【アジャイル道場】Rails勉強会(view編)

2,962 views

Published on

社内勉強用

  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

【アジャイル道場】Rails勉強会(view編)

  1. 1. アジャイル道場はじめてのRails(View編) 2012/10/16@ConnectStar
  2. 2. RailsってRubyのMVCフレームワーク 類似:CakePHP / Catalystとか フルスタックフレームワーク
  3. 3. Rails特徴一定品質以上のアプリケーションをスピーディーに開発できるオブジェクト指向言語で、根本的に変化に強くアジャイルとの親和性が高い技術スキルが高く、サービス思考の高いエンジニアが集まりやすい
  4. 4. MVC?Webアプリケーションを構成する基本概念Model / View / Controllerの略 View Controller Model
  5. 5. 役割的に役割を定義しないのがアジャイルですが、とはいえ、得意分野としていじるところ エンジニア → Model, Controller UIデザイナ・全員 → View
  6. 6. View周り技術キーワードView(Template)エンジンAssets Pipeline SCSS CoffeeScripti18n
  7. 7. TemplateエンジンERBを採用してます。apps/views/[bar]/[hoge].html.erb URLに対応してます。 例: URL:http://example.com/bar/hoge.html 対応ファイル:apps/views/[bar]/[hoge].html.erb書式 <% %> こういうのでくくられたところが、Ruby出力部分詳細は別途ERBで調べてみて下さい。
  8. 8. AssetsPipelineRails3.1から採用された技術SCSSで定義されたCSS、CoffeeScriptで定義されたJSを、それぞれブラウザ解釈可能な形にし(=コンパイルという処理)、最適化して出力する機構SCSSはCSSのネストと変数が使える機構CoffeeScriptはJS記法の再定義stylesheet(SCSS)をいじる app/assets/stylesheets/*.css.scssJavaScript(CoffeeScript)をいじる app/assets/javascripts/*.js.coffee
  9. 9. i18n国際多言語対応の機構です。単語をTemplateに書かないでconfig/locale/[locale].ymlに書いて、ユーザの環境によって切り替えます。定義方法は yml側 ja: > [templateディレクトリ名] > [templateファイル名] > 任意定義 Template側 <%= t( .hoge ) %> ← 実は省略形 正式には<%= t( dir.file.hoge ) %>って書きますTemplateファイルの拡張子で指定する方法もある → hoge.en.html.er 全体を切り替える規約ページとかは上記で良い(と思う)
  10. 10. 簡単Railsアプリを作ってみる 掲示板アプリ $ gem install rails $ rails new hogehoge $ rails g scaffold board $ rails s ブラウザで見る View/SCSS/JSをいじってみる

×