Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Partial Insulation Remodeling

Partial Insulation Remodeling

Related Books

Free with a 30 day trial from Scribd

See all
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

Partial Insulation Remodeling

  1. 1. 髙田光雄(京都大学大学院・教授) 土井脩史(京都大学大学院・研究員) 伝統構法の木造住宅における 断熱改修手法に関する研究 京文化を学ぶ会 2015年4月5日
  2. 2. 対象京町家 部分断熱改修 敷地面積 約214m2 建築面積 約126m2 延床面積 約233m2 設計: 部分断熱改修研究会 京都大学髙田研究室 立命館大学近本研究室 施工: 木村工務店
  3. 3. 対象京町家平面図
  4. 4. 断熱性能の低い木造住宅
  5. 5. 最外壁の高気密・高断熱化 →伝統構法の木造住宅への適用が困難 (真壁の外壁,大きな開口部)
  6. 6. 部分断熱改修 断熱建具 断熱建具 入れ子型の断熱区画の計画による 温度差の段階化
  7. 7. 部分断熱改修 室温そのものを下げることで 温度差をさらに緩和
  8. 8. 部分断熱改修 衣文化や食文化との連携
  9. 9. 入れ子部分断熱改修 対象京町家における部分断熱改修
  10. 10. 1階天井裏(2階床下)断熱改修
  11. 11. 対象京町家における断熱建具 既存建具のデザインの継承 可能な限り自然素材を使用
  12. 12. 対象京町家における断熱建具 召合せの工夫による 気密性能の向上 太鼓張障子 太鼓張障子 太鼓張 雪見障子 太鼓張 雪見障子
  13. 13. 凸側
  14. 14. 凹側
  15. 15. (1)断熱建具製作・設置費→900,700円 (2)天井断熱改修工事費用→173,675円 ※金額は税抜きを示す 部分断熱改修工事費
  16. 16. 部分断熱改修の効果に関する検証 1.温熱環境測定(環境工学分野) 2.住み方調査(建築計画分野)
  17. 17. ①改修前後での空調停止後の温度勾配測定 ②CO2ガスによる換気回数測定 ③建具の召合せ部分の上下温度分布測定 ④建具の熱画像撮影 温熱環境測定調査概要 (測定主体:立命館大学近本研究室) 温熱環境測定
  18. 18. ①改修前後での空調停止後の温度勾配測定 ②CO2ガスによる換気回数測定 ③建具の召合せ部分の上下温度分布測定 ④建具の熱画像撮影 温熱環境測定調査概要 (測定主体:立命館大学近本研究室) 温熱環境測定
  19. 19. 既存建具 断熱建具 0 5 10 15 20 25 30 35 0 5 10 15 20 25 30 35 40 45 50 55 60 65 空気温度[℃] 暖房停止後経過時間[min] 縁側 外気 座敷1 座敷2 図 13 既存建具での暖房停止時温度変化 0 5 10 15 20 25 30 35 0 5 10 15 20 25 30 35 40 45 50 55 60 65 空気温度[℃] 縁側 外気 座敷1 座敷2 5. 3 7 10 14 17 21 図 0 5 10 15 20 25 30 35 0 5 10 15 20 25 30 35 40 45 50 55 60 65 空気温度[℃] 暖房停止後経過時間[min] 縁側 外気 座敷1 座敷2 図 13 既存建具での暖房停止時温度変化 0 5 10 15 20 25 30 35 0 5 10 15 20 25 30 35 40 45 50 55 60 65 空気温度[℃] 暖房停止後経過時間[min] 縁側 外気 座敷1 座敷2 5. 京 35 70 105 140 175 210 図 データ提供:立命館大学近本研究室 ①空調停止後の温度勾配(冬期)
  20. 20. *1 京都大学大学院 教授・博士(工学) 図 17 既存建具熱画像 図 18 改修建具熱画像 R² = 0.8 0.0 0 1 2 3 4 5 6 温度差の平方根[√℃] 図 16 換気回数と温度差の平方根の相関 データ提供:立命館大学近本研究室 既存建具 断熱建具 ④建具の熱画像撮影
  21. 21. 居住者に対する住み方調査 ◯調査対象居住者 30代の共働き夫婦と子供1名世帯 住み方調査 調査概要 ◯調査方法 • タイムダイアリー(生活記録)調査 • 室内の温度分布測定 ◯調査結果の分析 ①改修前後における冬期の住み方の変更 ②季節による住み方の変更
  22. 22. ①改修前後の冬期の住み方 改修前 (2013年12月30日) 改修直後 (2014年2月12日) 寝室で就寝 座敷1で就寝 座敷2のみの暖房 座敷1,座敷2の 一体的な暖房
  23. 23. ②季節による住み方の変更 (建具替えと建具の開閉) 夏期 冬期
  24. 24. ②季節による住み方の変更 (建具替えと建具の開閉) 夏期 冬期
  25. 25. ②季節による住み方の変更 (建具替えと建具の開閉) 冬期の暖房範囲 座敷2のみ ↓ 外気温が低い日 家族が同じ行為 座敷1,2 ↓ 外気温が高い日 家族が別々の行為 DK ↓ 外気温が高い日 来客対応
  26. 26. ②季節による住み方の変更 (生活行為と場所の関係:夏期) 2014年6月28日 2014年7月21日 冷房未使用 冷房未使用 座敷2で夕食 座敷1で就寝 座敷2で夕食 寝室で就寝
  27. 27. ②季節による住み方の変更 (生活行為と場所の関係:夏期) 2014年11月22日 2015年1月31日 子供部屋で勉強 座敷1で就寝 座敷2で勉強 寝室で就寝
  28. 28. 1) 温熱環境測定より得られた結果 2) 住み方調査より得られた結果 まとめ • 断熱建具を用いることによって、断熱区画内の断 熱性能・気密性能が共に改善されていた。 • 改修前よりも、冬期における快適性の向上、生活 行為における選択肢の広がりが見られた。 • 建具替えや開閉によって居住者自身が空調のみに 頼らない温熱環境調整を行うことができていた。 • 生活行為に適した温熱環境を持つ場所を選択する ことが可能であった。

×