Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Dev LOVE X 2019

5,689 views

Published on

「アジリティ」という言葉通り、IT業界も目まぐるしい速さで変化しており、私たちにもその俊敏性が常に問い続けられます。
私はアジャイル開発とともに10年以上、様々な組織のイノベーションに携わってきました。
チーム作りや部署を超えた円滑なコミュニケーションの仕方など、良好な人間関係を保つためのスキル(soft skills)には、今何が求められ、それをどのように組織に活かしていくのか。そして、そこから日本企業はどうアジャイルにイノベーションを起こしていくかを、過去の事例と経験を踏まえて今後の展望をお話します。
Management 3.0のこれまでの歩みと展望、そしてアジャイルリーダーシップの将来像についてお話します。
さらに、日本におけるワーカー・ハピネスについて、今後どのように環境が変化していくのか、「仕事と幸せ」について日本企業を例に取って考えます。

Published in: Leadership & Management
  • Be the first to comment

Dev LOVE X 2019

  1. 1. ニッポンが
 必要としている
 アジャイルリーダーシップとは何か?
 DevLove X Day2 3-A Stefan Nüsperling Arnab Gupta
  2. 2. 仕事であなたを
 幸せにするものは何ですか?
 WARM UP エクササイズ
  3. 3. 本日の内容 1. この10年を振り返って気づいたこと 2. 今後必要となるアジャイル・リーダーシップ 3. 日本で広がる Management 3.0とワーカーハピネス 4. まとめ:日本企業の Management 3.0、ワーカーハピネス、 イノベーションの展望
  4. 4. ワークハピネスの観点から見て僕のジャニーを紹介します。 My 10 year journey… (more like 20 years^^;)
  5. 5. 思い描いていた 「イノベーションをする仕事」 に就くことができなかった 外資系メーカー エンジニア
  6. 6. 外資系メーカー ビジネス開発 でも救われた。 次の職場で イノベーションは テクノロジーに限らない と知った
  7. 7. ITコンサル・ アウトソーシング ビジネス経営 会社のレッテルがないと 一人ぼっちで怖い。 でも自由に、 好きなだけ学べる良さ に気付くと楽しくなる 企業にいた時とは違う オーナーシップを感じ 始める
  8. 8. リーン・ スタートアップ との出会い 「プロダクト作りの 民主化」「イノベー ションの自由化」 と熱くなった
  9. 9. 外国で起業 リアルティに直面する
  10. 10. でも環境を変えたら 課題の見え方が進化するし 可能性がとてつもなく広がる
  11. 11. 気付いたこと 1. 仕事が人間臭くなっている(自分も、周りも) 2. コミュニケーション、コラボレーションなしでいいものは作れない 3. それに伴い、自分をもっと良く知ることがとても重要
  12. 12. Hard/Softスキルの先にはアジャイル・ リーダーシップ? Hard skills ● プログラミング ● マーケティング ● 経理 ● デザイン など Soft skills ● チームワーク ● プレゼン能力 ● 〇〇シンキング など この組み合わせの目的は: ● 仕事が円滑に回ってミスがないよう にする ● さらに効率を上げる ● 成果物を多く、もっと早く
  13. 13. Hard/Softスキルの先にはアジャイル・ リーダーシップ? Hard skills ● プログラミング ● マーケティング ● 経理 ● デザイン など Soft skills ● チームワーク ● プレゼン能力 ● 〇〇シンキング など この組み合わせの目的は: ● 仕事が円滑に回ってミスがないよう にする ● さらに効率を上げる ● 成果物を多く、もっと早く これからの目的は: ● 学習する組織を作る ● 皆が目的を持って、自律して働け て、スキルが熟達できる ● 長い目で見たリスク削減とROI向上 アジャイル・リーダーシップ
  14. 14. 一方で世の中は急速に複雑化してる
  15. 15. これから大事になるアジャイル・リーダーシップ
  16. 16. アジャイル・リーダーシップを育むには
  17. 17. The Future みんなと一緒に先端を走りたい
  18. 18. 日本で広がる Management 3.0
  19. 19. Some people think of an organization as a community or a city. You can do what you want, as long as you allow the community to benefit from your work. We call that Management 3.0. 組織をコミュニティや都市として考える人もいます。 あなたの仕事でコミュニティが利益を得られている限りは、 あなたはやりたいようにやって良いのです。 それがManagement 3.0 です。
  20. 20. In a community or city, everyone is (partly) responsible for contributing to its success and a few are responsible for the whole. コミュニティや都市では、全員が成功への貢献に (部分的に)責任を負い、ごく少数の人が全体の責任を負っています。
  21. 21. Management 3.0 = 人ではなく、システムをマネジメントする。
  22. 22. Management 3.0 は新しい フレームワークではありません。 これはマインドセットであり、 ゲーム、ツール、プラクティスの 変幻自在なコレクションと 組み合わせて、あらゆる労働者が 組織をマネージできるようにするもの なのです。 ワークシステムを 考える方法なのです。
  23. 23. 28のManagement 3.0の プラクティス
  24. 24. Management 3.0のモデル 制約を調整する チームをエンパワーする 人々に活力を与える コンピテンシーの開発 成長構造 すべてのものを改善する
  25. 25. Management 3.0の歩み Management 3.0の 誕生 2008(?) 2010 2012 20162013 日本で最初の Management 3.0 ワークショップを 開催 Management 3.0本: チェンジ・マネジメント 3.0 ヨーロッパで最初の Management 3.0 ワークショップ 2011 Scrum Alliance Regional Gathering Tokyoでの Jurgen Appeloのスピーチ
  26. 26. 2015 日本で最初の Management 3.0 ファシリテーター誕生 2019 日本で17回目の Management 3.0 パブリック ワークショップ 日本で18人目の Management 3.0 ファシリテーター 誕生 東京で最初の2日間 のManagement 3.0 ワークショップを 開催 2017 2018 Management 3.0 ワークショップで使用 する すべての日本語訳資 料が完成 日本で広がるManagement 3.0
  27. 27. フォローアップ体制:コミュニティの活用
 Management 3.0には
 知識や経験の共有をしたり、サポート を行う場としてのコミュニティがありま す。
 
 オンライン・直接集まるなど、定期的 に集まる機会を設け、フォローアップ 体制を整えています。
 28
  28. 28. 株式会社クオリティアの事例

  29. 29. 株式会社クオリティアの事例:セレブレーショングリッド
 
 学習に焦点を当てるモデルと振り返りのツールです。 「ふりかえりがやりやすくなった。」 「失敗してもいいんだよ。実験はたくさ んしよう。という意識を植え付けられ る。文化を作れる。」
  30. 30. NüWorksの事例:メリットマネー
 
 感謝の気持ちを
 ポイントともに相手に
 贈るピアボーナスシステム。

  31. 31. Management 3.0 ソフト
  32. 32. Attuned ムービング・モチベーターズのようなソフト Attunedソフトの11個のモチベーター。 Management 3.0のMoving Motivatorsカードゲーム
  33. 33. 株式会社オズビジョンの事例:ティール組織
 
 「Good or New」は普段の仕事の関わりでは話をしない人同士が会 話をする機会をつくるために、毎朝ランダムに 5~6人のグループを 作ってGood(メンバーのいいところ)か News(24時間以内にあった ニュース)を順番に話していく制度でした。 最新の正しい日本語はこっち 👇
  34. 34. 株式会社アカツキの事例: カルチャーブック
 アカツキにとって、従業員の 幸福と組織文化は価値観と 同様、とても大切です。 そして彼らは、企業文化を強 化するために独自のカル チャーブックを作成しました。 「アカツキで行っている社内 施策を色々な方に知ってもら えると嬉しいです!」
  35. 35. 家庭でのManagement 3.0
 ムービング・モチベーターズ クドウォール ニコニコカレンダー
  36. 36. 日本でのManagement 3.0、
 アジャイルリーダーシップ、
 イノベーション、ワーカーハピネスは、
 次の10年でどうなると思いますか?
 まとめ(エクササイズ)

  37. 37. 日本で作られたManagement 3.0 プラクティス
 ニコニコカレンダー
  38. 38. Management 3.0
 
 Teal
 
 Agile
 
 ...
 Lean Change Management
 Management 3.0、
 アジャイル
 リーダーシップ、
 イノベーション、
 ワーカーハピネス
  39. 39. エクササイズ: Moving Motivators

  40. 40. 6/28-5/29 (金土) 東京 2-Day Lean Change Agent Workshop in English Facebook: SNusperling Twitter: @SNusperling 7/16, 7/30(火曜日)、東京 2日間 Management 3.0ワークショップ https://nuworks.jp/ja/event/ ¥10,000 割引“BeTheChange” 7/10, 19:00-20:00(水曜日)、東京 Management 3.0 DOJO #1: “より良いフィードバック” 10% 割引

×