩みや不安はみんなで乗り越えましょう! AgileConf@sukusuku-scrum.jp
  69. 69. おしらせ その2 • そうだ!Agile2011へ行こう!!こくちーず • http://kokucheese.com/event/index/4392/ ここでチームジャパンの 仲間入りしよう!
  70. 70. おわり ご静聴ありがとうございました。 フィードバック頂けると嬉しいです。 → @AyumiHOSOZAWA 画像提供してくださった @daipresentsさん、@nobiinu_andさんありがとうございます! 素材にFLOP DESIGNさんのものを使用しています。ありがとうございます!http://www.flopdesign.com/

×