No008-01-Suc3rum-20100125

2,210 views

Published on

Published in: Technology
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
2,210
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
110
Actions
Shares
0
Downloads
20
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

No008-01-Suc3rum-20100125

  1. 1. 状況対応リーダーシップ・モデル
  2. 2.  今村哲也  アンリミテッドワークス 代表  認定スクラムマスター  twitter tetsuyai  e-mail mail@tetsuyai.com  独立系SIerの子会社 ⇒ 独立  ビジネス情報系のシステム開発  官公庁、原子力発電所、空港  チームリーダー すくすくスクラム
  3. 3. 1. はじめに 2. リーダーとは?リーダーシップとは? 3. 状況対応リーダーシップ・モデル 4. まとめ 5. 振り返りと質疑応答 聞きづらいところ、わかりにくいところがあれば、 話の途中でも遠慮なくお知らせください。 すくすくスクラム
  4. 4. すくすくスクラム
  5. 5. すくすくスクラム
  6. 6.  自己紹介ゲーム  できるだけ多くの人に自己紹介をしましょう。 すくすくスクラム
  7. 7.  近くの人とペアになります。  お互いに自己紹介をします。  ひとりが自己紹介をしている間、もうひとりは黙って、聞 くことに集中してください。  自己紹介には“自分の名前”と、“好きなこと(か、最近気 になっていること)”を含めてください。  ふたりとも自己紹介を終えたら、それぞれ別の人とペ アになって、ふたたび自己紹介を始めてください。 できるだけ多くの人に自己紹介をしてください。 5分間で何人に自己紹介できるでしょうか? すくすくスクラム
  8. 8. みなさん、こんな経験はありませんか? チームをよりよくしたいと頑張ってみました。うまくいく こともあれば、うまくいかないこともあります。そこで、 ひとつひとつ、丁寧に教えてみました! お互いの意見を尊重し、話し合ってみました! 相手を信頼し、委ね、任せてみました! でもやっぱり、うまくいくこともあれば、うまくいかない こともあります。 なぜでしょうか? すくすくスクラム
  9. 9. そこで今日は、 なぜうまくいき、なぜうまくいかないのか? そして どうすればうまくいくのか? を一緒に探求します。 具体的には、  チームの状況  リーダーシップのスタイル  これら2つの関係 という3つの切り口から、探求していきます。 すくすくスクラム
  10. 10. すくすくスクラム
  11. 11.  スクラムチームにリーダーはいますか?  いるとしたら、誰でしょうか? 思い浮かんだ答えを、紙に書いてください。 すくすくスクラム
  12. 12.  リーダーシップとは、集団の目標に進んで努力するよう、 人々の行動に影響を及ぼすことである。  ジョージ・R・テリー  状況の中で、特定の目的、ないし目標の達成のために、コ ミュニケーション・プロセスを通して揮われた影響力である。  ロバート・タンネンバム、ほか  リーダーシップは、共通の目的の達成のため、従う人たちに 影響を及ぼすことである。  ハロルド・クーンツ、ほか リーダーシップとは、与えられた状況で、目標達成のため、個 人ないし集団に影響を及ぼすプロセスである。 すくすくスクラム
  13. 13.  自らの努力と有能なフォロアーを通して変化に 対応し、かつ変化を実行して、成果を上げるこ とのできる人である。  ポール・ハーシィ、ほか すくすくスクラム
  14. 14.  スクラムチームにリーダーはいますか?  いるとしたら、誰でしょうか? チームで相談した答えを、紙に書いてください。 すくすくスクラム
  15. 15. あなたが「優れたリーダーだな」と思う人 を、何人か思い浮かべてください。 そう思う理由を、書き出してみましょう。 5分間、書き出してみましょう。 それから、共有しましょう。 すくすくスクラム
  16. 16. 優れたリーダー すくすくスクラム
  17. 17. みなさんは持てる技術を買われ、マクダネ ルダグラス社の技術開発部門に転職しました。 マクダネルダグラス社は10日後のコンペ ティションに向けて、新しいジェットエンジン の設計書を必要としています。部門長は5日後 に戻って来るので、その間にチームで作業を進 めておいて欲しいと言い残し、出張に出掛けて しましました。  チームで協力して、ジェットエンジンを設計してください。  各チームの持ち時間は5分です。 すくすくスクラム
  18. 18. みなさんは持てる技術を買われ、マクダネ ルダグラス社の技術開発部門に転職しました。 マクダネルダグラス社は10日後のコンペ ティションに向けて、新しいつぶやきサービス の設計書を必要としています。部門長は5日後 に戻って来るので、その間にチームで作業を進 めておいて欲しいと言い残し、出張に出掛けて しましました。  チームで協力して、つぶやきサービスを設計してください。  各チームの持ち時間は5分です。 すくすくスクラム
  19. 19. 仕事 適切 不適切 レベル スタイル 4 3 2 1 4 3 2 1 4 3 2 1 4 3 2 1 4 3 2 1 4 3 2 1 4 3 2 1 すくすくスクラム
  20. 20. 平等でないものを 平等に扱うことほど 不平等なことはない すくすくスクラム
  21. 21. すくすくスクラム
  22. 22. すくすくスクラム
  23. 23.  診断能力  現状を把握し、その現状がどう変えられるか を見通す能力  適応能力  現状と達成を目指す状況との差を縮めるべく、 自分の行動や関連リソースを状況に適応させ る能力  コミュニケーション能力  相手が理解し受け入れられるように、自分の 意志を伝える能力 すくすくスクラム
  24. 24. すくすくスクラム
  25. 25. 特定課題の遂行に対する準備や用意の程度 がレディネス・レベルです。レディネスの 概念は、特定の具体的状況にかかわってい ます。 レディネスを構成する2大要素は、 「能力」と「意欲」です。 すくすくスクラム
  26. 26. 特定課題の遂行に関して、その課題の遂行 者が持つ知識、経験、そしてスキルのこと です。 すくすくスクラム
  27. 27. 特定課題の遂行に関して、その課題の遂行 者が持つ自信、熱意、動機の強さのことで す。 すくすくスクラム
  28. 28. R4 R3 R2 R1 • 能力が高く、 • 能力は高いが、 • 能力は低いが、 • 能力が低く、 • 意欲や確信を • 意欲が弱く不 • 意欲や確信を • 意欲も弱く不 示す。 安を示す。 示す。 安を示す。 すくすくスクラム
  29. 29.  意欲が弱い2種類の理由  熱意や動機に欠けるため、意欲が弱い  能力の低さから来る自信のなさや不安から、意 欲が弱い  指標行動(関心がないとき)  防衛的で、言い訳を構え、苦情不満を訴える  言われたとおりにしか仕事をやらない  指標行動(不安を感じているとき)  起こるかもしれない結果に脅えて、取り越し苦 労する  失敗を恐れる すくすくスクラム
  30. 30.  指標行動  早口で、熱心にしゃべる  明快な説明を求める  うなずき、「ええ、わかってます」式の 返事をする、熱意が見える  注意深く聞く  質問に、表面的に答える  仕事を積極的に受ける  素早く行動する  進め方よりも、最終結果に気を取られて いる すくすくスクラム
  31. 31.  意欲が弱い2種類の理由  熱意や動機に欠けるため、意欲が弱い。  “知らぬを知る”から来る自信のなさや不 安から、意欲が弱い。  指標行動(関心がないとき)  義理にやらされている、無理している、 と感じている  仕事に軽い精神的苦痛を感じている  指標行動(不安を感じているとき)  自分の能力を疑っている  起こるやも知れない問題を気にしている すくすくスクラム
  32. 32.  指標行動  仕事の進行状況について、上司に十分に 知らせている  リソースを効率的に使っている  責任ある、結果指向的姿勢を示す  知識豊富で、仕事の進行を図って、知 識・情報を他人と分かち合う  喜んで、他人を助ける  創造的アイデアを分かち合う  仕事の“責任をとる”  仕事の期限を遵守するばかりか、概して 早めに仕事を完了する すくすくスクラム
  33. 33. 6月、電子決済システムの開発を専門とする あなたの部署に、新人の山田君が配属されてき ました。 山田君は小説家を志望して文学部に進みまし たが、就職活動のかたわらに読んだ『アキハバ ラ@DEEP』に影響されてシステムエンジニ アになったという、変わった経歴の持ち主です。 さて、山田君のレディネス・レベルはR1~ R4のどれでしょうか? すくすくスクラム
  34. 34. 8月、産休に入った斎藤さんに代わって経理部に 配属された田中さんは、契約社員ながら経理畑7年 のベテランです。6月までは大手総合商社の経理部 にいましたが、不況で契約終了となったため、今月 から町の電気屋さんであるあなたの会社で働くこと になりました。 出社してきた田中さんは「大手はこういうとき、 冷たいから駄目ね。やっぱりこちらのような、小く ても暖かいところの方が、働き甲斐を感じるわ」と 嬉しそうです。 さて、田中さんのレディネス・レベルはR1~R 4のどれでしょうか? すくすくスクラム
  35. 35. すくすくスクラム
  36. 36. リーダーの行動に対して、他人が認めた行動がリーダー シップ・スタイルです。 リーダーシップ・スタイルに影響を与える内面的な要素 としては、少なくとも4つが知られています。  価値観  フォロアーに対する信頼の程度  個人的性向  不確実な状況に耐える能力 リーダーシップ・スタイルを構成する2大行動は、 「指示的行動」と「協労的行動」です。 すくすくスクラム
  37. 37. 課題行動とは、リーダーが個人、ないし集団の任務や職 責遂行のあり方の指定に立ち入ること(お膳立て)の程 度と定義できる。すなわち、課題行動は、相手に、何を なし、いかになし、いつなし、どこでなし、誰がなすか、 を指定することにかかわっている。 指示的行動の指標行動  目標設定  組織化  期限設定  指示  統制 すくすくスクラム
  38. 38. 関係行動の特徴は、リーダーが双方向、ないし多方 向の意思疎通を行うことにある。例えば、傾聴、斡 旋、促進、その他支援的なリーダー行動がこれに当 たる。 協労的行動の指標行動  支持・支援  コミュニケ-ティング  接触促進  積極的傾聴  フィードバック すくすくスクラム
  39. 39. S4 委任的 S3 参加的 S2 説得的 S1 教示的 • 低指示 • 低指示 • 高指示 • 高指示 • 低協労 • 高協労 • 高協労 • 低協労 すくすくスクラム
  40. 40. 具体的で、特定的な指示を与えて、密着した監督を 行います。レディネス・レベル1に対する最適スタイ ルです。 さまざまな呼称例 「教示的」「教導的」「指示的」「断定的」  関心がないR1への行動  事実を具体的に説明してやる  やらなければどうなるかを考えさせる  不安を感じているR1への行動  課題説明は相手の理解度を考えて、一度に適当量に する  一歩ずつ、教え助けてやる すくすくスクラム
  41. 41. 決定内容を説明し、質問の機会を与えます。 レディネス・レベル2に対する最適スタイルで す。 さまざまな呼称例 「説得的」「説明的」「解説的」「説伏的」  R2への行動  説伏を通して、得心させる  質問を奨励する  詳細を話し合う  「なぜ」を説明してやる すくすくスクラム
  42. 42. 考えを出し合い、決定を促進します。レディ ネス・レベル3に対する最適スタイルです。 さまざまな呼称例 「参加的」「奨励的」「協働的」「協約的」  関心がないR3への行動  決定の責任をフォロアーにも分担させる  仕事の結果に対する責任の一部を負わせ、打込 と意欲を高めてやる  不安を感じているR3への行動  意志決定をフォロアーと共同でやってやる  不安点について、話し合ってやる すくすくスクラム
  43. 43. 決定と実施の責任を委ねます。レディネス・ レベル4に対する最適スタイルです。 さまざまな呼称例 「委任的」「観照的」「査察的」「自足的」  R4への行動  過度な仕事は与えない  仕事の全面的委任を心掛け、見守る  フォロアー主導のコミュニケーションを奨励す る  支援し、リソースを与える すくすくスクラム
  44. 44. R4 R3 R2 R1 有効 • S4 委任的 • S3 参加的 • S2 説得的 • S1 教示的 • S3 参加的 • S2 説得的 • S1 教示的 • S2 説得的 • S2 説得的 • S4 委任的 • S3 参加的 • S3 参加的 • S1 教示的 • S1 教示的 • S4 委任的 • S4 委任的 無効 すくすくスクラム
  45. 45.  リーダーシップ・スタイルの幅  リーダーシップ・スタイルを変化させること のできる範囲のこと。  第一スタイルと第二スタイル  第一スタイルはすべてのリーダーが持つ。  第二スタイルは持たないリーダーもいるし、3つ 持つリーダーもいる。  リーダーシップ・スタイルの適応性  リーダーシップ・スタイルを適切に変化させ られる程度のこと。 すくすくスクラム
  46. 46. テーブルごとに相談し、答えを紙に書いてください。 時間は5分です。  レディネス・レベルはどれでしたか?  リーダーシップ・スタイルはどれでしたか?  最適なリーダーシップ・スタイルはどれでしたか? すくすくスクラム
  47. 47. 2つのケースについて、いくつかの課題を想定し、それぞ れについてレディネス・レベルと最適なリーダーシップ・ スタイルを相談してください。時間は5分です。  このケースで発生する課題は?  その課題におけるレディネス・レベルは?  その課題における最適なリーダーシップ・スタイルは? すくすくスクラム
  48. 48. 6月、電子決済システムの開発を専門とす るあなたの部署に、新人の山田君が配属さ れてきました。 山田君は小説家を志望して文学部に進みま したが、就職活動のかたわらに読んだ『ア キハバラ@DEEP』に影響されてシステ ムエンジニアになったという、変わった経 歴の持ち主です。 すくすくスクラム
  49. 49. 8月、産休に入った斎藤さんに代わって経理 部に配属された田中さんは、契約社員ながら経 理畑7年のベテランです。6月までは大手総合 商社の経理部にいましたが、不況で契約終了と なったため、今月から町の電気屋さんであるあ なたの会社で働くことになりました。 出社してきた田中さんは「大手はこういうと き、冷たいから駄目ね。やっぱりこちらのよう な、小くても暖かいところの方が、働き甲斐を 感じるわ」と嬉しそうです。 すくすくスクラム
  50. 50.  誕生  1960年代後半  リーダーシップ研究センター  ポール・ハーシィとケネス・H・ブランチャード  考え方  唯一最善のリーダーシップ・スタイルは存在しない  フォロアーの能力と意欲に併せて、  リーダーシップ・スタイルを選択する すくすくスクラム
  51. 51.  バンク・オブ・アメリカ  キャタピラー  IBM  モービル・オイル  ユニオン76  ゼロックス など、フォーチュン誌500社中400社以上の会社 で、教育研修プログラムに組み込まれています。 すくすくスクラム
  52. 52. アジャイルの押しつけは危険信号だと明言しておこう。 ただし、 いつもそうだが、これがすべてのことに当てはまるとも限らない。 一見、似たような状況であっても、実際はまったく違うということ もある。 たとえば、学習がそうだ。 アジャイルを導入するときは通常、 多くの新しいことを一度に学習することになる。 中には直感では 理解できないことも多い。 これは、部分的には、XPの真実である。 慣れるまでしばらくは、プロセスをチームに合わせることは難しい (この点については、数年前にXPを交えた記事を書いた(邦訳))。 チームはまだ守破離の「守」の段階で、コツをつかむまでは盲目的 にプラクティスをこなす必要がある。 このような状況では、「教 義主義」や「非柔軟性」も(一時的には)良い学習ツールとなって いるのである。 すくすくスクラム
  53. 53. すくすくスクラム
  54. 54. チームをよりよくしたいと頑張ってみました。そんなとき、 なぜうまくいき、なぜうまくいかなかったのか? そして どうすればうまくいくのか? を一緒に探求しました。 具体的には、  チームの状況  レディネス・レベル R1~R4  リーダーシップのスタイル  S1 教示的、S2 説得的、S3 参加的、S4 委任的  これら2つの関係 有効リーダーシップ・スタイル  という3つの切り口から、探求しました。 すくすくスクラム
  55. 55. チームにはそれぞれの レディネス・レベル があります。しかしこのレディネス・レベルも、 仕事によって、経験によって、移り変わるもの です。 チームから目を離さず、チームに合わせて リーダーシップ・スタイル を選択することで、チームに対してより効果的 に振る舞うことができます。 すくすくスクラム
  56. 56. ポール・ハーシィほか 『入門から応用へ 行動科学の展開―人的資源の活用』 生産性出版、2000年。 ケネス・H・ブランチャード 『1分間リーダーシップ―能力とヤル気に即した4つの実践指導法』 ダイヤモンド社、1985年。 ウォレン・ベニス『リーダーになる[増補改訂版]』海と月社、2008年。 すくすくスクラム
  57. 57.  レディネス・レベルの育成と退行  集団力学とチームのレディネス  集団力学のもとでのリーダーシップ 続編のリクエストがありましたら、 アンケート用紙にご記入をお願いします。 すくすくスクラム
  58. 58. すくすくスクラム
  59. 59. すくすくスクラム
  60. 60. ありがとうございました。 すくすくスクラム

×