UX Book club - It's our research

834 views

Published on

Presentation for a book club. The book is "It's our research" by Tomer Sharon. It introduces many case studies that any UXer will face in there everyday work.

Published in: Design
2 Comments
1 Like
Statistics
Notes
No Downloads
Views
Total views
834
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
49
Actions
Shares
0
Downloads
7
Comments
2
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

UX Book club - It's our research

  1. 1. It’s our research 読書会 UXAnalytics Lab主催 2014/5/11(土) 13:00~ 千代田区図書館 本書に登場するケーススタディを分担して読み、整 理して、みんなに共有。日頃の仕事にどのように活 かせられるか、議論する会。 http://www.amazon.co.jp/dp/0123851300
  2. 2. Case Studies Chapter Author Title Country Page 1 Gerry Gaffney Negotiating constraints Austrailia 13 1 Moshe Ingel What about the answers? Israel 14 1 Hiroshi Ushioda, Susumu Kuriyama, Reva Hamon Choosing the right design United States 15 1 Gregg Almquist Persuading large companies that five is enough Japan 18 1 Michael Summers Managing focus, scope, and participation United States 20
  3. 3. 制約によってUsabilityの悪いプロダクトになってしまいそうなとき、 いかに交渉を行うか 制約1 制約2 制約3 … ??? Negotiating Constraints
  4. 4. 制約 • FAXで送れて(faxable)、正確に2ページ(precisely two pages long)で フォームを作り直してほしいという依頼を受けた • 更に、このフォームはデータ入力システムとマッチしていないとい けないという要求もあった
  5. 5. 交渉 • 制約の理由を調べる なぜFAXで送れる必要があるか?:過去コピーやFAXをたくさん使ったから → 最 近はコピーやFAXをそこまで使わないということで優先度を下げた なぜ2ページにする必要があるか?:複雑になるとユーザが混乱しそうだから → 本 当に2ページにすることはユーザにとって良いことなのか?を検証することにした • 早い段階のユーザテスト 6ページでドラフトを作ってUsability testingを行うと、使い勝手が前より良いとい う回答が得られ、失敗率も下がった • 議論 ユーザビリティとデータ入力システムとのマッチはどっちが重要なのかをクライア ントと議論した結果、ユーザビリティを優先すべきという結論が出た
  6. 6. クライアントの独断よる制約を減らすためには、良く理由付けされた、 オープンな議論(Well-reasoned open discussion with client)が必要 結論
  7. 7. 医療機器の評価のための質問を作成する際、4point-scaleにするか、そ れとも9point-scaleにするかについてMarketing DepartmentとUsability Expertで対峙した話 Q : ~~~~~~~~~~~~~~? A : 1 2 3 4 Q : ~~~~~~~~~~~~~~? A : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 What About the Answers?
  8. 8. Marketing Departmentの主張 1. FDAの基準により、いつも4point-scaleの質問を用意してきたので、 今回もそのようにすべき 2. 9つは選択肢が多すぎてユーザが混乱する可能性がある → 結局、Marketing Departmentの主張に従って、機器の評価を開始し た
  9. 9. いざ評価してみると… 2.5, 3.5, 5のようなスコアで解答するお医者さんが多かった。明らかに、 4は選択肢が少なすぎたのである。 → Marketing側も4は少なすぎであることに同意。結局7pointになった。
  10. 10. デザインの早い段階でラフなプロトタイプを作成し、ユーザテストを 行うことで、クライアントを納得させることができた話 Choosing the Right Design
  11. 11. デザインにうるさいクライアント デザインの全てのステップにおいてたくさんの意見を言ってきて、 度々デザインチームと衝突 新しく作るプロダクトのデザイン方針として 1. 伝統的な感じ(The Traditional) 2. モヤモヤ(The Fuzzy) 3. 要点だけ(The Get to the Point) の三つの候補があったが、クライアントは1.にしてほしいと主張
  12. 12. Early prototypes and tests 三つのデザインパターンをペーパーやBalsamiqを使ったWireframeで 用意し、テストを行うと、3. 要点だけが最も効果的であることが分 かった。 Balsamiq Mockups http://balsamiq.com/products/mockups/
  13. 13. 効果 デザインの早い段階から新しいデザイン方針(3.要点だけ)が根拠のある ものであることをクライアントに納得してもらうことができて、対立 することも少なくなった
  14. 14. Persuading Large Companies that Five Is Enough ユーザテストの被験者が5人というのは少なくないか?と指摘される それに対して、5人で充分であることをどう説得するか?
  15. 15. 実際、5人で足りる 統計的に、30%以上のユーザに影響を及ぼす問題を5人のテストで発見 できる。それからは被験者を増やしても5~10%程度のユーザに影響す るマイナーな問題しか発見できなくなる UXリサーチの権威、Jacob Nielsenの5人が最適であると言っている。 テスターを増やしたい場合は5人×3回のように5人単位で回数を増やす べきと主張している
  16. 16. 大企業を説得する 量を優先したテスト(Quantitative research, モデ レータなし)と、質を優先したテスト(Qualitative research)を合わせて提供してみた → バジェットはかさんでしまったものの、クラ イアントは大変満足し、両方のテストを並行す ることにした
  17. 17. Managing Focus, Scope, and Participation QAテスターが見つけてくれる問題はとてもレアなものだったりする。 メジャーな問題にフォーカスすることが重要。
  18. 18. Cross-functional teamのメリット Digital consumer tax productsに関わっていたときの話。既存のフィー チャーの改善、新しいフィーチャーの導入において、様々な組織から 人が集められていた → 多様な視点から商品の検討ができ、デザインだけではなくて開発の 側面からも意見を言ってもらいダイナミックなチーム作りができた
  19. 19. QAテスターが見つけた問題をどうするか あらゆるTaxのシナリオに詳しい専門家たちなので、レアケースにまで 考えが及ぶ。数年に一度起きるか起きないかのシナリオを指摘された。 → 全ての問題をこの粒度で扱うと開発が間に合わないと判断、トレー ドオフと選択と集中によりチームの中のコミュニケーションを円滑に 進めることができた
  20. 20. Discussions - とにかく早い段階でデザイン方針を確認 - 早い段階でユーザテストを行って、フィー ドバック - クライアントが要求する制約は、なぜ必要 なのか確認。根拠が弱く、Usabilityに悪い 影響を及ぼすのであればその制限をなくす 努力をする - なかなか納得しない難しいクライアントを 相手には代案(Alternative)を提供してみる - 問題を優先度付けし、メジャーな問題に フォーカス。問題を出し切るという風に思 わない方が良い。 - トレードオフ関係を意識する(e.g. バ ジェットvsクオリティ) これくらいラフで もどんどん出し ちゃう

×