Successfully reported this slideshow.
Your SlideShare is downloading. ×

Crypto Metaverse

Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Loading in …3
×

Check these out next

1 of 34 Ad

Crypto Metaverse

Download to read offline

メタバース(仮想空間)上で、渋谷などの現実の都市を再現した場合における、知的財産権(著作権、意匠権、商標権、不正競争防止法)の問題を整理します。現実世界のアート作品や企業のロゴなどのIPをバーチャルの世界で再現することの法律上の問題について、事例に基づいて検討します。

メタバース(仮想空間)上で、渋谷などの現実の都市を再現した場合における、知的財産権(著作権、意匠権、商標権、不正競争防止法)の問題を整理します。現実世界のアート作品や企業のロゴなどのIPをバーチャルの世界で再現することの法律上の問題について、事例に基づいて検討します。

Advertisement
Advertisement

More Related Content

Similar to Crypto Metaverse (20)

Advertisement

Crypto Metaverse

  1. 1. クリプト業界のための メタバース入門 2022年5月30日 創・佐藤法律事務所 弁護士 斎藤 創 今成 和樹
  2. 2. 目次 I メタバースとは II メタバースとNFTの関係 III メタバースの現状 IV メタバースでのNFT利用例 V メタバースと知的財産権 VI メタバースとその他の法律 VII クリプト業者とメタバース、今後のビジネス 3
  3. 3. 自己紹介 西村あさひ法律事務所にて弁護士として16年間、証券化、デリバティブ、ファンドなどの金融を中心に従事。 2013年夏にBitcoinにであう。2015年に独立、現在ブロックチェーン・FinTech・スタートアップ等を専門としている • 弁護士 / NY州弁護士 • 東京大学法学部 / NY大学ロースクールLLM卒 • Metaverse Japan 監事 • JCBA NFT部会スモールコミッティー • 日本ブロックチェーン協会 顧問 • 日本STO協会監事 • FinTech協会キャピタルマーケッツ分科会事務局 • DeFi協会顧問 • 元西村あさひ法律事務所 / Debevoice & Plimpton(NY)勤務 • 元bitFlyer 社外取締役 • 海外のChambers and Partners、Best Lawyers、Legal500など でFinTech弁護士として選ばれる 1
  4. 4. 自己紹介 弁護士登録後、大手法律事務所を経て、2021年2月より創・佐藤法律事務所。 暗号資産、ブロックチェーン事業に関連する法務を主に取り扱う。そのほかM&A、AI、スタートアップ支 援、資金調達、一般企業法務案件にも従事。 • 弁護士(第二東京弁護士会所属70期) • 早稲田大学法学部卒 • 「NFTの教科書」朝日新聞出版(共同著書) 2
  5. 5. レディ・プレイヤー1 竜とそばかすの姫 ソード・アート・オンライン ※ただ、FortnightやRobotex、どうぶつの森などを メタバースと考える論者も多いよう(ここは争いあり) I メタバースとは 論者によって定義は異なるが、 共通のイメージとしてはVRなど のXRを使って、仮想現実空間で 遊んだり交流したり、というイ メージ 最終的には映画、小説アニメのような世界感 4
  6. 6. I メタバースとは(2) ① メタバースという言葉 自体は非常に広範に使 われており、それぞれ の業界がそれぞれの理 解でメタバースを名 乗っているのが現状 ➁ 今後テクノロジーや 時代の変化の中でメ タバースという概念 が収斂していくもの と想定 ③ メタバースとは「仮 想現実空間を利用し、 ユーザー同士のコ ミュニケーションや 現実さながらのライ フスタイルを可能に する世界であると同 時に、物理世界を拡 張する世界」という 大きな枠組み ④ 10年後には多くの アプリがVRやARに ネイティブ対応可し ていくことを想定し ているので、現時点 でXRに対応してい るか否かは最重要事 項ではない 下記はMogura VR編集部「「日本のメタバース関連団体は「メタバース」をどう捉えているのか?各団体に問う」から 一般社団法人Metaverse Japanの回答を参考に記載 出所: https://www.moguravr.com/metaverse-related-organizations-questionnaire/ 5
  7. 7. メタバースの具体的事例 I メタバースとは 現状の主なメタバース事例(これらの用途以外にも今後発展するメタバースが登場する可能性あり) 6
  8. 8. 1.産業用メタバース NVIDIA社の提唱するomniverseやMicrosoft社の 提唱するMicrosoft Meshのように、製造業や各種 シュミレーション、XRミーティングを活かした共 創ツールといった、産業用途のメタバース 例 Microsoft Mesh 新しい複合現実プラットフォームであ る Microsoft Mesh は、地理的に離れ たチームが複合現実上に集まり、参加 者が自身のアバターを描写し、チーム と共有可能な複合現実セッションを実 現することで相互協力を可能にします。 Microsoft公式サイトより引用 https://docs.microsoft.com/ja-jp/mesh/overview 7
  9. 9. 2.物理拡張メタバース 人間とロボットの共通認識を持つデジタル空間 としてのメタバースや、ARを活用したメタバー ス。リアル拡張までを概念として含む 8
  10. 10. ・ユーザー同士の交流や関係性を拡張的に構築する場 としてのメタバース。 ・アバターやワールド等を一般ユーザーが製作できる ようSDKが公開されているものが多く、バーチャルネ イティブなカルチャーを発信するユーザーコミュニ ティも発展 3.バーチャルSNS Cluster公式サイトより引用 https://cluster.mu/ Cluster → 日本発のメタバースプラットフォーム、ソーシャルVR 9
  11. 11. 4.Web3メタバース Otherside、Decentraland、Oncyber、RTFKT、Sandbox、HighStreet等のWeb3要素と紐づいたメタバース The Sandbox公式サイトより引用 http://sandbox.game/jp/ 10
  12. 12. バーチャルTGC公式サイトより引用 https://virtualtgc.girlswalker.com/ 5.IP主導メタバース (エンターテイメントメタバース) 例えば、ディズニーメタバース、ガンダムメタバースなどの、強力なIPが主導するIP完結メタバース。 また、東京ゲームショウや東京ガールズコレクションなどのイベント単位のメタバースも既にアナウン スされており、これらのイベントメタバースもIPメタバースの一つとして考えられる。 11
  13. 13. 6.ソーシャルプラットフォーム化するゲーム Roblox、Fortnite等のゲーム しかし、事実上の次世代ソーシャルプラット フォームとして稼働しているこれらのゲーム の動向を全く見ないでメタバースを語るのは、 大きな時代の変化を見過ごすリスクが高いの で、Metaverse JapanではWGのメイン要 素ではないが取り扱う、としている。 をメタバースに含めるか否かについては国内外で多くの 議論が起きている。 12
  14. 14. II メタバースとNFTの関係 NFTを利用することによって、 メタバース内での財産的価値 を把握したり、移転をしたり 等できることから、親和的 「Web3の要素と絡んだメタバースにおいてNFTは重要ですが、Web3要素のないWeb2型の企業が運営 するメタバースのほとんどでは、今後もNFTは関連づけられません。数年の間はWeb3型のメタバース とWeb2型のメタバースは各々別々の進化をたどる期間が続くと予想しております。」としている。 例えばMetaverse Japanでは、 しかし、NFTの利用は必須では なく、財産的価値の把握や移転 の概念がないメタバース、また 財産的価値の把握や移転があっ ても、とじた世界でのメタバー スであればNFTは必要ない 13
  15. 15. III メタバースの現状 (メタバースカオスマップ) 14
  16. 16. メタバースマーケットマップ Jon Radoffサイトより引用 https://medium.com/building-the-metaverse/market-map-of-the-metaverse-8ae0cde89696 15
  17. 17. メタバース技術スタックカオスマップ Diarkis公式サイトより引用 https://multiplayer.diarkis.io/metaverse-caosmap 16
  18. 18. Ⅳ メタバースと NFTの利用 カオスマップでも判るかもしれな いが、NFTはメタバースの中のご く一部の要素に過ぎない とはいえ、NFTを利用して発展し ているメタバース企業もある 例えばSandbox 17
  19. 19. Ⅳ メタバースと NFTの利用例 Sandbox • The Sandboxは、イーサリアムを基盤 としたブロックチェーンゲーム • ジャンルとして、マインクラフトなどの 砂場型ゲーム NFT投資ナビサイトより引用 https://nftnavi.com/the-sandbox-enter-the-metaverse/ 18
  20. 20.  LANDの境界線までアバターが 歩くと、隣接する別のLANDに 行くことができる。  有名IPのLANDの近くはアバ ターの通行が多くなり、LAND の価値が上がる可能性がある。 現実の不動産と同様にロケー ションに依存しており、LAND へ集客するという概念が存在し ている。 同社ゲーム説明  すべてのゲーム資産はNFTとして 構成され、それらを独自通貨の SANDで売買や賃貸借することが可 能  SANDは先週(5月24日)コイン チェックに上場し、米コインベー スにも上場される予定。 同社アナウンス The Sandboxのメタバースは、LANDという合計166,464個のNFTで構成される。 LANDを購入してその上でプレイできるオリジナルゲームを提供したり、ゲームで使用するキャラクターやアイテムを作成したりするこ とができる。 The Sandbox公式サイトより引用 http://sandbox.game/jp/ 19
  21. 21. このような場合に、他者に権利帰属する知的財産がデジタルやバーチャルの形で 表現されることがあり得る。 このような場合における知的財産の問題を入門的に整理する。 メタバースでは、渋谷など現実の都市が再現されることがある V 都市再現型メタバースと知的財産法 バーチャル渋谷 体験ビデオ https://www.youtube.com/watch?v=1huL3qPm9JI 0:01より引用 (以下同ビデオにつきURLを省略) 20
  22. 22. V 都市再現型メタバースと 知的財産法 主に問題になるのは、 ・著作権 ・意匠権 ・商標権 ・不正競争防止法 21
  23. 23. 1. 著作権 1.1. JR渋谷駅の外観をメタバース上で 再現した場合 著作権は芸術などの精神的作品を保護するもの。 (i)思想又は感情の表現 (ii)創作性 (iii)文芸・学術・美術・音楽の範囲に属すること といった要件を満たす必要 一般的な建物のデザインは、居住や人の 往来といった建物の機能・便益に供する ことをメインに採用されているため、原 則的にこれらの要件を満たさず著作物に は該当しない。 渋谷駅も、建物としての機能や実用性と 独立した美的要素が認められるような建 築物ではないため、著作権の保護は及ば ない。 (バーチャル渋谷 体験ビデオ2:09より) 22
  24. 24. 1.2. ハチ公の銅像を再現した場合 PhotoACサイトより引用 https://www.photo-ac.com/ (上記は非メタバースの写真) 渋谷駅に設置されているハチ公の銅像は、 アートとして著作権で保護される。 原作品が屋外に設置されている美術の著作物に ついては、著作権法46条により、一定の例外の もと自由に利用することができる。 忠犬ハチ公の銅像についてもメタバースで再現 することを妨げられないと思われる。 23
  25. 25. ハチ公と違って、原作品が恒常的に 屋外に設置されているとはいえない ため、著作権法46条の適用はない。 その著作物を表現したデータをアッ プロードした場合には、複製権・翻 案権・同一性保持権の侵害になり得 る。 1.3. 建物外壁などのキャラクター広告などを 再現した場合 (バーチャル渋谷 体験ビデオ3:41より) 24
  26. 26. 1.3. 建物外壁などのキャラクター広告などを 再現した場合➁ まとめると  一般的な著作物は、著作権で保護されることはない  屋外に恒常的に設置されている美術の著作物は、原則自由に利用することができる  広告などの著作物は、景観の一部を構成するに過ぎないと考えられる場合、写りこみとして著作権侵害にならない 可能性がある (バーチャル渋谷 体験ビデオ3:41より) メタバースのごく一部を構成するにすぎない と整理することができる場合には、対象を伝 達する際に写り込んだ著作物の利用について 正当な範囲で著作権侵害に当たらないとする 著作権法30条の2の適用があり得る。 25
  27. 27. 2. 意匠権 物品などのデザインを保護するのが意匠権 一般的には工業製品の形状などの意匠が多いが、直近の意匠法の改正により、物品に加えて建築物・ 画像についても意匠登録が可能となっており、JR上野駅は駅舎として意匠登録をしている。 株式会社JR東日本建築設計ウェブサイトhttp://www.jred.co.jp/projects/p126.htmlより引用 (上記は非メタバースの写真) 26
  28. 28. 意匠権は、同一又は類似する意匠にしか効力が及ばない。 メタバース上でJR上野駅を再現したとしても、それは現実の駅舎 であるJR上野駅と同一又は類似の意匠とはいえず、その効力は及 ばないと考えられる。 なお、改正で意匠登録の対象となった画像は対象が限定的であり、 自民党のNFTホワイトペーパー(案)では、意匠権による保護対象 の拡大を含めた法改正による手当ての可能性について提言されて いる。  意匠権は登録がなければ発生しない  意匠権は、同一または類似の意匠にしか効力が及ばないため、メタバース上での再現はこれに該当し ないと考えられる  意匠登録することができる画像は限定的であり、都市再現型のメタバース上で問題になることは想定 しがたい  デジタル上でのデザイン保護可能性にかかる法改正について提言されている まとめると、以下 27
  29. 29. 3. 商標権 商標は、著作権や意匠権などの知的創造物に係る権利ではなく、ビジネスにおける商品 に使用するマークを保護するもの 例えば、渋谷駅のJRのロゴなども商標権で保護される。 商標権は、登録時に指定した商品と同一・類似のものについてしか効力が及 ばないため、メタバース上の使用を妨げられない可能性がある。 商標として使用されていない限り、商標権の侵害には該当しない。 単なる景観の一部としてロゴが再現されていた場合には、商標的使用ではな いと考えられる。 (バーチャル渋谷 体験ビデオ1:29より、 画像右側にJRのロゴが再現されている)  商標権は登録がなければ発生しない  メタバース上の景観の一部として再現したに過ぎない場合には、 商標権の侵害とならないと考えられる 28
  30. 30. 4. 商品表示 (不正競争防止法) 広く認識されている商品表示(提供 主体やブランドを示すサイン)につ いては、商標登録がない場合であっ ても、不正競争防止法により保護さ れる場合があるが、 メタバース上の景観の一部として再 現したに過ぎない場合には、商品表 示にならない可能性が高い。 29
  31. 31. VI メタバースと その他の法律 1.所有権 2.肖像権・プライバシー権 3.オンラインハラスメント 4.その他関連し得る許認可 30
  32. 32. 01 02 03 04 所有権 肖像権・プライバシー権 オンラインハラスメント その他関連し得る許認可 民法上、所有権は有体物にしか 生じないため、メタバース上の NFTに所有権は発生し得ない。 ゲームアイテム等のNFTを購入 する場合には、どのような権利 が帰属するのか当事者間の合意 (契約)によって定める必要が ある。 実在する人物の外見を元にアバ ターを作成する場合もありえ、他 人の外見を使用した場合には特に プライバシー権、肖像権について 配慮が必要になる。 既存のSNSなどと比べて多様な 嫌がらせやハラスメント行為が 想定される。視覚のみならず触 感など他の五感を再現できる技 術を用いた場合にはさらにその 幅が広がる。 ユーザー間のコンテンツを媒介し たり、クローズドチャットを可能 にする場合には、電気通信事業法 上の届出が必要になる場合がある。 侮辱罪の厳罰化などインター ネット上でのハラスメントへの 対応は議論されているものの、 現行のプロバイダ責任制限法で はメタバース上の権利侵害行為 に対応できない可能性がある。 メタバース上で使用できる決済手 段等を提供する場合には、資金決 済法上のライセンスが必要になる 場合がある(暗号資産交換業、資 金移動業、前払式支払手段)。 31
  33. 33. VII クリプト業者とメタバース、今後のビジネス とは書いたものの、今後、Web3とメタバース がより融合していく可能性は考えられ、クリプ トの知識は大きなビジネスチャンスになり得る → NFTはメタバースの一部に過ぎない 例えば下記のようなビジネスが考えられる? 32 NFTマーケットの作成及びNFTの上場 (例:CoincheckNFT) メタバース関係の暗号資産の上場 メタバースに仕組みとしてNFTや暗号資産を 埋め込む場合の技術等での支援
  34. 34. 創・佐藤法律事務所のHPでは、他にもNFTやメタ バースに関する資料を提供しています。 https://innovationlaw.jp/articles/ 本件に関してご質問、ご相談がある場合は、以下までご連絡下さい。 斎藤 創 今成 和樹 住所 〒107-0052 東京都港区赤坂7-9-4 Akasaka Vetoro 4F 電話 03-5545-1820 E-mail s.saito@innovationlaw.jp k.imanari@innovationlaw.jp

×