1   Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
Service Management FacilityPart II黒田 俊介システム事業統括 ソリューション統括本部2   Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights ...
以下の事項は、弊社の一般的な製品の方向性に関する概要を説明するものです。また、情        報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません。以        下の事項は、マテリアルやコード、機能を提供することを...
Program Agenda         SMF 管理レイヤー         コマンドに関する変更点         システム管理に関する変更点         参考情報4   Copyright © 2012, Oracle a...
SMF 管理レイヤー5   Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
SMF 管理レイヤー               admin                                                              SMF コマンドまたは libscf(3LIB) API に...
SMF 管理レイヤー                                                                                                                ...
SMF 管理レイヤー        admin                                                              # svccfg -s ssh:default listprop -l a...
SMF 管理レイヤー        admin                                                                                                 Te...
コマンドに関する変更点10   Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
コマンドに関する変更点         svccfg(1M) コマンド            svccfg(1M)                      listcust                                 ...
コマンドに関する変更点         svccfg(1M) コマンド                 Terminal                                                   Terminal   ...
コマンドに関する変更点         svccfg(1M) コマンド                                                                                       ...
コマンドに関する変更点         svccfg(1M) コマンド            svccfg(1M)                      listnotify                               ...
コマンドに関する変更点         svccfg(1M) コマンド            Terminal            # svccfg setnotify -g maintenance mailto:admin@example....
コマンドに関する変更点         svccfg(1M) コマンド            Terminal            # svccfg -s ssh:default setnotify to-offline mailto:adm...
システム管理に関する変更点17   Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
システム構成に関する変更点            IPS パッケージとの連携            Oracle Solaris 11 では以下のファイルを SMF で新たに管理                      /etc/def...
システム構成に関する変更点         IPS パッケージとの連携            IPS パッケージと Actuators                     Actuators                        ...
システム構成に関する変更点         IPS パッケージとの連携例            service/network/ssh@0.5.11,5.11-0.175.0.0.0.2.1:20111019T063044Z         ...
システム構成に関する変更点         /etc/default/init            read-only に変更            システムデフォルト環境変数は svc:/system/environment:init ...
システム構成に関する変更点         /etc/TIMEZONE            /etc/default/init への symlink            Oracle Solaris 11 では x86 プラットフォーム...
システム構成に関する変更点         /etc/nodename            Oracle Solaris 11 から廃止            nodename は svc:/system/identity:node で設...
システム構成に関する変更点         ネームサービス関連ファイル              SMF サービス                                                      ファイル       ...
システム構成に関する変更点         ネームサービス構成例 (DNS)            /etc/resolv.conf                    Terminal                    # svccf...
システム構成に関する変更点         ネームサービス構成例 (DNS)            /etc/nsswitch.conf                   Terminal                    # svcc...
システム構成に関する変更点         ネームサービス構成例 (DNS)            DNS 構成の export と SMF サービスの起動                    Terminal               ...
システム構成に関する変更点         その他            キーボードレイアウト                    Terminal                    # svccfg -s svc:/system/ke...
参考情報29   Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
参考情報         参照 URL            Oracle Solaris 11 Downloads             http://www.oracle.com/technetwork/server-storage/s...
31   Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
32   Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

Solaris ディープダイブセミナー #4: A-2-2 Service Management Facility Part II

752 views

Published on

Published in: Technology, News & Politics
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
752
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1
Actions
Shares
0
Downloads
49
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Solaris ディープダイブセミナー #4: A-2-2 Service Management Facility Part II

  1. 1. 1 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  2. 2. Service Management FacilityPart II黒田 俊介システム事業統括 ソリューション統括本部2 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  3. 3. 以下の事項は、弊社の一般的な製品の方向性に関する概要を説明するものです。また、情 報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません。以 下の事項は、マテリアルやコード、機能を提供することをコミットメント(確約)するも のではないため、購買決定を行う際の判断材料になさらないで下さい。オラクル製品に関 して記載されている機能の開発、リリースおよび時期については、弊社の裁量により決定 されます。 OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。 文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。3 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  4. 4. Program Agenda  SMF 管理レイヤー  コマンドに関する変更点  システム管理に関する変更点  参考情報4 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  5. 5. SMF 管理レイヤー5 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  6. 6. SMF 管理レイヤー admin SMF コマンドまたは libscf(3LIB) API によって行われるすべての 変更 site-profile /etc/svc/profile/site 内のファイルまたは /etc/svc/profile/site.xml および /var/svc/profile/site.xml からの値走査順序 system-profile システムプロファイルの場所である /etc/svc/profile/generic.xml および /etc/svc/profile/platform.xml からの値 manifest システムマニフェストディレクトリである /lib/svc/manifest または /var/svc/manifest からの値 6 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  7. 7. SMF 管理レイヤー Terminal admin # svccfg -s ssh:default listprop -l admin # svcs ssh STATE … enabled … site-profile # svccfg -s ssh:default listprop -l site-profile system-profile # svccfg -s ssh:default listprop -l system-profile general/enabled boolean system-profile true manifest # svccfg -s ssh:default listprop -l manifest general/enabled boolean manifest false7 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  8. 8. SMF 管理レイヤー admin # svccfg -s ssh:default listprop -l admin general/enabled boolean admin false site-profile # svccfg -s ssh:default listprop -l site-profile Sシステムワイドではな system-profile # svccfg -s ssh:default listprop -l system-profile く、adminレイヤーとし Terminal general/enabled boolean system-profile true true て設定 # svcadm disable ssh Terminal manifest # svccfg -s ssh:default listprop -l manifest general/enabled boolean manifest # svcs ssh false false STATE … disabled …8 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  9. 9. SMF 管理レイヤー admin Terminal # svcs ssh false STATE … • SMF スナップショット? disabled … • repository.db? site-profile • BE? 戻したい Terminal # svcadm enable ssh system-profile デフォルト状態を覚えていないと… true Terminal # svccfg -s ssh:default listprop -l admin manifest general/enabled boolean admin true false あくまで管理者が有効にした状態 (ステータス一致のみで 厳密な意味でデフォルト状態ではない)9 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  10. 10. コマンドに関する変更点10 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  11. 11. コマンドに関する変更点 svccfg(1M) コマンド  svccfg(1M)  listcust  ユーザによってカスタマイズされた項目を確認するサブコマンド  delcust  ユーザによってカスタマイズされた項目を削除するサブコマンド11 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  12. 12. コマンドに関する変更点 svccfg(1M) コマンド Terminal Terminal # svcs ssh # svccfg -s ssh:default listcust STATE … general/enabled boolean admin false disabled … Terminal Terminal # svcs ssh # svccfg -s ssh:default delcust STATE … Deleting customizations for instance: default enabled … サービスのステータスも自動更新12 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  13. 13. コマンドに関する変更点 svccfg(1M) コマンド Terminal admin # svccfg -s ssh:default listprop -l admin # svcs ssh STATE … enabled … site-profile # svccfg -s ssh:default listprop -l site-profile system-profile # svccfg -s ssh:default listprop -l system-profile general/enabled boolean system-profile true true manifest # svccfg -s ssh:default listprop -l manifest general/enabled boolean manifest false false13 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  14. 14. コマンドに関する変更点 svccfg(1M) コマンド  svccfg(1M)  listnotify  ユーザによって設定された通知を表示するサブコマンド  setnotify  任意のステータス変更を任意のユーザに通知するサブコマンド  delnotify  ユーザによって設定された通知を削除するサブコマンド14 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  15. 15. コマンドに関する変更点 svccfg(1M) コマンド Terminal # svccfg setnotify -g maintenance mailto:admin@example.com • 全サービスに対して maintenance に関連した通知を設定 Terminal # svccfg listnotify -g maintenance Event: to-maintenance (source: svc:/system/svc/global:default) • maintenance への移行イベント Notification Type: smtp Active: true to: admin@example.com Event: from-maintenance (source: svc:/system/svc/global:default) • maintenance からの移行イベント Notification Type: smtp Active: true to: admin@example.com15 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  16. 16. コマンドに関する変更点 svccfg(1M) コマンド Terminal # svccfg -s ssh:default setnotify to-offline mailto:admin@example.com • ssh に対して offline に移行 した場合の通知を設定 Terminal # svccfg -s ssh:default listnotify all Event: to-offline (source: svc:/network/ssh:default) • offline への移行イベント Notification Type: smtp Active: true to: admin@example.com Terminal # svccfg -s ssh:default delnotify to-offline • 通知の削除16 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  17. 17. システム管理に関する変更点17 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  18. 18. システム構成に関する変更点  IPS パッケージとの連携  Oracle Solaris 11 では以下のファイルを SMF で新たに管理  /etc/default/init  /etc/TIMEZONE  /etc/nodename  ネームサービス関連ファイル18 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  19. 19. システム構成に関する変更点 IPS パッケージとの連携  IPS パッケージと Actuators Actuators Description disable_fmri 指定したサービスをパッケージをインストールする前に停止 refresh_fmri 指定したサービスをパッケージのインストール後にリフレッシュ restart_fmri 指定したサービスをパッケージのインストール後に再起動 suspend_fmri 指定したサービスを一時的にサスペンドし、パッケージのインストール後に起動19 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  20. 20. システム構成に関する変更点 IPS パッケージとの連携例  service/network/ssh@0.5.11,5.11-0.175.0.0.0.2.1:20111019T063044Z file 96c665fab4a6ef13521f367b26b5b66ce1f28870 chash=ed41f2cb3caec8bd4c79aea0b61a762f575f7a32 group=sys mode=0444 owner=root path=lib/svc/manifest/network/ssh.xml pkg.csize=1264 pkg.size=4344 restart_fmri=svc:/system/manifest-import:default20 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  21. 21. システム構成に関する変更点 /etc/default/init  read-only に変更  システムデフォルト環境変数は svc:/system/environment:init で設定 Terminal # svccfg -s svc:/system/environment:init svc:/system/environment:init> setprop environment/LANG = en_US.UTF-8 svc:/system/environment:init> quit # svcadm refresh svc:/system/environment21 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  22. 22. システム構成に関する変更点 /etc/TIMEZONE  /etc/default/init への symlink  Oracle Solaris 11 では x86 プラットフォームも RTC を UTC 形式で保持 (/etc/default/init 内の TZ エントリは localtime)  タイムゾーンは svc:/system/timezone:default で設定 Terminal # svccfg -s svc:/system/timezone:default svc:/system/timezone:default> setprop timezone/localtime = Japan svc:/system/timezone:default> quit # svcadm refresh timezone:default22 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  23. 23. システム構成に関する変更点 /etc/nodename  Oracle Solaris 11 から廃止  nodename は svc:/system/identity:node で設定 Terminal # svccfg -s svc:/system/identity:node svc:/system/identity:node> setprop config/nodename = nodename # svcadm refresh svc:/system/identity:node # svcadm restart svc:/system/identity:node23 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  24. 24. システム構成に関する変更点 ネームサービス関連ファイル SMF サービス ファイル svc:/system/name-service/switch:default /etc/nsswitch.conf svc:/system/name-service/cache:default /etc/nscd.conf svc:/network/dns/client:default /etc/resolv.conf svc:/network/nis/domain:default /etc/defaultdomain, /var/yp/binding/$DOMAIN/* svc:/network/ldap/client:default /var/ldap/*24 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  25. 25. システム構成に関する変更点 ネームサービス構成例 (DNS)  /etc/resolv.conf Terminal # svccfg -s svc:/network/dns/client svc:/network/dns/client> setprop config/domain = example.com svc:/network/dns/client> setprop config/nameserver = 192.168.0.1 svc:/network/dns/client> select default svc:/network/dns/client:default> refresh svc:/network/dns/client:default> quit25 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  26. 26. システム構成に関する変更点 ネームサービス構成例 (DNS)  /etc/nsswitch.conf Terminal # svccfg -s svc:/system/name-service/switch svc:/system/name-service/switch> setprop config/host = astring: "files dns“ svc:/system/name-service/switch> select default svc:/system/name-service/switch:default> refresh svc:/system/name-service/switch:default> quit26 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  27. 27. システム構成に関する変更点 ネームサービス構成例 (DNS)  DNS 構成の export と SMF サービスの起動 Terminal # nscfg export svc:/network/dns/client:default # svcadm enable network/dns/client # svcadm enable system/name-service/switch27 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  28. 28. システム構成に関する変更点 その他  キーボードレイアウト Terminal # svccfg -s svc:/system/keymap:default svc:/system/keymap:default> setprop keymap/layout = Japanese # svcadm refresh keymap # svcadm restart keymap28 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  29. 29. 参考情報29 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  30. 30. 参考情報 参照 URL  Oracle Solaris 11 Downloads http://www.oracle.com/technetwork/server-storage/solaris11/downloads/index.html  Oracle Solaris 11 Information Library (日本語) http://docs.oracle.com/cd/E26924_01/  Oracle Solaris 10 から Oracle Solaris 11 への移行 http://docs.oracle.com/cd/E26924_01/html/E25934/index.html  Oracle Solaris の管理 : 一般的なタスク http://docs.oracle.com/cd/E26924_01/html/E25810/index.html30 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  31. 31. 31 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  32. 32. 32 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.

×