No002-02-Suc3rum-20090528

1,085 views

Published on

Published in: Technology, Business
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No002-02-Suc3rum-20090528

  1. 1. 開発者兼経営者 Emerson Mills CTO Orinoco KK Director Japan Perl Association Agile Coach 5/28/09
  2. 2. 自己紹介 ↓
  3. 3. こんなこと ● NEC の下請け ● スタートアップ ● amazon.com ● amazon.co.jp – スクラム活動開始 ● Orinoco 株式会社 – www.wikitt.jp ● 実験台 ● その他 – 開発プロセスのコンサル – 認定スクラムマスター研修 ● 今年は 6 月 2 ~ 3 日 – JPA 理事 – などなど 
  4. 4. 注意 ● 教科書のスクラムではありません ● 一個人の経験と研究 ● 究極オープン化 – オープンソースの延長にオープンプロジェクト
  5. 5. これだ 作業者が主導権を 保持する製造形態
  6. 6. 数百年前 ● 作業する人 ● 経営する人 ● 同一人物 – の可能性が高い
  7. 7.   現状
  8. 8. お客様の立場 サービス⇔顧客
  9. 9. 遠くの昔 作業者⇔顧客
  10. 10. 最近の大規模プロダクト 作業者⇔作業管理者 ⇔プロジェクト管理 者⇔プロダクト管理 者⇔営業⇔顧客
  11. 11. 電話ゲーム ● 6人 ● カードをもらって、 隣の方にこそこそと内容を伝えます。 ● テーブル回るまで隣こそこそ ● どんなメッセッジだった?
  12. 12.   明日 食べたいから さっぱりしたパスタを アスタで探して来て 下準備をして もらえますか?
  13. 13. S 対 N の割合 ● シグナルが情報 ● ノイズは何でしょう?
  14. 14.   新しい思考回廊
  15. 15. 理想の状況 作業者⇔顧客
  16. 16.   顧客駆動開発
  17. 17. 通常スクラムのでは? ● 開発を「邪魔」しない ● スプリント中に外の接触 ● プロダクトオーナーが担当する
  18. 18. 連絡事項のプロクシー 連絡事項=連絡事故
  19. 19. 道具の利用 ● 人間だけとおもったら
  20. 20. チンパンジー by celerrimus
  21. 21. ラッコ by mikebaird
  22. 22. その他の動物 shadowmancer76
  23. 23.   コミュニケーション を支援する道具
  24. 24.   開発
  25. 25. 開発者の不満 ● また XXX 頼まれた ● 営業が XXXX だから今日も残業 ● 通常の文句
  26. 26. 開発チームの重要ポイント ● 技能 ● 技法 ● 事業領域の理解
  27. 27.   市場価値を理解 すれば事業領域 もわかる
  28. 28.   lisp じゃないんだから。。。
  29. 29. 市場価値 ● 優先順位の裏づけ ● プロダクトバックログ
  30. 30. 市場価値の評価 ● プロジェクト管理者 ● 経営者 ● 顧客 ● 開発者は?
  31. 31. 管理による不透明状況 ● TMI – Too Much Information – 情報量が多すぎ ● 情報制限を経て効率化 – ???
  32. 32. 3 つの嘘 ● 作業に集中できる ● 知る必要がない ● 「私」が担当する ● 悪気があった訳ではない
  33. 33. 経営者に代わって ● 全体の把握 – 顧客のニーズを把握する – 開発のリスクを把握する ● 開発以外もチームで担当する
  34. 34. コミュニケーション能力 ● プロダクトバックログ ● スプリントバックログ ● WIKI ● IRC ● スカイプ ● 電話 ● 最終手段 → 打ち合わせ
  35. 35.   開発の仕事が また 増えるだけじゃ ないか?!
  36. 36.   人に言われた ものではなく 自分の意思で 行動する
  37. 37.   経営者
  38. 38. チームとして行動する ● 設計プロジェクトと開発プロジェクトとインテ グレーションではない ● チームが一つの存在として目標達成を目指す
  39. 39. 経営者の立場 ● チームの一員 ● どの限られたリソースと同じように扱う – プロジェクト管理者 – プロダクトオーナー – DBA
  40. 40. 双方にメリット ● 経営側の負担 ● 開発側の情報
  41. 41. 顧客の参加 ● 会議などをバックログリファクターリングで ● スプリントバックログでスケジュール確認 – スプリントプラーニング
  42. 42. プロダクトバックログ ● 直接の書き込みを推進 – アイテム – 市場価値 – 優先順位 ● リファクター
  43. 43. バックログでフィルター ● TMI 現象を防ぐ ● ニーズ把握の支援 – スペックの確定に至る ● リファクタリングで調整
  44. 44. スプリントバックログで把握 ● 開発の進み具合 ● 工程が必要とする努力 ● プロダクトバックログ項目の難易度
  45. 45. 開発が支援する ● プロダクトバックログ – 顧客との確認事項管理 ● スプリントバックログ – 顧客と共有する進捗報告
  46. 46. コミュニケーションの場 ● 場所に拘らない ● 第一目標がコミュニケーション ● 「形式」は二の次
  47. 47. コミュニケーション道具 ● チーム同様 – プロダクトバックログ – スプリントバックログ – WIKI – IRC – スカイプ – 電話 – 最終手段 → 打ち合わせ
  48. 48. スクラムマスターの位置 ● 促進役 ● コミュニケーション妨害を対処 ● 完璧な状況 = 暇
  49. 49.   まとめ
  50. 50. 顧客を巻き込む ● 優先順位が把握できても弱みを見せる – 参加による安心感 ● あんまり真剣だと任されっぱなし ● 情報を提示する ● 物理的参加のメリット ● リターンが早い
  51. 51. 開発が納得 ● 不安な点が一早く解決 ● 経営に貢献できる – 「私には関係ない」がない – 実績を残す – 経験に代わりはない ● 資格? ● 研修?
  52. 52. 問題点 ● XXX がまとまらない ● お客様は参加したがらない ● 開発が負荷として判断する
  53. 53. 例外 ● 担当がないとコンタクトが管理しづらい ● 開発側にも顧客側にも判断材料が不十分
  54. 54. Shameless Self-Promotion ● 2009 年の認定スクラムマスター研修 ● あと 4 日 ● まだ空きがあります。 ● 今年は今回だけ(かも?) ● Google で scrum tokyo を検索

×